PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

妊娠初期の症状の1つとして、軽く出血したり下着に血が染みたりすることもあります。妊娠した女性の誰にでも起こるわけではありませんが、受精卵が子宮内膜に着床する時に細い静脈が傷付くと着床出血が起こります。生理の始まりと着床出血を見分けるのは難しいかもしれませんが、両者にはいくつかの違いがあります。たとえば、着床出血は生理よりも出血量が少なく、短期間で終わります。また、その他にも妊娠初期の兆候があるか考えてみましょう。ただし、妊娠しているかどうかを知る唯一の方法は、妊娠検査薬を使ったり病院で診察を受けたりすることです。

方法 1
方法 1 の 3:
着床出血の一般的な症状を確認する

  1. 1
    生理予定日の数日前に起こる出血に注意します。通常、着床出血は妊娠後約6~12日目、つまり次の生理予定日の1週間以内に起こります。[1]
    • この期間の前後に起こる出血は着床出血ではない可能性が高いものの、着床出血の可能性もゼロではありません。着床出血のタイミングには個人差があります。

    ポイント:生理周期が安定している場合は、生理の記録をつけておくと次の生理が始まる時期を予測できるでしょう。自分の生理周期を知らないと、生理と着床出血を見分けるのは難しいかもしれません。

  2. 2
    淡いピンクや茶色の出血に注目します。生理が始まった時の経血は茶色や淡いピンクですが、通常は1日ほどで鮮やかな赤色や濃い赤色に変わります。一方、着床出血は、茶色やピンクのまま色が変わらない場合がほとんどです。[2]
    • ただし、着床出血の色は人によって異なるので注意が必要です。場合によっては、着床出血でも生理初期のように鮮やかな赤色になるかもしれません。[3]
    • 鮮やかな赤色の出血があり、妊娠を確信している、または妊娠している可能性がある場合は、できるだけ早く病院で診察を受けましょう。出血の原因を探り、深刻な病気にかかっていないことを確認します。
  3. 3
    血の塊がない軽い出血に注意します。ほとんどの場合、着床出血は量が少なく、出血というよりもシミのように見えます。通常、着床出血に血の塊は見られません。[4]
    • 少量の出血が続く場合もあれば、時々下着に血が染みたりトイレットペーパーで拭いた時に血が付いたりすることもあります。
  4. 4
    通常、着床出血は3日以内に終わります。着床出血のもう1つの特徴は、比較的短期間(数時間から約3日間)で終わることです。一方で生理はもう少し長く、平均的には3~7日間(個人差はありますが)です。[5]
    • 3日経っても出血が続く場合は、普段より量が少なくても生理の可能性があります。
  5. 5
    出血が止まった数日後に妊娠検査薬を使いましょう。膣からの出血の原因は様々です。着床出血かどうかを確認する最適な方法は、妊娠検査薬を使うことです。ほとんどの場合、生理予定日の1週間後に妊娠検査薬を使うとより正確な結果が出るので、出血が止まった後3日以上経ってから検査しましょう。[6]
    • 妊娠検査薬は薬局などで販売されています。[7]
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
妊娠の兆候を確認する

  1. 1
    子宮の軽いけいれんに注意します。不正出血と同時に軽いけいれんが生じることもありますが、通常は生理痛ほどの痛みではありません。下腹部が鈍く痛むように感じることもあれば、チクチク、またはズキズキしたり引きつるように感じたりすることもあります。[8]
    • 生理中ではないのに鋭い痛みや激しいけいれんが生じた場合は、病院で診察を受けて深刻な病気にかかっていないことを確認しましょう。
  2. 2
    乳房の圧痛や大きさの変化に注意します。乳房の変化は妊娠初期の一般的な症状です。着床出血とほぼ同時に、乳房の腫れ、ヒリヒリした痛み、圧痛(触れた時の痛み)が生じることもあり、普段より重く感じたり大きく見えたりするかもしれません。[9]
    • 乳房全体の圧痛に加え、乳首が普段より敏感になることもあります。[10]
  3. 3
    異常な倦怠感に注意します。妊娠初期のもう1つの一般的な症状は倦怠感です。ぐっすり寝た後でも強い眠気を感じたり、普段より疲れやすくなったりするかもしれません。[11]
    • 妊娠初期の倦怠感がひどくなると、仕事や日常生活に支障をきたすこともあります。
  4. 4
    吐き気、嘔吐、食べ物の好みの変化に注目しましょう。吐き気や特定の食べ物に対する嫌悪感は、「つわり」という症状で、昼夜を問わず起こります。通常、つわりは妊娠5〜6週目ころから始まりますが、それより早い場合もあります。[12]
    • すべての人につわりの症状が出るわけではないので、消化器系の不快感がなくても妊娠の可能性を排除することはできません。
    • 特定の食べ物やにおいで吐き気が起こり、食欲が低下することもあります。
  5. 5
    気分の浮き沈みに注意します。妊娠初期には体内のホルモンが急速に変化するため、気分にも影響が出る可能性があります。[13] 肉体的な妊娠の兆候に気付いたら、次のような感情的、および精神的な症状にも注意しましょう。
    • 気分の浮き沈み
    • 理由もなく悲しくなる、泣く
    • イライラする、不安になる
    • 集中できない
  6. 6
    頭痛やめまいに注意します。妊娠初期には体が急激に変化するので、全般的に体調が悪くなる可能性があり、頭痛、めまい、脱力感などの症状が現れるかもしれません。また、体温が少し高くなり、風邪やインフルエンザの初期症状のように感じる場合もあります。[14]

    ポイント:あまり知られていませんが、妊娠初期の症状の1つに鼻詰まりがあります。 妊娠すると鼻腔への血行が促進されるため、鼻が詰まります。[15]

    広告

方法 3
方法 3 の 3:
病院で診察を受ける

  1. 1
    不正出血があれば、病院で診察を受けましょう。妊娠検査薬で妊娠を確認したかどうかにかかわらず、生理ではない時に出血したら病院で診察を受けることが重要です。内科や婦人科で診察を受け、不正出血の原因を突き止めましょう。[16]
    • 膣からの出血は、着床出血だけではありません。ホルモンバランスの乱れ、感染症、性交による炎症、一部の癌などの様々な原因で出血することがあります。[18]
    • 妊娠していることがはっきりしていて出血がひどい場合は、必ず病院で診察を受けることが特に重要です。ただし、何も問題がない可能性もあるので心配しすぎないようにしましょう。

    ポイント:生理ではない時に膣からの出血すると、深刻な病気にかかっている可能性もありますが、心配しすぎないようにしましょう。不正出血の量が少なく、シミが付く程度なら心配には及びません。[17]

  2. 2
    気付いた症状について医師に伝えます。病院に行くとまずは医師の問診を受け、全般的な健康状態、気付いた症状、性交の有無などについて聞かれるでしょう。正確に診断してもらうために、できるだけ詳しく伝えましょう。[19]
    • 服用している薬があれば医師に伝えましょう。経口避妊薬などの薬によって不正出血が起こることもあります。
  3. 3
    病院で妊娠検査を受けます。自宅で妊娠検査薬を使った場合でも、病院で妊娠検査を受けましょう。こうすると、出血やその他の症状の原因が妊娠かどうかがわかります。妊娠している可能性があり、検査を受けたいということを医師に伝えましょう。[20]
    • 病院では、妊娠を確認するために尿検査や血液検査を行うかもしれません。
  4. 4
    医師に勧められたらさらなる検査を受けます。妊娠していない場合、もしくは医師が別の病気を疑った場合は、さらに検査を受ける必要があるかもしれません。いずれにしても、生殖器官に異常がないことを確認するために健康診断と内診が行われるでしょう。さらに、次のような検査が必要になるかもしれません。[21]
    • パップテスト(子宮頸がん細胞診)。子宮頸がんや子宮頸部の異常を調べる検査です。
    • 性感染症の有無を確認する検査。
    • 血液検査。多嚢胞性卵巣症候群などの内分泌疾患やホルモンの異常、および甲状腺の状態を確認します。
    広告

ポイント

  • 着床出血は誰にでも起こる症状ではなく、実際には、妊娠女性の3分の1にしか起こりません。[22] 着床出血がなくても、吐き気、倦怠感、生理がこないなどの他の症状があれば、妊娠している可能性があります。
広告

関連記事

お酒の酔いを早く覚ますお酒の酔いを早く覚ます
勃起を抑える勃起を抑える
自分で身長を測定する自分で身長を測定する
体温計を使わずに熱があるか知る体温計を使わずに熱があるか知る
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
生理をはやく終わらせる生理をはやく終わらせる
声を低くする声を低くする
吐き気を止める
爪が割れたときの対処
白血球数を減らす白血球数を減らす
胸骨をポキッと鳴らす胸骨をポキッと鳴らす
キスマークを偽造するキスマークを偽造する
自分が酔っているかどうかを知る自分が酔っているかどうかを知る
頬をふっくらさせる食事頬がこけていませんか?頬をふっくらさせる食品13選
広告

このwikiHow記事について

Erik Kramer, DO, MPH
共著者 ::
整骨医
この記事の共著者 : Erik Kramer, DO, MPH. かかりつけ医のエリック・クレイマー医師は、コロラド大学にて内科疾患、糖尿病、体重管理の治療を専門的に行っています。2012年にタウロ大学ネバダ校整骨医学部にて博士号を取得。 この記事は39,054回アクセスされました。
カテゴリ: 健康 | 妊娠期
このページは 39,054 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告