着床出血かどうか判断する方法

2 方法:兆候に気づく他の症状を探す

着床出血は、およそ3分の1の妊娠女性が経験する初期の兆候です。受精卵が卵管の中を移動して子宮に到達し、子宮内膜に着床します。そのときに、栄養膜として知られる受精卵の周りの組織が子宮の血管を傷つけ、子宮頚部から膣へ少量の血が流れることがあります。着床出血かどうか見極めることができれば、妊娠期間の始まりに早く気づく手がかりとなるでしょう。

1
兆候に気づく

  1. 1
    タイミングについて考えましょう。妊娠にまつわるこのような出血は、たいていは妊娠後6~12日目、つまり次の生理開始予定日の直前あたりに起こります。前回の性行為がいつだったか思い出しましょう。それが1~2か月以上も前のことであれば、着床出血である可能性は無いでしょう。[1]
    • 着床出血を生理の経血と勘違いすると、後から妊娠だと気付いたときにはすでに思ったよりも1か月多く経過しているため、驚く女性もいます。
    • 病院で妊娠が確認された後、着床出血のせいで最後の生理が判断しづらいときには、胎児の妊娠持続期間を知るための検査をすることがあります。
  2. 2
    出血の色と量を観察しましょう。これにより、着床出血と生理初期の経血を区別することができます。たいていの場合着床出血は、通常の生理の経血とは異なります。着床出血はより薄い色で少量です。数時間続くこともあれば、1度だけのこともあります。[2]
    • 典型的な着床出血はピンクや茶色っぽいおりものとして現れます。子宮壁から膣を通って時間をかけて降りてくるため、生理の経血よりも暗い色であることも多くあります。
    • たいてい出血量は軽く、数日間で止まります。軽い生理のような症状と似る場合もあるため、着床出血と生理の経血と混乱してしまうことがあります。通常は生理の経血の方が赤みが強く、その日のうちまたは翌日にかけて量が増えるようです。
  3. 3
    腹痛があるか様子を見ましょう。妊娠による出血の場合は、着床の過程や、胎芽の育成に適した環境を作るための子宮の変化などにより鈍い痛みが伴うことがあります。しかし、着床出血の際の腹痛は通常の生理痛よりも軽いでしょう。やっかいなのは、妊娠初期の兆候は生理前の症状と似通っているというところです。[3]
    • 腹痛が継続するようであれば、通常の生理または子宮外妊娠などの異常の可能性があります。または、虫垂炎や膀胱感染症など、まったく異なる健康状態が原因の可能性もあります。
    • 通常の生理痛と異なるときや、数日経っても自然に痛みが引かない場合は、医師に相談しましょう。継続する痛みが悪化したり、熱や悪寒、ひどい出血などの症状が表れたら、早急に医師に診てもらいましょう。

2
他の症状を探す

  1. 1
    むかつきがあるかチェックしましょう。つわりは本当にあります。多くの妊婦が1日の前半につわりを感じるようです。強いコーヒーのにおいなど、以前は何も影響のなかったものに対して吐き気や嫌悪感を持つようになります。実際に朝に吐いてしまい、何かがおかしいと気付く兆候になることもあります。
  2. 2
    胸の痛みをチェックしましょう。胸が痛くなったり柔らかくなったりするのは、よくある妊娠の兆候です。妊娠期間中に胸が大きくなり、乳首は広がって色が暗くなります。しかし、胸の痛みは生理前の症状としても見られます。[4]
  3. 3
    疲労感が無いかチェックしましょう。多くの女性が妊娠初期の3か月間に疲労を感じます。休養しているのに普段よりも疲れるときや、なぜか過度の負担を感じるときは、妊娠のせいかもしれません。[5]
  4. 4
    トイレに行く頻度の変化をチェックしましょう。思い当たる理由もないのに頻繁に排尿するようになったり、今までは問題なかったのに急に便秘になったりした場合、妊娠が原因かもしれません。
  5. 5
    気分の浮き沈みが見られるかチェックしましょう。妊娠は大きなホルモンの変化を伴うため、気分にもひどく影響を与えることがあります。泣いたと思ったら次の瞬間にはわけも無く幸せな気分を感じることがあるかもしれません。べたな映画や悲しいニュースで泣くことがないかチェックしましょう。しかし気分の浮き沈みも同様に、生理前の兆候でもあります。
  6. 6
    めまいがないかチェックしましょう。急に立ち上がったときや階段を上がったとき、または何もしなくてもめまいがあったら、妊娠の可能性があります。
  7. 7
    医師に診てもらいましょう。上のようなさまざまな症状があっても、妊娠していないことがあります。妊娠の有無や、下着に見られた出血が着床によるものなのかを知るための最善の方法は、医療専門家に相談することです。病院やクリニックで医師に診てもらえるよう予約を取りましょう。
    • 家でできる妊娠検査薬を使うこともできますが、クリニックで診察を受ける方がより正確な結果を得られるでしょう。

ポイント

  • 家でできる妊娠検査薬は生理予定日の翌日以降にならないと正確な結果にならないことがあるため、説明書をよく読みましょう。その頃に着床出血が見られた場合は、本当に着床によるものなのか別のものなのか見極めるために、もう数日待つとよいでしょう。
  • 出血は、子宮頸がんの兆候である可能性もあります。30歳以上なら、子宮頸がん検査を受けることでリスクを下げることができます。

記事の情報

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Recognize Implantation Bleeding, Español: reconocer el sangrado de implantación, Português: Reconhecer um Sangramento de Implantação, Italiano: Riconoscere le Perdite di Sangue da Gravidanza, Deutsch: Einnistungsblutungen erkennen, 中文: 确认着床出血, Русский: распознать имплантационное кровотечение, Français: reconnaitre un saignement d'implantation, Bahasa Indonesia: Mengenali Pendarahan Implantasi, Čeština: Jak poznat implantační krvácení, العربية: التعرف على نزيف انغراس البويضة, Nederlands: Innestelingsbloeding herkennen, ไทย: รู้ว่ามีเลือดออกในโพรงมดลูกขณะไข่ฝังตัวในเยื่อหรือไม่, Tiếng Việt: Nhận biết dấu hiệu xuất huyết làm tổ, 한국어: 착상출혈 알아내는 법

このページは 181 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?