PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

知らない番号から電話がくるとストレスに感じるという人も多いのではないでしょうか。メッセージが残されていないと、折り返し電話をかけるべきか悩んでしまいますよね。しかし幸い、知らない番号でも相手を調べる方法があります。まずはインターネットを使ってFacebookなどで番号を検索しましょう。それでも分からなければ、知らない番号を調べる時に役立つスマートフォンアプリをダウンロードします。いたずら電話やセールスの電話を受けないためにも、知らない番号には注意して対応しましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
インター ネットで番号を検索する

  1. 1
    検索エンジンに番号を入力する 大きな会社や機関からの電話なら、検索結果に表示されるかもしれません。まずやるべきなのは、知らない番号を検索エンジンに入力し、検索結果に見覚えのある名前がないかを確認することです。利用している銀行など、地元の企業や大手の企業からの連絡かもしれません。
  2. 2
    Facebookに番号を入力してみる Facebookを使っている場合、知らない番号を調べるのにFacebookを利用できる場合があります。Facebookの検索バーに番号を入力してみましょう。その番号に関連するプロフィールが表示されるかもしれません。[1]
    • プライバシー設定で番号からプロフィールを検索できないようにしている人もいるため、うまくいかない場合もあります。
  3. 3
    電話番号検索サイトを使用する 検索エンジンに「電話番号検索」と入力すると、番号を入力すれば相手を特定できるウエブサイトがたくさん出てくるはずです。いくつかのウェブサイトで、役に立つ検索結果が出るかを試してみましょう。
    • 信頼できるウェブサイトには「日本、電話番号検索」「電話帳ナビ」「電話番号.com」などがあります。[2]
    • ウェブサイトによっては、正確な発信者までは分からないかもしれませんが、発信者の大体の位置情報を確認することができます。この情報により、相手を絞りやすくなります。例えば、クラスメートが特定の地域に住んでいることを知っている場合、番号がその地域に関連している可能性もあります。相手に番号を教えたばかりなら、その相手が連絡をくれたのかもしれません。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
アプリで番号を特定する

  1. 1
    Facebookアプリを使う 携帯にFacebookアプリをダウンロードしている人は、それを使って知らない番号を調べてみましょう。Facebookアプリは携帯の電話帳や着信履歴をスキャンすることがあります。Facebookの「知り合いかも」に目を通すと、知らない番号の相手がリストに入っているかもしれませんよ。
    • これは基本的に、電話をしてきた相手の予想がついている場合に成功しやすい方法です。
  2. 2
    アプリをダウンロードする アンドロイドやiPhone向けに、様々なアプリが登場しています。アプリでは検索エンジンと個人情報データベースを使って、電話の相手を特定します。迷惑電話をまとめて拒否できるアプリもあります。
    • アプリによっては、多くのデータ容量が必要になります。アプリの容量が大きい場合は、知らない番号からの電話が頻繁ではない限り、ダウンロードしない方が良いかもしれません。
  3. 3
    発信者番号通知アプリをインストールする スマートフォンで発信者番号通知機能が使えるようになるアプリもあります。発信者番号通知機能は番号を即座に認識し、ほとんどの番号の名前、所在地などの情報を教えてくれます。名前が特定できない場合も、着信中に発信者の大体の情報を知ることができるため、 電話に出るべきかどうかが判断しやすくなります。着信があるとポップアップ通知で知らせてくれるアプリがほとんどですが、これはアプリによって異なります。[3]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
安全対策をとる

  1. 1
    知らない番号からの電話は出ない 迷惑電話の可能性もあるため、知らない番号からの電話には出ないようにしましょう。メッセージを残さずに同じ番号から何度も電話がある場合は特に要注意です。本当に連絡を取りたいなら、留守電にメッセージと連絡先を残すはずです。
  2. 2
    アプリの個人情報に関する規定をしっかり読む アプリは知らない番号の特定に役立つ場合もありますが、個人情報に関する規定が怪しいものもあります。一部のアプリは、電話帳の連絡先をデータベースに取り込みますが、個人情報や連絡先情報がしっかりと管理されていない場合もあります。アプリをダウンロードする前に、個人情報に関する規定を注意して読むようにしましょう。[4]
    • 個人情報に関する規定が難しくて分からない場合は、ユーザーを混乱させるためにわざと分かりづらい言葉が使用されている可能性もあります。個人情報に関する規定を理解できなければ、ダウンロードはやめておきましょう。
  3. 3
    迷惑電話は関係機関に相談する 迷惑電話が何度もかかってくる場合は、消費生活相談窓口などに相談しましょう。迷惑電話は営業目的でかかってくることが多く、個人情報、特にお金に関わる情報を強引に聞き出そうとするわりに、自分たちや会社についての質問には答えてくれないのが特徴です。迷惑電話に困ったら、188(消費者ホットライン)に電話をして相談することもできます。[5]
    • 188(消費者ホットライン)は全国統一の番号です。電話をかけると、最寄りの消費生活相談窓口を案内してもらうことができます。
    広告

関連記事

画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
ワイヤレスマウスを接続するワイヤレスマウスを接続する
ウェブサイトの公開日を調べるウェブサイトの公開日を調べる
テレビでNetflixからログアウトするテレビでNetflixからログアウトする
キズの付いたCDを修復する
DVDプレーヤーを接続するDVDプレーヤーを接続する
winmail.datを開くwinmail.datを開く
EMLファイルを開くEMLファイルを開く
AndroidでSMSを別の端末に移行するAndroidでSMSを別の端末に移行する
YouTube動画のコメント欄に指定した再生時間へのリンクを貼るYouTube動画のコメント欄に指定した再生時間へのリンクを貼る
海外でのブラックハートの絵文字の使用海外での🖤(ブラックハート)の絵文字の使用
DLLファイルを開くDLLファイルを開く
XMLファイルを開くXMLファイルを開く
電話が盗聴されているか調べる電話が盗聴されているか調べる
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は16,279回アクセスされました。
このページは 16,279 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告