PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

将来、有名な映画監督として輝かしいキャリアを築きたければ、まず短編映画を作ることから始めてみましょう。初めは難しく感じるかもしれませんが、実際には、簡単に短編映画を作ることができます。撮影に必要な機器やノウハウを入手し、制作に向けた事前準備をきちんと行いましょう。後は、面白い作品のアイデアと基本的な映画撮影の技術さえあれば、観客を惹き込む映画を作ることができるでしょう。

パート 1
パート 1 の 4:
脚本および絵コンテを作る

  1. 1
    作品のアイデアを考える 10分間で伝えることのできるストーリーを考えましょう。複雑な話にならないよう、一つの基礎となるアイデアに焦点を絞ります。また、ホラー、ドラマ、実験映画など、どのようなトーンでそのストーリーを伝えたいか考えましょう。[1]
    • 自身の人生での面白い出来事を元に、脚本を書いてみましょう。
    • ストーリーの規模を考慮し、予算内でそのストーリーを伝えられるか見直しましょう。
  2. 2
    映画の脚本を書く 脚本家を目指しているのであれば、自分で脚本を書くと良いでしょう。通常、短編映画は、始まり、中間、終わりの三部から構成されます。また、10分間の映画であれば、脚本は7~8ページ程度に抑えましょう。[2]
    • 予算に余裕がなければ、爆発や戦闘などデジタルエフェクトを必要とするストーリーは避けましょう。
    • 執筆にあたって、視聴者や映画を見てくれそうな人のことを考えましょう。その人たちに喜んでもらう作品を目指し、自分の考えや物語を理解するのに必要なことを伝えます。[3]
  3. 3
    脚本をオンライン上で探す 自分で脚本を書かないのであれば、他の人が書いた脚本をネット上で探してみましょう。収益を目的とした短編映画を制作する場合、その脚本を書いた人に連絡を取り、脚本を使用する承諾を得る必要があります。[4]
    • 脚本によっては、有償での買い取りを要求されることがあります。
  4. 4
    絵コンテを描く 絵コンテとは、シーンごとの大まかな内容の流れを説明する一連のイラストです。細部にわたって描く必要はありませんが、各シーンの構図や動きをきちんと把握できるように描きましょう。撮影中にその場で構図を考える必要を省き、スムーズに撮影を行うためにも、撮影の開始前に絵コンテをきちんと準備しましょう。[5]
    • 絵に自信がなければ、人物は棒人間、背景やモノは単純な形で描くと良いでしょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 4:
制作に向けた事前準備を完成する

  1. 1
    撮影場所を探す 脚本に合う撮影場所を探します。個人オフィスや店舗などで撮影しても良いか尋ねてみましょう。屋内での撮影であれば、自宅で撮影することも考慮しましょう。屋外での撮影であれば、安全に撮影できる場所を探し、撮影許可が必要かどうか事前に確認しましょう。[6]
    • 場所によっては、撮影施設としての使用に高額な使用料が発生することがあります。
  2. 2
    役者をそろえる プロの役者を雇う予算があれば、大々的にキャストを募集し、オーディションを開催します。自主制作映画の場合、予算内での撮影ができるように、家族や友人に出演を依頼しましょう。[7]
    • 脚本内の役に合った役者を探し、セリフテストを行った上で、きちんとその役を表現できる役者かどうか見極めましょう。
  3. 3
    スタッフを集める 撮影、演出、照明、編集、音響など、映画制作には多くのスタッフを必要とします。予算に合わせて、プロを雇ったり、自身でこれらの作業を負担したりしましょう。[8]
    • 予算に余裕がない場合、映画制作に興味のある知人がいれば、無償での制作への協力を依頼してみましょう。
  4. 4
    撮影機材を購入またはレンタルする 短編映画の撮影には、カメラ、照明、音声の録音機器が必要です。予算やニーズに合った撮影機材を準備しましょう。予算に余裕がない場合、安価なデジタルカメラの購入(1万円以内で購入可能)やスマートフォンのカメラの使用を検討しましょう。予算に余裕がある場合、デジタル一眼レフカメラを購入することもできますが、数十万円の費用が必要になります。[9]
    • 撮影時のブレを軽減するために、三脚の購入を検討しましょう。
    • 日中の撮影であれば、照明の代わりに、自然光を利用しましょう。
    • 屋内での撮影であれば、照明の固定具や照明器具が必要です。
    • 音声の録音には、ガンマイクなどの録音機材が必要ですが、購入には高額な費用がかかります。予算に余裕がない場合、外部オーディオレコーダーや小型ワイヤレスマイクを使用しましょう。
    • カメラ内蔵のマイクでは、役者のセリフをきちんと録音できないため、撮影には適していません。
    広告

パート 3
パート 3 の 4:
映画を撮影する

  1. 1
    シーンのリハーサルを行う 役者がセットにそろったら、脚本の読み合わせを行います。次に、実際に役者の動きを加えたリハーサルを行いましょう。シーンの流れの中で、小道具や他の役者との位置関係など、役者の動きに指示を出し、演技に変更が必要な点があれば、指摘しましょう。
    • この過程は、シーンの「ブロッキング」と呼ばれています。脚本の読み合わせはどこでもできますが、ブロッキングはセットで行います。
  2. 2
    役者に衣装に着替えてもらう 特別な衣装やメイクが必要な役であれば、撮影を始める前に、衣装へと着替える時間を取りましょう。シーンのリハーサルを終えたら、役者に衣装を渡し、着替えてもらいましょう。[10]
    • 役者に文化的な服装や宗教的なアイテム(ヒジャブやヤルムルケ)を着用させる場合は、必ず事前によく調べましょう。気軽に着用させるのではなく、なるべく正確を期しましょう。
    • 予算に余裕がなければ、役者に自前の衣装を持参してもらうこともできますが、それが自分のイメージに合うものかどうか確認しましょう。
  3. 3
    シーンの撮影をする 事前に準備した絵コンテを参考に、各シーンの撮影を行います。役者や撮影場所のスケジュールに合わせて、撮影スケジュールを決定しましょう。一つの場所で複数のシーンを撮影する場合、それらの撮影をまとめて行います。何度も同じ撮影場所を訪れる手間が省かれ、撮影期間の短縮にも繋がります。[11]
    • ストーリーの順番に沿って撮影する必要はないので、簡単なシーンから撮影を始めましょう。 撮影後に、各シーンをシナリオの順に並べ替えて編集することができます。
    • 屋外の撮影は事前に計画を立てて行いましょう。曇り、雨天、明るい晴天の午後など、撮りたい天候がある場合はなおさらです。
  4. 4
    映像に焦点を当てる 短編映画の場合、ストーリーよりも、観客が目にする映像が物を言うことがあります。視覚的に強い印象を与える撮影場所を選び、シーン全体を引き立てる照明を使用しているか確認しましょう。[12]
    • また、フレーム内にフォーカスが合っているか確認し、ショットの中に邪魔なものや障害となるものが映り込まないように気を付けましょう。
  5. 5
    撮影終了後、役者やスタッフに感謝を伝える 絵コンテに描かれているすべてのシーンの撮影が終われば、撮影後の編集作業に移ります。撮影に関わったすべての人に感謝を伝え、映画が完成した際には連絡を取りましょう。
    • 感謝を伝えるのは、スタッフ全体にでも、役者、クルー、衣装、セットデザインなどのグループごとにでも良いでしょう。
    • その日に参加できない人がいれば、個人的に会うか、電話をして感謝を伝えましょう。
    • 予想外の天候の変化や時間の遅れなどで感謝を伝えることが難しい場合は、後日打ち上げピザパーティーなどを開催しても良いでしょう。
    広告

パート 4
パート 4 の 4:
映画の編集をする

  1. 1
    映像編集のソフトウェアに撮影した映像をアップロードする 撮影した映像を映像編集ソフトにアップロードします。シーンごとにフォルダを作成すると、すぐに映像ファイルにアクセスすることができ、また、能率よく編集作業を行えます。ファイルの整理が終われば、映像をカットし、編集を始めましょう。[13]
    • 映像編集ソフトには、 Avid、Final Cut Pro、Windows Movie Makerなどがあります。
    • 使いやすく、必要な編集が可能なソフトを選びましょう。
  2. 2
    シーンごとのラフカットを行う まず、ショットを映画のシナリオの順番に並べます。その際、ストーリーの連続性や流れを確認します。ラフカットの段階で、ストーリーがきちんと成立しているかを確かめましょう。[14]
    • 映像を見ながら、上手くつながらないところをメモしておくと後でわかります。場合によっては、そのシーンを撮影し直す必要があるかもしれません。
  3. 3
    音声を付け足す 映像に合うように、役者のセリフが録音された音声を足します。また、同時に、必要であれば、音楽やサウンドエフェクトを挿入しましょう。[15]
    • 音声とサウンドエフェクトを、映像と別にしておくことが大切です。そうすれば、映像に影響を与えず音量などを調整することができます。
    • セリフがある場面では背景の音楽や音を抑えましょう。音楽や音が大きすぎると、役者の声が聞こえません。
  4. 4
    シーンを分析し、洗練する 他にプロデューサーや編集者がいる場合、ここまでの作業が終わったら、映像と音声のレビューを依頼しましょう。他者の意見を参考にし、映画の再編集に取り掛かります。今回の編集では、映像の流れやテンポに特に注意を払いましょう。[16]
    • シーンの切り替えにおけるフェイディングなどの編集テクニックを使用しましょう。
    • シーンの動きが鈍いまたは不安定だと感じる場合、役者のセリフの間にカットを追加すると、会話部分を引き締めることができます。
  5. 5
    見直しを行い、映画の最終版を作る 編集を繰り返し、映画が洗練されたものになれば、プロデューサー、編集者、ディレクターと一緒に、最終の見直しを行いましょう。追加や削除が必要な個所や編集中に発生した問題があれば、この時点で明確にします。[17]
    • 映画製作にかかわったすべての人が最終的な作品を承認すれば、短編映画の完成です。観客を集めて、映画を上映しましょう。
    広告

必要なもの

  • カメラ
  • マイク
  • 照明器具
  • 役者
  • 映像編集ソフト

関連記事

舌でさくらんぼの柄を結ぶ舌でさくらんぼの柄を結ぶ
絵具で黒を作る
指の関節をポキポキ鳴らす指の関節をポキポキ鳴らす
発泡スチロールを切る発泡スチロールを切る
花の絵を描く花の絵を描く
知らない曲を探す知らない曲を探す
計算を使ったトリックで相手の年齢をあてる計算を使ったトリックで相手の年齢をあてる
星を描く
妊娠したふりをする妊娠したふりをする
映画評論を書く映画評論を書く
目を赤くする目を赤くする
声域を確認する声域を確認する
トゥワークする
アニメ・漫画のキャラになりきるアニメ・漫画のキャラになりきる
広告

出典

  1. https://www.filmsourcing.com/writing-a-short-film/
  2. Gavin Anstey. ビデオプロデューサー. 専門家インタビュー. 27 June 2019.
  3. Gavin Anstey. ビデオプロデューサー. 専門家インタビュー. 27 June 2019.
  4. http://www.simplyscripts.com/genre/short-scripts.html
  5. https://www.nyfa.edu/student-resources/how-to-make-short-film/
  6. https://www.nyfa.edu/student-resources/how-to-make-short-film/
  7. https://www.filmconnection.com/reference-library/film-entrepreneurs/short-film-no-budget/
  8. https://www.filmsshort.com/how-to-make-a-good-short-film.html#.WXC2_4jyvcc
  9. Gavin Anstey. ビデオプロデューサー. 専門家インタビュー. 27 June 2019.

このwikiHow記事について

Gavin Anstey
共著者 ::
ビデオプロデューサー
この記事の共著者 : Gavin Anstey. 「Cinebody」の最高執行責任者、ギャヴィン・アンスティはビデオ制作とソフトウェア業界に入る以前にコロラド大学ボルダー校にてジャーナリズムを習得しました。User-Directed Content ソフトウェアである「Cinebody」は、本格的なビデオ動画を即時に制作し、インターネットを通じて世界中の人達に発信するためのアプリケーションです。 この記事は4,429回アクセスされました。
このページは 4,429 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告