誰もが一度は経験したことがあるでしょう。失恋したばかりで、ごちゃ混ぜの感情だけがただひたすらに湧き出てくるような状況を。失恋直後というのは、心を強く保つのが困難な時期です。その時は、堂々と悲しみに浸りましょう。しかし、やがて時間の経過が心の傷を癒していくのを実感するはずです。そして気が付くと、前よりも一層元気に、そしてたくましくなっている自分がいるでしょう。

パート 1 の 4:
悲しみに対処する

  1. 1
    失恋後に心が痛むのは普通であるというのを受け入れましょう。「悲しき慕情」という昔の洋楽でも歌われているように、別れとは辛いものです。とある科学者の研究では、好きな相手から振られた時に活性化される脳の経路というのは、身体的な痛みを感じた時と同じ経路であるということさえ証明されています。[1] 恋人との別れには痛みが伴うものであり、それに対して動揺するのはごく自然なことです。
    • 世の中の98%の人間が、実らぬ片思いや恋人とのひどい別れなど、何かしらの失恋を経験したことがあると推測する心理学者もいます。自分が一人ではないと知ったところで、失恋の傷が癒えるわけではないでしょうが、少しは痛みに耐えやすくなるかもしれません。[2]
  2. 2
    感情を表に出しましょう。平気なふりをする必要はありません。「私は本当に大丈夫」や「大したことではない」と自分に言い聞かせ、自分の本音を否定したり軽視したりすると、長期的には逆効果となります。自分の気持ちにきちんと対処して初めて、人はその気持ちを断ち切れるようになるのです。[1][3]
    • 泣きたいなら、涙をたくさん流しましょう。実際、涙を流す行為には、辛い気持ちを癒す効果があるとされています。涙はストレスや緊張、怒りを和らげるものです。したがって、ティッシュを何枚か手に取り、好きなだけ泣きわめきましょう。[4]
    • 美術や音楽など、創造的な趣味を通して自分の気持ちを表現しましょう。今の感情を歌にしたり、気持ちが落ち着く曲を聴いたりします。自分の心の状態を絵で表すのも一つの手です。ここで注意をすべき唯一の点は、悲しみや怒りの感情が「強過ぎる」ものとは距離を置くということです(例えば、デスメタルなど)。それらのものに触れると、逆に自分の悲しみや怒りが助長される恐れがあります。[5]
    • 物を殴る、破壊する、悲鳴を上げる、叫ぶなどの行為で、自分の悲しみを発散したくなる気持ちは分かりますが、できるだけその衝動は抑えましょう。とある研究によると、人が自分の怒りを表に出すために暴力を使うと、たとえそれが枕などの無生物に対してであっても、怒りの感情というのは助長されてしまうそうです。[6] 健康的な方法で自分の怒りを表現するには、自分の感情について自分自身や自分が愛する者に話してみましょう。[7]
    • 家族や信頼できる友達に対してであれば、気兼ねなく相談できるでしょう。自分の悩みを真摯に聞いてくれる相手を見つけ、その人の前では気持ちを開放します。きっと自分も過去に相手の愚痴に付き合った経験があるはずです。したがって、今は相手からのお返しをもらっているのだと考えましょう。
  3. 3
    自分の感情について書き出してみましょう。自分の感情を押し殺したり、無視したりせずに、むしろ表現してしまえば、たとえ今は苦しんでいても、ずっとその苦しみが続くわけではないということが受け入れられるようになります。[8] 自分の気持ちをオープンに、そして正直に書き出すと、それらを深く理解できるはずです。[9][10] 失恋後の寂しさに対処するための第一歩は、内省と熟考の時間を設けることです。[11]
    • 自分の気持ちを開放し、破綻した交際関係に関する自分の内なる考えや感情を20分間書き出してみましょう。この作業を三日間続けます。交際していた頃の思い出や失恋直後の現在の気持ち、また、交際相手がいなくなってしまった今、自分が感じている不安などについて深く考えてみましょう。[12]
    • カップルが別れる原因として多いものには、自立心の欠如、開示性の不足、あるいはいわゆる「運命的な」何かが感じられなかったことなどが挙げられます。[13]
    • 自分の気持ちを書き出す時には、文法や誤字脱字などの心配をする必要はありません。あくまでも自分のためにしている作業であり、自分の気持ちや考えを表現することが目的です。
  4. 4
    自分が書いた文章を読み返しましょう。自分の感情の日記をつけるのは第一ステップです。第二ステップでは、自分が書いた内容を読み返し、どうしてそのような感情に現在なっているのかを分析します。振り返る作業を設けることで、自分の気持ちを深く理解できるようになり、自分に対して不公平である歪んだ考えにも気付けるかもしれません。[14]
    • 例えば、人は失恋後に、「自分は望まれない人間なのではないか」、「誰からも愛されないような人間なのではないか」と不安に感じてしまうことが一般的によく起こります。自分を愛してくれる人をもう一度見つけることなど不可能であると思ってしまいがちです。[15] これは自然な反応ですが、事実であると思い込んではいけません。たとえ自分が最も愛されたかった相手からは愛されなかった(あるいは、自分が望むようには愛されることができなかった)としても、その他のたくさんの人からは自分が愛されているのだという証拠を見つけてみましょう。
    • 大げさ、自責的、あるいは悲劇の主人公的な内容を日記に書き込んでいないかを確認しましょう。とある研究によると、こういった思い込みというのは、失恋後の鬱の原因になる可能性があり、失恋からの立ち直りを困難にさせるかもしれません。[16]
    • 例えば、大げさな思い込みというのは、「この別れのせいで、自分の人生は台無しになる」と思い込むようなパターンです。時には本気でそのように感じてしまうかもしれませんが、実際は自分が思っているほど大したことではありません。そのような考えを持ってしまった時は、「今はこの別れで心が痛むけれど、自分の人生においては、ほんの些細な一部分でしかない」というように、もっと限定的な内容に言い換えてみましょう。
    • 自責的な思い込みというのは、自分を責めるタイプのものです。例えば、「別れたのは、全て自分の責任だ」や「自分があの時違う行動を取っていれば、別れずに済んだかもしれない」などの発想が含まれます。恋愛関係というのは、必ず二人で成り立っているということを覚えておきましょう。何かが100%一人の責任であるという可能性は非常に低いものです。また、一般的に別れというのは、一人の人間が「悪かった」、あるいは「間違っていた」から起こるのではなく、考えの不一致が原因である場合がほとんどです。したがって、「この関係が結果的にうまくいかなかったのは、お互いにふさわしい相手ではなかったからだ。人はそれぞれ違う人間であり、それぞれに異なったニーズがある。それで問題ないのだ」と自分に言い聞かせましょう。
    • 悲劇の主人公的な考えというのは、この失恋が「この世の終わり」だと思い込むことです。例えば、「自分は一生彼(彼女)と別れたことを乗り越えられない」や「自分は一生この気持ちを引きずり続けるのだ」というような発想です。どのような感情もあくまでも一時的なものであると念頭に置いておきましょう。人は変わるものです。心の傷は癒えていきます。「今は辛いけれど、それで問題はない。一生続くわけではないのだから」と自分に言い聞かせましょう。
  5. 5
    前向きで自己肯定的な考えを繰り返し思い浮かべましょう。失恋すると、自分に対する自信というのは強く揺らぐものです。したがって、日常的にほんの少しの優しさを自分に示せば、もう一度自分の素晴らしさに気付くことができ、自分にふさわしい相手であれば、自分のたくさんの魅力に気付いてくれるだろうと思えるはずです。失恋に対するネガティブな考えを今後思い浮かべてしまった際には(実際、少なくともしばらくの間はそのような考えが浮かんでくるでしょう)、以下の便利な自己肯定的考えが気持ちの立て直しに役立つでしょう。[17]
    • 私は、愛され、大切にされるに値する人間であり、それに気付いてくれる人はたくさんいる。
    • 今は辛いけれど、この気持ちが一生続くわけではない。
    • 今の辛い感情の原因の一つは脳内物質が引き起こしており、それは私には制御不可能である。
    • 自分の考えや感情というのは、決して事実ではない。
    • 私は、自分のことを愛していて、尊敬している。
  6. 6
    自分の長所を一覧にまとめましょう。人は失恋すると、自分の自尊心を疑ってしまいがちです。そのような時には、自分が持つたくさんの長所を思い出してみることが大切です。[18] 人は、自分が愛されるに値する人間であると改めて認識できれば、たとえ恋人から振られても、その事実を受け入れやすくなるということが多くの研究で示されています。[19] 自分の格好良さ、素晴らしさ、面白さに関する長所を一覧に書き出してみましょう。そして、落ち込んだ時には、その一覧をすぐに取り出し、自分が最高の人間であることを思い出します。
    • 自分が出来ること(特に、別れた相手と関連しないこと)を思い浮かべましょう。スカイダイビングや描画、曲作り、もしくはダンスなどはしませんか?長い散歩や美味しい料理作りが好きではないですか?自分のスキルについて書き出し、自分がいかにたくましくて有能であるかを思い出しましょう。
    • 自分の好きなところについて考えましょう。素敵な笑顔の持ち主ではないですか?素晴らしいファッションセンスを持っていませんか?自分にはたくさんの魅力があり、自分にとって最も価値のある意見というのは、自分の意見だけであることを覚えておきましょう。
    • 今までに周囲の人間から言われた自分に関する誉め言葉を思い出しましょう。いかに自分が相手の支えになっているかを友達から指摘されたことはありませんか?人から盛り上げ上手だと言われませんか?電車やバスの中で席を譲るような親切な人間ではありませんか?自分の価値には、周囲の人間も気付いているということを念頭に置いておきましょう。
  7. 7
    人からの協力を得ましょう。恋人と別れると、孤独感を覚えたり、人との繋がりを薄く感じたりしてしまうものです。[20] 友達や自分が愛する人たちと連絡を取れば、そのような気持ちに対処でき、自分の人生は十分な愛情で溢れていると実感できるはずです。[21]
    • 友達と話しましょう。彼らに自分の気持ちを打ち明けます。相手の失恋経験についても聞いてみましょう。友達はきっと自分の支えとなり、良いアドバイスをくれるでしょう。 [22]
    • 友達が個人的な感想やアドバイスを提供してきた場合、できるだけ心を開き、相手の話を聞き入れましょう。相手のアドバイスに従う必要はありませんが、そのアドバイスに込められた気持ちは素直に受け止めます。時間の経過と共に、あなたの失恋について友達があまり話したがらなくなってきたら、それは恐らくあなたが失恋を引きずり過ぎているせいです。友達の人生についてもきちんと話を聞くようにしましょう。
    • 時に、友達や最愛の人たちというのは、度を越してしまうことがあります。あなたの判断に口出ししたり、良かれと思ってあなたが抱える問題を「修正」しようとしたりするかもしれません。結果的に、そんなことは絶対にしてほしくないのに、あなたの元恋人を貶し始める可能性もあります。最愛の人たちからの支えが、自分に役立つアドバイスや会話の域を超え出した時には、その支えに感謝の気持ちを示しつつ、自分の問題は自分で対処できることを伝えましょう。例えば、友達があなたの元恋人に一言文句を言うことを提案してきた場合は、「私をかばってくれるのはとてもありがたいけれど、自分で何とかできるよ。お願いだから、そんなことはしないで欲しい」と素直に伝えます。
    広告

パート 2 の 4:
強くあり続ける

  1. 1
    元恋人との繋がりは完全に断ち切りましょう。二人の別れには、きちんとした理由があるはずです。失恋から立ち直るには、元恋人と連絡を取らないことがとても重要なステップとなってきます。[23] 特に破局直後の時期は、元恋人と連絡を取りたくて仕方がなくなるかもしれませんが、そんな時には別れた原因を繰り返し思い出しましょう。[24]気持ちを強く持ち、自分の携帯電話から距離を置きます!
    • ロマンチックな恋愛というのは、脳内のドーパミン経路を活性化させ、まるで自分の感情に対して「ご褒美」が与えられているような気持ちになります。そして、失恋の際の脳の働きは、薬物中毒のそれと同じです。どれほど苦しくなっても、その欲求に負けてはいけません。そうでなければ、いつまでたっても失恋を乗り越えられません。[25][26]
    • 元恋人に電話をしたり、メールを送ったりするのは禁物です。必要であれば、携帯電話の電話帳やその他の連絡先一覧から相手の番号を削除しましょう。SNSを通して、相手にメールやメッセージを送るのも禁止です。
    • サイバーストーキング(インターネットを使ったストーキング行為)というのは、実在する問題です。フェイスブックやインスタグラムで元恋人の情報を検索するのは止めましょう。相手が幸せそうな写真や楽しんでいる写真にしか目が行かないのがオチです。相手に関するヒントや思い出ばかりを探してしまい、気持ちが癒える妨げとなるでしょう。[27] 必要であれば、調べたいという衝動を抑えるために、自分のページで相手をブロックしましょう。
    • 相手からの注目を集めたいからといって、「意味深な投稿」をする(SNSに謎めいた近況を載せる)行為は控えましょう。過去にとらわれていると、いつまでたっても未来に進めません。
  2. 2
    思い出の品は処分しましょう。元恋人からもらった大切なプレゼントや二人で映っている写真などを取っておくと、なかなか失恋の傷が癒えず、いつまでも先に進めません。それらの物をそばに置いておくと、むしろ悲しみや孤独感、怒りの感情が刺激されてしまうかもしれません。[28]
    • 自分のSNSアカウントから元恋人の写真を削除しましょう(あるいは、せめて写真から元恋人を切り取りましょう)。
    • 二人で一緒にしたことをもう一度したいという衝動を抑えましょう。例えば、二人のお気に入りの曲を聞いたり、お気に入りのデートスポットを訪れたりすることを避けます。これらの行為をすると、既に終わっている関係に固執し続けてしまい、 外に出て新しい人間関係を築く機会(あるいは、今すでにある関係を発展させる機会)を逃してしまいます。
    • 記憶というのは、物からの刺激だけで蘇るわけではありません。音や匂いでさえ、記憶や感情を甦らせることがあります。[29]そうなった場合は、無理に気持ちを無視しようとしたり、否定しようとする必要はありません。むしろ、自分の気持ちを認めましょう。「あっ、この匂いを嗅ぐと、ピザを食べた日のデートを思い出すな。懐かしいな」と思い、先に進むのです。
    • 捨てるにはあまりにももったいないと感じる物があれば、それらはチャリティー団体やリサイクルショップに寄付することを考慮しましょう。捨てられなかったTシャツやマグカップ、熊のぬいぐるみなどを手放せる上に、他の人の人生に幸せを提供することまでできます。
  3. 3
    悪さをするのは止めましょう。元恋人の車のタイヤをパンクさせたり、車に傷をつけたり、家に卵を投げつけたりするのはあまりに容易な嫌がらせです。相手の噂を流して、悪評を広めることもできますが、そんな悪さをするのは止めましょう。このような行為は、自分を過去に縛り付けるだけです。失恋から立ち直ることに集中できなくなります。最悪の場合、友達さえも失ってしまうかもしれません。
    • 世の中の約半数の人は、失恋後に何かしらの方法で元恋人にストーキング行為を実践したことがあると認めています。いたずら電話をかける、脅迫する、元恋人の所持品を故意的に壊すなど、その行為は様々です。キャリー・アンダーウッドの曲を聞くと、元恋人への仕返しは楽しそうに思えるかもしれませんが、実際はそのような復讐をすればするほど別れから立ち直るのが困難になります。[30]
    • また、ストーキング行為や破壊行動というのは、法律違反です。元恋人の存在は、自分の逮捕歴に値しますか?そんなことはないはずです。
  4. 4
    早まった決断を下すのは避けましょう。別れを経験すると、髪を切ったり染めたくなったりします。あるいは、タトゥーを入れたくなる人もいるでしょう。そうすれば、自分のアイデンティティを変えられ、あたかも失恋など経験していない全くの別人に生まれ変わったような感覚になれるからです。失恋中というのは脳内化学物質が普段の状態とは異なっているため、自分の判断力が少しおかしくなっている可能性があるということを覚えておきましょう。[31]
    • 少し時間の経過を待ちましょう。数か月経っても、どうしても自分の大切な思いを象徴するタトゥーを入れたいと思うなら、思い切って入れても結構です。
  5. 5
    忙しくしていましょう。気晴らしをしても一時的にしか気持ちは楽にならないかもしれませんが、失恋の辛さを忘れるのには最適な手段です。[32]自分が楽しめること、特に、新しくてワクワクするようなことで忙しくしていると、自分の人生も捨てたものではないと実感できるはずです。
    • この機会を利用して、ずっと読もうと思っていたけれど読めていなかった本のシリーズを読んでみるのも妙案です。そして、その本について他者と語れるように、読書会に参加してみましょう!
    • 習い事を始める、新しいスキルを学ぶ、新しい趣味を見つけるなどのことに挑戦してみましょう。 新しいスキルを身に付ければ、自分がまだ色々なことで成長や達成を経験できると実感できるはずです。
    • ずっと何か月間も連絡を取ろうと思っていたけれど取れていなかった知人に電話してみましょう。そうすれば、自分は周囲の人間から愛され、支えられているのだと思い出せるでしょう。
  6. 6
    運動しましょう。運動は、自分の苛立ちや苦しみを発散する良い方法です。運動をすると、幸せな気持ちをもたらす「エンドルフィン」という脳内物質が放出されます。日常的に適度な運動を行えば、不安や憂鬱な感情を取り払うこともできるでしょう。[33] 心地よく気持ちを高めるために、一日30分の運動を目安にしましょう。
    • 自分のスケジュールでは、そのような運動習慣は無理だと感じる場合は、もう一度考え直してみましょう。15分という短時間だけ運動をする「高強度インターバルトレーニング」の実践を検討してみます。30分間ぶっ通しで運動できない場合は、代わりに朝と夜に分けて運動しましょう。一度に全てをこなす必要はありません。
    • あまり目立たない形で運動をするのも手です。例えば、自分の目的地の入り口から離れた場所に駐車をしたり、自分の手で洗車をしたりします。
    • ただし、運動を自分の「修正」手段として捉えることだけは禁物です。これは不健康な考え方であり、自分の身体イメージの歪みやその他の心の健康問題の原因となってしまう可能性があります。運動をするのは、それが他者から望まれる自分になるための「必要不可欠な」行為であるからではなく、あくまでも、運動が自分の体と心に良い影響を及ぼすからであると考えましょう。
    広告

パート 3 の 4:
自分が成長するように努力する

  1. 1
    楽しみましょう。これは、特に失恋直後の人にとっては、ほとんど不可能なことのように思えるかもしれません。しかし、楽しむことは、自分の脳にとって最良の薬です。怒りを減少させ、前向きな感情を増加させる効果があるとされています。[34] 友達と出かけましょう。映画を観ましょう。クラブで踊りましょう。カラオケに行きましょう。とにかく自分が好きなことをして、少し心を開放するのです。そうすれば、気持ちが楽になります。
    • 結局、人にとって笑いが最良の薬のようです。人は笑うと、体が自然に作り出す快楽物質である「エンドルフィン」が脳内で放出されます。笑いというのは、痛みに耐える体の能力を高める効果さえあります。[35]
  2. 2
    自分を大切にしましょう。賢い方法で実践すれば、「買い物セラピー」も良い効果を発揮するものです。人は、振られた後に買い物に行くと、自分の購入品を新しいライフスタイルにどのように組み込めるかを思い描く傾向にあることが研究で分かっています。自分の自信が高まる服を買ったり、元恋人が購入した自分の趣味に合わない家具を買い替えたりすると、心の傷が癒えていきます。[36]
    • ただし、覚えておく必要があるのは、心の痛みをごまかす手段として出費をしてはいけないということです。クレジットカードの使い過ぎにも注意が必要です。気を付けなければ、請求書が来た際にストレスを感じる羽目になります。自分に与えるご褒美は、少量に留めておきましょう。
  3. 3
    自分の所属するコミュニティと繋がりを持ちましょう。自分のことから意識を逸らせば、悩みの反芻を防げます。つまり、まるで壊れたレコードのように、自分の置かれた状況の辛さについて永遠に考えてしまう状況を打破することができます。[37]他者に優しさや思いやりを示す行為は人を良い気分にさせるだけでなく、それによって周囲の人間も思いやりを持ち始め、「連鎖反応」が生じるということが研究で証明されています。[38][39] したがって、外に出てみましょう。今よりも良い社会で今よりも役立つ一員になることを目指します。
    • コミュニティとの関わりを持つには、ボランティアが一つの良い手段です。教会や学校、地元のボランティア団体などと連絡を取り、どうすれば自分の力で地域に良い変化をもたらせるかを調べてみましょう。
    • 他者への奉仕や寄付を行うと、自分の中で目的意識が芽生えます。とある研究によると、人は、自分が良いと信じる活動や団体に(特に直接的に)貢献ができると、自分が世界を良い方向に変えているという気分になれるそうです。[40]
  4. 4
    前向きでいることに集中しましょう恋人から振られたり、復縁を拒否されているからといって、自分に価値がないわけではありません。世の中には、あなたを望む人がたくさんいます。その中には、元恋人よりももっとあなたを大切に扱ってくれる人が必ずいます。自分が笑顔になれたり、笑えることを見つけましょう。そして、友達や自分を大切にしてくれる人たちに囲まれましょう。必ず元気になれるはずです。
    • 結局のところ、幸福は成功の元なのです。[41] 自分が幸せになればなるほど、自分を取り巻くポジティブな空気が大きくなります。そして、それがやがて大きな、素晴らしい成功に繋がります。
    • 人間というのは「感情の伝染」が起こりやすい、つまり、他者の感情や気分からの影響を受けやすい生き物です。したがって、前向きな人間に囲まれるようにすれば、自分も前向きになれる可能性がグッと高くなります。逆に、ネガティブで辛辣な人間に囲まれると、同じようにネガティブになってしまいます。[42]
    広告

パート 4 の 4:
前に進む

  1. 1
    過去のことは許して、忘れましょう。ショックと悲しみに打ちひしがれていた初期段階を通過したら、だんだんと様々なことを受け入れられ、冷静さを保てるようになっていきます。元恋人との間に起こったことを全て許せるようになると、そこで初めて過去を忘れられるようになるはずです。それで結構です。それが自然の流れというものです。[43]「許し」というのは、あくまでも自分のための行為であることを覚えておきましょう。決して相手のためではありません。[44][45]
    • 人を許すにはまず、何を許したいのかを振り返る必要があります。その当時、自分がどのような気持ちになったのかを思い返しましょう。自分と元恋人に対する感情をそれぞれ認識するのです。[46]
    • その経験について深く考えてみましょう。そこから何を学ぶことができますか?今ならば、違う行動を取るかもしれません。あるいは、相手が違う行為を取ることを望むかもしれません。今後は、何を期待しますか?自分が成長するためには、どのようにその経験を活かせますか?
    • 許しとは、問題のある言動に対する言い訳ではありません。人を許すからといって、相手と和解したり、相手の行動が正しかったと認める必要はありません。あくまでも、怒りから来る苦しみを手放すというだけのことです。許しとは、自分を自由にします。
    • 他者の行動をコントロールはできないということを覚えておきましょう。自分がコントロールできるのは、自分の行動と反応だけです。
    • 元恋人の過ちを許すことを自分に言い聞かせましょう。そして、完全に許し切るまでには、時間がかかることもあるということを念頭に置いておきます。時間がかかっても、全く問題はありません。
  2. 2
    振り返る作業を少し行った後は、未来に目を向けましょう。おそらく今は、過去を引きずってしまっているはずです。それはなぜですか?何をしても過去は変えられません。つまり、過去を引きずっても、「未来の自分」には何のメリットもないのです。では逆に、未来について考えたらどうなりますか?ポジティブに考えるのが確実にもっと楽になるでしょう。今の状況から学べることを探す時間を少しだけ設け、後は未来の計画立てに時間を割きましょう。[47]
    • この時間を利用して、今回の交際関係から学んだ教訓のうち、どのような要素が自分の将来に活かせるかを考えてみましょう。今後は何をどう変えていきますか? [48] 元恋人との関係の中で、失敗したと感じる点と成功したと感じる点について書き出してみましょう。次に、新しい恋人に望む条件について書き出します。例えば、相手の人間性、外見の特徴、性格などについてです。
    • 自分の過去の恋愛の傾向を探ってみましょう。時に、人は自分にふさわしくないタイプの人間を繰り返し好きになってしまうことがあります。これには、幼い頃の両親との関わり方など、様々な原因が考えられます。[49]自分との相性が悪そうな「タイプ」が 存在しないかをよく考えてみましょう。そして、今後その悪い傾向を止めるにはどうすれば良いのかを考えます。
    • 今回の失恋を良い学習経験として扱いましょう。失恋とは辛いものです。気分は最悪になります。しかし、その経験を上手く活かせば、もっと強くて、自信があり、情け深い人間になれるはずです。自分や自分のニーズについて学べることがないかを探してみましょう。[50] 失恋前には知らなかった自分の新たな一面とはどのようなものですか?[51]
  3. 3
    本当の自分を見つけましょう。人は真剣な交際関係を築いている時は、ありのままの完全な自分でいようとはせず、自分と恋人の二人で一人だという感覚に陥ってしまいがちです。これが、別れの辛さの原因になることが往々にしてあります。しかし、自由になった今、もう一度本当の自分探しができます。誰からの意見や束縛にも邪魔されずに、自分の好きなことを好きなだけできるのです。自分が何に価値を置き、どのような人間になりたいのかをしっかりと考えてみましょう。[52]
    • 交際中は、相手と妥協し合うことがたくさんあったでしょう。しかし、別れた今は、妥協せずに、自分の意見を尊重する時です。例えば、ピザの上にアンチョビを乗せるのが好きなのであれば、そうしましょう。元恋人がいつも予定をぎっしりと詰めて、早起きするタイプの人間だったのであれば、今は週末にたっぷりと朝寝坊しょう。あるいは、元恋人の趣味に合わなかったお気に入りの服を着るのも一案です。相手が気に入らなかった絵画やポスターも飾りましょう。相手が嫌いだった音楽も聴きましょう。これらは全て本来の自分を取り戻す方法です。カップルを構成する一人としてではなく、完全なる個人としての自己意識をもう一度築き上げるチャンスです。
    • 交際が始まった時に、諦めたものは何ですか?友情ですか?趣味ですか?恋人に時間を費やすために、自分の生活の中のどの時間が奪われましたか?自分が何を諦めたかを思い出しましょう。その諦めたものは、もう一度手に入れることは可能ですか?おそらく可能です。
  4. 4
    自分にとっての安全地帯から思い切って出てみましょう。その快適さゆえに、人は自分の安全地帯の中に留まってしまいがちです。しかし、挑戦をしなければ、本当の成功は手に入れられません。[53] この機会を利用して、新しいことに挑戦し、普段ならば取らないようなリスクを取ってみましょう。
    • あまりにも快適な状態が長く続くと、モチベーションが下がってしまいます。既に失恋したせいで不安な気持ちを感じているのであれば、その不安を活かして自分のメリットに変えてみましょう!自分の生活の中で改善が必要な要素を変化させるためにその力を利用します。[54]
    • 自分の安全地帯から出るようにすることにはその他の利点もあります。例えば、(適度で控えめな)リスクを取ると、自分の弱さや日常のハプニングというのが人生における避けられない現実であるということを受け入れやすくなるでしょう。一旦その事実を受け入れてしまえば、今後ハプニングがあっても簡単に対処できるはずです。[55]
    • だからと言って、何のトレーニングもせずにエクストリームスポーツに挑戦したり、異国の文化や言語について一切知らずに海外に移り住むことを決断したりすべきではありません。まずは小さなチャレンジから取り掛かり、だんだんとレベルを上げていきましょう。[56]
    • 失恋後の時期を、自分にとって価値のある自由時間だと捉えましょう。スクールに通う、引っ越す、前々から欲しかった猫を飼うなど、何でもできる期間です。金曜日の夜は以前から興味を持っていた美術教室に通うのも妙案でしょう。昔からの夢がある人は、今がそれを追い求めるチャンスです。
  5. 5
    時間をかけましょう。今は傷心中ですが、それが一生続くわけではありません。ベタな表現に聞こえるかもしれませんが、ベタなのにはそれなりの理由があります。時間というのは、本当に傷を癒すものです。今のあなたには、あらゆる視点から思考を巡らせる時間が必要です。今は元恋人のことを良い思い出として捉えるのが困難かもしれませんが、きっといずれは自分にとって大切な思い出に変わり、相手との交際も良い経験だったと思えるようになるはずです。人は自動的に誰かを忘れることができないので、悲嘆過程がなかなか終わらなくても、自分を責める必要はありません。忘れられないのは至って自然なことです。ただし、必ず忘れられるのだという強い信念を持ちましょう。[57]
    • 実際、失恋から立ち直った時には、あまり気付かないものです。ある朝起きた時に、ふと自分が何週間も元恋人について考えていなかったことに気付くでしょう。誰もがゆっくりと、気付かぬうちに忘れていきます。したがって、たとえ何も起こっていないと感じていても、突然その日は訪れます。必ず訪れるのです。
    広告

ポイント

  • 自分を鼓舞する曲のプレイリストを作りましょう。自分が自信に溢れ、強さを感じられるような曲を入れます!途方に暮れたり、孤独感を味わった時には、そのプレイリストを流し、自分の集中力を取り戻しましょう。
  • 自分の人生を楽しむことを忘れないようにしましょう。失恋から一歩前進し、個人としての自分を受け入れるのは素晴らしいことです。この機会を利用して、家族や親友など、自分にとって本当に大切な人たちと今まで以上に一緒に過ごしましょう。
  • 過去を引きずらず、人生を満喫します。
  • 横になり、リラックスしましょう! 失恋から意識を逸らすためには、素敵な音楽を聴くのが効果的です。
  • 自分の外見をどうしても変えたいと思った場合は、数週間で徐々に落ちる染髪剤など、あまり長持ちしないものを利用しましょう。あるいは、明るい色のワンタッチエクステを使うのも賢い手段です。
  • 忙しくしていましょう。気晴らしをするための最も良い方法は、友達と一緒にいることです。また、今の状況を伝える相手は必ず賢く選びましょう。世の中の人全員に対して自分の別れの原因や経緯を話す必要はありません。自分の弱みについて話す相手をきちんと選ぶことは、自分にとってのメリットになります。周囲の人間全員を満足させる必要はないのです。
  • 過去にとらわれ、自分の未来を台無しにするのは禁物です。悲しくなる、惨めになる、あるいは集中ができなくなるような記憶に関しては、手放し、忘れてしまいましょう。
  • 失恋中は、常に自分の気持ちを表に出し、周囲からの支えを得られるように、愛する家族や友達を頼りましょう!

広告

注意事項

  • 元恋人と「ただの友達」でい続けるのは最も間違った判断です。相手との関係が完全に終わったという事実を受け入れるのが破局後の第一ステップであり、その認識を持てなければ、立ち直るのに非常に苦労するはずです。失恋後というのは、自分の再出発の時期であり、復縁を望む時期ではありません。もちろん、二人がよりを戻す可能性は多少は存在するでしょう。しかし、効果てきめんな「元恋人との復縁」マニュアルの第一ステップは極めてシンプルです。「ひとまず休憩しましょう」。休む期間というのは、1年や2年ほどの長期間である必要があります。元恋人に対する恋愛感情が完全に無くなるまでは、相手と再び友達になるのは精神的に危険です。恋愛感情が無くなるとは、つまり、相手に新しい恋人ができても祝福できる状態になることです。
広告

関連記事

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

すぐに涙を出す

How to

他者に依存しない

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

復讐する

How to

キスが上手になる

How to

泣いている人を慰める

How to

女性をその気にさせる

How to

敬意を持って人に接する

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

男性からの好意に気付く

How to

落ち込んでいる友達を励ます
広告
  1. Lepore, S. J., & Greenberg, M. A. (2002). Mending broken hearts: Effects of expressive writing on mood, cognitive processing, social adjustment and health following a relationship breakup. Psychology and Health, 17(5), 547-560.
  2. Rokach, A. (1990). Surviving and coping with loneliness. The Journal of Psychology, 124(1), 39-54.
  3. Lepore, S. J., & Greenberg, M. A. (2002). Mending broken hearts: Effects of expressive writing on mood, cognitive processing, social adjustment and health following a relationship breakup. Psychology and Health, 17(5), 547-560.
  4. Baxter, L. A. (1986). Gender differences in the hetero-sexual relationship rules embedded in break-up accounts. Journal of Social and Personal Relationships,3(3), 289-306.
  5. http://teenshealth.org/teen/your_mind/emotions/rejection.html#
  6. https://www.psychologytoday.com/articles/201012/the-thoroughly-modern-guide-breakups
  7. http://www.healthline.com/health/depression/after-break-up
  8. https://www.psychologytoday.com/blog/laugh-cry-live/201208/coping-distress-and-agony-after-break
  9. Bourgeois, K. S., & Leary, M. R. (2001). Coping with rejection: Derogating those who choose us last. Motivation and Emotion, 25(2), 101-111.
  10. http://www.huffingtonpost.com/2014/03/13/rejection-coping-methods-research_n_4919538.html
  11. http://www.apa.org/monitor/2012/04/rejection.aspx
  12. Rokach, A. (1990). Surviving and coping with loneliness. The Journal of Psychology, 124(1), 39-54.
  13. Locker Jr, L., McIntosh, W. D., Hackney, A. A., Wilson, J. H., & Wiegand, K. E. (2010). The breakup of romantic relationships: Situational predictors of perception of recovery. North American Journal of Psychology, 12(3), 565.
  14. Locker Jr, L., McIntosh, W. D., Hackney, A. A., Wilson, J. H., & Wiegand, K. E. (2010). The breakup of romantic relationships: Situational predictors of perception of recovery. North American Journal of Psychology, 12(3), 565.
  15. https://www.psychologytoday.com/blog/getting-back-out-there/201506/when-the-person-you-love-doesnt-love-you
  16. http://greatergood.berkeley.edu/article/item/this_is_your_brain_on_heartbreak
  17. https://www.psychologytoday.com/blog/thriving101/201012/rejection-losers-guide
  18. Marshall, T. C. (2012). Facebook surveillance of former romantic partners: associations with postbreakup recovery and personal growth. Cyberpsychology, Behavior, and Social Networking, 15(10), 521-526.
  19. https://www.psychologytoday.com/blog/laugh-cry-live/201208/coping-distress-and-agony-after-break
  20. https://www.psychologytoday.com/blog/intense-emotions-and-strong-feelings/201203/emotional-memories-when-people-and-events-remain
  21. Davis, K. E., Ace, A., & Andra, M. (2000). Stalking perpetrators and psychological maltreatment of partners: Anger-jealousy, attachment insecurity, need for control, and break-up context. Violence and Victims, 15(4), 407-425.
  22. http://www.healthline.com/health/depression/after-break-up
  23. http://io9.com/5983273/how-to-fall-out-of-love-with-somebody
  24. http://www.health.harvard.edu/mind-and-mood/exercise-and-depression-report-excerpt
  25. https://www.psychologytoday.com/blog/the-squeaky-wheel/201307/10-surprising-facts-about-rejection
  26. http://www.nytimes.com/2011/09/14/science/14laughter.html?_r=0
  27. http://business.time.com/2013/04/16/is-retail-therapy-for-real-5-ways-shopping-is-actually-good-for-you/
  28. Saffrey, C., & Ehrenberg, M. (2007). When thinking hurts: Attachment, rumination, and postrelationship adjustment. Personal Relationships, 14(3), 351-368.
  29. http://greatergood.berkeley.edu/topic/compassion/definition#why_practice
  30. http://www.helpguide.org/articles/work-career/volunteering-and-its-surprising-benefits.htm
  31. http://psychcentral.com/blog/archives/2013/12/22/how-giving-makes-us-happy/
  32. http://psychcentral.com/blog/archives/2012/12/02/does-success-lead-to-happiness/
  33. http://asq.sagepub.com/content/47/4/644.short
  34. Lepore, S. J., & Greenberg, M. A. (2002). Mending broken hearts: Effects of expressive writing on mood, cognitive processing, social adjustment and health following a relationship breakup. Psychology and Health, 17(5), 547-560.
  35. http://greatergood.berkeley.edu/article/item/nine_steps_to_forgiveness
  36. http://greatergood.berkeley.edu/article/item/the_new_science_of_forgiveness
  37. http://greatergood.berkeley.edu/article/item/overcome_barriers_forgiveness
  38. Saffrey, C., & Ehrenberg, M. (2007). When thinking hurts: Attachment, rumination, and postrelationship adjustment. Personal Relationships, 14(3), 351-368.
  39. http://www.scientificamerican.com/article/how-does-the-brain-react-to-a-romantic-breakup/
  40. https://www.psychologytoday.com/blog/the-couch/201502/6-ways-get-past-the-pain-unrequited-love
  41. http://tinybuddha.com/blog/dealing-with-a-break-up-and-learning-from-the-experience/
  42. http://www.uwosh.edu/couns_center/self-help/relationships/coping-with-a-break-up
  43. https://www.psychologytoday.com/blog/communication-success/201301/the-break-cure-7-ways-heal-find-happiness-again
  44. http://psychclassics.yorku.ca/Yerkes/Law/
  45. http://www.psychologytoday.com/blog/confessions-techie/201101/comfort-kills
  46. http://www.nytimes.com/2011/02/12/your-money/12shortcuts.html?pagewanted=all&_r=1
  47. http://psychcentral.com/blog/archives/2013/02/19/7-tips-to-avoid-personalizing-rejection/
  48. https://www.psychologytoday.com/blog/the-squeaky-wheel/201307/10-surprising-facts-about-rejection

このwikiHow記事について

Trudi Griffin, LPC, MS
共著者 by
認定カウンセラー
この記事の共著者 by Trudi Griffin, LPC, MS. トゥルーディ・グリフィンはウィスコンシン州に住む認定カウンセラーで、依存症と精神衛生を専門としています。個人治療や地域医療の場で、依存症、精神病、心的外傷に苦しむ患者のカウンセリングにあたっています。2011年にマーケット大学にて臨床精神衛生カウンセリングの修士号を取得。 この記事は1,862回アクセスされました。
カテゴリ: 独身生活 | 人間関係
このページは 1,862 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告