PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

世界のどこにいても、誰もが社会の一員です。社会の一員として他者を助け、住んでる地域そして世界をより良いものにする責任があります。身近な範囲で試みることも、より大規模な取り組みを目指すこともできます。身の周りの人々に目を配り手を貸しましょう。あるいは、より長期的に社会に貢献できることを探しても良いでしょう。例えば、自己の教育へ投資したり、慈善団体を支援すること、さらに献血や環境保護が考えられます。

方法 1
方法 1 の 4:
身の周りの人に手を貸す

  1. 1
    日常生活でできる限り人助けをする 大規模な慈善活動のような華やかさはありませんが、1対1での親切な対応は地域社会で大きく役立ちます。地域住民を直接手助けする機会があれば、笑顔で率先して行いましょう。
    • 高齢者が交通量の多い道路を横断している時に手を貸してみましょう。
    • ホームレスの人に数百円を手渡してみましょう。あるいは、食事をご馳走し、食べている間、会話を楽しむこともできるとなお良いでしょう。
    • 重い扉を開けようとしていたり、重い荷物を持ち運んでいる人を見かけた際は、助けに行きましょう。
  2. 2
    身の周りの人の話に耳を傾け共感する 友人、家族、同僚も社会の一員です。こうした人たちの心の支えになることも、社会貢献につながります。逆に、あなたが最近自分に起きた不愉快な出来事について話したいのであれば、自分が話すばかりでなく相手の話にも耳を傾けましょう。
    • 例えば、身内に不幸があった同僚に対しては、「本当に悲しくて大変な時期だと思います。話したい気分の時は、いつでも聞きますから」と声をかけてみましょう。
    • 学業で苦労している友人に対しては、「大変そうだね。今学期は本当に苦労しているんだね。カフェでも行かない?クラスや課題について少し話そうよ」と声をかけてみましょう。
  3. 3
    地域の若者の良き相談相手になり人格形成に貢献する すでに大人なのであれば、何十年分の実用的な知識や経験が蓄えられているでしょう。これらの知識や経験から若者が学べることは多々あります。メンター制度などが存在するのもそのためで、大人の個人的あるいは専門的知識を、人生の何らかの側面に悩みを抱えている若者に伝えることを可能にします。
    • 例えば、北米では住んでいる地域に根ざした「Big Brother Big Sisters」というプロジェクトが存在します。その他に、多くの教会や社会団体(ボーイスカウトなど)もまた、メンター制度を推奨しています。
  4. 4
    地域団体のボランティア活動に参加する ボランティア活動への参加もまた、地域社会の住民と交流し、助けを必要としている人々に手を貸すことのできる優れた機会でしょう。ボランティア活動は、週にわずかな時間を割くだけで、身近な人々の生活に大きな違いをもたらすことができます。[1] あなた自身の関心も踏まえ、次のような団体への参加を検討してみましょう。
    • 地元のホームレスシェルター、フードバンクでボランティア活動に参加する。
    • 赤十字や救世軍の活動を支援する。
    • ハビタット・フォー・ヒューマニティの活動を通して家を建てる。
    • 病院やホスピスでボランティアする。
  5. 5
    献血を行い怪我を負っている人や闘病中の人に手を差し伸べる 病気や怪我に対して輸血が多く必要とされるので、献血が大きな助けとなります。日本では、日本赤十字社が献血ルームを全国に設けています。また、献血バスも運行されています。献血の種類によって次回の献血までの間隔が異なりますが、常に献血協力者を探しています。[2]
    • オンラインで、身近な献血場所を検索してみましょう。「都市名、献血ルーム」と入力してみると参考になるかもしれません。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
市民社会に参画し貢献する

  1. 1
    地方選挙と国政選挙に投票し、より良い社会の実現に関わる 民主主義社会に住んでいるのであれば、投票は、地元地域だけでなく、住んでいる国に貢献するための重要な手段です。有権者として、争点となっている問題や候補者について事前に調べ、最も社会に貢献してくれるだろうと思える候補者や政策に投票しましょう。
    • 例えば、税金、都市運営、県の条例といった、普段見落とされがちな地域の問題に着目して調べ、投票することも大切です。
  2. 2
    住んでいる地域の中で意義のありそうな仕事を探す 働くことも、直接的、間接的に社会に貢献することにつながります。[3] 自分の仕事を直接的あるいは間接的に、地域社会に役立てたいと思うのであれば、公共性の高い仕事を探してみましょう。例えば、消防士や建設作業員になったり、動物愛護センターでの職を探してみましょう。その他にも、公務員になるという道もあります。
    • 既に仕事がある人は、その職種を通してできること(ボランティア活動や社会支援活動の創出など)を模索してみましょう。[4]
  3. 3
    納税する 仕事をしている人は納税が義務付けられています。地方税や国税として納められたお金が、社会インフラの向上や公務員の給与にあてがわれます。納税手続はオンラインでも可能です。不明な点があれば、税務署職員や税理士が相談にのってくれるでしょう。確定申告の時期には、無料の相談窓口が設置されることもあります。
    • 納税が難しい場合は、利用できる減免制度があるかもしれないので、役所や税理士に相談してみましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
社会全体を良くする

  1. 1
    可能であれば慈善団体に寄付する 地域や国内で、あるいは国際的に活動する慈善団体に寄付すると、そのお金は、社会とその中に暮らす人々の生活を向上させるために使われます。寄付という行いは周囲にとって良いお手本となるでしょう。感銘を受けて同じように寄付をする人が現れるかもしれません。[5] 国境なき医師団、ジェーン・グドール・インスティテュート・ジャパンなど、さまざまな分野で活動する団体が存在するので調べてみましょう。
    • 金銭的な寄付の他にも方法はあります。例えば、中古車や衣類の寄付を募っている慈善団体も多数あります。
  2. 2
    生きていくうえで役に立つスキルを教える 自分以外の人に実用的な知識や役立つスキルを教えるということもまた、地域社会、そして社会全体に貢献することのできる優れた方法です。[6] 友人、近所の住民、子供たちはもちろん、まったく知らない人にも、起こりやすい問題に対処する方法を伝授することで手を貸しましょう。
    • 例えば、車のバッテリーが上がってしまった人に遭遇した時は、ジャンプする手順を見せてあげましょう。
    • あるいは、屋外活動で役に立つスキルを子供たちに教えることもできます。テントの組み立て方、火の起こし方、ナイフの研ぎ方などをを教えましょう。
    • もともと機械工の人、あるいは修理が得意な人であれば、パンクしたタイヤの交換方法、自転車のタイヤの交換方法、あるいは単純な作りのエンジンの修理方法などを教えることもできます。
  3. 3
    卒業後の人生で人助けに有用な教育を受ける 高校、大学、専門学校、あるいは大学院など、種類を問わず良い教育を受けるために努力するというのは決して利己的な行いではありません。教育を受けることで、教育によって得た知識なしには実現できなかったであろう方法で国内外の社会に貢献することが可能になります。[7]
    • 例えば、農場・牧場経営や農業を大学で勉強していれば、卒業後に地元の地域社会の農業や畜産業を発展させることができるかもしれません。
    • あるいは、大学と大学院で必要な科目を履修していれば、公認心理士という国家資格を受験、取得することが可能になります。心理カウンセラーとし地域住民の心の健康に寄与することができます。
  4. 4
    専門知識を共有して地域社会に還元する 受けた学校教育の年数に関係なく、誰でも地域社会で役に立ちそうな何らかの知識やスキルを持ち合わせています。[8] 例えば、資産管理について自宅で公開講座を催してみましょう。あるいは、近隣の公共図書館に連絡し、納税や貯蓄に関しての講座を開くことができないか相談してみましょう。
    • 専門知識の共有は、高等教育で学んだことを社会に役立てることのできる優れた手段です。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
環境保護に貢献する

  1. 1
    ごみを減らし、再利用し、リサイクルする 人間も生態系の一部なので、身の周りの自然環境を守ることは社会貢献と密接に関わり合っています。プラスチックはリサイクルし、そもそも使用するプラスチックの量を減らしましょう。リサイクル対象のごみ(ペットボトルや食品トレーなど)は、可燃ごみなどみ混ぜずに、適切に分別して捨てるようにしましょう。[9]
    • 例えば、服が擦り切れてきた時は捨てるのではなく修繕しましょう。あるいは、不要になった服を救世軍などの慈善団体に寄付しましょう。
    • 発泡スチロールなどの生物分解のできない素材が用いられた製品は、できる限り買わないようにしましょう。
  2. 2
    公共交通機関や自転車を毎週利用して、燃料消費量の削減に貢献する 自分1人だけで自動車を運転すると燃料を無駄に消費し、環境汚染を悪化させます。相乗りを選択したり、自動車の代わりに自転車を利用することで、燃料をできる限り大切に使いましょう。あるいは、バスや電車といった公共交通機関を利用することで、住んでいる都市の燃料消費量の削減に貢献できます。
    • 二酸化炭素排出量を減らすことが、地域社会の人々の健康を促進することにつながります。
  3. 3
    公共空間に木を植えて空気をきれいにする 木を植えることは地域の美化だけでなく環境の改善にも少し貢献しています。近隣の園芸センターやホームセンターなどで苗木を購入しましょう。春、草木の成長期に合わせて植えましょう。[10]
    • 公園(あるいは同様に市町村によって管理されている土地)に木を植えたいのであれば、事前に管轄の役所に相談し、必要な申請書類を提出しましょう。
    • さらにひと手間をかけて、住んでいる地域に生息する木の種類を調べておきましょう。
  4. 4
    太陽光発電を利用して自宅で発電する 大規模な電力会社(大量の化石燃料を燃やし環境を汚染しています)から電力の供給を受けるのではなく、太陽光パネルを設置して自家発電をする方法に切り替えることもできます。太陽光パネルは家の屋根に取り付けることができます。条件が揃えば、必要とする電力の100%をまかなうこともできるかもしれません。[11]
    • 太陽光パネルを購入する場合は専門メーカーや専門業者に問い合わせてみましょう。小規模なものであればオンラインショップで購入することもできます。また、取り付け工事も近隣の専門業者や太陽光パネルを発注したメーカーに依頼することができます。
    広告

関連記事

化学反応式に係数をつける化学反応式に係数をつける
銀が本物かどうか調べる銀が本物かどうか調べる
陽子、中性子、電子の数を求める陽子、中性子、電子の数を求める
英語の論文・レポートで引用をする英語の論文・レポートで引用をする
右利きが左手で文字を書く右利きが左手で文字を書く
化学反応のエンタルピーを計算する化学反応のエンタルピーを計算する
華氏と摂氏の温度を換算する華氏と摂氏の温度を換算する
論文の要旨を書く論文の要旨を書く
二進法を十進法に変換する二進法を十進法に変換する
家族宛ての手紙の宛名を英語で書く家族宛ての手紙の宛名を英語で書く
p値を計算するp値を計算する
夫婦宛てに英語で宛名を書く夫婦宛てに英語で宛名を書く
価電子数を求める価電子数を求める
調子を聞かれた時に正しく答える調子を聞かれた時に正しく答える
広告

このwikiHow記事について

Amber Rosenberg, PCC
共著者 ::
キャリアコーチ
この記事の共著者 : Amber Rosenberg, PCC. アンバー・ローゼンバーグはサンフランシスコ・ベイエリアに拠点をおく認定コーチ(PCC)です。「Pacific Life Coach」経営者として、20年以上にわたり、一般企業、テクノロジー企業、そして非営利団体を対象としたコーチングを行っています。コーチトレーニング協会にて専門教育を修了。国際コーチ連盟会員。
このページは 647 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告