PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

すべての人に平等に与えられた1日24時間の中で、仕事と資格取得の勉強を両立することは、並大抵のことではないと思われます。それでも自身のスキルアップ、社内におけるポジションや待遇の向上など、それぞれの目的を果たすべく、果敢に挑む人が途絶えることはありません。ここで注意すべきポイントとして、資格さえ取得すれば安泰であるなど、受験に合格するのと混同すなわち『合格がゴール』との誤解が挙げられます。資格とは、それを有することで新たなチャレンジ可能となる、より専門的な仕事の幅が広がる、文字通り『資格証』です。この重要な事実を踏まえ、本業である仕事をおろそかにすることなく、より効率良い計画的な勉強法を見極めて日々着実に実践することが、資格取得を目指すすべての人に求められます。[1]

方法 1
方法 1 の 2:
準備を整える

  1. 1
    資格取得の目的を見据える 仕事と勉強を両立し、資格試験合格を目指すキッカケは、人それぞれです。勤務先から取得を指示された、すなわちその会社で勤務を続ける上で、業務に関する資格を取得せざるを得ないケースは、さまざまな分野の職域に共通しています。一方で異業種への転職あるいは将来的な独立を視野に、現在の仕事とは直接接点が見当たらない資格取得を目指し、多くの人が働きながら勉強を続けています。これから資格取得を目指す第一歩として、自らの意思ではなく、勤務先など第三者に取得を指定された資格であれば、まずは自身の気持ち(決意)を確かめましょう。自らの意思で選択した資格取得に挑むのであれば、その先に続く自身(家族)のライフプランを見据え、夢の実現に向けて動き出しましょう。
    • 「勤務先に命令されたから勉強しなければならない」「不合格だと出世の道が閉ざされる」といった不安感が勝った精神状態では、本文である仕事への悪影響が懸念されます。資格取得へのチャレンジは、プロフェッショナルとしてのスキルアップを目指す自己啓発であり、所属する勤務先への貢献に直結します。
  2. 2
    取得を目指す資格を理解する 学生時代の受験勉強とは違い、資格試験対策に充当可能な時間が限られた環境下、多くの人が合格の鍵を、より効率良く合格するためのテクニックに求めがちです。これは間違った考え方とは言えませんが、その前にまずは、取得を目指す資格を、より深く正しく理解しておきましょう。資格試験は基本、試験日が年1~数回で、中には段階を踏んで複数回の試験を順にクリアせねばならないなど、そのシステムはさまざまです。まずは攻略すべき相手を知ることは、あらゆる挑戦に共通する、必要不可欠な下準備です。
    • 難易度すなわち合格率はどの程度なのか、取得することでどのような可能性が広がるのかなど、より新鮮かつ正確な情報に基づき、目の前のハードルの高さと、その向こうに広がる未来を確かめましょう。
    • 取得を目指す資格を活かし、第一線で活躍中の人物の仕事振りをチェックしましょう。なりたい自分像を見据えることが、自身の心を奮い立たせてくれます。
    • たとえば生損保険商品の販売資格などのように離職した瞬間に失効する、FP資格のように取得後も毎年既定の講習に参加しなければ、翌年資格が更新されないなど、資格継続に条件がつくものは少なくありません。自身が取得を目指す資格が該当するかどうか、今後のライフプランを視野に入れて、しっかり確認しておきましょう。[2]
  3. 3
    シナリオを描く 資格取得に気持ちばかりがはやるあまり、勢いだけで教材を買い集めたり、とりあえず勉強を始めてしまう人が見られますが、無計画なスタートダッシュは慎みましょう。勤務先から受験時期を指定された場合には、その日に向けてのタイムスケジュールを立てましょう、自身で受験時期を決定するのであれば、試験の難易度や自身の学習能力を考慮のうえ、無意味に先延ばしにせず期限を定め、その日に向けての計画を立てましょう。たとえば高校卒業後に志望校合格を目指す生徒が集う、大学受験予備校の講義は、綿密に練り上げられた、実質1年弱のスケジュールに沿って進められます。繁忙期がどのタイミングで訪れ、どの程度の期間勉強時間の確保が難しくなるかなど、あくまで仕事が第一であることを踏まえ、試験当日までのシナリオを描きましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
勉強法を考える

  1. 1
    早朝学習を習慣化する 予期せぬ残業や急用、社会人としての付き合いなどが避けられない社会人にとって、出勤前の勉強は理想的な生活サイクルと言えるでしょう。仕事の疲れを引き摺った状態での勉強は、心身への負担が避けられず、学習効率の低下も懸念されます。確保したい最低限の睡眠時間と、毎朝の出勤時間を軸に、たとえば毎朝1時間の学習時間を捻出してみましょう。その日のノルマは翌日に持ち越したくないため、夜に勉強する方が安心できる傾向が、多くの人に共通してみられますが、あくまで目標は資格取得です。気持ちを切り替え、朝方へのシフトチェンジを試みましょう。[3]
    • 毎朝7時30分に自宅を出発する場合、朝食と身支度に1時間と勉強時間の1時間の計2時間時計を巻き戻し、午前5時30分起床のプランが浮上します。最低6時間30分睡眠時間を確保したいのであれば、就寝時間は午後11時。通常の帰宅時間が午後8時頃であれば、入浴や食事を含め、約3時間の自由時間の確保が見込まれます。
  2. 2
    隙間時間を活用する 出退勤の移動中や休息時間など、10~数十分単位で生じる空き時間を活用する、自分なりの隙間時間学習法を考えましょう。ただし腰を据えて集中するのが難しい環境下での勉強のため、新しい知識を記憶するよりも、当日朝に勉強した内容の復習や確認作業が適しています。漠然とスマホを触っていたり音楽を聴いていた時間を、勉強時間に置き換えることで、「空き時間は勉強タイム」の習慣を身につけましょう。
  3. 3
    教材を絞り込み深く学習する 資格試験対策用に市販されている教材、提供されている講義や通信教育に関する情報(資料)を集め、比較検討しましょう。あれもこれもと教材ばかりを買い揃えてしまい、いわゆる「虻蜂取らず」の状況に陥らぬよう、主軸とする教材は1つに絞り、より深く学習する姿勢が大切です。[4]
    • 所定の講義の受講もしくは通信教育を修了しなければ、受験資格そのものが与えられない資格もあり、注意が必要です。こうした資格取得対策として、授業日を土日に設定した講義を開講している専門学校や通信教育の活用には、相応の授業料(費用)の負担が避けられません。勉強に必要な費用面に関しても、事前に余裕を持って確保する、もしくは自身の支払い能力を確かめておきましょう。
  4. 4
    テクノロジーを活用する 移動中などにスマホやタブレットを用い、いつでも取り出して勉強できる仕組みを整えておきましょう。データ保存を目的でクラウドサービスを利用しているのであれば、教本をカメラで撮影して保存から、出先で画面に反映して勉強する習慣を実践しましょう。
    • クラウドサービスの利点である、動画や音声の保存機能も、教材の持ち歩きに活用できます。ただしこうした仕込み(準備)に時間と労力をかけ過ぎてしまうと、肝心の勉強時間にロスが生じかねません。カメラでページを撮影する際にはキチンと黙読するなど、準備作業も勉強となる作業を心がけましょう。
    • 最新のアプリを活用した通信教育サービスも多数提供されていますが、スマホをサクサクと操作できることで、知識を習得したつもりにならないよう、注意しましょう。
  5. 5
    継続実践する 働きながら資格取得を目指しての勉強を続けることは、学生時代の試験や受験勉強と比較しても、より挫折(頓挫)してしまう可能性が高い『挑戦』と言えるでしょう。しかしながら多くの先人たちが、それぞれが自ら見据えた高いハードルをクリアし、資格取得を実現し、新たな実社会のステージで活躍を続けています。資格試験は受験とは違い、上から一定人数だけを合格とするものではなく、定められた合格ラインをクリアすれば、受験者全員が合格可能なハードルです。他人と競うのではなく、あくまで自身が一個人として、その資格取得に値する専門知識や技術を習得すべく、自らが選んだ勉強を、確実に実践し続けましょう。働きながらの勉強は、親に育ててもらった期間を経て実社会にデビューした自分自身を、今度は自らの意思と覚悟でさらにグレードアップさせる、素晴らしい努力に他なりません。[5]
    広告

ポイント

  • 自身のスキルアップ、社内における待遇やポジションの向上、転職や独立に役立てる、努力の結果が報われた達成感など、資格取得を目指す人がその先に見据えるメリットはさまざまです。
  • 限られた時間内での勉強は、より効率良く知識を習得できる環境作りが大切です。疲れて帰宅後の夜の勉強よりも、朝に勉強する日々のスケジュールを構築しましょう。
  • 主軸として活用する教材は1つに絞り、あれもこれもと食い散らかすような勉強にならないよう、より深く理解する姿勢で臨みましょう。
広告

注意事項

  • 所定の講義や通信教育を修了しなければ受験資格が与えられない、離職と同時に失効してしまう、取得後も所定の講習に参加しなければ更新されないなど、独自の制限が設定された資格取得を目指す場合、詳細の事前確認が不可欠です。
  • スマホやタブレットを駆使する勉強法の実践に際しては、これらのデバイスの操作や仕込みの比重が高くなってしまい、肝心の知識習得がお留守とならないよう、注意しましょう。
広告

関連記事

化学反応式に係数をつける化学反応式に係数をつける
銀が本物かどうか調べる銀が本物かどうか調べる
陽子、中性子、電子の数を求める陽子、中性子、電子の数を求める
英語の論文・レポートで引用をする英語の論文・レポートで引用をする
右利きが左手で文字を書く右利きが左手で文字を書く
化学反応のエンタルピーを計算する化学反応のエンタルピーを計算する
華氏と摂氏の温度を換算する華氏と摂氏の温度を換算する
論文の要旨を書く論文の要旨を書く
二進法を十進法に変換する二進法を十進法に変換する
家族宛ての手紙の宛名を英語で書く家族宛ての手紙の宛名を英語で書く
夫婦宛てに英語で宛名を書く夫婦宛てに英語で宛名を書く
p値を計算するp値を計算する
価電子数を求める価電子数を求める
右利きから左利きになる右利きから左利きになる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 945 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告