PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

初めて飛行機に乗る場合や、空港に行くのが久しぶりという場合、一見、空港での搭乗券の受け取りはややこしいと感じるかもしれません。しかし、時間の余裕を持ってチェックインを行えば、ストレスを感じる必要はありません。利用する航空会社のチェックインカウンターを見つけたら、スタッフに搭乗券を発券してもらいましょう。あるいは時間を節約したい人は、便利な自動チェックイン機(キオスク)を使いましょう。

方法 1
方法 1 の 2:
航空会社のチェックインカウンターでチェックインをする

  1. 1
    出発時刻の2〜3時間前には空港に到着する 国内線なら、2時間もあれば余裕を持ってチェックインを済ませ、保安検査場を通って搭乗口に向かうことができます。国際線の場合は、出発時刻の3時間前には空港に到着するようにしましょう。[1]
    • 一般的には2〜3時間前が良いとされていますが、空港への到着時刻に関する案内がないか、利用する航空会社の情報を確認してみましょう。[2]
    • チェックインにかかる時間は空港の規模や曜日、時期、その他の要因によっても変わります。常に思ったよりも長めに時間を取るようにすると安心です![3]
  2. 2
    利用する航空会社のチェックインカウンターを探して、列に並ぶ ほとんどの航空会社では、利用者の種類によって列が分けられています。例えば、マイレージプログラムのメンバーやファーストクラスの利用者は優先チェックインのサービスが受けられます。並ぶ列を間違えないよう注意しましょう。[4]
    • 空港によっては、荷物を預ける場合には必ずチェックインカウンターに行く必要があります。[5]
  3. 3
    チェックインカウンターのスタッフに身分証とフライト情報を見せる 航空会社や行き先によって異なりますが、便名や予約番号を確認される場合や、身分証だけでチェックインが可能な場合もあります。スタッフに提示できるよう、全ての情報や書類を手元に用意しておきましょう。[6]
    • インターネットで航空券を予約した場合、予約確認メールを印刷し、チェックイン時にスタッフに渡せば、全てのフライト情報が提示できます。
    • 国際線に乗る場合は、パスポートを忘れないよう注意しましょう!
  4. 4
    搭乗券を受け取り、預けたい荷物を預ける 通常、カウンターで搭乗券を発行する際に荷物の預かりも行ってもらえます。目的地で荷物を受け取る際に必要なため、手荷物引換証を無くさないよう注意しましょう。[7]
  5. 5
    搭乗券に記載された搭乗口を確認し、保安検査場に向かう 空港の案内表示に従い、利用する搭乗口の保安検査場に向かいます。あらかじめパスポートまたは身分証、搭乗券を手元に用意し、保安検査場のスタッフに見せられるようにしておきます。[8]
    • 保安検査場を通る際は、靴、金属が含まれる装飾品などは脱いだり外したりできるよう準備しておきましょう。また持ち込み禁止のものが手荷物に含まれていないか確認しましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
自動チェックイン機(キオスク)を使用する

  1. 1
    出発時刻の2〜3時間前に空港に到着する たいていの場合、自動チェックイン機は、スタッフに発券してもらうチェックインカウンターよりも列が短めです。とはいえ、保安検査場や予想外のハプニングで遅れることもあるので、時間には余裕を持っておきましょう。到着時間に関する案内がないか、利用する航空会社の情報を確認すると良いでしょう。[9]
    • 空港によっては、荷物を預ける場合にはチェックインカウンターに行く必要があるので注意しましょう。
  2. 2
    利用する航空会社の自動チェックイン機(キオスク)を探し、空いている機械を使うか、列に並ぶ 自動チェックイン機はチェックインカウンターの近くにあります。自動チェックイン機のメリットは、ほとんどの場合、行列に並ぶ必要がないことです。[10]
    • 自動チェックイン機に向かうときは、身分証とフライト情報を手元に用意しておきましょう。国際線を利用する場合は、パスポートが必要です。
  3. 3
    自動チェックイン機の画面の案内に従い、搭乗券を発行する フライト情報の入力または身分証をスキャンするよう求められます。航空券を購入したクレジットカードをスキャンすることでチェックインできる場合もあります。[11]
    • 国際線の場合はパスポートが必要となります。自動チェックイン機ではパスポートのスキャンが求められます。
    • インターネットで予約した場合は、確認メールにフライト情報が記載されているため、印刷して持っていきましょう。
  4. 4
    搭乗口を確認し、空港の案内表示に従って、利用する搭乗口の保安検査場に向かう 保安検査場のスタッフに提示できるよう、必ず身分証と搭乗券を手元に準備しておきます。手荷物が空港や保安検査場の規定に違反していないか、確認しましょう。[12]
    • 空港に着く前に、保安検査場のセキュリティガイドを確認し、保安検査場を通過できるものとできないものを把握しておきましょう。
    広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,100回アクセスされました。
カテゴリ: | 航空
このページは 1,100 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告