窓ガラスについた頑固な接着剤や塗料の塊は乾くと硬くなり、窓ガラスが薄く曇ってしまいます。また、車のフロントガラスのステッカーを剥がした時、落ちにくいネバネバした粘着物が残ることがあります。強力な粘着物は特に水に強く、これまでの一般的な洗浄方法では落ちにくいことがありますが、溶剤とスクレーパーを組み合わせて使えば窓ガラスをきれいにすることができます。この記事では、こうした厄介な問題を解決する具体的な方法を紹介します。

方法 1 の 3:
乾いた接着剤を落とす

  1. 1
    接着剤を消毒用アルコールまたは除光液でこする 溶剤としてキャップ1杯分の消毒用アルコールまたは除光液をペーパータオルに染み込ませます。円を描くようにこすりながら、接着剤や塗料を柔らかくします。溶剤は少量のみ使用しましょう。溶剤を一度に広い範囲に溶剤を広げるよりも少量ずつ集中的にこする方が効果的です。[1]
    • 一般的なガラスクリーナースプレーでゆるんだ汚れをすぐに取り除きます。ガラス面にスプレーし、新しい雑巾でこすります。こうすることで、ガラス面に残った汚れを落とすことができます。同時に、消毒用アルコールまたは除光液のにおいを隠すこともできます。
  2. 2
    酢でマスキングテープの粘着物を落とす ここで紹介する方法は、窓ガラスに長い間貼られていたテープや日光に当たって短期間で乾いてしまったテープの粘着物を落とす際に効果的です。柔らかい布に酢を浸し、テープの粘着物に数回かけて塗布します。数分間置き、酢を浸した布で粘着物をこすり落とします。この時、塗布した際に使った部分とは別の部分を使います。乾いた粘着物が全て落ちるまで、酢を塗布してこする作業を繰り返します。新しい雑巾で乾拭きして磨き上げます。
  3. 3
    業務用の脱脂剤を使う 自動車用品店には、頑固な粘着物を落とす際に役立つ製品が数多く販売されています。代表的な製品には、「ファーストオレンジ」、「ユーゲルスイート」、「パールグリーンS」などがあります。これらは、手についた機械油や潤滑油などを落とすための製品ですが、強力な脱脂成分が含まれているため、ステッカー、テープ、接着剤の粘着物を落とす際にも効果があります。
    • 「ファーストオレンジ」に使われている脱脂成分はd‐リモネンです。ヘプタンという強力な溶剤が使われている製品もあります。安全に使うため、どの製品も使用する際は十分に換気をしながら少量ずつ使います。
  4. 4
    WD40(防錆潤滑剤)または塗料用シンナーを使う WD40または塗料用シンナーを接着剤に直接スプレーし、清潔な雑巾でガラス面をこすります。 [2]
  5. 5
    ライターオイルを使う 雑巾またはペーパータオルにライターオイルを浸します。こぼさないよう十分注意しましょう。ライターオイルを浸した雑巾またはペーパータオルで粘着物が全て落ちるまでこすります。
    • または、粘着物をライターオイルで十分湿らせて粘着物をふやかします。粘着物がついている部分にライターオイルを集中的にかけるか直接たたくようにして塗布します。数分置いた後、濡らした清潔なタオルで拭き取ります。
    • ちなみに、この方法で壁についたクレヨン汚れを落とすこともできます。汚れが少し残ることもありますが、ライターオイルでクレヨンのワックス成分のほとんどを落すことができます。汚れが落ちた後、補修塗りを行うことができます。
  6. 6
    ヘアドライヤーまたはヒートガンでガラス面を熱する ヘアドライヤーを使って接着剤がついている部分に数分間高温の風を当てて接着力をゆるめます。ヒートガンを使って接着剤を柔らかくすることもできます。ヒートガンを1番低い温度に設定し、円を描くように接着剤に熱を当てます。接着剤が温まり接着力がゆるんできたら、溶剤を使ってこすります。または、かみそりの刃などのスクレーパーを使って慎重に剥がします。[3]
    広告

方法 2 の 3:
水分を含んだ接着剤を落とす

  1. 1
    接着剤の種類を確認する 水分を含んだ接着剤の落とし方は窓ガラスにくっついた接着剤の種類によって異なります。接着剤が乾いた後、(ほとんどが)剥がれるものもあれば、お湯か溶剤でこする必要があるものもあります。 さらには、ガラス面にかなりの傷が残ってしまうほど強くこすらないと落ちないものもあります。ガラス面についた接着剤の種類を確認します。
    • 熱接着剤は乾くと剥がすことができます。接着剤が乾いたら、きれいに剥がします。
    • 液状接着剤(水のり)も乾くと剥がすことができます。
    • スティックのりは、お湯で落とすことができますが、他の種類の接着剤と比べて落ちにくいこともあります。
    • タッキーグルー(手芸用接着剤) は通常、乾燥すると剥がすことができますが、お湯でこすって接着剤が定着するのを防ぐこともできます。
    • 強力瞬間接着剤は削るように強くこすらないと取れません。このため、強力な粘着物を落とそうとするとガラス面に擦り傷がついてしまいます。
  2. 2
    すぐに対処する 接着剤が定着すると落ちにくくなります。 接着剤がまだネバネバして湿っているうちに対処すれば、ガラス面についた接着剤が固まらないうちに大半の接着剤を落とすことができます。
  3. 3
    水分を含んだ接着剤は、定着する前に濡らした雑巾で拭き取る 接着剤がまだ乾いていなければ、お湯と雑巾を使って落とすことができます。または、ペーパータオル、着古したTシャツ、スポンジの硬い面を使うこともできます。数分間こすって接着剤を全て落とします。ガラス面がきれいになったら、乾拭きして水気をしっかり取ります。ガラス面を確認して、接着剤がまだついているようであれば作業を繰り返します。
    • 水分を含んだ接着剤は雑巾に付着するとなかなか取れないことがあるため、注意しましょう。このため、この作業に使う雑巾や布は、ボロボロになってもよいものを使います。
    • 水分を含んだ接着剤をこすっていると粘着物が周りに広がり、ガラス面がさらに曇ってしまうことがあります。水と雑巾だけでは落ちない場合は、強めの溶剤を使います。
  4. 4
    溶剤を使って乾いた接着剤を落とす 消毒用アルコール、除光液、WD40、工業用油性洗浄剤、酢、ライターオイルなどを使ってガラス面に残ったネバネバした粘着物を落とします。選んだ溶剤で湿らせた雑巾またはペーパータオルを使用して、粘着物が完全に落ちるまでこすります。
  5. 5
    お湯を浸したスポンジで接着剤を柔らかくする まず、スポンジを沸騰したお湯に数分間浸します。絞ったスポンジを接着剤がついた部分に押し当て、数分間、熱いスポンジを当てておきます。スポンジを外す頃には、大方の接着剤が落ちているでしょう。スポンジについた接着剤をゆすいだら、ガラス面に残ったべとべとした接着剤を全て拭き取ります。
  6. 6
    沸騰したお湯を接着剤にかける 数秒間、沸騰したお湯を一定の量で接着剤に直接かけます。こうすることで粘着物がふやけてこそぎ取りやすくなります。接着剤が温まり粘着物がふやけているうちに直接こそぎ取ります。
  7. 7
    水分を含んだ接着剤を氷で凍らせる 接着剤がついた部分に氷を数分間当てて粘着物を凍らせます。ネバネバした粘着物が凍ったら、バターナイフやクレジットカードの縁などでこそぎ取ります。
    広告

方法 3 の 3:
こそぎ取る

  1. 1
    溶剤で湿らせた後、または溶剤を使ってこすった後、粘着物をこそぎ取る 溶剤を使ってガラス面についた接着剤の力を弱め、スクレーパーなど刃のついた道具を使ってガラス面についた粘着物をこそぎ取ります。金属製のスクレーパーを使います。できれば、鋭く丈夫なものがよいでしょう。刃が薄くてもろいスクレーパーを使うのは避けましょう。粘着物をこそぎ取る時にかなりの力がかかるため、作業中に刃が欠けることがあり危険です。
  2. 2
    ガラス面についた頑固な粘着物をスクレーパーでこそぎ取る スクレーパーなどの道具を使って車のガラス面に貼ったステッカーを剥がします。スクレーパーの代わりに新品のかみそりの刃、格納式の万能ナイフ、マイナスドライバーを使うこともできます。[4]ガラス面に対し30℃の角度でスクレーパーをあてます。スクレーパーでガラス面に残っている接着剤を慎重かつ丁寧に取り除きます。ガラス面が傷つかないように、スクレーパーは薄く切るようにするのではなく滑らかにこするようにします。 [5]
    • スクレーパーを使う方法は接着剤をこそぎ取る以外にも頑固にこびりついた塗料を落とす際にも有効です。
  3. 3
    スチールたわしを使う 接着剤が特に落ちにくい場合は、スチールたわしを使ってガラス面をこすります。食器用洗剤を数滴加えた水にスチールたわしを浸します。あまり強くこすらないよう注意しましょう。強い力を加えてスチールたわしでこするとガラス面に消えない傷がついてしまいます。
  4. 4
    こすった部分を清潔なタオルで乾拭きする きれいなタオルで拭き上げます。または、少量の消毒用アルコールや酢を浸したペーパータオルを使ってもよいでしょう。ガラス面についた塗料のシミには、溶剤を使わず清潔なタオルで拭くだけでもよいでしょう。
    広告

ポイント

  • スクレーパーを使う際は、傷ついてもよい部分で試し、ガラス面に傷がつかないことを確認してから使います。
  • 重曹と水のペーストを使ってみましょう。ペーストを塗布して少し置いてから、プラスチック製のスクレーパーでこそぎ取ります。重曹ペーストは素早く簡単に作ることができるうえ、材料費も安く無害です。

広告

注意事項

  • スクレーパーは持ち手のあるものを使いましょう。持ち手のないスクレーパーは、接着剤の塊が不意に当たった時に、思わぬ方向に動いたり切り込むように動いたりしてガラス面が傷つくことがあります。
広告

必要なもの

  • 消毒用イソプロピルアルコール、除光液、酢、業務用の油性洗浄剤
  • かみそりの刃またはスクレーパー
  • タオル、雑巾(こすり洗い用と仕上げ拭き用)

関連記事

How to

銅製品の汚れを落とす

How to

天然成分の消毒剤を作る

How to

失くしたテレビのリモコンを見つける

How to

紙に付着した染みを取り除く

How to

濡れたカーペットを乾かす

How to

窓ガラスの水垢を取る

How to

タイルの床の目地を掃除する

How to

カーペットの臭いを消す

How to

クモの駆除

How to

家庭でのノミ駆除

How to

時間が経った犬のおしっこのシミを落とす

How to

タイルの目地をきれいにする

How to

アイロン面の汚れを落とす

How to

冷凍庫の霜取り
広告

このwikiHow記事について

Mark Spelman
共著者
建設業者
この記事の共著者 Mark Spelman. マーク・スペルマンはテキサス州オースティンに住む総合建築業者です。内装、プロジェクト管理、プロジェクト見積もりを専門とし、1987年より30年以上建築の仕事に携わっています。
カテゴリ: 掃除
このページは 348 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告