竹は多年草に分類され、厚く硬い竹稈(ちくかん-幹)は家具や床材として利用されます。庭に植えると、大きな観葉植物または目隠しフェンスとしても使えます。すでに竹を栽培していれば、竹稈や地下茎(地下で伸びる茎)を切り取って増やすことができます。

方法 1 の 3:
竹稈を切り取って増やす

  1. 1
    竹の切断に適切な道具を選び、消毒する 使う道具は、竹の太さと硬さによって異なります。細い竹であれば、鋭いナイフで切ることができるでしょう。太い竹の場合は、ノコギリを使う必要があるかもしれません。どのような道具でも、使う前に希釈した漂白剤、または消毒用アルコールなどの消毒液で殺菌しましょう。[1]
    • 漂白剤を使って消毒する場合は、水で希釈しましょう。漂白剤1に対し、水32の割合で混ぜ合わせます。例えば、1/2Lの水には、大さじ1杯(15ml )の漂白剤を加えます。
  2. 2
    竹を45度の角度で25cmの長さに切る 各竹に、3、4本の節(竹稈の輪)を残して切りましょう。竹を挿し木で増やすには、直径が3cm以上の竹を使いましょう。[2]
  3. 3
    一方の切り口に発根促進剤を付ける 竹を挿し木する際、発根促進剤を塗ると発根を早めます。切り口に発根促進剤を付け、余分な促進剤を振り落とします。粉末の発根促進剤は、ガーデンセンターで販売されています。[3]
  4. 4
    もう一方の切り口に、柔らかいワックスを約3mmの厚さで塗る ソイワックス(大豆)またはビーズワックス(蜜蝋)などの柔らかいワックスを使います。ワックスを塗ると、竹が腐敗したり、乾燥したりするのを防ぎます。この際、竹筒の穴を塞がないように注意しましょう。[4]
  5. 5
    鉢に培養土を入れ、竹を1節分の深さに植える 小さめのビニールポットに培養土を入れ、竹をポットに1本ずつ1節が埋まるまで挿し込みます。空気穴ができないように、竹の周りの土をしっかりと押し固めましょう。[5]
  6. 6
    スプレーボトルで水を吹きかけ、土全体を湿らせる 土を十分に湿らせた状態にしますが、水浸しにしないように注意しましょう。指を第一関節まで土に挿し込み、土が湿っているかを確認しましょう。[6]
  7. 7
    竹筒の中に水を入れる 根は湿った土の中で生長しますが、竹筒の中に水を注ぐと、さらに水分を補給することができます。水を2日おきに確認し、筒の中が水で満たされている状態を保ちましょう。[7]
  8. 8
    直射日光が当たらない暖かい場所に鉢を置き、毎日水やりをする 竹を植えた鉢はほぼ日陰に置きますが、日中は多少明るくても構いません。土を毎日確認し、湿った状態を保ちましょう。また、土が水浸しでは根腐れを起こすことがあるため、土の表面に水が溜まらないように注意しましょう。[8]
    • 鉢にビニール袋を被せて湿気を保つこともできますが、必ずしも必要ではありません。[9]
  9. 9
    4か月ほど経ったら、竹を植え替える 3~4週間もすると、竹が伸びて新枝が節から生えてくるはずです。竹を鉢に挿して4か月ほど経ったら、地面に植え替えることができます。[10]
    • 園芸シャベルまたは移植ゴテを使って土をほぐすと、竹を取り出しやすくなります。竹の根株よりやや大きめの穴を掘って植え替えましょう。竹の周りに土を入れ、たっぷりと水やりをします。[11]
    広告

方法 2 の 3:
切った竹稈を水に浸ける

  1. 1
    新しく伸びた竹稈を約25cm切り取る 最低でも2本の節と節間(節と節の間)を残して切り取りましょう。鋭いナイフを使い、できるだけ45度に近い角度で切りましょう。[12]
    • 竹を切る前に、希釈した漂白剤、または消毒用アルコールなどの消毒液でナイフを消毒しましょう。
  2. 2
    容器に水を入れて一番下の節まで浸し、明るい場所に置く 発根する箇所ができるだけ多くなるように、一番下の節まで完全に水に浸します。間接光が6時間以上当たり、温度が13℃以上になる場所に竹を置きましょう。[13]
    • できれば、根の生長を確認できる透明な容器を使いましょう。
  3. 3
    水を2日おきに入れ替える 容器に入れた水、特に竹を入れた水からは、酸素が素早く失われます。水を入れ替えることで、竹は生長に必要な栄養分を摂取することができます。[14]
  4. 4
    根が5cm程度まで伸びたら、竹を鉢に植える 竹が発根するまで数週間かかります。根が5cmほどに生長したら、竹を鉢または地面に植えることができます。約3cmの深さまで植えましょう。
    広告

方法 3 の 3:
地下茎から増やす

  1. 1
    園芸用ナイフを使い、芽子を2、3個残して地下茎を切り取る 地下茎から土を慎重に取り除きます。地下茎に芽子(竹が育つ箇所)が2、3個付いている箇所を探しましょう。地下茎を掘り起こすために、竹稈を取り除く必要があるかもしれません。鋭いナイフを使って、地下茎を切り取りましょう。[15]
    • 濃い色をした地下茎や斑点のある地下茎は避けましょう。これは病気または害虫のサインのため、地下茎は健康に生長しません。
    • しっかりと生長した竹から地下茎を切り取りましょう。さもないと、竹を傷めてしまうことがあります。
  2. 2
    地下茎の芽子を上に向け、横にして植える 鉢に培養土を入れ、芽子が付いている部分を上に向けて地下茎を土の上に置きます。地下茎に竹稈が残っている場合は、先端が土から出るように植えましょう。[16]
  3. 3
    地下茎に培養土を8cmほど被せる 地下茎を土に埋め、芽が出て竹が生長するのを待ちましょう。地下茎が土に密着するように、土をしっかりと押し固めましょう。[17]
  4. 4
    じょうろで水やりをする 土をしっかりと湿らせますが、表面に水が溜まらないように注意しましょう。指を第二関節まで土に挿し込み、土が湿っているかを確認しましょう。[18]
    • 土の湿り具合を、1日おきに指で確認しましょう。乾燥していたら、土が湿るまで水やりをしましょう。ただし、水浸しにしてはいけません。
    • 水をやりすぎると、地下茎が根腐れを起こすことがあるため、注意が必要です。
  5. 5
    鉢を日陰に4~6週間置く 鉢を直射日光が当たらない場所に置きます。置き場所は、外壁の陰または大きな木の下などが適しています。地下茎から芽が出て土から顔を出すまで、4~6週間ほどかかります。[19]
    • 地下茎から生長した竹は、夜間の気温が常に13℃以上になれば地面に植えることができます。
    広告

ポイント

  • 切り取った竹をすぐに植えない場合は、竹が乾かないように切り口を湿った土で覆うか、湿らせた布で包みましょう。切り取った竹は、すぐに乾燥してしまいます。[20]

広告

注意事項

  • 竹は繁殖力が旺盛です。竹を育てる場合は、防竹パネルやシートで囲って地下茎が広がるのを防ぐとよいでしょう。
広告

必要なもの

  • 家庭用消毒剤
  • 鋭いナイフまたはノコギリ
  • 育苗ポット
  • 培養土
  • 発根促進剤
  • ビーズワックスなどの柔らかいワックス
  • スプレーボトル
  • 園芸用ナイフ
  • じょうろ

関連記事

How to

ミノムシを駆除する

How to

きのこを駆除する

How to

木の根を枯らす

How to

レモンの種を植えて育てる

How to

枯れそうなアロエベラを復活させる

How to

ツタを取り除く

How to

マンゴーを熟成させる

How to

雑草を酢で除草する

How to

ミリオンバンブーを栽培する

How to

レモンの木を室内で育てる

How to

バラを種から育てる

How to

トマトの剪定

How to

ヤシの木を植える

How to

除草剤を作る
広告

このwikiHow記事について

Lauren Kurtz
共著者
園芸家
この記事の共著者 Lauren Kurtz. ローレン・カーツはコロラド州オーロラに住む自然主義者で、園芸の専門家です。現在はオーロラ市の水保全課で、市民センターにある庭園「Water-Wise Garden」の管理者を務めています。2014年、西ミシガン大学にて環境持続可能性研究の学士号を取得。
このページは 281 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告