PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

笑い方を変えたいのですね。その理由は、今の自分の笑い方が好きではない、あるいは誰かに笑い方を嫌がられたなど、様々かもしれません。自分の笑い方が気に障る理由を考えてみましょう。例えば、うるさい、クスクス笑い過ぎている、あるいは気持ちが悪いからでしょうか?理想的な笑い声を注意深く観察し、目指す笑い声を真似しながら習得しましょう。

パート 1 の 3:
新たな笑い声を選ぶ

  1. 1
    笑い方を選ぶ 特にまだ笑い方を決めていないのであれば、積極的に好みの笑い声を探してみましょう。日常生活の様々な場面が参考になります。会った相手、映画の登場人物、あるいはテレビ番組の司会などが笑っている様子を観察してみましょう。また、自分にとって大切な人、さらに赤の他人の笑い方も参考になるかもしれません。常に注意を配ってみましょう。
    • インターネット、特にYouTube上には参考になる素材が多数更新されています。
    • 特定の笑い方がなぜ気に入ったのか考えてみましょう。深みがあり優しく聞こえるからでしょうか?それとも、聞いている自分まで笑いがこみあげてくるような明るい笑い声だからでしょうか?
  2. 2
    好きな笑い方を真似る 好みの笑い声を耳にした時は、覚えておくか、録音しておきましょう。一人の時に鏡の前に立ち、その笑い方を練習してみます。ある程度の時間を費やして練習を重ねれば、説得力のある笑い声が自然に発せられるようになりますが、どのような笑い方を選ぶのかによって、難易度は変わってくるでしょう。[1]
    • テレビや映画で有名な人物の笑い方をそのまま真似ると、周囲に気づかれる可能性があります。それでも良いのかどうか考えましょう。
  3. 3
    なぜ笑い方を変えたいのか考える うるさすぎる、忍び笑いっぽい、気味が悪いなど、現在の自分の笑い方の何が気に入らないのか考えてみましょう。このような要素を意図的に回避できる笑い方を身につけましょう。自分で自覚していることを元に現在の笑い方の特徴を変えることで、悩みが解消されるかもしれません。[2]
    • 自分の笑い方がうるさすぎると思っている人は、意識して静かに笑ってみましょう。忍び笑いっぽくクスクスし過ぎている、声が甲高い、すぐに笑ってしまう、といった場合は、よりゆったりとした深い声で笑うことを心がけると良いかもしれません。
  4. 4
    変えるべき要素があるのか考える 例えば、笑っている時の息の吸い方を変える必要があることに気がつく人はあまりいません。鼻を鳴らしてしまうのは、笑っている時により多くの酸素を体に取り込もうとして体が適応した結果です。自分の笑い方について、周囲の仲の良い人にどう思うか聞いてみましょう。気づかなかった点が明らかになるかもしれません。気に障ることや不快に感じさせる要素があれば、恐らく教えてくれるでしょう。
    広告

パート 2 の 3:
笑い方を変える

  1. 1
    自分の笑い声を録音して研究する 自分の笑い声を、自分で、あるいは誰かに頼んで録音しましょう。次に、録音内容を再生し、自分の笑いの特徴的な点、直したい点などを探します。鼻を鳴らしている音が頻繁でうるさい、あるいは思っていた以上にクスクスと笑っているかもしれません。修正している過程でも再び笑い声を録音し、進捗状況や改善具合を確認し、必要に応じて微調整を加えていきましょう。
    • 習得しようとしている特定の笑い方がすでにある場合は、自分の現在の笑い方を録音したものと、理想の笑い方を同時に再生してみましょう。同時に比べることで、違いがより明白になるかもしれません。
  2. 2
    一人になれる場所を探す 車の中、人気のない場所、あるいは鏡の前で笑ってみましょう。準備が整ったと思ったのであれば、理想の笑い方を試してみましょう。練習を重ね、聞こえ方に微調整を加えていきます。
  3. 3
    本心で笑う 以前大笑いしたことを思い出してみましょう。友達に冗談を言ってもらったり、あるいはお笑い番組などを見て笑ってみます。心から面白く感じて笑う練習をすると、実際に人前で笑った時に近い状態で笑うことができるでしょう。どうしても笑えるような内容がない場合は、笑い方を練習しているという滑稽な状況を笑ってみましょう。鏡の中の自分を見つめ、自分を笑いましょう。
  4. 4
    気に障る笑い方の根底にある問題に対処する 笑い声が鼻声の様に聞こえるときは、笑う時の鼻の収縮のしかたに原因があるのかもしれません。横隔膜を通すように笑ってみましょう。横隔膜とは呼吸に関わる筋肉の1つで、肺のすぐ下、腹部の近くに位置しています。笑い声が大きすぎる時は、より静かに反応するよう心がけましょう。
    広告

パート 3 の 3:
笑い方を練習する

  1. 1
    練習した笑い方を意識的に日常の場面で使う 笑ったり話している時の自分の声がどのように聞こえるのかという点に気を配りましょう。初めの頃は練習した笑い方を取り入れるために、かなり意識を集中させなければならないかもしれませんが、徐々に自然に使えるようになっていくでしょう。
    • 元の笑い方にうっかり戻ってしまっても、イライラせずに努力を続けましょう。これまでの笑い方は様々な人と交流しながら何年という時間をかけて習慣づけられたものです。簡単に変えられるというものでもありません。
    • ここで大切なのは自分の笑い方に気を配っているということです。どのように聞こえているのか意識をしていれば、積極的に変えていくことができます。
  2. 2
    機会があるたびに笑い方を練習する 一人になることができる度に、新しい笑い方を練習しましょう。自分を笑わせ、満足のいく笑い方になるまで笑い続けます。車の中、公園、鏡の前などが適しています。ただし、場の状況に合わせるようにしましょう。例えば、周囲に人がいて誰も面白いことを言っていないにもかかわらず笑い方を練習し始めると、気まずい雰囲気になる可能性があります。
  3. 3
    恐れずに笑い方を進化させる 特定の笑い方を選んだとしても実際に用いている間に目的が変わっていくこともあるということを忘れないようにしましょう。自然な笑い方が環境的要因(関わった人、映画の憧れの登場人物、気に入って無意識に真似ようとしていた笑い方など)による影響を受けてきたように、新しく習得した笑い方もこれからの経験によって変わっていくでしょう。自分の笑い方が好きではなくなるというわけではありません。気に入っている限り、自分の笑い方に厳しくなる必要はないということです。
  4. 4
    友達と一緒の場で新しい笑い方を取り入れる 突然あらゆる場で用いるのではなく、徐々に増やしていきましょう。まず自分が慣れるようにすると、全く意識せずに用いることができるようになるかもしれません。脳もいずれは適応し、音を記憶するでしょう。[3]
    広告

ポイント

  • 無理に笑い方を変えないようにしましょう。わざとらしく聞こえたり、装っているような印象を与えるかもしれません。
  • 自然な笑い方を選び、普段通りに振舞いましょう。
  • 練習した笑いを第三者にみてもらいましょう。気に障る、あるいは元の笑い方よりも気に障るという意見があった場合は、別の笑い方を試しましょう。
  • 様々な笑い方を試し、気に入ったものを選びましょう。わざとらしく聞こえないよう気をつけましょう。自然な印象を与えるものが一番です。
広告

注意事項

  • 笑い方は慎重に選びましょう。あまりにもばかばかしい笑い方を選ぶと、逆に周囲の人に笑われるかもしれません。
広告

必要なもの

  • 笑い方をみてくれる人

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
げっぷするげっぷする
他者に依存しない他者に依存しない
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
復讐する復讐する
キスが上手になるキスが上手になる
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
敬意を持って人に接する敬意を持って人に接する
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
相手が自分を本当に好きかを知る相手が自分を本当に好きかを知る
男性からの好意に気付く男性からの好意に気付く
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む38人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は7,485回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 7,485 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告