笑顔でいる方法

共同執筆者 Klare Heston, LCSW

笑いは最高の良薬と言えるかもしれません。笑うことで腹筋が引き締まり、心臓が強くなり、さらに良い笑いは免疫力も高めます。しかし、多忙で真面目な日々の生活の中では、笑う習慣を失いがちです。幸せで、健康で、喜びに満ちた生活を望むのであれば、笑うことを学ぶ必要があります。以下を記事を参考にして、笑うことを生活の一部にしましょう。

パート 1 の 3:
楽しいことを見つける

  1. 1
    笑顔でいましょう。人はストローを唇で咥えたときよりも、歯で咥えたときの方がより激しく笑うという研究結果があります。これは、人間の身体が笑顔の感覚を感知し、次に笑いが来ることを予測して反応するからです。笑いを増やしたい場合は、笑顔をつくると体の錯覚で笑うことができます。[1]
    • 多くの人は、無意識の間に顔をしかめた表情をしています。仕事中、ランニング中、そして読書に集中しているときでも笑顔を保つように特訓しましょう。いつでも素敵な笑顔でいるようにするのです。
    • 仕事やバス停などに向かって歩く際、すれ違う人に笑顔を向けるようにしましょう。これは笑いを増やす良い練習になるだけでなく、礼儀正しい行動でもあります。
  2. 2
    あなたを笑わせてくれる人たちに囲まれて過ごしましょう。楽しい夜を共にしてくれる友達もいれば、仕事の不満を言って過ごす人もいます。落ち込んで笑えないとき、暗い人たちに囲まれていると逆効果です。あなたの気持ちをさらに下げるような人たちと付き合うより、いつもふざけてあなたを笑わせてくれる友達と過ごす方を選びましょう。
    • グループの会話の内容が思わしくないときは支配権を握るようにしましょう。そのグループに愚痴っぽい人が多い場合は話題を変えてしまうのです。みんなが嫌いなことの話をしている場合は、あなたが好きなことの話をします。大概の人は話を合わせてくるので、あなた一人でもグループ全体に笑いをもたらすことができます。くだらない質問や楽しい話を加えれば、流れはあなたのものです。
    • 楽しくない友達を厄介払いする必要はありませんが、あなたを笑わせてくれて、その人自身もよく笑う新しい友達を見つけることは大切です。そのような友達のそばにいると、あなたも自然とよく笑うようになっていきます。
    • 友達に冗談メールやおもしろ動画などを送るのもいい方法です。相手を笑わせることができるし、相手から面白いことが送り返されてくるかもしれないからです。
  3. 3
    面白い映画やテレビ番組を観ましょう。ドラマやホラーが好きだったとしても、いったん普段の好みは置いておいて、洋画であれば俳優のウィル・フェレルの映画を観たりするとよいでしょう。話の筋について考え込んだり、ドキュメンタリー映画で落ち込んだりするのではなく、お腹の底から笑えるものを見つけてただひたすら笑うのです。
    • 最近のコメディアンが趣味ではない場合は、過去の人はどうでしょうか。洋画好きにはジーン・ワイルダーとリチャード・プライヤーが一緒にふざけ回っている作品や、メル・ブルックスによるパロディの傑作集などがよいでしょう。『ゴールデン・ガールズ』や『となりのサインフェルト』はいつ見ても笑いが止まりません。さらにさかのぼって、『オール・イン・ザ・ファミリ―』、『アイ・ラブ・ルーシー』、『ハネムーン』、マルクス兄弟、アボットとコステロ、バスター・キートンなどは、古き良きアメリカの笑いを提供してくれます。
    • 『トムとジェリー』は年代に関係なく楽しめます。甘いお菓子を片手に、子供時代を再現してみてはいかがでしょう。
  4. 4
    ニュースを消しましょう。残虐な犯罪や経済格差などのニュースを聞きながら一日をスタートさせてもなかなか笑えません。代わりに、朝はお笑いのポッドキャストをダウンロードしたり、面白いラジオ番組を聞いたりして過ごしましょう。ニュースは日中に新聞を読んで情報収集すれば問題ありません。
    • 楽しみながらニュースを知りたい場合は、面白ニュースなどを検索すると軽い雰囲気で情報を得ることができます。
    • 新聞愛読者の場合は、重いニュースを読む前に、まず面白い三面記事から読みましょう。そして、紙面を行ったり来たりしながら気分を明るく保ちます。暗いニュースに浸り過ぎないようにするのです。
    広告

パート 2 の 3:
力を抜くことを学ぶ

  1. 1
    自分のことを笑いましょう。自分のことを笑えるかどうかは、幸せな人と気持ちが沈みがちな人との大きな違いの一つです。気まずい瞬間、失敗、欠点などを自ら良い笑いに変えられれば、これらのネガティブ要素に支配されにくくなります。[2]
    • 自分自身のことを笑うと、「自分が何者か」ということと「自分の行動」とを区別することができます。誰でも失敗することはあるので、それで自分自身を評価する必要はありません。自分を笑うことは、周囲の人たち及びあなた自身とのコミュニケーションになり、失敗が大したことではないことに気づけます。
  2. 2
    自分の笑い方を気にしないようにしましょう。誰の笑い方にも癖はあります。あなたの笑いが礼儀に従っていて、正当な笑いである限り、醜い笑い方だと言って気にすることはありません。そんなものは存在しません。
    • 笑うことに緊張してしまい、周りの人にどう思われるか常に気にしていては、自分を解放して楽しむことは難しいでしょう。あなたの友人が笑い方を馬鹿にするような人たちなら、新しい友人を見つけましょう。
    • 通常、変わった笑い方を気に留める人はいないでしょう。他の人たちは面白い事柄の方に意識が向いているからです。
  3. 3
    自分の時間を作りましょう。日々忙しいかもしれませんが、自分自身の時間を作ると、明るく落ち着いた気分になり、笑顔になれます。適度に野心的であることや勤勉であることも重要ですが、目標達成に向けた熱意や競争心といった感情と、自分のことを笑い、人生を楽しむ気持ちとのバランスの調整が大切です。
    • 毎日、何か楽しみを見つけましょう。音楽を聴きながら笑顔でくつろいだり、お気に入りの飲み物を飲んだりして、自分自身の気分を調整するのです。
    • 一日15分でいいので、お笑いを観たり、ネット上の面白写真を見たりする時間を作りましょう。一日のうち最もストレスの多い時間の後にこれをすると特に効果的です。
    広告

パート 3 の 3:
笑いを練習する

  1. 1
    わざと笑ってみましょう。家で一人のときや、通勤で運転しているときなど、何回かわざと笑ってみます。できるだけ本物の笑いに似せることがポイントです。通常、笑い始めるには何かしらのきっかけが必要です。面白いものを見つけなくても、笑うふりをするだけで健康的な効果が得られるのです。
    • 手始めに、「ハ」を3回発音し、これを何回か繰り返して作り笑いをしてみましょう。間もなく、作り笑いから本物の笑いに変化し、驚くでしょう。
    • 過去に面白くて笑ったことを頭に思い浮かべましょう。過去を思い出して、笑いのツボを刺激するのです。
  2. 2
    笑うときの身体的感覚に注意しましょう。一般的に、笑いは免疫力や血中酸素濃度を高め、腹筋を引き締め、気分を高める健康的な化学物質を脳内に送り込みます。笑う際に、横隔膜の上に手を置いてそれを感じてみましょう。笑う練習をする際には、横隔膜が深く身体の内側に入っていくようにします。
    • 笑うことを運動だと考えると、笑うための筋肉が鍛えられます。多くの医療関係者が心臓病患者や癌患者に、治療の一環として化学療法に合わせて笑うことを推奨しています。大きく歯を見せてお腹から笑う練習をしましょう。きっと気分が良くなります。
    専門家情報
    Klare Heston, LCSW

    Klare Heston, LCSW

    医療ソーシャルワーカー
    クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。
    Klare Heston, LCSW
    Klare Heston, LCSW
    医療ソーシャルワーカー

    病気の際は免疫力を高めるために笑うようにしましょう。 臨床社会福祉士のクレア・ヘストンさんは次のように説明しています。「笑う習慣が免疫力を向上させることが医学的研究で証明されています。病気のときは、笑えるようにお笑いを観るようにしましょう。既に免疫系疾患があったとしても、笑う力や習慣を養うことはできます。」

  3. 3
    笑うことに専念しましょう。笑うよう心がけることを決めたら、少なくとも一日一回は笑うようにしましょう。通勤時間に笑う練習をしたり、帰宅後にくつろぐ時間を設けたりするとよいでしょう。
    • 仕事中は、笑うための休憩を習慣づけましょう。15分間、面白いYouTube動画を観て笑うだけで生産性が上がり、リラックスすることができます。煙草休憩よりも健康的です。
  4. 4
    笑いヨガに挑戦してみましょう。一人では笑いのツボを刺激するのが難しい場合は、「笑いヨガ」のグループに参加すると、笑う練習ができます。日本でも、多くの街に笑いヨガの教室があります。通常のヨガのように、笑いヨガはプロのインストラクターが指導し、運動と同様に笑えるように補助をしてくれます。知らない人同士のグループで笑うのは馬鹿馬鹿しく見えるかもしれませんが、多くの人が笑いヨガによる健康改善や気分改善の効果を証言しています。[3]
    広告

ポイント

  • 自分自身の笑いのセンスを磨きます。自分が本当に面白いと思う冗談を考えたりしましょう。
  • 通常、最も良い笑いは他の人から受けるものですが、ネットで面白い表現、冗談、画像、話などを探すのも有効です。
  • 自分の笑い方が好きではないという人は少なくなく、笑い声というより、笑ったときの自分の顔が嫌なようです。この場合は、笑うときに手で口を覆えば解決されます。
  • 笑うときに周囲を見回して、あなたの笑い方を他の人たちが気にしていないのを確認しましょう。気にしていなければ問題ありません。そうでなければ対策を練りましょう。
  • 鏡の前で変な顔をすると、思わず笑顔になり、笑ってしまうでしょう。
  • 何か面白い冗談を言ってみましょう。
  • 楽しかった出来事や面白かった出来事を思い出しましょう。そうすることで、あっという間に笑うことができます。
  • 明らかに馬鹿げた映像や出来事を思い浮かべます。例えば、ネズミが牛を追いかけている様子などです。
  • 健康的な食事はエネルギー状態や良い気分を高めます。

広告

注意事項

  • 笑うことは健康的ですが、必ずしも常に適切であるわけではありません。状況に応じて、真剣な話にも対応できるようにしましょう。
広告

このwikiHow記事について

医療ソーシャルワーカー
この記事はKlare Heston, LCSWが共著しています。 クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。
他言語版
このページは 244 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告