PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

等差数列の項数を見つけるのは複雑に見えるかもしれませんが、実際はかなり簡単です。するべきことは、 tn = a + (n - 1) d の公式に数字を代入して項数 n を見つけることだけです。 tn は数列の最後の数、 a は数列の最初の数、 d は等差を表していることに注意しましょう。

ステップ

  1. 1
    数列の1番目、2番目、そして最後の項の数を確認しましょう。通常このような問題を解く際は、最初の3つ以上の項と最後の項の数字が与えられています。[1]
    • 例えば、107, 101, 95…-61のような数列が与えられます。この場合、最初の項は107、2番目の項は101、最後の項は-61です。問題を解くにはこれらの情報全てが必要です。
  2. 2
    等差を見つけるために最初の項と2番目の項の差を取りましょう。例の数列では、最初の項は107で、2番目の項は101です。そのため、101から107を引くと、差は-6です。よって、等差は-6です。[2]
  3. 3
    tn = a + (n - 1) d の公式を使って n を解きましょう。最後の項 (tn)、最初の項 (a) 、等差 (d) にそれぞれ数を代入しましょう。方程式を解いて n を導きましょう。[3]
    • 例えば、-61 = 107 + (n - 1) (-6) と書くことから始めましょう。両辺から107を引くことで -168 = (n - 1) (-6) という式が出来上がります。そして、両辺を-6で割ることで 28 = n - 1 が得られます。最後に、両辺に1を足して n = 29 が得られます。
    広告

ポイント

  • 最初の項と最後の項の差は、必ず等差で割ることができます。

広告

注意事項

  • 最初の項と最後の項の差を、等差と勘違いしないようにしましょう。
広告

関連記事

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算するミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する
数独の問題を解く数独の問題を解く
直角三角形の斜辺の長さを求める直角三角形の斜辺の長さを求める
円の中心を求める円の中心を求める
「分」を「時間」に変換する「分」を「時間」に変換する
三角形の高さを求める三角形の高さを求める
円の直径を算出する円の直径を算出する
華氏と摂氏の温度を換算する華氏と摂氏の温度を換算する
リットルの体積を求めるリットルの体積を求める
面積(㎡)を計算する面積(㎡)を計算する
六角形の面積を求める六角形の面積を求める
整数から分数を引く整数から分数を引く
Xの値を求めるXの値を求める
通常の五角形の面積を求める通常の五角形の面積を求める
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 数学
このページは 390 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告