節約して生きる方法

共同執筆者 Michael R. Lewis

この記事には:最もお金をかけるものを決定する食費を節約する住宅費を節約する様々な費用を節約する節約を楽しむその他生活習慣を変える

生きているだけでも結構なお金がかかります。何もかもが想像以上にお金を必要とし、気がつけば今月も赤字といった事態も珍しくありません。この記事では、稼いだお金をあっという間に使い切らない方法を紹介します。出費を抑え、お金をかけない方法を見つければ、あらゆる生活シーンでお金の節約ができます。劇的なライフスタイルの変化を模索している場合も、少しだけの変化を求めている場合も、節約によってより良い人生を手に入れ、将来に備えましょう。

パート 1
最もお金をかけるものを決定する

  1. 1
    出費のパターンを把握する 多くの場合、出費は住宅費、水道光熱費、遊興費、被服費、食費、交通費、医療費で構成されています。過去2,3カ月分のレシートやクレジットカードの明細などを確認することから始めましょう。そうして判明した出費を上記費目や、あなた独自の費目に分けてみましょう。
    • カード会社やネットバンクでは、指定した期間の出費を表示でき、何に(どの会社に)対してどれだけお金を使ったのかがわかります。
    • デビットカードやクレジットカードを使用しない場合は、月毎に、細かな家計簿をつけましょう。例えば同じ食費でも、スーパーとレストランで使った費用は分けて記録をします。
  2. 2
    出費を分析する 出費の費目分けが完了したら、各費目の総出費を見比べてみましょう。各出費が理に適ったものであるか、特に収入に対する割合をチェックします。
  3. 3
    予算を組む 月毎に、各費目にどれだけお金を割くのかを決めます。詳しくは家計のやりくりを確認しましょう。
    • 最初は少額でも問題ないので、定年後に備えた貯蓄も費目として予算を組んでみしょう。初めのうちは、少なくとも月収の1%を貯蓄にまわすようにします。そして徐々に、その割合を増やします。いつの間にか、この貯蓄にも慣れてくるはずです。蓄えが増えるほど、老後の生活は楽になるでしょう(こういう貯蓄など必要ないと思う人は、既に定年を迎えた方と一度話してみましょう)。
    • 一般的には、金融の専門家たちは、住宅費は収入の30%未満に抑えるべきだと言っていますが、地域によっては不可能に近い場合があります。お住まいのエリアがそういった地域に該当するのであれば、引っ越しも必要となるでしょう。[1]
    • 定年後に備えた貯蓄の他に、緊急時用のお金を入れておく口座を開設しましょう。約6カ月分の支出に相当する額を取っておけば、職を失った、または病気になった場合にも対応することができます。[2]
  4. 4
    節約する方法を考える 予算を組んだら、出費を抑える必要のある費目を探してみましょう。そして、そういった費目の出費を抑えるには何が必要かを考えます。一番出費の多い費目から考えると良いでしょう。
    • 例えば、毎月の家賃が9万円で食費が3万円の場合、安い物件を探すという手もあります。住宅ローンがある場合は、低い利率のローンに借り換えることもできます。その一方で、食費を抑える方法を探すのもいいでしょう。外食をやめて、栄養価が高く安い食材で作れる料理のレシピを調べてみましょう。

パート 2
食費を節約する

  1. 1
    料理をする 家で一から料理を作れば、食費をかなり抑えることができます。とはいえ、レトルトや冷凍食品等を使った料理は、手間は省けますが、比較的高くついてしまいます。食材を買って料理をするようにしましょう。
    • 主食にはレトルトを使わないようにしましょう。例えば、ごはんはレトルトの物より米袋を買った方が、安く大量に作ることができます。
    • 食べる量が多いのであれば、少しだけその量を減らしてお金を浮かせることもできます。また、食事の一部を次回用に取っておくのも一つの手です。すぐに食べない残り物は冷凍しておきましょう。[3]
    • 新しいフレーバーやスパイスに挑戦してみましょう。魚の切り身や鳥のむね肉も、初めて使うソースや香味料で魅力的な料理に変えることができます。未知のスパイスに加え、アジアやアフリカから輸入された調味料、または近所の農家から手に入れた薬味なども試してみましょう。
  2. 2
    買い物リストを作る 必要な食料品を書き出したリストを作り、リストにある物だけを買うようにしましょう。[4] 衝動買いや、実際必要のない食料品を買っていると、食費は2倍3倍と膨れ上がってしまいます。
    • 空腹時は買い物を避けましょう。
    • 1週間分の献立を作った場合は、それに合わせた買い物リストを作りましょう。また、その週の間は献立に従うようにします。
    • クーポンを活用しましょう。効率のいい節約法の1つは、お店や商品のクーポンを集め、それから献立を作ることです。[5]ミートボールの特売があれば、ミートボール料理を夕食にするのも良いでしょう。食パンの割引クーポンがあれば、パンプディングやフレンチトーストを献立に加えてみましょう。
  3. 3
    かさ増し食材を買う 安くて健康に良い食材の中には、比較的量の少ない食事をかさ増しできるものもあります。例えば、ビーフシチューに多めのジャガイモを入れれば、数人分の量を増やすこともできるでしょう。米、パスタ、キヌア、クスクスなどもかさ増し食材に適しています。
  4. 4
    外食を減らす 通常、家で食べるより外食の方が高くつき、繰り返せばあっという間に家計を圧迫します。自分で昼食を作り、外食を減らせばかなりの節約になります。コーヒーにも同じことが言えます。カフェや自動販売機で買うかわりに、自分で作るようにしてみましょう。
    • レストランに入る前に、メニューは確認するようにしましょう。さもないと、値段が予想より高く、頭を抱える事態になるかもしれません。
    • 可能であれば、食べ残しは持ち帰って1食分浮かせるようにしましょう。
    • 特別メニューを探してみましょう。場所によっては、無料または割引された子供用メニューを提供しています。これ以外にも、日替わり、シニア限定、または一定の条件を満たした人専用など、場所によって様々な割引メニューが存在します。
    • 飲み物、特にお酒は外食で一番お金がかかります。飲み物を減らせば、外食費を削減できます。水を飲むようにしましょう。
  5. 5
    まとめ買い用商品を購入する 生鮮食料品以外はまとめ買いによって、かなりの節約につながります。パスタや缶詰、箱入りの食料品、よく使う調味料、食用油、冷凍食品などに加え、トイレットペーパーやペーパータオルなどの日用品がその対象です。まとめ買い用商品はコストコなどの大量販売専門店で見つけることができます。
    • 会費は友達と折半しましょう。大量販売店では少額ながらも会費が必要な場合がほとんどですが、友達と折半すれば十分その価値はあると言えるでしょう。
    • ご近所同士協力して共同購入とまとめ買いを行えば、お金を節約できるでしょう。
  6. 6
    自給自足をする 時間がある場合に限りますが、食費節約において最も費用対効果の高い方法は自分自身で食物を育てるということです。レタスなどの単純な葉物であれば、室内でも窓の近くで簡単に育てられます。[6]果物やハーブ、ベリー類など、長期間恩恵をもたらしてくれる多年生植物を育てれば、さらなる節約に繋がるでしょう。
  7. 7
    近隣の食料支援プログラムを利用する 食料を買うお金もないのであれば、あなたと家族が飢餓に苦しまずに済むためのプログラムを利用できます。その資格があれば、行政による支援を受けることもできますし、申し込み手続きや所得要件無しで支援してくれる団体も存在します。例え生活に困窮しているのが一時的であっても、迷わず助けを求めましょう。
    • 米国においては「補助的栄養支援プログラム」(SNAP, Supplemental Nutrition Assistance Program)という制度[7]や、州ごとの支援制度に申し込むことができます。所得要件は想像よりも厳しくない場合が多く、その他にも、所得に応じて部分的に支援をしてくれるスライド制を選択することもできます。

パート 3
住宅費を節約する

  1. 1
    家賃の安い近隣へ引っ越す 引っ越しは面倒ですが、隣町に移っただけで家賃がかなり安くなることも珍しくありません。大都市から郊外、または物価の安い地域に引っ越すことができれば、かなりのお金が節約できるはずです。
    • 職場近くへの引っ越しを検討しましょう。家賃と交通費を削減できるかもしれません。
    • インターネットを活用し、自分が住んでいるエリアや近隣の相場を調べてみましょう。家賃を払い過ぎていることに気づくかもしれません。[8]
  2. 2
    ルームシェアを行う 一緒に住んでくれる人(または人たち)を見つけましょう。家賃を折半できれば、例えその共同生活が数年であったとしても、大きな節約となります。家賃が半分、またはそれ以下に削減できた時のメリットを想像してみましょう。友人や家族に、部屋を探している人がいないか聞いてみるとよいでしょう。これ以外にも、クレイグズリストなどの無料広告投稿サイトなどを使い、ルームメイトを募集することもできます。
  3. 3
    大家と交渉する 今まで特に問題を起こさない、良い店子であったのなら、家賃が高すぎるので退去するかもしれないと大家に伝えてみましょう。きっと大家は交渉に応じてくれるでしょう。または、インターネットで調べた近隣の相場を提示し、家賃が高すぎることを主張してみましょう。家賃が下がるのなら賃貸契約を延長すると申し出ても良いでしょう。
  4. 4
    住宅ローンを抑える 住宅ローンは、家計で一番の出費となりがちです。この出費を抑える方法を見つけ、家計の収支バランスを劇的に改善しましょう。
    • 銀行差し押さえとなった住宅購入を検討しましょう。これらの住宅は典型的には抵当流れをしており、銀行も保有したがらないので競売にかけられます。その際に、競売価格が相場より安く設定されることが多々あります。
    • 住宅ローンを組んで数年経ったら、借り換えを検討しましょう。金利の低い、別のプランを見つけられるかもしれません。[9]支払期日は同じでも、金利が低くなれば毎月の支払分を削減でき、長期的に出費を抑えられます。
    • マイクロハウスを検討しましょう。手狭ですが、お財布には優しいでしょう。米国において最も人気のあるTumbleweed社のマイクロハウスだと、頭金約6000ドルと月々500ドル以下の返済で購入ができます。[10]
  5. 5
    住居支援サービスを利用する どこも家賃が高くて住居が見つからないといった場合は、収入が基準値以下の人に向けた、行政の支援を受けることができます。物件の紹介や、一部家賃を補助してくれる場合もあるでしょう。米国では、政府がHUD(アメリカ合衆国住宅都市開発省)[11]を通じて支援提供をしており、また、多くの州では家賃補助付きの住宅が提供されています。

パート 4
様々な費用を節約する

  1. 1
    ケーブルテレビには加入しない 有料TV放送のサービス料金は馬鹿げているほどに高額です。NetflixやHuluなどはサービス内容が優れているのに、費用は衛生放送やケーブルテレビの数分の1で済むので、これらも検討してみましょう。ただ、常に最も費用をかけないで済む方法とは、無料のTV放送だけを視聴することでしょう。(しかしながら、視聴ができない地域もあります。)
    • パソコンを所有している場合、HDMIケーブルを使えば、テレビ画面にパソコンのスクリーンを表示できます。(音楽を聞きたいだけの場合でも有効です。)
    • ケーブルテレビなどには加入したくないバスケットボールファンたちに向けて、NBAでは"League Pass"というストリーミングサービスを提供しています。中継されない試合もありますが、ケーブルテレビに加入せずに生中継の試合を観る上では、優れた手段と言えるでしょう。[12]
    • NFLの"game pass"など、他のスポーツでも同様のサービスが展開されています。
  2. 2
    携帯電話の料金を節約する 携帯電話もお金のかかる物の一つです。しかし、節約に勤しむのであれば、低料金で使用する方法がいくらでもあります。多くの携帯電話事業者が従量制プランを提供しており、固定費プランよりかなり安く済ませることも可能です。また、契約期間中でも他社へ乗り換えを行うと、乗り換え先の携帯電話事業者によっては、契約解除金分を支払ってくれます。じっくり調査すれば、きっと毎月の携帯電話料金を削減できるでしょう。
  3. 3
    家やアパートの断熱をする 寒冷地に住んでいる場合、必要以上に多くの費用を暖房に割いているかもしれません。家にきちんとした断熱処理を施すことで、暖房や給湯にかかる費用を大幅に節約できます。
    • 厚めのカーテンを使用するだけでも、一晩中、室内温度を保つことができます。それ以外にも、窓の隙間を埋める、玄関扉の下のすき間を毛布で塞ぐなどして暖房費を削減できます。[13]
    • 暖房炉、ヒーター、電化製品、窓、扉、断熱材などを省エネ設計の物に交換してみましょう。初期費用はかかりますが、長期的に見れば節約になるのです。
  4. 4
    電化製品の電気使用量を下げる 洗濯機、ドライヤー、食器洗い機、冷蔵庫、エアコンなど、どの主要家電も多くの電力を消費し、月々の電気料金を引き上げます。家電はできるだけ効率よく使うように心がけましょう。そうすれば、次回以降の請求書に大きな違いが生じることでしょう。
    • 冷蔵庫の扉は開けっ放しにせず、空きがある状態の食器洗い機のスイッチは入れないようにしましょう。洗濯機も少量の衣服のために使用せず、まとめて洗うようにしましょう。こういった小さなことの積み重ねが節電につながります。
    • 省エネの電化製品に交換すれば、長期的には費用を抑えることができます。
    • 電気料金節約の方法は他にも色々あるので、調べて実践してみましょう。
  5. 5
    大きな電化製品の使用頻度を下げる 大型テレビなどの大きな電化製品を頻繁に使用している場合、その使用頻度を下げれば、多少の節約にはなります。
    • 複数の電子機器を同時に使わないようにしましょう。パソコンを使っているのに、テレビをつけっぱなしにするなどの行為は避けましょう。
  6. 6
    電力の供給源を変える ライフスタイルを変化させ、電力の供給源を変えれば、電力会社からの請求書を見なくて済む生活が手に入ります。ソーラーパネル、風力発電機、水力発電機は、個人用の物も販売されており、価格も今まで以上に安くなっています。[14]
    • 電力を自給できる家では、他の誰もが電気を消費している間、電気を生み出しています。ソーラーパネルは、さほど日射量が無くとも十分機能するでしょう。事実、年間200日も雨が降るシアトルより日射量が少ないドイツで、ソーラーパネルは高い人気を誇っています。
    • 米国では、一般的な家にソーラーパネルを設置するのにかかる費用はおよそ10,000ドルですが、銀行ローンや減税制度が利用できます。[15]
    • 余った電気は、電気事業者に買い取ってもらうこともできますが、これはあくまでも長期的に節約をする場合の話です。より多くの情報を集め、自家発電機の導入を検討してみましょう。
    • その他の手段として、電気料金の安い業者に切り替えるという手もあります。ただし、切り替えのできる地域に住んでいる必要があります。

パート 5
節約を楽しむ

  1. 1
    地域の無料イベントを活用する お住まいの市や町で、参加費が安い、または無料のイベントを探してみましょう。想像以上に多くのイベントが開催されているかもしれません。友人と楽しめるイベントがないか、地域振興課に問い合わせてみましょう。
    • 一例として、コミュニティーセンターでは毎週金曜日の晩に、人気映画の上映会が行われ、公園では来週末に、無料の音楽祭が開催されているかもしれません。地域によっては、寄付制のヨガ教室が利用できるかもしれません。また、多くの市が無料の美術展を年に1,2回、主催しています。時には博物館も入場無料で利用できます。
  2. 2
    ゲームに投資する ボードゲームは楽しい上に、ほとんどお金を使わずに済む良い手段と言えます。一度購入してしまえば、後は一生タダで遊べます。家で友人と飲み食いしながら遊べば、高いお金を払って外でデートするのと同じくらい楽しめるでしょう。
    • 新しいもの(アップル トゥ アップル、カタン、チケット・トゥ・ライドなど)に加え、昔ながらのゲーム(人生ゲーム、モノポリー、Sorry!など)に挑戦してみましょう。友人間で会場を交代しながら、週一でゲームナイトを開催するのも良いでしょう。
    • 上記に加えCards Against Humanityをご紹介します。このゲームは無料でダウンロードできるため、節約に大いに貢献してくれるでしょう。子供や社会規範が極めて厳しい地域に暮らす人には不向きかもしれませんが、非常に面白いゲームとして人気があります。
  3. 3
    もっと読書をする 読書はお金も大してかけずに(または無料で)楽しめる上、充実した時間を過ごすことができます。
    • しばらく図書館へ足を運んでいなかったのであれば、『ハリー・ポッター』や『七王国の玉座』(『氷と炎の歌』第一部)など、傑作かつ読みやすい本から始めましょう。
    • 図書館カードを作り、本を無料で借りましょう。対応端末さえ持っていれば、無料で電子書籍を借りることもできます。
    • 多くのオンラインショップや実店舗で、中古本を安く手に入れることもできます。
    • さらに、パブリック・ドメイン(著作権)が切れているかなり昔の書籍に関しては、その多くがオンライン上、または電子端末にダウンロードして読むことができます。しかも無料です。
  4. 4
    自宅を映画館にする 映画DVDにたくさんのお金をかけるかわりに、友人や家族を集め、自宅のリビングを小さな映画館にしてしまいましょう。全員にお金を少しずつ出してもらい、その資金で映画にポップコーン、ゲームで構成されたパーティーを企画します。最終的に、あなたは格安(または無料)で映画DVDを手に入れ、友人たちとも良い時間を過ごすことができるでしょう。
  5. 5
    費用をかけずに旅行する 国内、海外を問わず、旅行に莫大な費用をかける必要はありません。旅費を抑える方法はいくらでもあり、信じられないほど安く済ませることも可能なのです。
    • 宿泊先を慎重に選びましょう。ユースホテルや民泊、または宿代を浮かせたいのならキャンプ場も考えられます。
    • 事前に旅の計画を立て、旅費を抑えましょう。計画を立てることで旅はより楽しくなり、さらには行き先について詳しくもなれます。
    • 航空券の安くなる、"オフシーズン"に旅をしましょう。シーズン中に旅行をする場合でも、チケットを調べ、安い物を探し出し、そして少なくとも6週間前に購入しておきましょう。そうすることで、通常より安い費用で旅ができるでしょう。[16]
  6. 6
    人気のあるルートを避けて旅行する 観光地では通常、費用がかさみがちですが、あまり人気のないエリアであれば費用を抑えることが可能です。観光ルートを外れた旅からは、観光地を巡るだけの旅では味わえない、刺激的かつ本物の経験を得られるでしょう。

パート 6
その他生活習慣を変える

  1. 1
    お金に対して賢くなる クレジットカードの所持枚数と利用額はできるだけ減らすようにし、健全な状態を目指しましょう。また、クレジットカードの金利は高く、これによって多くのお金を失ってしまう可能性があります。これを避けるため、カード会社への支払いを最優先し、残高不足にならないよう毎月注意しましょう。残高不足となった場合は、要求されている最低支払額だけでも毎月払うようにしましょう。カードの使用はごく少額の買い物のみにすべきでしょう。クレジットカードは自分の収入以上の買い物が簡単にできてしまうので、全てのクレジットカードを破棄してしまうことが多くの人にとって一番良い選択肢となりえます。[17]
  2. 2
    まずはリサイクルショップで買い物をする 全ての買い物をチャリティーオークションサイトで済ませる必要はありません。しかし、高価な買い物をする前には、クレイグズリストやリサイクルショップを確認するようにしましょう。そこでは新古品、またはほとんど使われていない中古品が半額以下で販売されていることも珍しくないからです。
    • "火曜日はコート全品半額"や"ピンクの値札がついた商品は50% off"など、特別セール情報を探してみましょう。購入を決めている物があれば、必ずバーゲン品を買うようにしましょう。
    • 購入前には常にインターネットで確認し、それが最もお買い得な買い物であることを確認しましょう。
  3. 3
    安い交通手段を見つける 車はかなり費用がかかります。ゆえに、移動手段を変えれば、たくさんのお金を節約することが可能です。田舎に住んでいる場合、車を全く使わないというのは厳しい話かもしれませんが、それでも使用頻度を減らす手段はあるはずです。
    • 公共の交通機関を利用しましょう。移動時間は延びてしまうかもしれませんが、移動中にコーヒーを飲んだり、ニュースを読んだり、Eメールをチェックしたり、電話を掛けたりと、その時間を有効活用することが可能です。普通、一カ月分のバス定期代は、ガソリンタンクを一杯にするより安上がりです。言うまでもなく、車の購入費や登録費、保険代、車検、修理代も発生しません。
    • 自転車、または自転車と公共交通機関を活用してみましょう。輪行できるバスや電車も多いので、これらと自転車と組み合わせれば、旅先への移動も迅速にこなせます。自転車は運動になる上に、ガソリン代の節約にもなるでしょう。
    • 電気自動車の購入や、小型車または現金払いで購入可能な車への買い替えを検討してみましょう。どの手段も節約に繋がります。
  4. 4
    副業を探す フルタイムで働いている場合であっても、収入源を増やす方法はいくらでもあります。人によっては、趣味を副業にすることが可能です。例えば、フリーランスのライター、手芸品の販売、骨董品取引などです。副収入は貯蓄か、家計の収支を合わせるために使えるでしょう。

ポイント

  • 上記で紹介した節約方法はどれも簡単には実行できません。中にはかなりの犠牲を必要とするものもあります。しかしながら、現在の快適で便利な生活を捨てることが、将来の大きな成果へと繋がります。「将来、他の人たちと違う生き方をするために、今、他の人たちと違う生き方をしなさい。」とは、ラジオで活躍するファイナンシャルアドバイザー、デイブ・ラムジーの言葉です。
  • 恋人には、出かける前にお腹いっぱい食べるよう言っておきましょう。レストランは高くつきます。外出前に食事を済ませれば、節約に繋がります。
  • 節約に勤しんでも、自分のことは大事にしましょう。倹約のためだけに食事や生活に必要な物(住居や服など)を犠牲にするのはやめましょう。

記事の情報

カテゴリ: 資金管理

他言語版:

English: Live Cheaply, Italiano: Vivere Senza Spendere Troppo, Español: vivir con poco dinero, Deutsch: Günstig leben, Português: Economizar no Dia a Dia, Русский: жить дешевле, Français: vivre pour pas cher, Bahasa Indonesia: Hidup Lebih Murah, Nederlands: Goedkoop leven, 中文: 节俭地生活, Tiếng Việt: Sống Tiết kiệm, 한국어: 일상 속 절약 방법들, Čeština: Jak žít levněji, ไทย: อยู่อย่างประหยัด, العربية: العيش بطريقة غير مكلفة

このページは 577 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?