「帽子が欲しいけど、わざわざ買いに行きたくはない」と思っていませんか? 毛糸と編み針と少しの時間さえあれば、自分で作ることができます!編み物の基本を知っていれば、半日あれば楽に帽子を編むことができるでしょう。作り目、伏せ止め、減らし目のやり方を知っていれば、すぐに始められます。

方法 1 の 3:
材料

  1. 1
    毛糸を選ぶ 毛糸を選びに行く前に、どんな帽子にするのかイメージします。毛糸は1玉あれば十分でしょう。適切な太さの物を1つ選びましょう。
    • 綿は伸縮性が低く、羊毛ほど暖かくありません。
    • 初心者は、細くて軽い毛糸は避けましょう。太い毛糸の方がずっと編みやすく、時間もかかりません。
    • 毛糸の長さを確認し、帽子を編み上げるのに十分か確めましょう。
      • 極太の毛糸を使う際は、115mから183m必要になるでしょう。並太の毛糸の場合は、137mから275m必要になります。
  2. 2
    編み針を選ぶ 編み針には様々なサイズがあり、サイズによって編み目の見た目が決まります。帽子作りは、輪針を使うと最も楽に編むことができるでしょう。
    • 日本の規格で、8号から10号がおおよそ標準的なサイズです。13号以下のサイズであればどれでも良いでしょう。
    • 針の両端が尖っている4本針や5本針を使う人もいるかもしれませんが、これらの針は一般的に、靴下のような小さな物を編むのに適しています。帽子を編むには輪針が最適で、この記事では輪針の使用を想定しています。
    • 作品を完成させるために、とじ針やかぎ針が必要です。
  3. 3
    他に必要な物を揃える 編み始めるに前に、必要な物がまだいくつかあります。
    • はさみ
    • ステッチマーカー(安全ピンでも可)
    • 巻尺
  4. 4
    頭囲を図る 頭囲の計測を飛ばしてはいけません!頭にぴったり合う帽子を作るには、適切な編み目数を知る必要があります。人形サイズの小さな帽子や、バケツに被せるような大きな帽子にはしたくないですよね。
    • 頭の周囲を測ります。
      • プレゼント用を編む場合の参考として、平均的な大人の頭囲は56cmです。
    • ゲージ(試し編み)を編み、1cmごとにいくつ編み目ができるか調べます。
    • 例えば、10cm見本に編み、できた目の数を10で割って1cmあたりの目数を出します。出た数字を頭囲の長さに掛け、いくつ編み目が必要か計算しましょう。(例えば10cmに16目あったとすると、1cmあたりの目数は1.6目です。頭の周囲の長さ53cm x 1.6目 =84.8目になり、これが帽子の底辺に必要な編み目の数です。
    • 計算した数字を、8の倍数になるように切り捨てると良いでしょう。こうすることで帽子の上の部分を編む時に、編み目を減らしやすくなります。
      • 毛糸は、縮めるよりも伸ばす方が簡単なので、数字は切り上げるより切り下げた方が良いでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
編む

  1. 1
    作り目を作る たった今計算した数字が、早速役に立ちます。帽子の底辺に必要な編み目(上の例では84目)の数だけ作り目をしましょう。
    • 初めて編み物する場合や輪針を使って編んだことがなければ、まず初めに編み方を学び、インターネットである程度調べましょう。
  2. 2
    作り目を繋げて輪にする 輪針を使えば、この作業がとても簡単にできます。
    • ねじれないように気をつけましょう!輪がねじれてしまうと、修正することができません。注意深く行わないと、最初からやり直しになってしまい、完成しても帽子とは似ても似つかない物になってしまいます。
  3. 3
    編み続ける 何段もぐるぐる編み続けましょう!何度か帽子を試しにつけてみて、残り何段くらい編むべきか測ります。
    • 輪針を使えば、自然と端が丸まって帽子の縁が出来上がります。そのため、丸まって短くなる分を長めに編む必要があります。
    広告

方法 3 の 3:
仕上げる

  1. 1
    減らし目を始める この部分を上手く編むことができれば、帽子がぴったりと頭に合うようになります。減らし目の方法がわからない場合は、一度手を止め、インターネットで調べましょう。
    • 8目ごとにステッチマーカーをつけましょう。
    • マーカーの2つ前の編み目に来たら、減らし目(編み物用語で、2目をまとめて1度で編むこと)をします。
    • このパターンを続け、毎回目を減らします。
    • 少し減らし目をしたら、帽子がどんどん小さくなっていることが分かるでしょう。ためらわずに、針を適切に調節しましょう。調節することで作品が崩れることはありません。
  2. 2
    毛糸を切る 残り4目になったら編むのを止めましょう。帽子を仕上げるのに十分な毛糸(38cmから50cm程度)を残し、毛糸を切りましょう。
  3. 3
    針を外す とじ針かかぎ針を使い、切った毛糸を残った4つの編み目全てに通して引っ張ります。これで帽子の頂点が締まります。
    • 毛糸の端を編み針上の編み目全てに通して引っ張り終えたら、針を外しましょう。
  4. 4
    余った毛糸を隠す 毛糸の端を手に取り、かぎ針を使って帽子の頂点から帽子の下に引き抜きます。糸端が帽子の下(内側)にくるようにします。
    • 数センチ残して毛糸を切ります。とじ針を使い、糸端を帽子の縦方向に下に向かって編み込みます。こうすることで糸端をきつく固定でき、縫い目を隠すことができます。
    • 編み始めの糸も、同様に帽子に編みこんで隠すことができます。
  5. 5
    完成です! 手編みの帽子を楽しみましょう!
    広告

ポイント

  • 自信がついたら、より複雑な帽子の編み図に挑戦してみましょう。インターネット上でたくさんの編み図が手に入ります。
  • 編み目を飛ばしてしまったら、かぎ針で引き上げて目を戻します。
  • 一生懸命編んでいて編み目を飛ばしてしまったら、できるだけ早く止めて修正します。そうしないと、最後に修正するのはとても大変です。
  • 作り目の作り方、編み方、裏編みの仕方、減らし目の仕方事前に知っておきましょう。知らない場合は、マフラーから編み始めましょう。
  • 編んでいる間は、帽子のことではなく、編むこと自体に集中します。1目編むごとに帽子全体を見ていると、編み目を1つや2つ飛ばしてしまうかもしれません。
  • 棒針は40cmの輪針を選びましょう。73cmの輪針では大きすぎます!
  • 早く編もうと焦ってはいけません。編みやすいスピードで編みましょう。経験を積めば、早く編めるようになります。
  • 穴ができていないか時々確認しましょう。
  • どんな毛糸でも編むことができます。好きな色や質感の毛糸を選びましょう。
  • 頭が小さい人は、7号から8号の編み棒を使用しましょう。頭が大きい人は、11号から13号の編み棒を使用しましょう。
  • 帽子が完成したら、モチーフや花をかぎ針で編んで飾り付けることもできます。

広告

注意事項

  • 減らし目をするときは、列の終わりで必ず編み目の数を数え、数が合っていることを確認しましょう。
  • 飛行機の中で編み物をしたい場合は、利用する航空会社が、機内での編み棒の使用を許可しているか、また現在の国土交通省の規制で、編み棒が保安検査上問題がないか確認します。通常、ハサミは保安検査場の通過を認められていませんが、ヤーンカッターペンダント(ペンダント式の毛糸カッター)をオンラインショップや手芸店等で購入できます。
広告

必要なもの

  • 棒針
  • 毛糸
  • 毛糸針・かぎ針
  • はさみ
  • 巻尺
  • ステッチマーカー

関連記事

How to

服に開いた穴を補修する

How to

漂白剤でタイダイ染めする

How to

リボンのほつれを防ぐ

How to

伸びたセーターを元に戻す

How to

Tシャツでタンクトップを作る

How to

ジーンズのウエストを詰める

How to

トレーナーをカットする

How to

合成皮革に色を塗る

How to

編み目を止める

How to

自分のサイズに合った巻きスカートを作る

How to

体のサイズを測る

How to

フリースブランケットの端を始末する

How to

ダメージジーンズを作る

How to

友情ブレスレットを結ぶ
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む48人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 236 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告