簡単な自己紹介文を書く方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:自己紹介文の下書きをする自己紹介文を書く出典

自己紹介文を書く機会は意外と多くあります。入学願書提出や就職活動の際に求められることもあれば、趣味サークルのニュースレターに自己紹介記事を書くことがあるかもしれません。どのような目的であれ、次のポイントを押さえておけば、簡潔ながらも魅力的な自己紹介文を書けるようになるでしょう。

パート 1
自己紹介文の下書きをする

  1. 1
    読み手を定める 自己紹介文を書く際、たいていの場合、目的がはっきりとしているはずです。優れた文章を書く秘訣は、読み手が誰であるかを常に念頭に置いておくことです。読み手が大学の教授か、職場の同僚か、学会の委員会か、はたまた地域活動を一緒に行うメンバーかによって、自己紹介文の書き方は異なります。[1]
  2. 2
    ガイドラインがある場合は、それに従う 入学願書提出や就職活動の際に自己紹介文を求められる場合、たいてい、自己紹介文に書かなければならない内容は定められています。ガイドラインをしっかりと読み、それに従いましょう。
    • 奨学金へ応募する場合、募集要項に自己紹介文の内容の詳細が記載されているので、しっかりと読みましょう。
    • 職場で自己紹介文の提出を求められた際など、特に書き方の規定がない場合には、どのような内容が適切か、上司や同僚に相談しましょう。
  3. 3
    学業および職務における実績のリストを作る まず、学業における業績を書き出します。学業を続けることが困難な状況にも関わらず学位を取得した、特定の科目で優秀な成績を残した、有名大学を首席で卒業したなどが業績の例として挙げられます。次に、職務上の実績を書き出します。売上トップ賞や優秀社員賞などの受賞経歴、昇進など特記すべき成果を挙げましょう。
    • 学業における業績の例:家族で初めて大学を卒業した、在学中4年間毎学期成績優秀者リストに載った、複数の学位を同時に取得した、複数の副専攻プログラムを修了したなど。
    • 職務における実績の例:会社で新製品売上トップ賞を受賞した、10カ月間連続して最優秀社員に選ばれた、レストランの皿洗いから始め料理長にまで昇進したなど。
  4. 4
    自身の性格や関心事のリストを作る まず、自身の性格(長所や短所)を書き出します。周りの人が自分のことをどのような表現を使って説明していたかを思い出しましょう。どのような内容や表現を用いると、自己紹介文の読み手や提出先に自分の長所が伝わるかを考えましょう。性格とともに、提出先に関連する自身の関心事があれば、書き出しましょう。地域活動にボランティアとして参加している、地域イベントの計画を行った、スポーツ活動や芸術活動に取り組んでいるなどが関心事の例として挙げられます。
    • 性格の例:ボランティア団体の求人に応募する場合、「思いやり」、「熱心」、「計画的」といった言葉を使って、自身の性格を説明しましょう。ボランティア団体は、団体が支援する人々に思いやりを持ち、目的のために熱心に働き、雑務も計画的に行えるといった、特定の人物像を求めています。そのため、このような言葉を用いて自身を説明すると、魅力的な自己紹介文になります。
    • 関心事の例:北極観測基地への派遣チームに研究者として参加応募する場合、探求心がありチームワークを大切にするということを示す関心事を挙げましょう。例えば、サッカーやロッククライミング、ハイキングなどの趣味サークルに所属していることを書きましょう。

パート 2
自己紹介文を書く

  1. 1
    下書きの中から、自己紹介文に使う内容を選ぶ 下書きで書き出したリストの中から、どの業績、実績、性格、関心事を使用するか選びましょう。読み手や提出先を念頭に置き、どの内容を使うと、自分のことが正確に伝わるかを考えましょう。
    • 例:次の1~4の例を組み合わせると、熱心でチームワークを大切にする人物であり、困難な状況を乗り越え、優秀な成績を収めて活躍しているということが伝わります。1.テニスチームに所属し、ダブルスのチームを組んでいる。2.9歳の頃から同じ動物保護施設でボランティアを行っている。3.家族の中で、女性で初めて大学進学を果たした。4.4カ月間連続して、所属する弁護士事務所の最優秀社員に選ばれている。
  2. 2
    文体を一人称にするか三人称にするかを選ぶ 入学願書や奨学金応募に合わせて提出する自己紹介文の場合、一人称が適切です。研究発表などの前置きとして自己紹介文を記載する場合、三人称が適切といえます。[2]
    • 一人称の文章の例:私は、株式会社〇〇に入社後、最優秀社員に11回選ばれています。
    • 三人称の文章の例:山田太郎は、株式会社〇〇に入社後、最優秀社員に11回選出されました。
  3. 3
    関係のない情報は削除する ここで重要なのは「簡潔」な文章にすることです。将来、詳しいプロフィールを書く機会があるかもしれませんが、ここでは自己紹介文を簡潔にとどめておきましょう。読み手が知る必要のない情報を書かないということが大切です。
    • 例えば、課外活動に関する情報は、入試の際に提出する自己紹介文には重要であっても、職務上で使用する自己紹介文には必要ありません。
  4. 4
    簡潔に自己紹介文を書く 提出先から求められたガイドラインに従いましょう。ガイドラインがない場合、できるだけ短く簡潔に書きます。できる限り短い文章で、自身の経歴や人柄を伝えましょう。一般的に、職務で使用する自己紹介文は、250~300文字程度にまとめましょう。[3]
    • 簡潔に要を得た親しみやすい表現を使用して文章を書く必要がありますが、偉そうな口調になることは避けましょう。自己紹介文は、自慢をする場ではなく、自身をアピールする場です。例えば、「私の父はクラシックのスポーツカーを12台所有しており、毎朝セーリングを楽しんだ後に、スポーツカーのメンテナンスを行うのが私の趣味です。」と書くより、「父と一緒に中古車のメンテナンスを行い、それを通して、機械の働き方を学びました。」と書く方が魅力的な文章になります。
  5. 5
    校正、校閲を行う 自己紹介文を書き終えたら、数時間後または数日後に、文章を読み直します。誤字・脱字や不自然な文章がないかチェックし、修正します。時間を少し置いた後に読み直すと、別の人が書いた文章かのように、客観的に文章を見直すことができます。
    • 声に出して読みましょう。黙読するよりも、声に出して読んでみることで、不自然な文章を見つけやすくなります。
    • 名称の間違いや変換ミスがないか繰り返しチェックしましょう。これには、会社名、学校名、団体名、プログラム名、一緒に活動を行った人物の氏名などが当てはまります。特に、自己紹介文の読み手や提出先の団体名などが文章中に出てくる場合、名称に間違いがないか念入りに確認しましょう。
  6. 6
    周りの人に自己紹介文を読んでもらう 自身のことをよく知る友人などに自己紹介文を読んでもらい、感想を聞きましょう。特に、文体に不自然な個所はないか、内容に誤りはないか、謙虚になりすぎていないか、自慢になっていないかを確認しましょう。また、わかりやすく書けているか、丁寧に経歴や人柄が書かれているか、知らない人が読んでも人物像がきちんと伝わるか、追加・削除すべき箇所はあるかといった質問に答えてもらいましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 自己啓発

他言語版:

English: Write a Brief Description of Yourself, Español: escribir una breve descripción de ti mismo, Português: Escrever uma Breve Biografia de Você Mesmo, Italiano: Scrivere una Breve Descrizione di Se Stessi, Русский: написать краткую автобиографию, Français: se décrire brièvement, Deutsch: Eine Kurzbiografie schreiben, 中文: 写一份个人简介, Bahasa Indonesia: Menulis Deskripsi Diri secara Singkat, Nederlands: Een korte beschrijving van jezelf maken, ไทย: เขียนประวัติส่วนตัวอย่างย่อ, العربية: كتابة وصف مختصر عن نفسك, 한국어: 간단한 자기소개 쓰는 법, Tiếng Việt: Viết bản tự giới thiệu ngắn, हिन्दी: संक्षेप में अपना विवरण लिखें

このページは 3,853 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?