ほとんどの人ができること、それが料理です。一日の終わりのご褒美の時間として、くつろいだ気分でゆっくりと料理を楽しみましょう。決して複雑に考える必要はありません。様々な国や地域に共通の万能な主食といえば米飯です。これからご紹介する手順で、食事の重要な要素であるご飯を簡単に調理することができます。さあ始めましょう。

材料

  • 米1カップ
  • 油大さじ1
  • 水2カップ

パート 1 の 2:
米の下準備方法

  1. 1
    正確に水の分量を計量します。炊飯の基本の計量は「米1:水分2」です。米1カップに対して水2カップという計算です。米1カップを炊くと、2人前に十分な量に仕上がります。大人数分の米を炊く場合は、この計量に従って米と水の量を増やします。米と水の量に合う、調理に十分な大きさの鍋をご使用下さい。
    • どのような種類の鍋を使用するかは大切なポイントではありませんが、その鍋にピッタリ合う蓋を使用することが重要な鍵となります。
  2. 2
    油を加えます。オリーブオイル、ピーナッツオイル、その他のオイルなど油大さじ1を鍋に加えます。大量の米を炊く時は油の量も増やしてください。
  3. 3
    米を加えます。コンロを中火にして油を少し熱した後、米を加えます。油が米全体に行き渡り、米が乳白色で半透明になるまで炒め続けます。
    • 少し長めに米を炒めると、よりカリッとしてパラパラした仕上がりになります。
  4. 4
    熱を加えている間は米を炒め続けます。1分程度炒めると米は半透明の乳白色に変化します。
  5. 5
    水を加えて沸騰させます。水を加えたら少しかき混ぜ、米全体が水の中に浸っているかを確認し、沸騰するまで米をかき混ぜ続けます。
  6. 6
    コンロの熱を低温に下げます。米が沸騰し始めてから低温に下げます。コンロ設定を最低温度まで下げたら、鍋に蓋をします。
  7. 7
    米を炊きます。蓋をしたまま15−20分間米を調理します。これ以上長く調理を続けると、底の部分が焦げる恐れがあります。蓋を取らずに米を「蒸し」調理するのが炊飯の重要なポイントです。
  8. 8
    鍋を火から下ろします。コンロの火が完全に消えたかどうかご確認ください。蓋をした状態で、最短でも30分間は蒸し続けます。料理に使う準備が整うまではこのままの状態でかまいません。
  9. 9
    調理完了です。炊きたてのご飯をお楽しみください。
    広告

パート 2 の 2:
よりおいしく炊き上げる方法

  1. 1
    炊飯器を使用します。炊飯器を使えばいつでもおいしいご飯が炊きあがります。頻繁にご飯を召し上がる方は、炊飯器の購入をご検討ください。人生がぐっと楽になります。
  2. 2
    米選びは慎重に。それぞれの米にはそれぞれに適した料理があります。どの料理に使用するかで購入する米も異なります。パラパラした米やもちもちした粘着性のある米があり、味や食感、含まれる栄養素も様々です。
    • 例えば、パラパラとした仕上がりのバスマティ米に比べて、ジャスミン米はより粘着性がある仕上がりになります。
  3. 3
    洗米します。もちもちした柔らかいご飯が苦手な方は、調理前に米を洗うと米のでんぷん質が取り除かれ、仕上がりに違いが出ます。
  4. 4
    調理前に米を水に浸します。調理前の米を温水に浸けることで、米の仕上がりがぐっと改善されます。温水に米を浸したらしばらく蓋をしておきます。
  5. 5
    使用する米によって水の分量を加減します。長米1カップに対し、水は1と1/2カップです。玄米は2カップかそれ以上です。初めて短米を調理する時は、基本の分量よりも少なめの水を使うと完璧な仕上がりが期待できます。
  6. 6
    スパイスを入れて調理します。スバイス類は、水が沸騰してから鍋に蓋をする直前に加えます。少し混ぜて風味をつけた後に鍋に蓋をします。セロリソルト、ガーリックパウダー、カレーパウダー、ふりかけなどがお薦めの調味料です。
    広告

ポイント

  • 分量さえ同じなら、水以外のお好きな液体で米を炊くことも可能です。お薦めはチキンブイヨンです。白ワインを少し加えるとさらにおいしくなります。
  • 料理の素晴らしい点は、加える、抜くなど自分の好みに合わせて加減ができることです。風味のついた油、ロースト油などは米の味付けに最高です。ニンニク、玉ねぎ、その他のスパイスなどもお好みに合わせて加えます。米に何かを加える時は、米を炒めた後すぐ、つまり最初の段階で加えることが大切です。

広告

注意事項

  • 米を油で炒める時は、焦げやすいので注意が必要です。米が茶色くなってきてしまったら、鍋をコンロからあげれば瞬時に調理を終了できます。調理を瞬時に停止するには、鍋をコンロからはずすのが一番良い方法です。とても簡単で効果的な方法ですのでぜひ覚えておきましょう。
広告

必要なもの

  • 蓋付き鍋
  • 木製スプーン
  • コンロ
  • 計量用の道具類

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

ラザニアの冷凍保存

How to

塩気の強いスープの味を調整する

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

オートミールを作る

How to

固ゆで卵をひびを入れずに茹でる

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

ご飯を温め直す

How to

圧力鍋を使う

How to

ロブスターテールを茹でる

How to

自家製ワインを造る

How to

スペアリブを温め直す

How to

ソーセージを調理する

How to

フロスティングを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,143回アクセスされました。
このページは 2,143 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告