PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

素敵になれる一番のコツは、そのままの自分が既に素敵だと自覚することです。しかし、自分を素敵だと感じられないと、自分の美しさを素直に自覚するのは難しくなります。そのままの自分が素敵だと自覚できる方法、そして誰にでもその人のなりの美しさがあると認識できる方法をこれから紹介します。

パート 1
パート 1 の 3:
素敵な気分になる行動を起こす

  1. 1
    自分の優れた点を記録する[1]  自分でも一番気に入っている長所を正しく評価し、賞賛する感謝の日記を始めます。内面や外見の長所を自画自賛して浮かれずに、落ち着いて自分の美点や長所をしっかりと意識します。こうしておくと、自信を喪失したときや他人から無礼なことを言われたときに、美点や長所をすぐに思い出して自信を復活させることができます。感謝の日記を有効活用するために下記のヒントを参照しましょう。[2]
    • 形だけやっているふりでは意味がありません。幸せになる、自分の長所に感謝するという強い意志があって初めて、日記の効果があらわれます。
    • 量より質を取ります。とってつけたように長所を挙げ連ねた長いリストを作るのではなく、2つ3つの長所を挙げて、事細かに深く掘り下げましょう。自分の関心や思い入れを可能な限り日記に込めるようにします。
    • 自分の長所が良い影響を与えた状況や人間関係を思い出して、自分の長所や美点が普段から役に立っていることに気付きましょう。
    • 現在の長所や美点が突然すべてなくなってしまったら、自分がどんな人間になるのかをじっくりと考えてみます。そうすれば、現在の自分に対する感謝の気持ちが自然と湧いてくるはずです。
  2. 2
    自分の人間関係を検証してみる 普段から友達や家族などの好きな人たちから受け入れられ、好意を寄せられていると、彼らと同じ前向きで明るい環境にいる自分を実感できるものです。同じように、辛辣で批判的な人たちの中で過ごすことが多いと、柔軟性に欠ける批判的な目で自分を判断するようになります。自分には魅力がない、自分には価値がないというイメージで頭がいっぱいのときは、それが人に植え付けられたものかどうかを考えてみましょう。[3]
    • 友達やパートナー、家族と良好なサポート関係を築きましょう。親しい人たちからのサポートは、自分の強さ、能力、素敵さを実感できる一番効果的な力です。
  3. 3
    自宅を素敵に飾る 雑誌で見つけた美しい風景の切り抜きやポスターなどを壁に飾る、可愛らしい置物や雑貨を置いてみるなどして、自分の部屋を美しく飾ってみましょう。素敵なものに囲まれると素敵な気分になります。ただし、デザインや飾り付けの流行を追いかけるのではなく、自分が美しいと思ったもので飾ることを意識しましょう。
    • 白熱電球のように雰囲気のある照明を使用するとソフトでエレガントな雰囲気になり、自分自身も部屋にある物も同様の素敵な空気感をまといます。
    • 照明器具の配置も考慮しましょう。顔を照らす場合、全方向から当たるようにするとシワや影が隠れます。バスルームの照明が天井にあるのであれば、天井の照明は使わずに、鏡の両側に照明器具を設置すると効果的です。[4]
  4. 4
    自分への確認で1日を始める 自分の長所を確認することを朝の習慣にして自信を引き出しましょう。自分しか知らない長所をできるだけ鮮明に思い描いて、自分が周囲に分け与えられる事柄を確認します。鏡に映る自分を見ながら、この長所(明るい笑顔、人に対する優しさなど)は他の人たちにも知ってもらおうと、自分に言い聞かせます。最初は「馬鹿げている」「自らを美化するような行為だ」と感じるでしょうが、これを続けるうちに、自分に対して優しく接すること、自分のモチベーションを上げることの効果を感じるようになり、自分自身が自分の一番の理解者であることの便益を実感するでしょう。
    • ポストイットや冷蔵庫のマグネットに自信を奮起させる言葉を書いて貼っておきましょう。バスルームの鏡にアイライナーで書いてもよいでしょう。
    • ちょっとしたメモをよく目につく場所数カ所に貼っておくと、メモが目に入るたびに自信を奮起させることを思い出すため、楽観的な見方が助長されます。
  5. 5
    姿勢を意識する 姿勢を良くすると、周囲の人々に自分は有能で自信があると伝わるだけでなく、自分自身にもポジティヴなメッセージが伝わります。[5] それは、自分の意識が肉体の様子を常に観察して、その時々の感覚や感情を認知するためです。背筋を伸ばして立ち、うつむかずに真っ直ぐ前を見ていると、脳が「十分な自信を持って(文字通り)世界と対峙する覚悟ができている」という肉体のメッセージを受け取ります。座っていても同様で、だらけた姿勢の人のそれよりも、シャキッと背筋を伸ばした人の言葉や行動の方が間違いなく説得力があります。[6]
    • 両肩を少し後ろに引いて、胸を若干前に出して開いてみましょう。これをすると、実物よりも少し背が高く、スリムで、物怖じしない雰囲気になります。
  6. 6
    頻繁に音楽を聴く 人生における自然体の美しさを意識して、それを喜びながら楽しむ大きな助けとなるのが音楽です。また音楽は、言語よりも先に自分と周りの世界との結び付きや順応の仕方に影響を与える、と考えられています。[7] ワクワクして体内の血の巡りが良くなる音楽を聞きましょう。ポップスでも、ロックでも、ジャズでも、演歌でも、なんでも構いません。音楽を継続的に聴いていると気分が明るくなり、美しさを味わう心の余裕が出てきます。
  7. 7
    可愛いペットを飼う 素敵な気分になる点でペットには2つの効果が期待できます。まず、常に目に見える形で好意を示してくれて、思わず微笑んでしまう時間を過ごすことが多くなります。外出のお供としても完璧と言えるでしょう。また、気を遣いがちな人間同士の付き合いとは異なり、ペットは自分を一途に愛し大切にしてくれる、信頼のおける味方となります。
    • ペットを飼うのは確実に世話ができる環境が整っているときだけにしましょう。ペットを飼うにはそれ相当の責任と日々の世話が必要です。しかし、ペットと暮らすことで得られる良い効果は計り知れません。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
最適の方法でセルフケアを行う

  1. 1
    活動的になる 減量のような嬉しい効果に加え、エクササイズには抑うつ症状や心臓病のリスクを軽減する効果があると言われています。[8] つまり、定期的に運動を行うと気分が晴れやかになり、力が沸き起こり、健康を確保できるということになります。運動を始めるきっかけがなかなか見つからない場合には、1週間キビキビ歩くという些細なことから始めてみましょう。身体が慣れてきたら、無理のない範囲で継続できる有酸素運動や筋力トレーニングへと徐々に移行します。
    • 身体の柔軟性を高める運動を試してみましょう。柔軟運動は成果がわかりやすいので、自分の身体が常に進化して変化するという事実を実感できるようになります。
  2. 2
    笑顔になる 我慢できないほどの幸せを感じた朝が今までにありましたか? これは、例えば朝にパンなどを買いに外に出た時に、道で通りすがる人全員に思わず微笑みかけてしまうような多幸感です。このような経験は自分自身の捉え方にも、自分に対する周囲の人たちの対応にも変化を起こすことがあります。[9] 仏頂面の人と比べると、白い歯を見せて微笑む人たちの方が誠実で人付き合いがよく、ひいては有能という印象を与えます。[10] 幸せな気分でないときでも、笑顔になるだけで気分がよくなり、それが周囲にも伝わります。
    • 自信を持って笑顔になるためには、歯のケアを怠らないことが大事です。歯磨きとフロスを定期的に行い、糖分の多い食べ物を食べた後は虫歯にならないように口をすすぐようにしましょう。
  3. 3
    得意なことをする 自分の才能と能力を実感できることを可能な限り長時間行うようにします。達成感は内側の美しさを引き出して輝かせる一つの方法です。[11] 今更わかり切ったことを言っていると思うでしょうが、学校や仕事で要求される能力と自分が得意なことが異なると、得意なことが退化してしまう恐れがあります。
    • 文章を書くのが得意であれば、空いた時間に詩や散文を書いてみましょう。スポーツが得意であれば、週末に活動するチームに参加して、適度な競争意識で自分自身を刺激してみます。
  4. 4
    適切な食事を取る 適切な食事というのはダイエット食とは異なることを覚えておきましょう。ダイエット食というのは一時的なもので、長期間続ける食生活ではありません。適切な食事にするためには、新鮮な野菜やフルーツ、未精白の穀物を買い物リストに入れること、バラエティに富んだ料理を作ることを習慣付けるとよいでしょう。脂肪分、糖分、塩分の多い食べ物が大好きならば、そういう食品を極力減らすことを考えましょう。[12]
    • 適切な食事はバランスがカギなので、時には自分にご褒美をあげることも適切な食事を実践する方法に含まれます。アイスクリームや菓子パンを食べたくなることもあるでしょうが、そんな自分を否定しないようにします。そのような発作に襲われたときそこ、節度を持って食べることを実践してみましょう。
    • 自分のケアをすることで、セルフケアが自分を美しく見せ、自信を与える効果的な方法だと気付くはずです。
  5. 5
    リラクゼーションの方法を学ぶ 気楽な心持ちでいると周囲の人たちもポジティブに反応するため、自分の魅力が周囲に伝わっていることを実感できます。こんなふうに考えてみましょう。気負わずに自分らしさを堂々と表している人を見たとします。その人のようになりたいと思うのは自然なことです。ヨガ、漸進的筋弛緩法、呼吸法など、知らず知らずのうちにくせになっている身体の緊張感を徐々に緩和する方法を試してみましょう。
  6. 6
    心地良い服装をする 着ている服が身体に馴染まずに不快さを感じると、それが気分に影響して、自分の身体に対して否定的なイメージを持ち始めます。身体に合わない服を無理やり着ることは、自分好みの洋服が着れないほど身体が大きい、もしくは小さいと思い込んでしまう原因にもなり得ます。
    • 女性の場合は特に身体に合った洋服を着ると自分を好意的に捉えるようになり、感情のコントロール、社交術、職務や任務に対する自信が増します。[13]
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
素敵な気分を引き寄せる立ち居振る舞いをする

  1. 1
    美しさの真実を理解して意識する 美しさの可笑しな点は、誰もが美しさのハードルを思い切り高く上げていることです。そして、その高い基準で魅力的と評価されている人たちの幸福度が、そうでない人たちと大差ないという事実からは目をそむけがちです。楽観的なこと、円満な人間関係に恵まれていること、人生の意味と目的を感じることが、実は最も幸せを左右します。つまり、幸福や喜びに溢れた生活に影響を与える重要な要因は外見の美醜ではなく、それ以外にたくさんあり、この摂理が美しさの真実と言えます。[14]
  2. 2
    ネガティヴな自己批判をやめる 頭の中で「小さな声」を聞きながら生活するのはよくあることです。この小さな声は「ほっぺが肉厚だ」や「この顔は不細工すぎる」のような批判的で不安を募らせることを繰り返し囁きます。ところが、この小さな声には囁く言葉を意識的に変えられるという利点があります。[15] 意地悪な声をもっと公平な視点の声に変えてみましょう。例えば、頬なら肉厚さではなく健康的な血色の良さを褒める、というふうにします。
    • さらに小さな声を進化させて、心の中で自分の長所を問う質問をし、それに好意的に答えてみましょう。例えば、他の人が自分を好ましいと思う理由を自分に質問します。続けて「セクシーなこの唇のせい」や「面白い冗談を言うから」のように答えてみましょう。
    • これを続けていくうちに、自分の外見のどこが、自分の性格のどんな点が自分の魅力の素になっているのか理解できるでしょう。
  3. 3
    自分の外見に納得する 外見に納得することは決して容易なことではないでしょう。他人の意見に左右される性格や、自分の体型やスタイルにこだわりのある人には特に難しいかもしれません。まず、自分の特徴で好きな点と嫌いな点を考えます。たとえネガティヴな考えに陥ってしまっても、良い点と悪い点が組み合わさって自分という個性が出来上がっていることを理解しましょう。そして、世間の美の基準を満たしていようといまいと、自分の内側にも外側にも誇りを持ちましょう。
    • 外見にこだわることをやめて自己批判を捨てます。鏡に縛られている自分を解放しましょう。自分を否定的なイメージで見る人というのは、自分の個性や欠点ばかりに目を向けがちです。そのような偏った視点で自分を見ると自己批判してしまうのは当然のことでしょう。[16]
  4. 4
    現実に目を向ける 自分が勝手に考えている「他人の目に映っている自分の姿」と本来の自分を比べるのはやめましょう。スーパーモデルや有名人と自分を比べてしまうのであれば、彼らの外見は特異な遺伝子によって作られたもので、自分が満たさなければいけない美の基準ではないと考えるようにしましょう。[17] 世間は非現実的な美の基準を設定しているため、自分にしかない美しさに気付いて、それに惑わされないようにすることが先決です。
    • 足りない部分よりも達成できたことに目を向ける努力をしましょう。ゆっくりと時間をかけて自分にしかない個性を検証して、個性のストックを増やしていきましょう。
    • それでも他の人と自分を比べてしまうときは、相手をうらやましがるのではなく、相手の良さを高く評価してみます。そして、自分が相手と違うことの素晴らしさに驚き、みんなが同じような容姿や資質の世界がどれほどつまらないかに思いを巡らせてみましょう。
    • それに加えて、自分と他人を比べる場合にありがちなのが、自分の「内側」と他人の「外側」を比較することです。自分のことなら秘密にしたい嫌な部分までよく知っているので、この勝負は最初から自分が負けるようにできているわけです。
  5. 5
    褒め言葉を素直に受け取る術を覚える 素敵な気分になる強力な秘訣に人から言われた好意的な意見を受け入れることがあります。実は、褒められてひどく驚いたり困惑すると「褒められて気まずい」という無言のメッセージを、褒めた相手に送ることになってしまいます。誰かに褒められると、大抵は「いやいや」や「そんなことはないよ」のように即座に謙遜してしまうのも事実です。しかし「ありがとう」だけでもいいので、焦らずに、必ずタイミングを見図りながらポジティヴな反応をするように心掛けましょう。[18]
    • 褒められてからポジティヴな反応をするまでに間が空くと、相手を混乱させます。逆にせっかちな反応だと、相手の言葉を遮る可能性があります。
    • 褒められた点を詳しく説明して相手の想定外の積極的な反応をしたり、褒め言葉を会話を始めるネタにしてみてもよいでしょう。または、お返しに相手の気分を良くするコメントをして、自分がもらった素敵な気分を分け合ってみましょう。[19]
  6. 6
    自分の成長を好意的に評価する 時によっては自分の成長を正当に評価するのが難しいことがあります。しかし、誰しもが過去から現在まで自然に成長し成熟してきたおかげで、自分の本領を発揮できています。思春期の頃に比べれば肌もきれいになっているし、仕事や恋愛を経験して自信も増したことでしょう。昔の写真や卒業アルバムを見て、現在の自分と比べながら当時の野暮ったい自分を笑い飛ばして、そこから大きく成長した自分を慈しみましょう。
    広告

ポイント

  • 自分が魅力的だと思う人に相手にされないからといって、自分が素敵ではないと思い込まないようにしましょう。
  • 恐れずに好きなだけ鏡に映る自分を見て、自分に微笑みかけ、自分が自分であることに満足しましょう。
広告

注意事項

  • ダイエット薬を服用する、食事を抜くという不健康な減量は避けましょう。減量したいのであれば、運動や適切な食事のように健康的な方法で行いましょう。細身だからといって、それが必ずしも美しいわけではありません。健康的なことこそが美しさです。
広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
軽石を活用する軽石を活用する
タトゥーシールをはがす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
生理を早める生理を早める
ワンピースのウエストを詰める
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
革に付いた油染みを落とす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
広告
  1. Reis, Harry T., et al. "What is smiling is beautiful and good." European Journal of Social Psychology 20.3 (1990): 259-267.
  2. Vealey, Robin S., and Julie L. Campbell. "Achievement goals of adolescent figure skaters: Impact on self-confidence, anxiety, and performance." Journal of Adolescent Research 3.2 (1988): 227-243.
  3. http://www.webmd.com/food-recipes/healthy-eating-overview
  4. Kwon, Yoon-Hee. "Feeling toward one's clothing and self-perception of emotion, sociability, and work competency." Journal of Social Behavior & Personality (1994).
  5. https://www.psychologytoday.com/articles/200605/how-feel-more-attractive
  6. https://www.psychologytoday.com/articles/200605/how-feel-more-attractive
  7. https://www.psychologytoday.com/blog/anxiety-files/201007/when-self-criticism-is-true-turn-self-criticism-self-correction
  8. https://www.psychologytoday.com/articles/200605/how-feel-more-attractive
  9. http://psychcentral.com/lib/tongue-tied-by-compliments/
  10. http://psychcentral.com/lib/tongue-tied-by-compliments/

このwikiHow記事について

Jennifer Butler, MSW
共著者 ::
恋愛・エンパワーメントコーチ
この記事の共著者 : Jennifer Butler, MSW. 恋愛・トランスフォメーションコーチのジェニファー・バトラーはフロリダ州マイアミにある「JennJoyCoaching」の経営者です。同ワークセンターでは離婚や破局のあらゆる過程にある女性達を対象に、活力を取り戻すための指導を提供。本拠地のマイアミにとどまらず世界中のクライアントの相談に乗っています。ライフコーチとして4年以上の経験を有し、ワークショップ運営のかたわら、ポッドキャスト番組「Deep Chat」の司会者(リア・モリスと共同)、そして「Worthyシーズン2‐あなたにもできる離婚・その他諸々な出来事への対処」の司会者を務めています。 その業績はESME、DivorceForce、 Divorced Girl Smilingに取り上げられました。ニューヨーク大学にて社会福祉学の修士号を取得。認定ヘルスコーチ、Calling in発行認定コーチ「the One」の資格を保有。コミュニケーションおよびライフ・マスタリー専門家、認定Conscious Uncouplingコーチとしても活躍。
このページは 957 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告