フケは本人が気にしているほど目立つものではありませんが、簡単な予防策を実施することで簡単には他人に気付かれなくなるでしょう。フケは基本的に頭皮に現れ、小さな角片から厚みのある付着性のかさぶたのような皮膚片まで様々です。どの年齢層にでもフケは見られますが、大部分は生涯を通して男性によく起こります。医学的に言うと、フケは頭皮上に単離した脂漏性皮膚炎の派生物です。脂漏性皮膚炎、特にフケは頭皮に単離した慢性的な再発性発疹が原因で起こります。[1] いくつかのテクニックや方法でこういった症状を抑えましょう。

方法 1 の 4:
速攻のフケ対策

  1. 1
    ドライシャンプーをして櫛を通す 外出前にドライシャンプーを使用すると、頭皮がきれいになり潤います。ドラッグストアやオンラインで購入でき、スプレータイプや粉末タイプがあります。髪に数回スプレーするもしくは頭皮に少量を振りかけ、櫛を通してフケをかきだします。1回櫛を通すごとに櫛を水で流してきれいにしましょう。
    • 代用としてタルカムパウダーを使用することもできますが、黒い髪は灰色や白になったり、色ムラになったりするでしょう。
  2. 2
    ヘアスタイルを工夫してフケが目立つ場所をカバーする 頭皮の中でフケがひどい場所を見つけて櫛を通し、そのエリアをカバーすると良いでしょう。ヘアスタイリング剤を使用しても良いですが、髪の毛を逆立ててくしゃくしゃにすると簡単に改善できるでしょう。[2]
    • フケの範囲を覆うだけではフケを改善することはできません。見苦しくないようにするための一時的な対策として捉えましょう。フケを取り除く最善の方法は、根本の原因に働きかける治療法を試すことです。
  3. 3
    明るい色の服を着る シャツや服、トップスは白やグレー、メタリック色等のものを選びましょう。白や黄色のフケが目立ちにくくなります。[3]
    • 織り目加工が施してあったり柄物の服もフケを隠すことができます。
  4. 4
    ハットやスカーフを活用する キャップやハット、スカーフで頭皮のフケを隠しましょう。こういったものを身に付けている間は、服にフケが落ちるのを防ぐことができます。また、髪の毛の下にあるフケに気付かれることもないでしょう。
  5. 5
    糸屑用粘着ローラーを持ち歩く 出掛けるときは糸屑用の小さな粘着ローラーをポケットに忍ばせましょう。服にフケが付いているのを見かけたら、トイレに駆け込んでコロコロとフケを取りましょう。
    • 背中側をコロコロできないときは、友人やパートナーに手伝ってもらいましょう。[4]
    広告

方法 2 の 4:
1日でフケの量を減らす

  1. 1
    温めたミネラルオイルを使用する 小さなボウルにオイルを入れて温め、頭皮に揉み込みます。[5] オイルで頭皮が潤いフケが軽減されます。ナチュラルオイルを使用したい場合は、5%のティーツリーオイルを使用すると効果があるという研究結果が出ています。純粋なオリーブオイルやピーナッツオイルも推奨されることがありますが、フケの原因である真菌に食べ物を与えることになるという意見もあり賛否両論です。
    • ミネラルオイルには有毒成分が含まれている、もしくは毛穴を詰まらせるといった悪い噂は恐らく事実無根で、スキンケア用として販売されている純粋なミネラルオイルであれば問題ないはずです。フケに効果があるとされている製品は厚生労働省の許可を得ており、有害であったり毒性のあるものは市場に出すことを許されません。[6]
    • オイルは慎重に温めましょう。煙が出て触れられないほど加熱してはいけません。
  2. 2
    オイルを数時間放置する この方法を使用すると、フケ用シャンプーを1度使用するよりも早く頑固なフケを取り除くことができますが、オイルを数時間放置するとより効果的です。放置している間はシャワーキャップを使用すると髪を清潔に保てて良いでしょう。 [7]
  3. 3
    シャンプーや低刺激の洗剤でオイルを洗い流す 水だけだとオイルを取り除く効果が薄いため、何度かシャンプーして落としましょう。それでも落ちない場合は、コンディショナーを髪になじませて10分放置した後に水で流しましょう。最終手段として、食器洗い洗剤を少量使用しても構いませんが、髪がダメージを受けたり乾燥する恐れがあります。
    • タール系のシャンプーはオイルを落とすには最適で、フケも軽減されますが、匂いとシミになるという点で不快に感じる人が多いようです。[8]
  4. 4
    薬剤を塗って一晩おく オイルトリートメントや長期的なケアを目的とするフケ用シャンプーは8時間、一般的には一晩放置するとより効果的にフケを軽減することができます。コールタールと角質溶解薬の両方が含まれているフケ用シャンプーを探しましょう。角質溶解薬や古い角質を溶解させる液の購入が難しい場合、成分表をチェックし尿素、サリチル酸、硫黄が含有されているものを探しましょう。
    • こういった薬剤を髪に塗った状態で眠る場合、塗る前にぴったりとフィットするシャワーキャップを確保しましょう。[9]
    広告

方法 3 の 4:
フケ用シャンプーを使用する

  1. 1
    軽度のフケ用シャンプーを選ぶ フケ対策として使用できる物質は数多くあります。炎症や痒みを伴わない軽度のフケには、古い角質を分解する働きのあるサリチル酸や尿素が含まれたシャンプーを選びましょう。頭皮が乾燥してフケが増えることもあるため、こういった副作用を抑える保湿用コンディショナーを併用しましょう。[10][11]
  2. 2
    ひどいフケ用のシャンプーを探す 頭皮に白く厚みのある角片が見られる場合(単体、もしくは髪に付着して)、マラセジアという酵母菌のような真菌が原因かもしれません。[12] マラセジアはフケの原因を作ると考えられており、皮膚表面に生息する酵母菌です。この酵母菌は免疫システムに影響を与えます。フケがひどい場合はケトコナゾール(1%以上)もしくはシクロピロクスが含まれたシャンプーを選びましょう。硫化セレン(1%以上)を含有するものも効果的ですが、頭皮に蓄積するため嫌う人も多いでしょう。
    • 医療機関を受診すると、ケトコナゾール2%のフケ用シャンプー等、市販のものより強いシャンプーを処方されるでしょう。このシャンプーは初期のフケ対策にフォームまたはシャンプーとして処方され、週に2回使用して改善していきます。その後、1週間もしくは2週間に1度へと使用回数を減らします。[13] シクロピロクス1%を処方してもらい、週に2回使用するのも良いでしょう。[14][15]
    • 黒く硬い髪質で、毎日のシャンプーが原因で乾燥している場合、フルオシノロンアセトニド等の局所ステロイド軟膏を使用してみましょう。[16]乾いた髪にポマードとして使用しても良いでしょう。
  3. 3
    シャンプー使用する 髪を濡らして、フケ用シャンプーを頭皮に揉み込むようにマッサージします。5~10分程度放置したら洗い流しましょう。かさつき、痒み、炎症が治まるまで1日1回フケ用シャンプーを使用しましょう。
    • フケ用シャンプーを数日使用して効果が現れない場合は、成分の異なる別のシャンプーを試してみましょう。フケは酵母菌の一種によって引き起こされることが多いため、抗真菌性を使用すると別の角度からの問題解決に繋がることもあります。[17]
    • シャンプーを2種類用意して、洗髪時にそれぞれを交互に使用すると成果があったという報告もあります。[18][19]
  4. 4
    状態が改善したらシャンプーの頻度を減らす 大幅に改善されたら、フケ用シャンプーの使用を週に2回~3回へと減らすか、フケを許容できる量に抑えることができるならそれ以下に減らしても良いでしょう。ひどいかさつきが治まったら、基本的に毎日フケ用シャンプーを使用する必要はありません。
    • 処方用量のシャンプーを使用している、あるいは2種類以上の治療をしている場合は、使用頻度を減らすか2週間程度したら使用を止めましょう。危険な副作用が現れる可能性があります。[20]
    広告

方法 4 の 4:
長期的にフケの対処をする

  1. 1
    ヘアケア商品の使用を止める フケが薄く透明で、頭皮ではなく髪にのみ見られる場合、ヘアスタイリング剤に反応している可能性があります。スタイリング剤にパラフェニレンジアミンが含まれていないか確認してみましょう。この成分はフケを引き起こすと言われています。また、毛染め剤に使用されているアルコールや強い薬剤が原因になっていたり、たくさんの種類のヘアケア剤を使用して、それぞれの成分が原因になることもあります。[21]
    • こういった頭皮の問題は、ヘアスタイリング剤の使用を止めるか他のものに切り替えて、より頻繁に洗髪すると解決するでしょう。[22]
    • どれが原因になっているのか定かではない場合、使用中止する製品は1回につき1つにして、原因になっている製品を特定しましょう。
  2. 2
    シャンプーの頻度を増やす 頭皮が油っぽく炎症を起こしている状態の脂漏性皮膚炎は、髪や毛穴から出る脂により悪化することがあります。頻繁にシャンプーして炎症を抑え、フケが溜まるのを防ぎましょう。
    • 出掛ける前にサッとシャンプーして流すだけで驚くほどフケに効果があるでしょう。
  3. 3
    太陽を浴びる 頭皮を適度に太陽光にあてましょう。紫外線により頭皮の薄片の量が軽減されるでしょう。ただし、太陽光への露出は有害でもあるため、太陽の下で寝転がったり、長時間太陽光に当たるのはやめましょう。外に出る前は日焼け止めを塗って、短時間だけ頭皮を日光浴させましょう。[23]
  4. 4
    治療の仕方を医師に相談する 数週間自分で治療してみても、フケの量が思うように減らない場合、医師に相談しましょう。フケが身体的な問題を引き起こすことは滅多にありませんが、個人的な理由でフケを減らしたい場合、強い薬を処方してもらえるでしょう。また、炎症や痒みを抑えるステロイド治療も推奨されるかもしれません。
    • ひどい症状にはイソトレチノインが処方されることもありますが、この薬は重大な副作用を引き起こすことがあるため、最終手段としてのみ推奨されます。[24]
    広告

ポイント

  • 医療的なフケの治療が効果を表さない場合、 民間療法や台所にあるものを使用した治療を試してみましょう。科学的に証明はされていませんが、成功例もあるようです。頭皮が乾燥したり、痒みや赤みが現れた場合は直ちに使用をやめましょう。
  • 処方薬を使用の際は必ず使用方法に従いましょう。使用の頻度が多すぎたり長期間使用すると、不快な副作用が出ることもあります。

広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

髪に付いたガムを取る

How to

自分でロングヘアを切る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

除光液を使わずにネイルを落とす

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

髪を自然な方法でストレートにする

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

ネイルグルーを落とす

How to

シェラックネイルを落とす

How to

爪を白くする
広告

出典

  1. Domino, F. (n.d.). The 5-minute clinical consult standard 2015 (23rd ed.)
  2. http://www.webmd.com/skin-problems-and-treatments/how-to-dandruff-14/hide
  3. http://youngwomenshealth.org/2013/08/12/dandruff/
  4. http://www.goodshomedesign.com/11-useful-things-you-can-do-with-a-lint-roller/
  5. http://www.aafp.org/afp/2000/0501/p2703.html
  6. Domino, F. (n.d.). The 5-minute clinical consult standard 2015 (23rd ed.)
  7. Domino, F. (n.d.). The 5-minute clinical consult standard 2015 (23rd ed.)
  8. Domino, F. (n.d.). The 5-minute clinical consult standard 2015 (23rd ed.)
  9. Domino, F. (n.d.). The 5-minute clinical consult standard 2015 (23rd ed.)

このwikiHow記事について

Yan Kandkhorov
共著者
ヘアスタイリスト
この記事の共著者 Yan Kandkhorov. ヤン・カンドコロフはニューヨーク市のミートパッキング地区にて「K&S Salon」を経営するヘアスタイリストです。ヘアスタイリストとして20年以上の経験があり、業界における象徴的なトレンドの仕掛け人として知られています。2017年より自身のサロンを運営しており、2019年にはExpertiseよりニューヨーク市における「Best Hair Salons」に選ばれました。現在まで数々の有名人や、Marie Clair USA、Lucy Magazine、Resident Magazineなどの一流ファッション誌とのコラボレーション企画に携わってきました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 234 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告