いつも学校や仕事に行く前に忙しい朝を過ごしていませんか?そんな時は素早く簡単にできるお団子ヘアで時間を節約しましょう。家を出る前にブラシも使わず簡単にでき、かつオシャレに見える時短ヘアを紹介します。

方法 1 の 3:
簡単なお団子の作り方

  1. 1
    髪の毛をポニーテールにまとめる 髪の毛を頭の上に振り上げ、すぐにまた振り戻します。こうすることにより、ゆるっとしたボリュームのあるお団子に仕上がります。髪の毛をポニーテールにして手で掴みます。
    • その前に髪の毛をブラシでとかしても良いでしょう。ただし、最終的にはその髪の毛をお団子に入れ込むので、必ずしもとかす必要はありません。
    • 頭のどの位置でお団子を作っても構いません。高めの位置で緩めのお団子を作るには、髪を指でとかしながら頭の高い位置でポニーテールの形にまとめます。低いお団子を作るには首の下で髪をまとめます。
    • 髪の毛に動きが欲しい場合はシーソルトスプレーやドライシャンプーを使用します。
  2. 2
    髪をねじる ポニーテールの形を作り、そのまま時計回りに髪をねじります。ねじることで髪が巻き込みやすくなります。
    • 反時計回りにねじっても構いません。どちらにねじっても結果は同じなので、やりやすい方向にねじりましょう。
    • 扱いにくい髪質の方や髪の毛が太い方は、お団子を作る前にポニーテールにすることで髪の毛がまとまるため、崩れにくくなります。
    • よりオシャレに見せるため、サイドの髪を少し残して髪をまとめます。お団子の形を作ったらサイドの髪を三つ編みにしてお団子の根元に巻き付けましょう。動きが出てオシャレに見えます。髪型が崩れないよう、三つ編みの端をお団子の中にしっかりと入れ込んでアメピンでとめましょう。
  3. 3
    お団子に髪の毛を巻き込む 完全に髪の毛をねじったら、そのまま髪の毛を頭の方へ持っていきます。ねじった方向と同じ向きに円を描きながら巻き付けてお団子を作っていきます。[1]
    • 髪を真ん中までねじり、残りの半分はそのままにしてお団子を作るという方法もあります。その残りの半分をお団子の周りに広げ、手で形を作っていきます。[2]
  4. 4
    お団子をとめる 片方の手でお団子を持ち、もう片方の手で腕もしくは近くの机等から髪ゴムを取り、お団子をとめましょう。
    • 髪を完璧にとめる必要はありません。この素早く簡単にできるお団子は時間が経つと髪が落ちてくることもあります。気になるようであれば、落ちてきた髪を都度お団子の中に押し込みましょう。
    • 髪ゴムの代わりにアメピンを使用しても良いでしょう。その場合だいたい4~8本のアメピンを用意しましょう。
    • リボンやバレッタやヘアクリップを付けても良いでしょう。ボヘミアン風におくれ毛を残してみましょう。
    広告

方法 2 の 3:
簡単三つ編みお団子の作り方

  1. 1
    髪の毛をポニーテールにまとめる ブラシでからまった髪をとかします。好きな位置でゆるくポニーテールにまとめ、髪ゴムでくくります。
  2. 2
    三つ編みにする ポニーテールにした髪の毛を毛先まで三つ編みにし、髪ゴムでとめます。この場合シンプルな三つ編みが理想的ですがフィッシュボーンでも構いません。[3]
    • 三つ編みをするため、まずは髪の毛を3つに分けます。右の毛束を真ん中の毛束の上に置き、次に真ん中の毛束を右に持っていくと今度はそれが右の毛束になります。左の毛束を真ん中の毛束の上に置き、真ん中の毛束を左に持っていきます。それが今度は左の毛束になります。この流れを繰り返し、毛先まで編みます。
    • 他にも、首元に髪の毛を集めてゴムでとめずにそのまま三つ編みにするという方法もあります。毛先まで編んだら3つの毛束のうち2つだけとめ、残りの1つは残しておきます。
  3. 3
    お団子の形を作る 髪ゴムに沿って三つ編みを丸め、お団子を作ります。毛先の髪の毛と髪ゴムはお団子の中に入れ込んで隠しましょう。[4]
    • 髪ゴムで根元をとめずに三つ編みをした場合は残した毛束を持ち、残りの2束を巻き込みながらゆるいお団子を作ります。[5]
  4. 4
    お団子をとめる 4~8本のアメピンを使用します。ピンの代わりに、ここでも髪ゴムを使用してとめても良いでしょう。
    • 根元をとめずにゆるく三つ編みをした髪の毛は、お団子の中に毛先を入れ込んでアメピンで形を固定します。
    広告

方法 3 の 3:
簡単三連お団子の作り方

  1. 1
    3つの毛束に分ける 首元で髪の毛を平等に3つに分けます。分ける前にブラシで髪をといても構いません。ゆるく仕上げたければ指で軽くといても良いでしょう。
    • シャンプーしたての髪ではあまり上手くいかないこともあります。髪の毛を扱いやすくしたければシーソルトスプレーやドライシャンプーを使用しましょう。
  2. 2
    右の毛束をねじる まず右の毛束から時計回りに毛先までねじり、結び目に巻き付けて小さなお団子を作ります。これをアメピンでとめます。
    • ゆるく粋なスタイリングをしたい際は、3つのうちいくつかの毛束はねじらずそのままにしておきましょう。きっちりし過ぎないお団子を作ることができます。
  3. 3
    他の2つの毛束もねじる 中央の毛束を反時計回りに毛先までねじります。先ほどと同様、結び目に巻き付けて小さなお団子を作ります。左の毛束も同様に反時計回りにねじり、小さいお団子を作ります。[6] これらをアメピンでとめます。
    • サイドにおくれ毛を出すとゆるい仕上がりになります。
  4. 4
    完成 
    広告

ポイント

  • 輪ゴムを使用すると髪の毛がちぎれてしまうので避けましょう。
  • しっかりと形を保ちたい場合はヘアスプレーを少量使用しましょう。
  • ゆるく滑らかに見えるオシャレなお団子を作りましょう。
  • ここで紹介したお団子ヘアはどの位置で作っても構いません。
  • 髪の毛を巻き込んでくくる際にねじることでお団子が作りやすくなります。
  • お団子にスカーフを巻く、ヘッドバンドをつける、カラフルな髪ゴムを使うなど少しのアレンジを加えてみましょう。

広告

必要なもの

  • 髪ゴム
  • ヘアブラシ(任意)
  • アメピン(任意)

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

ペニスを洗う

How to

爪を噛むのをやめる

How to

全身をマッサージする

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

えくぼを自然に作る

How to

デリケートゾーンの匂いを消す
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む43人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,259回アクセスされました。
このページは 2,259 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告