素晴らしい生徒になる方法

この記事には:整理整頓する注意を払う勉強して学ぶ宿題をこなす

素晴らしい生徒になるということは、単に良い成績を取ること以上に多くの利点があります。短期的にみると、より優秀な大学に入学できる可能性が上がり、相当高額な奨学金を受けられる場合も多々あります。大きな視野でみると、学校で学ぶ内容は生涯自分の財産になり、この先、どんな困難に直面しても、それを乗り越える助けとなるでしょう。

パート 1
整理整頓する

  1. 1
    準備する 授業で必要なものを全て忘れずに持っていきましょう。本、ファイル、ペン、鉛筆、宿題、復習シート、蛍光ペン、付箋、しおりなど、必要になりそうなものを持参しましょう。毎晩、全て準備が整っているかを確認しましょう。
  2. 2
    整理整頓する 学校で整理整頓をすることは非常に大切で、成功への道を一足先に踏み出すことになります。まずは各教科専用のファイルを用意しましょう。ファイルを作るということは、数学シートは数学ファイルに、言語技術シートは言語技術ファイルに、科学シートは科学ファイルにというふうに、各教科ごとのファイルに収納するということです。さらに効率を良くするためには、色分けをしたりフォルダーにラベルを貼って、机や鞄にしまいましょう。こうすると、簡単にファイルを見つけることができ、空いた時間を前の日に学んだ内容の復習時間にあてることができるようになります。
    • 全てのファイルにしおりをつけると、自宅にファイルを持ち帰った時に見つけやすくなります。

パート 2
注意を払う

  1. 1
    授業中は集中する 先生が授業をしている最中は、授業内容をノートに書きとめ、理解できない時は挙手をして質問しましょう。意外かもしれませんが、質問をすればするほど頭が良くなります。また、ノートをとることで考えるようになり、学んだことをより深く理解できるようにもなるため、必要性を感じない場合でも授業中にノートをとるようにしましょう。
    • 先生は生徒からの質問を期待しているもので、生徒の積極的な姿勢をもとに印象が決まります。
    • 集中し続けましょう。 先生に視線を向け、耳をすまし、メモをとり続けましょう。
  2. 2
    授業中は気が散らないようにする 周りの人の邪魔をせず、人のことも気にしないようにしましょう。クラスメートが喋っていたり意見を言ったりしていても気にせず、注意散漫にならないようにしましょう。
    • クラスメートから邪魔をされても、きつく当たってはいけません。単に今は先生の話に集中したいこと、休憩時間か昼休みにでも話す時間をとることを伝えましょう。きっと彼らも理解を示し、共感するかもしれません。
  3. 3
    空き時間には ノート を復習する 法学、経済学、工学など、難解な授業を受けている時には、ノートをもう一度書きなおすとよいでしょう。
  4. 4
    問題点を洗い出す時間を確保するか、誰かに問題点を書きだしてもらう 学習した内容を見直すことは、決して無駄ではないことを忘れてはいけません。

パート 3
勉強して学ぶ

  1. 1
    読書時間を増やす あまり本を読む習慣がなければ、自分の能力に合うところから始めて徐々に慣れましょう。まだ経験したことがないかもしれませんが、難しい本を読むことで語彙力が上がり、先生から内容が複雑な教材を読むように言われた時に理解しやすくなります。
  2. 2
    マインドマップ(自分の考えを絵で整理する思考ツール)を作成する マインドマップを使うと、難しい題材を理解したり大規模なプロジェクトでアイデアをブレインストーミング(集団で意見を出し合い、あるテーマに関する多様な意見を抽出する集団発想法)する時に役立ちます。簡易的なマインドマップを作成するには中心に題材を書き、そこから多方向に線を加え、線上に自分のアイデアを書き足します。
    • できるだけ多くのアイデアを出してみましょう。行き詰ったら調査をして情報を収集し、情報が底をつくまでこの手順を繰り返しましょう。
    • マインドマップは、試験やテスト前の復習にも役立ちます。
  3. 3
    建設的な方法で勉強する 勉強することは、あらゆる学校教育の中で重要です。一日に2時間勉強をすると成績は上がりますが、この2時間は密度の濃いものでなければなりません。積極的に勉強するには、スマートフォン、テレビ、大音量またはテンポの速い音楽、お喋りな友人、家族から離れ、静かで集中できる環境を確保しましょう。
  4. 4
    勉強を後回しにしない 日々の習慣を決めておくと非常に効果的です。気が散る原因となるスマートフォン、アイポッド、ノートパソコンなどの電子機器は遠ざけましょう。一日の授業が終わって帰宅後、先生や講師がその日の授業で説明したことを読み返し、習ったことを完全に理解できるように数学の問題なども解いてみましょう。
    • 何らかの理由で、勉強を先延ばしにしているのであれば、家族や友人に自分がきちんと勉強するように見ていてもらいましょう。お喋りな友人に依頼すると勉強から脱線してしまうこともあるので、それは避けましょう。
  5. 5
    勉強中に短い休憩をとる 例えば、2時間ごとに15分の休憩をとります。行き詰った時に、冷静さを失わないようにしましょう。行き詰った時は休憩をとり、気持ちが新たになってから再び集中しましょう。休憩をとると効率が良くなり生産性も上がりますが、長時間の休憩は避けましょう。
  6. 6
    先生が翌日に講義をする章を確認し、登校前に目を通しておく こうすることで先生の授業内容が理解しやすくなり、理解しにくい部分に集中することができるようになります。難解な概念の説明部分にマーカーで印をつけ、疑問に思った点は質問しましょう。
  7. 7
    さらなる努力をする 追加点がもらえる問題や課題に取り組みましょう。テストで98点をとった場合でも、さらに成績を上げることができ、内容をより深く理解することもできます。
    • 自分の勉強が終わったら、先生に追加の課題を出してもらえるようにお願いしてみましょう。必要以上に勉強することが苦手な人も多いですが、とにかくこなしてみましょう。クラスで優秀な生徒になりたければ、自分の勉強に全力を注ぐ必要があります。すぐには効果が表れないかもしれませんが、今現在こなしている勉強は将来必ず自分の糧になります。
    • 次年度の科目教材を確認し、問題点を洗い出してみましょう。こうすることで思考能力を高め、次の学年に進んだ時に有利になるでしょう。ただ、先に進みすぎると基礎がおろそかになってしまうので気をつけましょう。結果的には、基礎は常に深い学習能力において欠かせないものであり、学業の中での最も重要な部分でもあります。
  8. 8
    勉強する 最低でも試験の数日前から勉強を始めるとよいとされています。勉強計画を立て、途中で課外活動などの予定が入った時は、その活動の責任者に参加できない旨、もしくは早退しなければならない旨を伝えましょう。しかしながら、出席せざるを得ない特別な状況もあることでしょう。その際は、勉強は別の日にするしかありません。このような場合に、勉強計画が役立ちます。試験の週計画を立て、空き時間を見つけましょう。時間を賢く使うことを忘れてはいけません。熱心に勉強した結果がやる気につながるように勉強しましょう。
  9. 9
    親や年上の兄弟にノートを見てもらい、テストの3日前に小試験を出題してもらう これは、予備テストのようなものです。試験日の前の晩に 勉強するのは控えましょう。試験当日に集中力が落ちる原因となります。

パート 4
宿題をこなす

  1. 1
    宿題をこなす 先生は、その日の学習内容の復習のために宿題を出します。空き時間を利用し、学校からの帰宅途中や他の空き時間に宿題を進めましょう。できる限り学校で宿題をこなし、不明な点はその場で先生に質問するようにしましょう。宿題は急いで終わらせずにきちんと確認し、できる限り丁寧にこなしましょう。真剣に優秀な生徒になりたければ、全てのことを上手くこなし、不公平なことにも向きあわなければならないことを初めから理解しておく必要があります。宿題をこなすことは、たいした作業ではありません。宿題をすることで良い勉強習慣と心構えが身につくことを覚えておきましょう。常に与えられたことをこなしましょう。
    • 宿題はできる限り期限内に提出しましょう。先生の多くは、提出期限を過ぎると受け取らない、もしくは受け取ったとしても宿題の減点は避けられません。

ポイント

  • もし解決につながるのであれば、先生にわかりきった質問をしたり不明な点を説明することを遠慮してはいけません。
  • きれいな文字は試験の時や普段でも役立ちます。あなたが書いたことを先生が読みやすくなります。
  • バランスの取れた生活をしましょう。学業は非常に大切ですが、友人との交流やその他の優先事項のための時間も作りましょう。勉強中毒になると、優秀な生徒にはなれません。
  • 自分に適していれば、ゲーム形式にして復習しましょう。カードを作成し、一番早く正解を出した人が勝つようなゲームを作成してみましょう。
  • クラスの中で皆に親切にしましょう。先生とクラスメートからの評価が高くなります。
  • クラスメートがわからない科目や章を教えてあげましょう。教えることで、より記憶にとどまります。
  • 読書や外に出るなど、リラックスできることを実践しましょう。
  • 自分の学習法(視覚型、聴覚型、実践型など)を把握し、オンラインで自分の学習法に適した学習習慣を見つけましょう。
  • 集中できる時間帯には個人差があります。自分がより集中できる時間帯を見つけ、時折休憩をとったりして記憶をよみがえらせましょう。
  • 眠りにつく10分前は、勉強した内容を忘れてしまいがちです。勉強後、寝る直前は何か別のことをしましょう。
  • フラッシュカードを作ると、非常に役立ちます。
  • 先生に対して不満がある時は、取り乱したり先生の悪口を広めてはいけません。先生と個人的な場で丁寧に話しましょう。
  • 楽器を弾く、歌うなど、音楽的才能がある場合は、毎日短時間でも音楽に触れましょう。技術や才能が向上するだけでなく、宿題、学校の課題、作文などにも集中できるようになります。

注意事項

  • 成績を把握しておきましょう。学校のオンライン成績表がある場合は、頻繁に確認しましょう。そうすることで、成績の進捗状況の報告書をもらった時に驚くことがなくなり、提出物を忘れていたり、改善すべきことがあったり、先生が成績を誤って記載した時に確認することができます。
  • 悪い点をとってしまっても動揺してはいけません。誰もが時には悪い点数をとるものです。常にハイレベルの生徒でも、全てにおいて成績が良いとは限りません。成績が全てではありません。次回はさらに努力すればよいのです。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む280人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 学び・コミュニケーション

他言語版:

English: Become an Excellent Student, Italiano: Diventare uno Studente Eccellente, Español: ser un estudiante excelente, Deutsch: Ein guter Schüler werden, Português: Se Tornar um Estudante Excelente, Français: devenir un excellent élève, Русский: стать лучшим учеником, Bahasa Indonesia: Menjadi Siswa Berprestasi, Tiếng Việt: Trở thành sinh viên xuất sắc, العربية: أن تكون طالبا مثاليا, Nederlands: Een uitstekende student worden, ไทย: เป็นนักเรียนดีเด่น, 中文: 成为一名优秀的学生, 한국어: 훌륭한 학생이 되는 법, हिन्दी: एक्सीलेंट (excellent) छात्र बनें

このページは 236 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?