紫シャンプーを使う方法

共同執筆者 Ashley Adams

水、漂白剤や塩素といった薬品によって髪は傷み、明るかった髪色は黄みがかった安っぽいような見た目に変わってしまいます。天然のブロンドヘアの人も、ヘアカラーで髪を明るくした人も、最近白髪になった人も、紫シャンプーを用いると自然な見た目や染めた時のような色味が戻ります。使用する頻度は、最低月1回から最大週2回まで個人差は生じるものの、あまり頻繁に用いてしまうと、髪が紫になってしまうので注意が必要です。気をつけながら用いていれば、自然な色を保ち、ダメージを補修することができるでしょう。

パート 1 の 3:
製品を選ぶ

  1. 1
    濃厚な色と質感の製品を見つける 良質の紫シャンプーは透明ではありません。可能であれば製品を少量手に出し、色合いを確認してから購入しましょう。[1]
    • Paul Mitchell社製の「Platinum Blonde」といった製品が安心して使うことができます。ネットショッピングで購入可能です。
    • 紫シャンプーはオンラインショップや美容品を取り扱っている専門店、あるいはヘアケア用品の販売も行っているヘアサロン等で購入することができます。サロンで購入する場合は、事前に在庫があるか確認をした方が良いでしょう。
  2. 2
    白髪、銀髪、あるいはプラチナブロンドの髪には、より濃い色の製品を用いる プラチナブロンド、白髪、あるいは明るいブロンドの髪には、むしろ藍色や青に近い、紫がより濃い製品が適しています。こうした色素の薄い髪には明るめの紫やスミレ色寄りのシャンプーでなく暗く深みのある紫シャンプーを合わせましょう。[2]
  3. 3
    通常のブロンドヘアには明るめの紫シャンプーを用いる 黄色がかったブロンドヘアを修復する際は、紫色の成分が比較的少ない製品を用いましょう。明るめの紫シャンプーを用いることで過度な着色を防ぐことが大切です。
    • 紫が薄くなるほど、黄みがかった変色を吸収しなくなります。この特徴を理解したうえで、紫の色味を選びましょう。
  4. 4
    色の暗い髪には紫シャンプーを使用しない 紫シャンプーは変色して黄みがかったブロンドや銀髪を、より明るく中和された色に補正するために用いるのが最適です。つまり、褐色がかった髪や黒髪には、あまり効果がありません。色の暗い髪は他の方法で対処しましょう。
    広告

パート 2 の 3:
紫シャンプーを髪につける

  1. 1
    ぬるま湯で髪を濡らす 髪を全体的に濡らしましょう。ぬるま湯には髪を落ち着かせ癒す効果があります。また、ある程度の温かさによって毛幹が開きやすくなり、紫シャンプーの吸収が高まります。[3]
  2. 2
    シャンプーをつける 紫シャンプーを髪の根元から毛先まで、すりこんでいきましょう。優しくマッサージするように全体に泡を伸ばしていきます。変色が気になっていた部分は特に入念に行いましょう。[4]
    • ハイライトを入れた髪に紫シャンプーを用いる時は、カラーリングによって色が明るくなった部分にのみシャンプーをつけましょう。暗い髪につけても紫シャンプーは効果がありません。
    • 今後のダメージを防ぐために、髪の根元部分に優先的につけていきましょう。
  3. 3
    天然のブロンドヘアの場合は2~3分そのまま待機する 暖色系の天然のブロンドヘアで、黄みがかった変色が生じているという場合は、シャンプーをつけた状態で2~3分置きましょう。その後、冷水で洗い流します。[5]
    • 根元は毛先よりもシャンプーの吸収に時間を要します。根元からつけていく必要があるのはこのためです。毛先は根元よりも多孔質なので、容易に色が入ります。
    • 塗ってから待機する時間は製品によって異なることもあります。最大5分間置く必要のあるシャンプーもあります。
  4. 4
    変色が激しい髪、カラーリングされた髪の場合はシャンプーをつけた状態で15分置く 著しく変色していたり、最近カラーリング剤を用いてブロンドにした場合は、シャンプーをつけた状態で5~15分置きましょう。色がしっかりと吸収されるまで、さらに時間を要することもあります。最後に冷水で洗い流しましょう。[6]
    • 初めて紫シャンプーを使う人は5~10分置いてから洗い流しましょう。シャンプーを使用しても使用前との違いがあまり見られない場合は、次回同じ処理を行う際に10~15分置いてみましょう。
    • 15分以上放置すると、薄紫の色味がそのまま残ってしまいます。これは白髪や銀髪には合うかもしれませんが、天然のブロンドヘアの場合は色が台無しになります。[7]
  5. 5
    白髪、銀髪、プラチナブロンドの場合はシャンプーをつけて30分置く 髪色が暗い人は色の抜け落ちが心配になるかもしれませんが、白髪、銀髪、そしてプラチナブロンドの人は、シャンプーをより長い時間つけたままにしておくことで紫シャンプーの使用効果が高まります。変色具合に応じて最大1時間、シャンプーをつけたまま待機しましょう。[8]
    • 暗めのブロンドヘアとは違い、プラチナブロンドや銀髪は暖色系の色味を完全に取り除くことが大切です。
    • 長時間シャンプーを髪につけたままにするのであれば、シャワーキャップを着用すると便利でしょう。
  6. 6
    シャンプーを洗い流したあとはコンディショナーを用いる 仕上げとしてコンディショナーで髪に潤いを与えましょう。紫シャンプーと同様に紫コンディショナーを用いると、色味が強まります。
    • 紫シャンプーに紫コンディショナーを合わせることで、アッシュ系の色合いに仕上がる可能性もあります。このような、くすんだ色に仕上げたい時にのみ用いましょう。
    広告

パート 3 の 3:
紫シャンプーで髪色を維持する

  1. 1
    週に1回、または変色が見られたら紫シャンプーを用いる 紫シャンプーと通常のシャンプーを交互に使うことで色合いを均一に維持しましょう。元々の髪色が暖色系のブロンドで、黄みがかった変色に気がついた時は、シャンプーのみを使った方が良いかもしれません。髪の状態を観察し、どのようなスケジュールでケアをするかを決めましょう。[9]
    • 1か月続けても改善が見られない場合は、紫シャンプーを使用する頻度を週2~3回に高めてみましょう。[10]
  2. 2
    効き目が強すぎる場合は希釈する 紫シャンプーを用いると必ず髪が染まるというわけではありませんが、成分が強いものを用いると、洗い流した後の髪に多少色が残ることもあります。そこで、紫シャンプーと水を2:1で混ぜ合わせて希釈したものを容器に保管しましょう。[11]
    • 必要に応じてさらに希釈しましょう。
    • 希釈して用いる方法は、元の髪色に暖色が含まれていて、色を少し手直しをする程度で充分という人に適しています。
  3. 3
    乾いた髪に紫シャンプーをつけて、より光沢感を出す 入浴中にシャンプーをする代わりに、乾いた髪に紫シャンプーをすりこんでみましょう。そして、10~15分置き冷水で洗い流します。このように髪を濡らす前にシャンプーをつけると、より光沢感のある仕上がりになるだけでなく、しつこい変色にも効果的です。[12]
    • 変色が激しく、通常の方法で紫シャンプーを用いてもあまり効果が見られなかった時、この方法を試してみましょう。
  4. 4
    月に2~3回は髪を深部までケアする 紫シャンプーを用いると、徐々に髪が乾いていきます。強く健康な髪を維持するためにも、月に何度かは紫シャンプーを使用した後や乾燥が気になり始めた時に髪を深部までケアしましょう。[13]
    • 髪が縮れやすい、静電気で逆立ちやすい、枝毛が気になる、切れ毛になりやすい、あるいはカラーリングが落ちてきている、といった場合は乾燥しているのかもしれません。[14]
    広告

ポイント

  • 紫シャンプーは根気よく使い続けましょう。1回目の使用で、ある程度の効果が見られることもありますが、着実な改善が見られるまで複数回使用する必要があることのほうが一般的です。

広告

注意事項

  • 紫シャンプーは染毛剤ではないので、使用しても髪がブロンドになることはありません。髪のダメージを補修して、変色する前の色に戻すのみです。
広告

このwikiHow記事について

認定美容師
この記事はAshley Adamsが共著しています。 アシュリー・アダムスは2016年に美容専門学校、「John Amico School of Hair Design」を卒業しています。認定資格を取得した後、イリノイ州にて美容師、そしてヘアスタイリストとして働いています。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 556 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告