PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

大腸がんの一種である結腸がんは、米国ではがんによる死亡原因の第2位を占めています。結腸がんは性別、人種、エスニック集団に関係なく発症し、罹患者の9割以上が50歳を超えています。早期結腸がんは症状がほとんど出ないため、この記事で症状の特徴と早期がんでの発見方法について知識を深め、結腸がんの早期発見につなげましょう。

パート 1
パート 1 の 2:
結腸がんの症状を特定する

  1. 1
    便に血液が混じるかチェックする 痔核や切れ痔が原因ではなさそうでも、直腸から出血が持続的に続く場合は、医療機関を受診し検査を受けましょう。トイレットペーパーに少量付着した場合も、医師に相談することが重要です。[1] 血便は結腸がんの代表的な症状になります。
    • 血液が混じると便が真っ赤あるいは通常よりも暗色に見え、最終的には黒色まで変色します。血液が視認できなくても、安全のため医師に相談しましょう。
    • 血便は不快な臭気も発生させます。便に異常な臭気を認めたら、早急に医師に相談しましょう。
  2. 2
    排便習慣の変化に気が付く 断続的な下痢や便秘が生じたら、検査を受けるべきでしょう。暗赤色の便は結腸がんの赤信号です。また、長くて鉛筆状の細い便、残便感も結腸がんの症状として報告されています。[2]
    • 排便パターンの異変に注意を払いましょう。もし、直腸けいれん、排便間隔の変化、異常に細い便、便の形状の変化など、排便習慣の異常を感じた場合は、医療機関を受診しましょう。症状が消え、通常の便に戻っても、がんが「消失」したとは限りません。結腸内の他部へ転移した可能性もあります。
    • 上記症状が認められても、結腸がんとは限りません。過敏性腸症候群(IBS)をはじめほかの疾患患者でも同様の症状を呈します。
  3. 3
    腹痛や腹部膨満感を認める 排便習慣の異常に伴い出現します。腹部に原因不明の痛みや膨満感を認めたら、医師を受診しましょう。[3]
    • 骨盤痛も結腸がん患者に生じることがあります。
    • 前述の通り、これらの症状も多くの病気で起こるため、必ずしも結腸がんを指摘するものではありません。ただし、念のために検査は受けた方がいいでしょう。
  4. 4
    食欲の変化に気が付く 結腸がんに罹患すると、食欲不振や原因不明の体重減少を伴う場合があります。食事を食べたくない、以前のように食べられないという症状がでたら、結腸がんが原因かもしれません。体重の変化に気をつけ、理由もなく体重が減り続ける場合は、特に注意が必要になります。
  5. 5
    異常な疲労感を自覚する 結腸がんを含め、多くのがんの症状として疲労感が現れます。極度の疲労感や脱力感を感じ、結腸がんの他徴候が認められる場合は、早急に医療機関を受診しましょう。[4]
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
結腸がんを早期発見する

  1. 1
    結腸がん発症のリスクがあるかを知る 結腸がん罹患者の大多数が50歳以上であることから、加齢が最大のリスク因子と考えられます。しかし、年齢以外にも関与する危険因子がいくつかあります。[5]
    • 黒人であること。黒人は、ほかの人種よりも罹患リスクが非常に高くなります。
    • 結腸がんやポリープの既往歴
    • 家族性大腸腺腫症ポリープ症や遺伝性非ポリポーシス大腸がん(リンチ症候群)といった遺伝性結腸がん症候群
    • 身体活動量の少ない生活スタイル。運動量の増加がリスクの減少につながります。
    • 低繊維と高脂肪の食生活。脂肪や肉類の摂取を控え、果物や野菜の摂取量を増やした食生活に改善することで、リスク減少に効果的です。
    • 糖尿病や肥満は発症リスクを増大させます。
    • 喫煙と飲酒は発症リスクを増大させます。
  2. 2
    定期的にスクリーニング検査を受ける 大腸がんの95%以上は、腺がんのポリープから発生しており、粘液腺を構成している細胞内に最初に発現します。粘液は結腸や直腸の潤滑油としての機能を有します。また、結腸がん患者の5%が、カルチノイド腫瘍、消化管間質腫瘍、リンパ腫も発症しています。結腸がんの予防には、50歳から定期的にスクリーニングを利用して、がん性あるいは前がん性の腫瘍の有無を調べることが有効でしょう。医師は以下の検査方法を用いて、結腸がんを検出します。[6]
    • 便潜血検査(FOBT):便中の潜血を検出します。
    • S状結腸鏡検査:S状結腸鏡と呼ばれるライトを備えた機器を使用して、直腸と結腸下部内のポリープや腫瘍を調べます。
    • 結腸内視鏡検査:結腸内視鏡を使用し結腸全体を観察して、がん性あるいは前がん性の腫瘍を検出します。腫瘍が認められたら、切除して生検します。
    • CTコロノグラフィーあるいはバリウム注腸二重撮像法(DCBE):造影検査の一種であり、結腸内のポリープや腫瘍を検出します。
    広告

ポイント

  • 50歳から結腸がんスクリーニングを定期的に受けることで、大腸がんによる死亡率が減少すると科学的に証明されています。自分に合った検査法について医師と相談しましょう。
  • 大腸がんの大半が、結腸あるいは直腸の内部に形成されたポリープ(異常な腫瘍)から発生します。これらの腫瘍が長い時間をかけてがん化します。
広告

このwikiHow記事について

Joshua Ellenhorn, MD
共著者 ::
認定一般・腫瘍外科医
この記事の共著者 : Joshua Ellenhorn, MD. ジョシュア・エレンホーン医師は外科腫瘍学、低侵襲手術、ロボット外科手術の分野で高度な技術と豊富な経験を持つ認定外科医です。 カリフォルニア州ロサンゼルスにあるシダーズ サイナイ医療センター内に個人クリニックを開業。胆のう手術とヘルニア修復術、そして大腸がん、皮膚がん及び黒色腫、胃がん、膵臓がんの外科治療を行っています。現在まで60人以上の腫瘍外科医師の教育にあたり、教授、そして一般・腫瘍外科手術医局の主任として18年以上にわたりシティー・オブ・ホープ国立医療センターにも勤務。外科手術、がん研究、外科教育における第一人者として全国的に認められています。ボストン大学医学大学院にて医学博士号を取得後、シカゴ大学とスローン・ケタリング記念がんセンターにてフェロー課程を修了。その後シンシナティ大学にて外科学の臨床研修を修了しました。 この記事は1,109回アクセスされました。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 1,109 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告