絵の具を混ぜて茶色を作る方法

この記事には:色相環を使って茶色を作るパントンガイドを使って茶色を作る

茶色。たったの一言ですが、明るい茶、暗い茶、暖色の茶、寒色の茶、赤みがかった茶、緑っぽい茶、青っぽい茶など、多様な色を指します。小学校で「赤と緑を混ぜると茶色になる」と習った人もいるでしょう。それは本当ですが、茶色を作ることができる他の色の組み合わせもたくさんあります。複数の色を混ぜ合わせて茶色を作るのは簡単ですが、思い通りのニュアンスの茶色を作るには巧妙な作業が必要です。この記事を読んで、絵の具を混ぜて茶色を作る方法を学びましょう。

1
色相環を使って茶色を作る

  1. 1
    色相環を使ってみましょう。色相環とは、異なる色が虹色の順に並べられた円盤です。原色、等和色、第三色が表示されています。原色は、赤色、青色、黄色を指します。等和色は、橙色、緑色、紫色を指します。色相環上で原色と等和色の間にある色が、第三色です。[1]
  2. 2
    原色を混ぜ合わせましょう。茶色を作る最も基本的で第一の方法は、すべての原色を混ぜ合わせることです。泥のような好みの色になるまで、パレットナイフで青色、黄色、赤色を混ぜましょう。混ぜるすべての色の量を同じにする必要はありません。使う色の量を変えて、茶色の絵の具の微妙な色合いを出しましょう。[2]
  3. 3
    補色同士を混ぜ合わせましょう。色相環の対極にある2色同士が補色の関係にあります。青色と橙色、赤色と緑色、黄色と紫色が補色同士です。それぞれの補色のペアは、他のペアとはわずかに異なるニュアンスの茶色になります。[3]
  4. 4
    茶色い絵の具の明るさまたは暗さを変えましょう。黒色または白色を加え、絵の具を暗くしたり明るくしたりすることができます。茶色を作るときに使った色の中で暗いものを混ぜてもよいですが、暗くなるだけでなく色味もわずかに変わってしまいます。とても明るい茶色にしたいなら、たっぷりの非常に明るい色に、作った茶色を少量混ぜるとよいでしょう。暗い色に明るい色を加えるよりも、明るい色に暗い色を加える方が簡単です。[4]
  5. 5
    彩度を調整しましょう。茶色を作ったときに使用した絵の具を加えると、彩度を上げることができます。濁りを加えたい場合は、明るすぎや暗すぎでない灰色の絵の具を混ぜましょう。[5]
  6. 6
    色調を変えましょう。青色と橙色を混ぜて茶色を作った場合、他の色を少し加えて色調を変えることができます。例えば、赤色を加えるとより暖かい茶色になります。紫色か緑色を加えると、暗くて濃い茶色になります。初めに補色のペアを使って作った茶色は、好みで他の色を加えて変えていくことができます。より微妙な色の変化を出すには、第三色を混ぜましょう。[6]

2
パントンガイドを使って茶色を作る

  1. 1
    パントンフォーミュラガイドを入手します。主に印刷業界で使用されているものですが、パントンを使えば、自分が探しているものと全く同じ茶色の色見本を見つけることができるでしょう。新品または中古のガイドはオンラインで購入できます。[7]
    • ただし、パントンではRGYではなくCMYKを使って色を表します。CMYKとは、シアン、マゼンタ、黄色、黒色の頭文字です。印刷される紙面がたいてい白色なので、白色は含まれていません。そのため、ある程度自分で解釈する必要があります。
  2. 2
    自分の希望する茶色を見つけましょう。膨大な数のカードをめくっていく必要がありますが、忍耐強く続けましょう。またPhotoshopなど、さまざまな形式でパントンの色が採用されている他のアプリを活かすことも可能です。
    • 作りたい色に含まれるシアン、マゼンタ、黄色、黒色の正確なパーセンテージを調べ、それに従って色を混ぜ合わせます。この例は、C:33%、 M:51%、 Y:50%のパーセンテージになっています。
    • マゼンタ、黄色、シアンはとても正確な原色ですが、現在の絵の具調合の標準ではありません。
  3. 3
    作りたい色になるように絵の具を混ぜましょう。パントンガイドに載っている割合の通りに絵の具を混ぜ、希望のニュアンスの茶色を作ります。通常パントンガイドは印刷物のインク調合のために使われますが、マゼンタ、シアン、黒色、黄色の絵の具を混ぜて、完璧な色調の茶色を作ることができます。[8]

ポイント

  • 通常の茶色の絵の具でも、他の色合いの絵の具を混ぜて希望の色調の茶色を作ることができます。
  • 正確なパーセンテージを計算しない限り、新しく絵の具を混ぜて全く同じ色調の茶色を再現することはほとんど不可能です。茶色をたくさん使う予定なら、製作途中で無くならないようにたっぷりの絵の具を混ぜるようにしましょう。
  • 絵の具を混ぜ合わせる前に、筆がきれいかどうか確認しましょう。思わぬ色が混ざるとブレンドがだめになってしまうことがあります。
  • 黒色は必要なときだけ混ぜるようにしましょう。希望の色になるまで、少しずつ加えましょう。
  • より明るいニュアンスを出したいときは少量の白色、より暗いニュアンスを出したいときは少量の黒色を混ぜましょう。

記事の情報

カテゴリ: 絵画・描画

他言語版:

English: Mix Paint Colors to Make Brown, Español: mezclar pinturas para hacer el color café, Deutsch: Farben zu Brauntönen mischen, Português: Misturar Cores de Tinta para Obter a Cor Marrom, Nederlands: Verf mengen om de kleur bruin te krijgen, Français: mélanger des couleurs pour obtenir du brun, Italiano: Mescolare i Colori per Ottenere il Marrone, 中文: 调制褐色, Bahasa Indonesia: Mencampur Warna‐Warna Cat untuk Membuat Warna Cokelat, ไทย: ผสมสีให้ได้สีน้ำตาลเฉดต่าง ๆ, العربية: مزج ألوان الطلاء لإنتاج اللون البني, Čeština: Jak namíchat hnědou barvu, Русский: смешивать краски, чтобы получился коричневый цвет, Tiếng Việt: Pha màu nâu bằng nhiều màu sơn khác, 한국어: 페인트 색을 섞어서 갈색을 만드는 방법

このページは 51 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?