肌は毎日、雑菌や汚れ、過酷な天候などのすべてから体の内部を守るという大変な役割を担っています。そのため、肌荒れや炎症が時々起こっても不思議ではありません。肌をできるだけきれいでスベスベに保つためには、定期的にスキンケアを行い、基本的な方法で肌をダメージから守る必要があります。ニキビができやすい場合は、医師や皮膚科医に相談しましょう。

方法 1 の 4:
顔のスキンケア習慣

  1. 1
    自分の肌質に対応した穏やかな洗顔料を選びましょう。肌には、脂性肌から乾燥肌まで様々なタイプの肌質があります。やさしく愛情のこもったスキンケアを行うために、洗顔料を選ぶ際は自分の肌質に合った製品を選びましょう。洗顔料の容器に、脂性肌用、乾燥肌用、混合肌用、すべての肌用などと記載されています。[1]
    • たとえば、デリケートな乾燥肌には、無香料、無着色で保湿作用がある洗顔料を選びましょう。アルコールや収れん剤など肌を乾燥させる成分を含む洗顔料や肌にきつい洗顔料は避けましょう。
    • 脂性肌には、肌の汚れと脂を取り除くように作られた穏やかな石鹸ベースの洗顔料が適しています。
    • ニキビができやすい肌には、ニキビに効果があるサリチル酸や過酸化ベンゾイルなどを含む洗顔料を選びましょう。[2]
  2. 2
    1日2回顔を洗いましょう毎日様々な汚いものが肌の表面に蓄積し、毛穴が詰まって炎症を引き起こします。朝と晩に顔を洗ってきれいに整え、肌を健康的に保ちましょう。一日を通して肌に付着した汚れや雑菌、その他の汚染物質、化粧品、スキンケア製品を取り除くために、夜の洗顔が特に重要です。[3]
    • 汗が肌を刺激して毛穴の詰まりを引き起こす可能性があるので、汗をかいた後も顔を洗いましょう。
    • 汗をかいたり顔がひどく汚れたりした場合を除き、洗顔は1日2回までに抑えましょう。顔を洗いすぎると逆に肌を刺激してしまいます。
    • 肌の乾燥と肌への刺激を避けるために、洗顔料を指で顔に広げて水やぬるま湯で顔を洗いましょう。タオルで顔をこするのではなく、軽く叩くようにして水分を落とします。
  3. 3
    顔を洗ったら保湿しましょう。洗顔後は顔が乾燥します。洗顔後肌がまだ湿っている間に、肌にやさしい保湿剤を必ず塗りましょう。保湿すると肌がしっとりと輝き、小じわが目立たなくなって肌荒れやニキビを防げます。メイクの前にも保湿しましょう。着色料や香料、アルコール、その他肌を刺激する成分を含まない保湿剤を選びます。[4]
    • 「ノンコメドジェニック」や「毛穴を詰まらせない」と書いてある製品を探しましょう。
    • 日光は肌にダメージを与え、肌の早期老化を引き起こす可能性があります。日中に外出する場合は、SPF(サンプロテクションファクター)30以上の保湿剤を塗りましょう。
  4. 4
    週に数回角質を除去して、ムラのないスベスベな肌に整えましょう。時々角質を除去すると肌のムラがなくなり、ザラつきやシミが減ります。ただし、あまりにも頻繁な角質除去は肌への刺激になるので、ほどほどに抑えましょう。まずは週に2~3回肌にやさしい角質ケア製品を使ってみて、肌の乾燥や肌荒れ、ニキビの発生があれば頻度を減らしましょう。[5]
    • ニキビの治療薬を使っている場合は、角質ケア製品を使う前に医師に相談しましょう。ニキビの治療中は、症状を悪化させないように肌を刺激しないことが大切です。
    • スクラブ剤などでこすって物理的に角質を取り除くよりも、化学成分を使ったほうが肌にやさしいので、皮膚科医の多くは化学成分配合の角質ケア製品を勧めています。乾燥肌には、乳酸ピーリングを試してみましょう。脂性肌やニキビができやすい肌には、サリチル酸ピーリングが効くかもしれません。[7]
    • ぬるま湯で濡らしたタオルを使い、顔を軽くこすって角質を穏やかに取り除く方法もあります。目の周りやデリケートな部分を避け、円を描くように軽くこすります。肌を刺激してしまうので、ごしごしこすったり強く押したりするのはやめましょう。

    ポイント:ニキビの痕や肌の変色が気になる場合は、専門家によるマイクロダーマブレーションやマイクロブレーディング、強力な薬剤を使ったケミカルピーリングなどの施術が効果的かもしれません。いずれかの方法で症状が改善するか皮膚科医に相談しましょう。[6]

    広告

方法 2 の 4:
家庭でニキビに対処する

  1. 1
    肌にかかる圧力を減らして、炎症やニキビの発生を最小限に抑えます。肌にかかる圧力(特に顔を圧迫する場合)は、ニキビの発生につながる可能性があります。ヘッドフォンや携帯電話、帽子による圧力でニキビができることもあります。首回りがきついシャツを着ると、首にニキビができるかもしれません。同じように、リュックで背中が圧迫されると背中にニキビができます。ニキビができやすい場所をこすったり刺激したりする服やアイテムをできる限り避けましょう。[8]
    • 例えば、携帯電話を顔にあてるのではなく、スピーカー機能を使って通話しましょう。大きなヘッドホンを使う代わりにイヤホンを使えば、顔と耳の周りへの圧力や刺激を減らせます。
    • 首にニキビができやすい場合は、首がこすれないように風通しの良いゆったりとした襟のシャツを着ましょう。
    • リュックを背負うと背中にニキビができやすくなるので、手で持つカバンを使うか時々は荷物を腕で抱えましょう。
  2. 2
    汚れや雑菌を顔につけないために、顔を触らないように注意します。顔を触らないでいるのはとても難しいのですが、残念ながら顔を触ると手に付いていた雑菌が顔にうつり、その雑菌が毛穴に入り込んで肌荒れやニキビの原因になります。[9]手でつい顔を触ってしまう人は、常に気を付けておきましょう。顔を触りたくなったらストレスボールを握るか手をポケットに入れるなど、手を使う別のことしましょう。[10]
    • ほとんどの人にとってまったく顔を触らないというのは不可能なので、二番目に効果的な手段として、石けんと水で頻繁に手を洗いましょう。手がきれいなら、顔を触っても雑菌が付く心配はありません。
  3. 3
    肌にやさしいボディソープや石けんを使って、ニキビができた場所を1日2回洗いましょう。1日2回洗顔をするのはとても良いことですが、顔以外の場所でもニキビができたらきれいに洗うことが大切です。手と水と肌にやさしいボディーソープだけで洗います。頭皮や髪の生え際にニキビができた場合は、髪を毎日洗いましょう。[11]
    • アルコールや香料などの肌を乾燥させる成分もしくは刺激が強い成分を含むスクラブ剤やボディソープ、石けんを使うのはやめましょう。
    • ニキビを乾燥させるために収れん(脂を分解する)作用があるスキンケア製品を使ったり顔をスクラブ剤でこすったりしようと考えるかもしれませんが、肌を刺激したり乾燥させたりするとニキビが悪化します。[12]
  4. 4
    オイルフリーのスキンケア製品を使用して、毛穴の詰まりを防ぎます。ニキビは詰まった毛穴にできるので、顔をべたつかせる油っぽいローションやクリームには注意しましょう。ローションなどを選ぶ際は「ノンコメドジェニック」や「毛穴を詰まらせない」「オイルフリー」「水性」などと書いてある製品を探しましょう。このような製品を使えば、毛穴が詰まる心配がありません。メイクをする場合もノンコメドジェニックやオイルフリーの化粧品を使いましょう。[13]
    • 毛穴を詰まらせないように作られた化粧品を使っても、長時間肌に塗ったままにするとニキビができる可能性があります。メイクをしたら寝る前に必ず落としましょう。
  5. 5
    サリチル酸が配合された製品で毛穴の詰まりを最小限に抑えます。サリチル酸は市販のニキビ治療薬に配合されており、塗り薬や洗顔料の形で販売されています。まずはサリチル酸の濃度が0.5% のもの選び、効き目がなければ濃度の高いものに変えましょう。塗り薬を使う場合は、1日1回ニキビができた個所に塗ってやさしくすり込みます。洗顔料を使う場合は泡立てて、指でニキビの上に広げましょう。洗い終わったらしっかりとすすぎます。[14]
    • サリチル酸は、目の周りや口、鼻の中など肌のデリケートな部分の刺激になる恐れがあります。サリチル酸配合の製品を使う際は、このような部分に付けないように気を付けましょう。
  6. 6
    過酸化ベンゾイルで殺菌し、死んだ皮膚細胞を取り除きます。過酸化ベンゾイルは皮膚表面と毛穴の中の細菌を退治するのでニキビに効果があります。さらに、毛穴を詰まらせる原因になる皮脂や死んだ皮膚細胞を取り除く作用もあります。まずは濃度2.5%のものを使いましょう。過酸化ベンゾイルは処方薬に配合されています。[15]
    • 過酸化ベンゾイルは肌の炎症を引き起こす可能性があるので、肌の小さな部分1~2か所で3日間試して反応を確認しましょう。深刻な問題がなければ、より広い範囲に塗ってもかまいません。[16]
  7. 7
    肌の炎症にはアルファヒドロキシ酸を使いましょう。アルファヒドロキシ酸には、毛穴の詰まりやニキビの原因になる死んだ皮膚細胞を取り除く作用があります。また、肌の炎症を抑え、肌の再生を促します。何種類かを組み合わせて使うと肌がスベスベになるでしょう。一般的なアルファヒドロキシ酸として乳酸やグリコール酸を探しましょう。[17]
    • 自然療法を好む場合は乳酸が適しています。はっ酵乳から作られる穏やかな酸です。
    • 特に高濃度のアルファヒドロキシ酸を使用して、腫れや灼熱感、かゆみなどの副作用が出た人もいます。アルファヒドロキシ酸を使うと日光に敏感になるので、色素沈着過剰(肌の変色や黒ずみ)が起こる可能性もあります。この薬が肌にどんな影響を与えるのかを見極めるまでは、低濃度のものを慎重に使いましょう。[18]
  8. 8
    傷痕を作らないためにも、ニキビを潰したり押し出したりするのは控えましょう。ニキビを見つけたらどうしても潰したくなり、誰かが潰したほうが良いと言ったのを聞いたことさえあるかもしれません。それでも、ニキビは潰さずに放っておいたほうが賢明です。ニキビを潰すと痕が残ってしまうかもしれません。また、潰したときに菌が顔じゅうに広がり、ニキビが増えたり肌が荒れたりする心配もあります。[19]
    • 大きなニキビができて早くそれを取り除きたければ、医師に相談しましょう。医師は、ニキビの内容物をやさしく排出したり、ステロイドを注射してニキビを収縮させたりする治療を行うことができます。[20]
  9. 9
    化学物質を使うと肌が刺激されてしまう場合は、自然療法を試しましょう。はちみつやティーツリーオイルなど天然成分の多くには抗菌作用があるので、軽度のニキビに効果的です。[21] 服用している薬と相互作用を起こす場合もあるので、自然療法を試す前に医師に相談するほうが賢明です。次の自然療法について医師に相談しましょう。[22]
    • ティーツリーオイル5%配合のジェル。このエッセンシャルオイルには、ニキビに効果的な抗炎症成分と抗菌成分が含まれています。[23] 肌が荒れる人もいるので、顔に使う前に膝の後ろなどの目立たない部分で試しましょう。
    • ウシ軟骨5%配合のクリーム
    • 緑茶エキス2%配合のローション
    • アゼライン酸20%配合の製品。アゼライン酸は、全粒穀物や一部の畜産物にもともと含まれる成分です。
    • 亜鉛を含むクリームやローション
    • 醸造用酵母。ニキビを抑えるために経口サプリメントとして摂ることができます。
    広告

方法 3 の 4:
医療機関でニキビの治療を受ける

  1. 1
    塗り薬の処方について皮膚科で相談しましょう。市販の薬や家庭療法で期待通りの結果が出なくても心配はいりません。医師や皮膚科医は、効き目がより強力な薬を処方することができます。皮膚科を受診して、ニキビに直接塗るクリームやローション、ジェルなどの薬を処方してもらいましょう。[24]
    • 医師がレチノイドクリームを処方する場合もあります。レチノイドはビタミンAの一種で、毛穴や毛包 の詰まりを防ぐことでニキビに作用します。医師の指示に従って初めは週3回塗布し、反応を見ながら最終的に1日1回塗布するように段階を踏む必要があるかもしれません。
    • その他の処方塗布薬として、過酸化ベンゾイルやサリチル酸を含む抗生物質クリーム、アゼライン酸、ダプソン5%ジェル(抗炎症作用もある抗生物質)などがあります。
  2. 2
    重症なニキビに悩んでいる場合は、経口薬の処方について医師に相談しましょう。経口薬は口から服用する薬なので、皮膚に直接作用するのではなく全身を通して体系的に作用します。薬の処方を受ける前に現在服用しているすべての薬と自分の健康状態を医師に伝えましょう。こうすると医師が安全な薬を選ぶことができます。[25]
    • 一般的に処方される薬は、抗生物質(通常、過酸化ベンゾイルやレチノイドなどの塗り薬と併用)もしくは、避妊用ピルやスピロノラクトンといったホルモンバランスを整える薬です。
    • ニキビに最も効果がある薬の一つはイソトレチノインですが、効き目が非常に高いものの、潰瘍性大腸炎や重度のうつ病などの深刻な副作用を引き起こす恐れがあります。この薬の危険性と効果について医師に相談しましょう。胎児に先天性欠損症が起こる可能性があるので、妊娠中や妊娠の可能性がある場合には、絶対にイソトレチノインを使ってはいけません。
  3. 3
    肌のムラをなくすためにケミカルピーリングを検討しましょう。皮膚科やエステでは、ケミカルピーリングで特定のニキビに対処します。頭部が黒くなったニキビや発疹にはケミカルピーリングが効果的で、施術を受けると肌がスベスベになるかもしれません。ケミカルピーリングにはニキビの痕や小じわ、シミを目立たなくする効果もあります。施術については専門家に相談しましょう。[26]
    • 施術前後のスキンケア方法について、医師や専門家にアドバイスを求めましょう。施術後しばらくは、肌の赤みや炎症が起こり肌が敏感になる可能性があります。
    • レチノイドなど別の薬で治療を受けている場合は、ケミカルピーリングの施術前に医師に伝えましょう。そのような薬の使用中にケミカルピーリングを受けると、重度の炎症を引き起こす恐れがあります。[27]
  4. 4
    レーザー治療や光線療法で傷痕を目立たなくする方法について医師に相談しましょう。ニキビの痕が残ってしまった場合は、レーザー治療で組織を柔らかくすると目立たなくなるかもしれません。[28]こういった治療で症状が改善する可能性があるか、医師や皮膚科医に相談しましょう。
    • レーザー治療の後にニキビがたくさんできる人もいるので、レーザー治療と併せて抗生物質を服用するように医師が勧める場合もあります。
    • 傷痕を目立たなくするその他の治療には、皮膚充填剤の注射、専門家によるマイクロダーマブレージョンやケミカルピーリングなどの角質除去の施術、重度の傷痕を治療するための外科手術などがあります。[29]
    広告

方法 4 の 4:
肌を健康に維持する

  1. 1
    肌の乾燥を防ぐために、長時間の熱いシャワーや入浴を控えましょう。熱いシャワーやお風呂でのんびりするのは気持ちが良いものですが、熱いお湯に長時間さらされると皮脂が剥がれ、肌の乾燥や炎症、ニキビにつながります。シャワーやお風呂には温かいお湯を使い、浴室で過ごす時間を制限しましょう。[30]
    • シャワーを長時間浴びるより短時間で済ませたほうが環境にも良いでしょう。
  2. 2
    肌を日差しから守り、ダメージや老化を防ぎましょう。時間の経過とともに日光によって肌がダメージを受け、老化が早く起こります。肌を守るためには、SPF30以上の日焼け止めを毎日塗りましょう。特に午前10時から午後4時の日差しが強い時間帯には、日差しを避けましょう。日中に外出する場合は、帽子、サングラス、ロングパンツ、長そでなど肌を覆う服装を心掛けます。[31]
    • 泳いだり汗を大量にかいたりしたら、日焼け止めを頻繁に塗り直しましょう。ウォータープルーフの日焼け止めでも、しばらく経つと洗い流されたりこすり取られたりするものです。
  3. 3
    水分を補給して肌に潤いを与えましょう。体が正常に機能するためには水分補給が大切ですが、肌も同じです。水分が不足すると肌も乾燥します。喉の渇きを感じないくらいたっぷりと水を飲めば、体と肌の水分は十分に足りるでしょう。[32]
    • 最低でも1日に男性は3.7 リットル、女性は2.7 リットルの水を飲みましょう。非常に暑い日や運動をする場合はそれよりも多く水分を摂る必要があります。
    • 水だけでなく澄んだスープやジュース、スムージー、カフェインを含まないお茶などで水分を補給してもかまいません。水分が多い果物や野菜からでも水分を補給できます。
  4. 4
    オメガ3脂肪酸を摂って、肌に栄養を与えましょう。肌本来の輝きと健康のためには、体に良い脂肪が必要です。[33] オメガ3脂肪酸を豊富に含む食品は、栄養価が特に高い食品です。サーモンやサバ、イワシ、まぐろ、大豆油、クルミ、フラックスシード、豆腐などを食事に取り入れて、肌の調子を整えましょう。
    • フィッシュオイルなどのサプリメントからオメガ3脂肪酸を摂る方法もあります。
  5. 5
    ニキビを予防するために、ストレスを解消しましょう。ストレスが多いとニキビができやすくなります。ストレスを緩和するために、ヨガや運動、瞑想をしましょう。また、ストレスの原因となるものを避けるのも大切です。たとえば、ニュースを見てストレスを感じるようなら、ニュースを見るのは1日30分までに制限してみましょう。[34]
    • ストレスを解消する簡単な方法の一つは、毎日少し時間を取って深呼吸することです。目を閉じて呼吸だけに意識を向けましょう。4つ数えながら息を吸い、4つ数える間息を止め、4つ数えながら息を吐きます。数分間このように呼吸に集中することで、ストレスを解消することができます。
    • この他にも、心が落ち着く音楽を聴くことや友達や家族と過すこと、運動、趣味などもストレス解消の良い方法です。
    広告

ポイント

  • 枕カバーやシーツには汚れや脂、細菌が溜まりやすいので、定期的に交換しましょう。

広告

注意事項

  • スキンケア製品に含まれる化学成分でアレルギー反応が起こる場合もあります。新しい製品を顔に使う前に、手首の内側でパッチテストを行いましょう。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

全身をマッサージする

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

爪を噛むのをやめる

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

お酒の臭いを消す

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

革に付いた油染みを落とす
広告
  1. https://www.bbc.com/future/article/20200317-how-to-stop-touching-your-face
  2. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/diagnosis-treatment/drc-20368048
  3. https://www.aad.org/public/diseases/acne/skin-care/tips
  4. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/expert-answers/acne-mistakes/faq-20461962
  5. http://www.mayoclinic.org/drugs-supplements/salicylic-acid-topical-route/proper-use/drg-20066030
  6. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/in-depth/acne-products/art-20045814
  7. https://www.mayoclinic.org/drugs-supplements/benzoyl-peroxide-topical-route/proper-use/drg-20062425
  8. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/in-depth/acne-products/art-20045814
  9. https://www.mdpi.com/1420-3049/23/4/863/htm
  10. https://www.aad.org/public/kids/skin/acne-pimples-zits/treating-pimples
  11. https://www.nchmd.org/education/mayo-health-library/details/CON-20020580
  12. Alicia Ramos. スキンケア専門家. 専門家インタビュー. 12 June 2019.
  13. https://www.nchmd.org/education/mayo-health-library/details/CON-20020580
  14. Alicia Ramos. スキンケア専門家. 専門家インタビュー. 12 June 2019.
  15. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/diagnosis-treatment/drc-20368048
  16. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/diagnosis-treatment/drc-20368048
  17. https://www.aad.org/public/cosmetic/younger-looking/chemical-peels-overview
  18. https://www.nchmd.org/education/mayo-health-library/details/CON-20020580
  19. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4745852/
  20. https://www.aad.org/public/diseases/acne/derm-treat/scars
  21. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/adult-health/in-depth/skin-care/art-20048237?pg=2
  22. http://lpi.oregonstate.edu/mic/health-disease/skin-health#sthash.H06yYSwD.dpbs
  23. https://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/nutrition-and-healthy-eating/in-depth/water/art-20044256
  24. https://lpi.oregonstate.edu/mic/health-disease/skin-health/essential-fatty-acids
  25. http://www.health.harvard.edu/newsletter_article/Recognizing_the_mind-skin_connection

このwikiHow記事について

Alicia Ramos
共著者
スキンケア専門家
この記事の共著者 Alicia Ramos. エステティシャンのアリシア・ラモスは、コロラド州デンバー市にあるエステティックサロン「Smoothe Denver」を経営しています。美容医療の専門学校「School of Botanical & Medical Aesthetics」にて、まつ毛エクステンション、ダーマプランニング、マイクロダーマブレーション、そしてケミカルピーリングを学び、現在は同サロンにて、数多くのクライアントに肌の悩みを解決する施術を行っています。 この記事は12,578回アクセスされました。
このページは 12,578 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告