PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

髪が毎日綺麗であれば嬉しいですね。幸いにも、どのような状況でもどの髪のタイプでも、健康的で光沢がある髪に見せることができます。この記事では、常に綺麗な髪にすることができる一般的な方法を紹介します。また、髪のタイプ別にそれぞれの手入れ方法も紹介します。すべての手順に従ったり、自分に合った方法を選択したりして、素敵な髪を手に入れましょう。

方法 1
方法 1 の 4:
洗髪してトリートメントをする

  1. 1
    自分の髪のタイプに合ったサルフェート(硫酸系化合物)の入っていないシャンプーとコンディショナーを選ぶ 正しいヘアケア製品を使って光沢のある髪にすることは、髪の見た目に大きく影響します。シャンプーやコンディショナーを購入するときには、製品の表示を読み、自分の髪のタイプに合ったものかを確認しましょう。さらに、サルフェートが入っておらず、乾燥しにくい製品かどうかも確認しましょう。[1]
    • 多くの場合、くせ毛や、毛染めなどの化学物質によって傷んだ髪には、保湿効果のあるシャンプーとコンディショナーが必要です。
    • 縮れた髪の場合は、もつれた髪をほぐし、保湿効果のあるシャンプーとコンディショナーを使ってみましょう。
    • 真っ直ぐで細い髪の場合は、洗浄力の強いシャンプーと保湿効果があるコンディショナーを使ってみましょう。
    • 薄くて張りのない髪の場合は、ボリュームを出すシャンプーとコンディショナーを使いましょう。
    • 髪を染めている場合は、色落ちを防ぐ製品を選びましょう。
  2. 2
    直毛の場合は、毎日、もしくは1日置きにシャンプーをする 一般的に髪を毎日洗う必要はありません。しかし、直毛の場合は、溜まった脂が髪へと流れていきやすいので早く汚れてしまいます。毎日洗わなくて良ければ1日置きに、汚れていると感じたら毎日髪を洗いましょう。髪を洗うときには、硬貨の大きさ程のシャンプーを髪の根本から中間まで付けて揉み洗いしましょう。毛先を洗う必要はありません。[2]
    • 運動をしたり、空気の汚れた都市に住んでいる場合は、特に早く髪が汚れてしまいます。
  3. 3
    くせ毛や縮れ毛の場合は、週に3回洗髪する 通常、くせ毛や縮れ毛はより保湿が必要です。そのため洗い過ぎると巻き毛が乾燥してチリチリになってしまいます。髪の根本にシャンプーを付けて揉み洗いし、その後に中間を洗いましょう。毛先は脂や汚れが付きにくいため、シャンプーで洗う必要はありません。[3]
    • カールを復活させたい場合は、次のシャンプーの日までの間にトリートメントをしてもよいでしょう。
    • 髪を頻繁に洗いすぎると、頭皮から出た皮脂が取り除かれて髪が乾燥してしまいます。
  4. 4
    サラサラにするには、洗髪の度にコンディショナーを付ける コンディショナーは、髪を保湿して絡まりを防ぎ、艶やかに仕上げます。洗髪後に使ったり、シャンプーをしない日にコンディショナーだけを使ったりしましょう。硬貨の大きさ程度のコンディショナーをまず毛先に付け、根本の方に向かって塗り広げていきます。ただし、髪が脂っぽくなってしまうので髪の根本に付けるのは避けましょう。[4]
    • 可能であれば数分間コンディショナーを髪に付けたままにしましょう。髪を洗ってコンディショナーを付けた後に湯船に浸かります。湯船から出た後やシャワーの終わりにコンディショナーを流しましょう。
    • 髪が長い、もしくは髪の量が多い場合は、コンディショナーを追加して付ける必要があるかもしれません。
  5. 5
    光沢を出すには、冷たい水で髪を流す 熱いシャワーを浴びるのはとても気持ちが良いものですが、熱いお湯は髪を乾燥させてしまいます。代わりに冷たい水でコンディショナーを洗い流しましょう。こうすることで髪が引き締まり、潤いを閉じ込めて艶やかな髪になります。[5]
    • 冷たい水で洗い終えた後寒ければ、髪を横でまとめるか、髪留めで頭に固定しましょう。そしてお湯に切り替えて体を温めましょう。
  6. 6
    髪が脂っぽい時は、洗髪日の間にドライシャンプーを使う 頻繁に洗い過ぎると、髪が乾燥してしまいます。しかし一方で、脂っぽくなってしまうため、髪を洗わずにいることを躊躇してしまうかもしれません。幸いにも、このような場合に役立つのはドライシャンプーです。自分の髪色に合った製品を選びましょう。そして、容器をよく振って、指示に従って髪にドライシャンプーを吹きかけましょう。[6]
    • 通常、頭から10〜15cm離したところで容器を持ち、脂っぽいところにドライシャンプーを吹きかけます。数分間放置し、その後髪をとかして余分なシャンプーを取り除きましょう。[7]
  7. 7
    髪に栄養を与えるため、週に1度ディープトリートメントをする ディープトリートメントをすると髪に潤いが戻り、髪が最も綺麗に見えるようになります。トリートメントは、市販のものでも、家庭で手作りしたものでも構いません。簡単な方法は、シャワーの最中にディープトリートメントを髪に付け、3〜5分間そのままにします。もっと長い時間トリートメントできるのであれば、トリートメントをたっぷりと髪に付け、シャワーキャップやホットタオルで髪を覆いましょう。そして20〜30分そのままにした後に冷たい水で洗い流しましょう。[8]
    • ディープトリートメントは、シャンプーやコンディショナーが置いてある売り場やオンラインで見つけることができます。
    • ココナッツオイル、ホホバオイル、オリーブオイルを使って、自分でトリートメントを作ることができます。
    • 髪が脂っぽく感じてきたら、ディープトリートメントをする頻度を減らしましょう。週に1度ではなく、隔週に1度にしてみましょう。
  8. 8
    シャワーの後には、拭き取るのではなく絞って髪の水気をとる 知らず知らずのうちに、頭を拭くことで髪を傷めているかもしれません。その代わりに、タオルを頭に優しく押し付けて、余分な水分を吸い取りましょう。髪の根本から始めて、ゆっくりと毛先へと移っていきます。[9]
    • 濡れている状態の髪は傷付きやすいため、注意して扱いましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
髪の絡まりをほどく

  1. 1
    洗い流さないコンディショナーを付けて潤いを加える 洗い流さないコンディショナーには素晴らしい効果が2つあります。髪の絡まりをほどく効果と、滑らかで輝く髪にする効果です。洗い流さないコンディショナーは、自分の髪質に合ったものを選びましょう。スプレータイプであれば、そのまま髪に吹きかけます。スプレータイプでなければ、チューブやボトルから少量手の平に取り、両手をこすり合わせて、髪に付けましょう。[10]
    • どの洗い流さないコンディショナーにもそれぞれ違いがあります。そのため表示されている使用方法をよく読み、正しい使い方を確認しましょう。
    • くせ毛や縮れ毛の場合は、洗い流さないコンディショナーで潤いを与えるため、うねりが出てくるかもしれません。
  2. 2
    質の良い天然毛のブラシを購入する ブラシの毛の種類が髪の見た目に影響することがあります。良いブラシを使うと、頭皮の皮脂が髪へと広がり、髪が滑らかになります。天然毛と書いてあるブラシを選びましょう。[11]
    • ブラシを選ぶのに困っている場合は、美容師に聞いて手伝ってもらいましょう。どのブラシが自分に合っているのかアドバイスをくれるでしょう。
  3. 3
    直毛の人は1日に2度ブラッシングをする ブラッシングすることで、髪の絡まりを防ぎ、天然の皮脂を髪へと広げます。しかし、頻繁にブラッシングし過ぎると、髪が脂っぽくなったり切れ毛になったりします。洗髪後と、朝か夜かのどちらかにブラッシングする習慣をつけましょう。[12]
    • 夜にシャワーを浴びる場合は朝に、朝にシャワーを浴びる場合は夜にブラッシングしましょう。
  4. 4
    くせ毛や縮れ毛の場合は、トリートメントをしながら目の粗い櫛を使う くせ毛や縮れ毛を櫛でといてチリチリになってしまった経験があるかもしれません。櫛でとくにはシャワーを浴びている時が最適です。コンディショナーが髪についている状態で、目の粗い櫛を使って縺れや絡まりをほどいていきましょう。毛先から始めて、根元へと進みましょう。[13]
    • 濡れている髪は乾いている状態よりも傷みがちですが、コンディショナーを使うことで髪を傷めずにとくことができます。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
スタイリングする

  1. 1
    毛量の多い髪や、くせ毛、縮れ毛には保湿効果のあるオイルやクリームをつける 毛量の多い髪やくせ毛、縮毛を人に羨ましがられるかもしれませんが、こういったタイプの髪は乾燥しやすいと感じているでしょう。この乾燥がもつれを引き起こします。しかし、幸いにも、これは保湿効果のあるオイルを使えば簡単に解決できる問題です。オイルを1〜2滴手の平に付けて擦り合わせ、そして髪の根本から付け根の手前まで付けましょう。[14]
    • アルガンオイル、ホホバオイル、ココナッツオイルを試しましょう。数種類のオイルが配合された、市販の洗い流さないオイルも使うことができます。
  2. 2
    薄くて細い髪の場合はボリュームを出すヘアスプレーを使う 細い髪は美しいですが、もっとボリュームがあればと思っているかもしれません。しかし、幸いにも、ボリュームを出すヘアスプレーを使って簡単にふんわりさせることができます。髪の根本から中間にかけてスプレーしましょう。その後、自分のしたい髪型にしていきましょう。[15]
    • どのボリュームを出すヘアスプレーにもそれぞれ違いがあります。そのため表示を見て、自分に合ったものかどうか確認しましょう。
  3. 3
    熱のダメージを防ぐために、髪はなるべく自然に乾燥させる 熱を加えてスタイリングする道具を使えば、自分のしたい髪型にできますが、それは髪にダメージを与えることにもなります。髪本来の質感を大切にして、できるだけ自然乾燥しましょう。ダメージが少ないため、髪が綺麗な状態に保たれます。[16]
    • 8割だけ自然乾燥させて、仕上げとして熱を加える道具を使って髪を乾かすこともできます。
  4. 4
    熱を加える道具を使う前に、熱から髪を守るスタイリング剤を付ける 熱から髪を守るスタイリング剤は、髪が受けるダメージを減らしますが、完全に保護することはできません。それでも、濡れた髪を乾かす前や、乾いた髪をスタイリングする前に、髪を保護するスタイリング剤を付けましょう。スタイリング剤がクリーム状であれば、それを手の平に少しだけ取り、両手を擦り合わせ、そして髪に付けましょう。[17]
    • 熱から守るスタイリング剤は1度だけ付けましょう。濡れた髪を乾かす前に付けたのであれば、ストレートアイロンやカールアイロンを使う前にもう1度付ける必要はありません。
    • 髪を熱から守るスタイリング剤にはそれぞれ違いがあります。そのため使う前に使用方法をよく読みましょう。
    • 使用する前に、自分の持っている髪を熱から守るスタイリング剤が、濡れた髪にも乾いた髪にも使えるかどうかを確認しましょう。
  5. 5
    ドライヤーで乾かす場合は、8割乾くまで逆さまで乾かす ドライヤーを使うと、自分の望む髪型に素早くすることができますが、髪にダメージを与えてしまいます。ダメージを最小限にするには、頭を逆さまにしてそのまま髪をほぼ乾かします。その後、頭を元の位置へ戻して最後まで乾かします。[18]
    • 内側の髪は、外側の髪に比べて外の刺激にさらされていないため、あまり傷んではいないでしょう。頭を逆さまにして乾かすと、外側の髪に熱を与えるのを抑えることができます。
    • この方法を使うと、スタイリングが終わったときに、よりボリュームのある髪に仕上がります。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
綺麗な髪のために生活習慣を変える

  1. 1
    1日中、髪を手で触らないようにする 髪を触ると、手に付いている脂を髪に付けてしまい、素敵な髪が脂っぽい見た目になってしまいます。さらに、触ることで髪が絡まってしまいます。1日中、髪を触らないようにしましょう。[19]
    • 髪型が崩れてしまったときにそれを戻すのは問題ありません。しかし、そのまま触り続けるのはやめましょう。
    • 髪を触る癖で困っている場合は、しばらく髪留めを使ったり髪を纏めたりしてみましょう。
  2. 2
    絹の枕カバーで寝て絡まりを抑える 就寝中、髪と枕カバーの摩擦によって髪が痛んでしまったり、縮れてしまうことがあります。しかし、枕カバーを絹に変えると摩擦が減るため、これを防止できるかもしれません。絹の枕カバーを使い、髪がどう変わったかを確かめましょう。[20]
    • 他の方法として、寝る前に絹の布で髪を覆ってみましょう。
  3. 3
    日光から髪を守る 太陽光線が皮膚に害を与えることは有名ですが、髪へのダメージはあまり知られていないかもしれません。幸いにも、髪を洗った後に洗い流さないコンディショナーを使って、髪を守ることができます。さらに、屋外に滞在するときには帽子をかぶったり、SPF表示のある髪用の日焼け止めを使ったりしましょう。[21]
    • 例えば、海へ行く前にはSPF表示のある日焼け止めスプレーを使いましょう。さらに帽子を被って保護しましょう。
  4. 4
    光沢のある丈夫な髪にするために栄養価の高い食事を取る 食事に含まれるビタミンや栄養素は髪を丈夫にし、その伸長を促進します。[22] たくさんの野菜や果物を食べて、必要な栄養を補給しましょう。さらに、健康な体のために必要な栄養を摂取するには、脂肪分の少ないタンパク質や、質の良い油を食べましょう。[23]
    • 食事を変えたい場合は、かかりつけ医に相談して自分に合った食事かどうかを確かめましょう。
    • 髪の健康のために特別な食事は必要ありません。健康に良いものを選択するようにしましょう。
  5. 5
    かかりつけ医の許可があれば、髪の健康を維持するためにビタミン剤を取る 髪の健康のために栄養を多く取りたい場合は、サプリメントを摂取するといいかもしれません。髪の健康のためのサプリメントを探しましょう。そして表示されている通りに摂取しましょう。大抵の場合は1日に1回摂取します。[24]
    • ヘアケアのサプリメントは薬局、健康食品店、オンラインで買うことができます。
    • サプリメントを摂取する前には必ずかかりつけ医に相談しましょう。一般的に安全なものですが、誰にでも安全とは限りません。
  6. 6
    枝毛を防ぐために6〜8週間に1度調髪する どんなに髪を手入れしていても、枝毛は誰にでも自然にできてしまいます。残念ながら、枝毛があると髪がチリチリに見えてしまいます。また、枝毛が毛幹に広がっていき、さらにダメージを与えてしまいます。枝毛を抑制するには、6〜8週間に1度美容院に行きましょう。[25]
    • 髪を伸ばしている場合でも、毛先を整えることは重要です。そうしなければ、枝毛によって髪が切れてしまいます。
    広告

専門家の意見

健康で強い髪を維持する方法

  • 洗髪は2〜3日に1度だけにしましょう。
  • 洗い流さないコンディショナーを髪にスプレーして、艶のある髪にしましょう。しかし、使っている製品が髪を乾燥させてしまわないか確認しましょう。
  • タンパク質トリートメントを使う場合は、控えめに行いましょう。やり過ぎると悪影響になってしまいます。
  • 枝毛を防ぐためには3ヶ月に1度は毛先を整えましょう。

ポイント

  • ブラッシングは必ず、軽く、そして優しく行いましょう。激しくブラッシングすると短時間で済みますが、髪を傷めてしまいます。
  • プールで泳ぐ前には髪を水で流して完全に濡らすと、塩素の吸収を防止できます。泳ぎ終わった後も同様にして塩素を洗い流しましょう。帽子をかぶって泳ぐと髪を保護できます。
  • くせ毛の場合は、常にストレートにするのは避けましょう。自然な髪の流れが崩れて、長期的に見れば髪を傷めてしまうかもしれません。
  • 髪が濡れたまま寝る時には、枕に置いた頭より上に髪を持っていかないようにしましょう。起きたときに後頭部が大きく盛り上がってしまいます。三つ編みにしたり、横に流したりしましょう。
広告

必要なもの

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • タオル
  • ディープトリートメント
  • シャワーキャップ(任意)
  • ドライシャンプー
  • 流さないコンディショナー
  • 目の粗い櫛
  • 天然獣毛のブラシ
  • オイル(任意)
  • ボリュームを出すスプレー(任意)
  • 熱から髪を守るスプレー(任意)
  • ヘアドライヤー(任意)
  • 絹の枕カバー、または絹の布
  • 日除けの帽子やスカーフ
  • SPFの表示のある髪用日焼け止め
  • ヘアサプリメント(任意)

関連記事

手についたヘアカラーを落とす
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
自分でロングヘアを切る
爪が割れたときの対処
ツインのお団子ヘアを作る
ネイルグルーを落とす
お団子ヘアを楽しむ(男性)
短い髪を編み込む(男性向け)短い髪を編み込む(男性向け)
UVライトなしでジェルネイルを硬化させるUVライトなしでジェルネイルを硬化させる
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす最高の方法
ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける
髪を切るかどうか判断する髪を切るかどうか判断する
ドレッドヘアを洗うドレッドヘアを洗う
広告
  1. https://www.goodhousekeeping.com/beauty/hair/a34090/best-beautiful-hair-tips/
  2. https://www.stylist.co.uk/beauty/the-golden-rules-of-good-hair-care-simple-steps-to-get-beautiful-happy-healthy-hair-celebrity-hairdresser-tips-advice/135381
  3. https://www.stylist.co.uk/beauty/the-golden-rules-of-good-hair-care-simple-steps-to-get-beautiful-happy-healthy-hair-celebrity-hairdresser-tips-advice/135381
  4. https://www.stylist.co.uk/beauty/the-golden-rules-of-good-hair-care-simple-steps-to-get-beautiful-happy-healthy-hair-celebrity-hairdresser-tips-advice/135381
  5. https://www.stylist.co.uk/beauty/the-golden-rules-of-good-hair-care-simple-steps-to-get-beautiful-happy-healthy-hair-celebrity-hairdresser-tips-advice/135381
  6. https://www.stylist.co.uk/beauty/the-golden-rules-of-good-hair-care-simple-steps-to-get-beautiful-happy-healthy-hair-celebrity-hairdresser-tips-advice/135381
  7. https://www.realsimple.com/beauty-fashion/hair/hair-care/habits-of-people-with-healthy-hair
  8. https://www.goodhousekeeping.com/beauty/hair/a34090/best-beautiful-hair-tips/
  9. https://www.stylist.co.uk/beauty/the-golden-rules-of-good-hair-care-simple-steps-to-get-beautiful-happy-healthy-hair-celebrity-hairdresser-tips-advice/135381
  10. https://www.realsimple.com/beauty-fashion/hair/hair-care/habits-of-people-with-healthy-hair
  11. https://www.goodhousekeeping.com/beauty/hair/a34090/best-beautiful-hair-tips/
  12. https://www.goodhousekeeping.com/beauty/hair/a34090/best-beautiful-hair-tips/
  13. https://kidshealth.org/en/kids/hair.html?ref=search
  14. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5315033/
  15. https://www.goodhousekeeping.com/beauty/hair/a34090/best-beautiful-hair-tips/
  16. https://www.realsimple.com/beauty-fashion/hair/hair-care/habits-of-people-with-healthy-hair

このwikiHow記事について

Patrick Evan
共著者 ::
ヘアスタイリスト
この記事の共著者 : Patrick Evan. パトリック・エヴァンは、サンフランシスコにあるヘアサロン「Patrick Evan Salon」の経営者で、25年以上の経験を持つヘアスタイリストです。サーマルヘアリコンディショニングのスペシャリストでもあり、頑固な癖毛やうねりのある髪をつややかなストレートヘアに仕上げる縮毛矯正を行っています。その業績は雑誌Woman’s Day、The Examiner、サンフランシスコベイエリア情報サイト7x7に取り上げられ、Patrick Evan Salonは雑誌Allureの「サンフランシスコエリアのベストヘアサロン」に選ばれました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 891 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告