緑茶は体に良い効能を持った素晴らしい飲み物です。しかし基本的な淹れ方を知らないと、茶殻の混じった苦くて濃いお茶になってしまいます。しかし、心配は無用です。根気よく淹れれば、本当に美味しいお茶を簡単に作ることができます。

材料

ティーバッグ入り緑茶

  • 緑茶のティーバッグ、葉もしくはパール状のもの(カップ1杯のお湯に対して小さじ約1杯)
  • バジルの葉(4、5枚)
  • はちみつ
  • レモンジュース

粉末緑茶

  • 粉末緑茶 大さじ1/2杯
  • 湯 カップ1杯
  • はちみつ 大さじ2杯
  • レモン 1/2個

ショウガ入り緑茶

  • カップ1杯のお湯に対して小さじ1杯(5g)の茶葉(もしくはパール状のもの)
  • ショウガもしくは乾燥ショウガ粉末(粉末状もしくはパール状のもの)

方法 1 の 3:
ティーバッグ入り緑茶

  1. 1
    何杯淹れるのかを決めます。一般的な指標によるとカップ一杯のお湯に対して小さじ1杯(5g)の茶葉(もしくはパール状のもの)が適量です。これでカップ1杯のお茶ができます。
  2. 2
    適量の茶葉(もしくはパール状のもの)を計り分け、こし器に入れます。
  3. 3
    非反応性の(ガラス製やステンレス製の)鍋に水を満たして約80℃になるまで熱します。温度は温度計で測ることもできますが、温度計がないときには、沸騰しないように目で見てお湯の状態を確認します。
  4. 4
    茶葉の入ったこし器を空のマグカップに装着します。
  5. 5
    熱いお湯を茶葉が浸かるまでマグカップに注ぎます。
  6. 6
    2、3分茶葉を浸します。長く浸しすぎるとわずかに苦くなります。
  7. 7
    マグカップからこし器を取り外します。
  8. 8
    少し冷ませば、美味しい緑茶の完成です。
  9. 9
    さあ、召し上がれ。
    広告

方法 2 の 3:
粉末緑茶

  1. 1
    粉末緑茶を水に入れます。2杯以上作る場合は粉と水の量を2倍、3倍と増やします。
  2. 2
    鍋で熱します。粉末緑茶が鍋底に沈むまで熱します。
  3. 3
    茶殻が入らないように注意して、マグカップにお茶を注ぎます。
  4. 4
    はちみつとレモンを加えます。
  5. 5
    温かいうちに召し上がれ。
    広告

方法 3 の 3:
ショウガ入り緑茶

  1. 1
    何杯淹れるのかを決めます。一般的な指標によるとカップ一杯のお湯に対して小さじ1杯(5g)の茶葉(もしくはパール状のもの)が適量です。これでカップ1杯のお茶ができます。
  2. 2
    適量の茶葉を計り分けます。ショウガもしくは乾燥ショウガ粉末(粉末状もしくはパール状のもの)を加えて、こし器に入れます。
  3. 3
    非反応性の(ガラス製やステンレス製の)鍋に水を満たして約80℃になるまで熱します。温度は温度計で測ることもできますが、温度計がないときには、沸騰しないように目で見てお湯の状態を確認します。
  4. 4
    茶葉の入ったこし器を空のマグカップに装着します。
  5. 5
    熱いお湯を茶葉が浸かるまでマグカップに注ぎます。
  6. 6
    2、3分茶葉を浸します。長く浸しすぎるとわずかに苦くなります。
  7. 7
    マグカップからこし器を取り外します。
  8. 8
    少し冷ませば、美味しい緑茶の完成です。
  9. 9
    さあ、召し上がれ。
    広告

ポイント

  • はちみつを入れると味が良くなります。
  • 苦いときにはレモンジュースを入れると良いでしょう。
  • 水道水に特有の味や臭いがあるときにはろ過水を使うと良いでしょう。
  • 味が薄いときには、長めに時間をかけて茶葉を浸しましょう。
  • 緑茶をたくさん飲む人の場合、流し台に電気ポットを置いておくと便利です。緑茶に最適な温度のお湯を使うことができます。
  • ガラス製のコーヒープレス(2杯以上作る場合)やガラス製のマグカップ(1杯だけ作る場合)を利用して素早く冷ませば、苦味を抑えることができます。
  • 苦すぎるときには小さじ1杯の砂糖を加えましょう。
  • お湯を沸かすときに時間短縮のために電子レンジを使う人もいますが、お茶の専門家は推奨していません。
  • 茶葉(もしくはパール状のもの)を再利用したいときには、お湯に浸した後すぐにこし器を氷水に入れましょう。茶葉の種類によっては、複数回使えるものがあります。

広告

注意事項

  • 緑茶を入れるときに犯す最大の間違いは熱すぎるお湯に茶葉を入れてしまうことです。緑茶や白茶は、紅茶とは異なり、80 °C から85 °Cがお湯の適温です。
  • もう一つの大きな間違いは茶葉を長時間浸しすぎることです。緑茶は2分から2分半、白茶は1分半でお湯から出しましょう。
広告

関連記事

How to

ワインオープナーを使わずにワインを開ける

How to

栓抜きを使わずにボトルを開ける

How to

牛乳を冷凍保存する

How to

腐った牛乳を見分ける

How to

スイカウォッカを作る

How to

ビールを一気飲みする

How to

ミルクシェイクを作る

How to

透明な氷を作る

How to

自家製ビールを作る

How to

折れたコルクを抜く

How to

バナナスムージーを作る

How to

スプリッツァ(カクテル)を作る

How to

フローズンレモネードを作る

How to

牛乳を温める
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む57人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 飲み物
このページは 719 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告