緑豆もやしを作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

アジア料理の炒め物によく使われている緑豆もやしは、シャキシャキした歯ごたえとほのかな木の実の風味があって、どんな料理にも合わせられる食材です。通常、スーパーでは単に「もやし」という名前で売られています。緑豆もやしは他の種類のもやしと比べて発芽が速く、一日二日程度で育てられることもあります。

ステップ

  1. 1
    豆をすすぐ 水が濁らなくなるまで緑豆をすすぎます。豆の育った土には金属や毒素などが含まれている可能性もあるので、よく豆をすすぐと安全です。また、これによって虫も洗い流せます。
    • 緑豆は発芽するとかさが増すので、作りすぎないように注意しましょう。
  2. 2
    豆を空のボウルに入れる すすいだ豆を清潔な空のボウルに入れます。もやし栽培器があれば、それを使いましょう。
  3. 3
    水を入れる ボウルにたっぷりの冷水を入れ、豆を完全に浸します。だいたい豆の量に対して2〜3倍の水を入れます。[1]
  4. 4
    6〜12時間浸す 6〜12時間(普通なら大体8時間くらい)たつと、豆が膨らんできます。浸す時間は、豆の状態とお住まいの地域の気温によって変わります。
  5. 5
    水を捨てて豆をすすぐ 水を捨てて、冷水で豆を洗い、再度水を切ります。
  6. 6
    広口ビンに入れる もやし栽培用の広口ビンに膨らんだ豆を入れ、目が粗く薄い綿布でふたをします(ビンのふたを使わないことに注意!)。
  7. 7
    乾燥した冷暗所に置く 日光があまり当たらない、もしくは全く当たらない場所を探して、豆を寝かせましょう。食器棚や食品貯蔵庫の一番下などは理想的です。
  8. 8
    待つ ここからは、12時間ごとに豆をすすいで水を切り、冷暗所に戻すというサイクルを2〜5日続けることになります。どのくらいこのサイクルを続けるかは、どの程度の発芽状態にしたいかによって変わります。
  9. 9
    できあがり! お好みの長さまで豆が発芽したら出来上がりです!どうぞ召し上がれ!
    広告

必要なもの

  • もやし栽培用のふた付き広口ビン、またはもやし栽培用バッグ

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 1,832 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告