編み物を終えるときは、ほどけないように最後の一列の編み目を止める必要があります(伏せ止めとも呼ばれます)。編み目を止める方法はいくつかあるので、編んだものに合った止め方を選びましょう。一般的な編み目で止める方法や、ゴム編みで止める方法、Iコード編みで止める方法、ピコットをつけて止める方法があります。

方法 1 の 4:
一般的な編み目の止め方

  1. 1
    最初の2目を編みましょう。初めに編んだ2目を左の針から右の針へ移動させます。[1]
  2. 2
    左の針を1目めのループに差し込みましょう。左の針の先端を右の針の1目めのループに差し込みます。[2]
  3. 3
    1目めを持ち上げて2目めにかぶせましょう。 1目めを伏せ止めするために、1目めを針で持ち上げ、2目めにかぶせます。そして、左の針から糸をはずし、同じことを繰り返します。[3]
  4. 4
    この手順を繰り返しましょう。 左の針にループがなくなり、右の針のループが残り1目になるまでこの手順を繰り返します。
  5. 5
    編み目から15センチほどのところで糸を切りましょう。 指で優しく最後のループを引っ張り、輪を少しだけ広げます。そして、その編み目の輪に糸端を通し、糸を引いてしっかりと絞りましょう。
    広告

方法 2 の 4:
ゴム編みの止め方

  1. 1
    2目を同時に編みましょう。 ゴム編みで止めることで、一般的な編み目の止め方よりも、編み終わりに伸縮性をもたせることが出来ます。まず、最初の2目を同時に編みましょう。左の針の1目と2目の後ろに右の針を差し込みます。その針に毛糸を巻き付け、この両方のループから引き出しましょう。[4]
  2. 2
    新しい編み目を左の針へ戻しましょう。 右の針に新しいループが1目できたはずです。この新しい目を右の針からはずし、左の針へ戻しましょう。[5]
  3. 3
    この手順を繰り返します。 このゴム編み止めの手順を繰り返します。もう一度2目同時に糸を通し、そして新しいループを左の針へ戻します。最後の一列すべて編み終わるまで続けましょう。[6]
    広告

方法 3 の 4:
Iコード編みの止め方

  1. 1
    作り目を3目編みましょう。すでにある目の隣に新しいループを3目編みます。通常の作り目の要領で新しいループを編みましょう。[7]
  2. 2
    2目めまで編みましょう。右の針を使い、2目編みます。針を手前から奥へとループに差し込み、糸をかけてループから引き出し、左の針から目をはずします。[8]
  3. 3
    次の2目は同時に編みましょう。この閉じ方の場合、次の2目は同時に編みます。右の針を次の2目のループ両方に手前から奥へ差し込み、糸をかけ、ループから糸を引き出しましょう。その際に、左のこの2目を針からはずします。[9]
  4. 4
    3目を左の針へ戻しましょう。現段階では、右の針には3目のループがあるはずです。この3目を右の針からはずし、左の針へ戻します。この作業を繰り返します。[10]
  5. 5
    最後まで繰り返します。作り目を3目編み、今行った手順を繰り返します。最後の一列すべて編み終わるまで続けましょう。[11]
    広告

方法 4 の 4:
ピコットをつける止め方

  1. 1
    作り目を2目編みましょう。ピコット(フリルのような飾り)をつける止め方は、袖口や靴下、ブランケットを編むときに最適です。まず、作り目を2目編みましょう。通常の要領で編みます。[12]
  2. 2
    2目めまで編みましょう。通常の要領で2目編みます。手前から奥へと針を編み目に差し込み、糸をかけ、新しいループを引き出すと同時に古い目を針からはずしましょう。[13]
  3. 3
    1目めの編み目を2目めにかぶせましょう。先ほど作った2目を伏せ止めします。1目めを持ち上げて2目にかぶせます。この時に1目めを滑らせて針からはずします。[14]
  4. 4
    次の目を1目編み、2目めにかぶせましょう。ピコットを作るために、次の目を1目編み、再び1目のループをその新しいループにかぶせます。この手順を3回繰り返し、ピコットを作りましょう。[15]
  5. 5
    この手順を繰り返しましょう。この手順を3回繰り返したら、再び作り目を2目編み、すべての手順を繰り返します。最後の一列すべて編み終わるまで続けましょう。[16]
    広告

ポイント

  • これらのどの方法で編み止めを行う場合も、糸は最後の編み目から5センチほどのところを切り、ほつれないように引っ張ります。糸をもう一度結んでしっかりと止めましょう。
  • 残った糸を隠すには、結び目の近くで糸を切るか、毛糸針を使って編み目に織り込んでいきます。余った糸を針に通し、最後の段に通します。そして、しっかりと結び、余った糸を結び目の近くで切り落としましょう。

広告

必要なもの

  • 編み終わらせたい編み物
  • 棒針
  • はさみ
  • 毛糸針

関連記事

How to

服に開いた穴を補修する

How to

漂白剤でタイダイ染めする

How to

リボンのほつれを防ぐ

How to

伸びたセーターを元に戻す

How to

Tシャツでタンクトップを作る

How to

トレーナーをカットする

How to

ジーンズのウエストを詰める

How to

合成皮革に色を塗る

How to

友情ブレスレットを結ぶ

How to

体のサイズを測る

How to

自分のサイズに合った巻きスカートを作る

How to

フリースブランケットの端を始末する

How to

ダーニングする

How to

ダメージジーンズを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は4,941回アクセスされました。
このページは 4,941 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告