外で日差しを浴びると爽やかな気持ちになりますが、肌にダメージを与えることがあります。日差しによる健康被害では皮膚がんが重大であることはもちろん、それ以外でもシミを作り出したり、肌を全体的にくすませる作用があります。明るく透明度のある肌を目指すのなら、自家製の美白クリームを使ってみるとよいでしょう。自宅の台所にある材料を混ぜ合わせるだけでできるので手軽です。脂性肌の場合はレモンの美白クリームを、乾燥肌の場合はアーモンドの美白クリームを作って、明るい肌を手に入れましょう。

材料

レモンの美白クリーム

  • レモン汁 大さじ1(15ml)
  • 無糖の有機ヨーグルト 1カップ(250g)
  • ローズウォーター 2~3滴

アーモンドの美白クリーム

  • アーモンド 5~6粒
  • 無糖の有機ヨーグルト 1カップ(250g)
  • 蜂蜜 小さじ1(7g)
  • レモン汁 小さじ2(10ml)

方法 1 の 2:
レモンの美白クリームを作る

  1. 1
    レモン汁とヨーグルトを混ぜる 小さめのボウルに、レモン汁 大さじ1(15ml)と無糖の有機ヨーグルト 1カップ(250g)を入れ、よくかき混ぜます。[1]
    • 市販のレモン汁よりも、レモンの果実をその場で絞ったものを使うのが理想的です。
    • レモン汁にはビタミンCが含まれており、皮膚のメラニンを生成する細胞の働きを遅らせる効果があります。メラニン生成を抑制すると、肌の黒ずみや日焼けを防ぐことができます。
    • ヨーグルトには乳酸が含まれており、古い角質を取り除き、肌を明るくする効果があります。
  2. 2
    ローズウォーターを数滴かき混ぜる ヨーグルトとレモン汁を混ぜたら、ローズウォーター2~3滴を加え、完全に混ざり合うまで、しっかりと混ぜ合わせます。[2]
    • ローズウォーターには肌の炎症や赤みを抑える効果があります。
  3. 3
    クリームを容器に詰めて冷蔵庫へ入れる ローズウォーターを混ぜ込んだら、瓶またはその他の容器にクリームを詰めます。クリームにはヨーグルトを含んでいるので、必ず冷蔵庫で保管しましょう。1~2週間は新鮮な状態を保てるはずですが、カビが生えそうな兆候があれば廃棄しましょう。[3]
    • レシピで書かれている量では、傷む前に使い切れそうにない、と感じる場合は、材料を半分の量にして小量を作るとよいでしょう。
  4. 4
    夜にクリームを塗る 効果をしっかり発揮させるには、毎日クリームを塗ることが重要です。乳酸をつけると日光に対して肌が敏感になってしまうので、塗るのは夜がよいでしょう。寝る前にやさしくマッサージするように肌に塗りこみ、朝にぬるま湯とふだん使っている洗顔料で洗い流しましょう。[4]
    • 人によっては、乳酸とビタミンCに敏感な肌質の場合もあります。そのような場合は、1日おきに塗って、徐々に肌を成分になれさせていくとよいでしょう。
    広告

方法 2 の 2:
アーモンドの美白クリームを作る

  1. 1
    フードプロセッサーでアーモンドを砕く 無塩のアーモンド5~6粒を丸ごと、フードプロセッサーに入れます。細かく、粉状になるまで、5~10秒ほど回します。[5]
    • フードプロセッサーが家にない場合は、ミキサーまたはコーヒーミルを代用してアーモンドを砕きましょう。
    • アーモンドはビタミンEを豊富に含んでおり、抗酸化作用によって、肌の黒ずみの原因となる日差しからのダメージを防ぐ効果があります。
  2. 2
    砕いたアーモンドをヨーグルト、蜂蜜、レモン汁と混ぜる 小さめのボウルに砕いたアーモンドを入れ、無糖の有機ヨーグルト 1カップ(250g)、蜂蜜 小さじ1(7g)、レモン汁 小さじ2(10ml)を加えます。材料が完全に混ざり合うまで、しっかりとかき混ぜます。[6]
    • ヨーグルトには乳酸が豊富に含まれており、古い角質を取り除き、肌を明るくする効果があります。
    • 蜂蜜には抗酸化物質が含まれており、肌の黒ずみの原因となる日差しのダメージを防ぐ効果があります。
    • レモンにはビタミンCが多く含まれており、肌の黒ずみや日焼けを防ぐ効果があります。
  3. 3
    クリームを容器に詰めて冷蔵庫へ入れる 全ての材料を混ぜ合わせたら、ふた付きの瓶またはその他の適当なサイズの容器にクリームを詰めます。ヨーグルトが傷まないよう、クリームは冷蔵庫で保管しましょう。[7]
    • 1~2週間は新鮮な状態を保てるはずですが、カビが生えそうな兆候があれば廃棄しましょう。
    • 1~2週間で使い切れそうにない場合は、レシピの材料を半分にしましょう。
  4. 4
    寝る前にクリームを塗る 乳酸をつけると日光に対して肌が敏感になってしまうので、日中に塗るのは避けましょう。夜寝る前に塗るのが理想的です。[8]
    • 敏感肌の場合、始めのうちは1日おきまたは週に数回程度クリームを塗って、徐々にならしていきます。乳酸が肌をひりつかせることがあるので、肌がなれるまではペースを落として使っていきましょう。
    • 朝、ぬるま湯と低刺激性の洗顔料を使ってしっかり洗い流しましょう。また、外出する前には日焼け止めを塗りましょう。
    広告

ポイント

  • 美白クリームと合わせて、少なくともSPF30以上の日焼け止めクリームを塗りましょう。新しいシミを防ぐことができます。

広告

注意事項

クリームには天然の材料が使われているため、アレルギー反応を引き起こす可能性もあります。顔全体に塗る前に、必ずスポットテストをしましょう。手首の内側に少量塗りこみ、24時間待ちます。特に何も反応が起こらなければ、使っても問題ありません。

広告

用意するもの

レモンの美白クリーム

  • 小さめのボウル
  • スプーン
  • 適当なサイズの容器

アーモンドの美白クリーム

  • フードプロセッサー
  • 小さめのボウル
  • スプーン
  • 適当なサイズの容器

関連記事

How to

口周りの黒ずみを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

ペニスを洗う

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

女性が立ち小便をする

How to

歯磨き粉でニキビを治す

How to

手に付着したシリコンコーキング剤を落とす

How to

生理中にナプキンを付けて泳ぐ

How to

肌に付いた塗料を落とす

How to

埋没毛を処理する

How to

タンポンを使用する

How to

脂性肌を治す

How to

手指消毒剤を作る

How to

タンポンなしで泳ぐ
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,248回アクセスされました。
カテゴリ: 個人衛生
このページは 1,248 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告