美肌を作る方法

2 方法:天然のフェイスマスクを使う肌を管理する

肌を明るく、まだらに赤い部分は均一に、そしてほのかなピンク色にしたいなら、自然の材料から作ったフェイスマスクを週に一度試してみましょう。加えて、定期的に洗顔し、化粧水、保湿剤を使って肌を健康に保ちましょう。これらのことを暫く続けてみると、肌の色が明るくそしてピンク色に輝いてくるでしょう!

1
天然のフェイスマスクを使う

  1. 1
    トマトとレモン果汁の混合液で、日焼けとニキビ対策をしましょう。大きめのトマトを四つ切りにしブレンダーに入れます。そこに大さじ1〜2杯の天然のレモン果汁を加え、ペースト状になるまで混ぜます。それを顔全体に塗り20〜30分そのままにします。時間がたったら水で洗い流しましょう。[1]
    • トマトには、肌を日光から守るリコピンという天然の有機化合物が含まれています。トマトの濃い赤色はそのためです。
    • 同じくレモンにも天然の美白成分が含まれています。抗菌作用もあるので、ニキビ対策としても役立つ素材です。
    • これを週一回、数カ月続けてみましょう。肌の色が白くなっているのに気づくでしょう。
    • この方法はニキビを治すのにも効果的です。
  2. 2
    レモン果汁と水の混合液をスプレーして、肌を白くしましょう。小さな化粧用のスプレーボトルを準備します。それに、搾りたてのレモン果汁と水を1対4の割合で入れます。洗顔後、それを薄く均等に顔にスプレーします。レモンの酸が肌の色素を自然に白く明るくします。[2]
    • 肌の変化が分かるようになるまで4週間以上かかるかもしれません。
    • 自分でレモンを絞りたい場合はハンドジューサーを使います。レモンを半分に切り、搾り器に押し当てます。実を少し回転させながらレモン汁を搾取しましょう。
  3. 3
    パパイヤ入りのフェイスマスクで、肌に栄養分を与え角質を落としましょう。鋭利なナイフでパパイヤの皮をむき、スプーンで種を取り除いてから実を小さなぶつ切りにします。それをブレンダーに入れ、滑らかなペースト状になるまでかくはんします。ペースト状になったパパイヤをスプーンですくい、顔全体に薄く均等に塗ります。20分間そのまま放置した後、ぬるま湯で洗い流しましょう。[3]
    • パパイヤの高濃度ビタミンCが肌に栄養分を与え、徐々に肌を美白します。
    • 定期的に肌の角質除去をすることで肌がほのかなピンク色になり、色合いが均一になります。
    • 続けていくうちに、肌がよりピンク色に明るくなります。
  4. 4
    粗糖(精製前の砂糖)と油を混ぜて、天然の角質除去剤を作りましょう。240gの粗糖と小さじ一杯のオリーブオイルまたはココナッツオイルを混ぜ、手で顔全体に塗ります。濡らした指で、頬、あご、鼻、おでこを小さく円を描くように擦ります。終わったら、濡れタオルで粗糖と油をふき取りましょう。[4]
    • 上層の皮膚細胞を除去すると、肌がより清潔でピンク色に見えます。
    • 定期的な角質除去で、肌がピンク色に輝いてきます。
    • 油がない場合は、はちみつで代用できます。

2
肌を管理する

  1. 1
    ローズウォーターを肌に染み込ませて、肌を柔らかく白く保ちましょう。 洗顔 した後、天然の化粧水を使って肌に艶を持たせましょう。特にローズウォーターに含まれている植物エキスは、肌をほんのりピンク色にします。ローズウォーターをコットンにとり、上向きに円を描くように顔全体に染み込ませます。[5]
    • ローズウォーターの化粧水は、美容製品を扱うお店でたいてい入手できます。
    • ローズウォーターを小さなスプレーボトルに入れて、顔に吹きかけても良いでしょう。一日を通して時々顔にスプレーすれば、肌を元気に保てます。
    • ローズウォーターの後は保湿剤を塗って潤いを保ちましょう。
  2. 2
    日焼け止めを一日に1〜2回塗って、日光から肌を守りましょう。日光にさらされると肌の色素が黒くなることがあります。明るい肌色を保つために、最低でもSPF15の日焼け止めを毎日顔に塗りましょう。外出する前に、おでこ、頬、あご、鼻に塗りましょう。[6]
    • 午後日焼け止めを塗りなおしても良いでしょう。
    • 肌を白くしたい時は紫外線は避けましょう。
    • 日中を野外で過ごす計画のある日は特に、より強力な日焼け防止が必要になるので、SPF値の高い日焼け止めを使いましょう。
  3. 3
    化粧を最小限にして、肌を潤わせ毛穴を広げないようにしましょう。化粧をすると一時的に肌の色を白く見せることができますが、定期的に厚い化粧をしていると、肌が乾燥し毛穴が広がり健康的でなくなります。そうならないように、顔につけるファンデーションとパウダーは最小限にとどめましょう。[7]
    • また、就寝前や運動前は必ず化粧を落としましょう。化粧をずっと落とさずにいると毛穴が詰まることがあります。
    • 毛穴が広がっていたり詰まっていたりすると、肌の色は明るくピンク色ではなく、まだらに見えてしまうことがあります。
  4. 4
    日光を避けて日焼けしないようにしましょう。日焼け止めを塗る以外に、外にいる時間を減らすことで肌を白く保つことができます。日焼けをしなければ、肌を明るくピンク色に保てます。[8]
    • 例えば、外でジョギングするよりもジムで運動しましょう。

ポイント

  • 美肌製品を別のものに変える前に、同じ製品をまずは1〜3か月続けて使ってみましょう。肌が特定の製品に慣れるまでには時間がかかります。[9]
  • 肌を健康に保つために、ビタミンAとビタミンCが豊富な食べ物を摂りましょう。これらのビタミンは、肌を柔らかくしなやかに見せます。ビタミンCの摂取量を増やすには、オレンジ、グレープフルーツ、ブロッコリー、カリフラワー等を、ビタミンAの摂取量を増やすには、卵、マンゴー、パパイヤ、ほうれん草等を食べましょう。[10]

記事の情報

カテゴリ: 個人衛生

他言語版:

English: Get Rosy White Skin, Español: tener piel clara y rosada, Italiano: Avere una Carnagione Rosea, Português: Ter Pele Clara e Rosada, Nederlands: Een rozige lichte huid krijgen, Deutsch: Helle, rosige Haut bekommen, Français: avoir la peau blanche, Русский: улучшить цвет лица, 中文: 让皮肤白里透红, Čeština: Jak mít krásně bílou pleť, Bahasa Indonesia: Membuat Kulit Putih Merona, ไทย: มีผิวขาวอมชมพู, हिन्दी: बेदाग़ त्वचा पाएँ, العربية: الحصول على بشرة بيضاء زهرية, Tiếng Việt: Có Làn da Trắng hồng

このページは 211 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?