美肌を作る方法

共同執筆者 Laura Martin

シミを薄くして肌の色を均一に、さらに肌を明るくほのかなピンク色にしたいなら、自然の材料から作ったフェイスマスクを週に一度試しましょう。加えて、定期的に洗顔し、拭き取り化粧水や保湿剤を使って肌を健康に保ちましょう。これらのことをしばらく続けてみると、肌の色が明るくそしてピンク色に輝いてくるでしょう!

方法 1 の 3:
白く輝く肌を維持する

  1. 1
    毎日SPF 30以上の日焼け止めを塗って、肌の白さを守りましょう。広範囲の波長の紫外線防止効果があるウォータープルーフの日焼け止めが最適です。屋外で過ごす過ごさないにかかわらず、毎朝この日焼け止めをたっぷり塗りましょう。日焼け止めを塗らずに毎日たった5分間外に出ただけでも、積み重なっていずれ大変なことになります。常に注意して肌を守らないと、今の肌の白さを保つことはできません。[1]

    日差しを浴びて屋外で過ごす場合は、一日中肌を守り続けるために日焼け止めを何回か塗り直しましょう。泳ぐ際は、水から出るたびに日焼け止めを塗り直します。

  2. 2
    できるだけ肌を日光にさらさないようにします。太陽光線が強く肌がダメージを受けやすい午前10時から午後2時の間は、屋内で過ごすようにしましょう。屋外にいるときは日陰で過ごします。できれば、薄い長そでシャツやサングラスなど、肌を覆うものを着用すると、肌をしっかり守ることができます。[2]
    • 日焼けマシーンを使うのは一切やめましょう。

    ポイント雪、砂、水はすべて太陽光線を反射するので、肌が日光にさらされる危険が増します。これらの近くで過ごす際は特に注意しましょう。

  3. 3
    定期的に肌を洗い、角質を取り除きましょう。毎日2回、朝と晩に刺激の少ない洗顔料で顔を洗い、肌を明るくさっぱりと整えましょう。毎週数回は穏やかに角質除去を行いましょう。死んだ皮膚細胞は傷つき黒ずんでいるので、これを取り除くとその下の明るい肌が表に出てきます。[3]
    • 角質除去で血流が良くなるので、頬がうっすらピンク色に輝くでしょう。[4]
    • 角質を取り除く際は、必ずやさしく行います。ごしごしこすると肌が炎症を起こし、赤くなってしまいます。
  4. 4
    美肌のためには禁煙しましょう。長く喫煙を続けると、煙のせいで肌に細かいしわが刻まれ、肌がくすんで疲れて見えます。また、喫煙によって顔への血流が悪くなるため、肌が灰色っぽくなってしまいます。禁煙すれば肌の色が明るくなり、一層色白に見えるでしょう。[5]
  5. 5
    肌を明るくすっきり見せるために水分を補給しましょう。毎日少なくともグラス6~8杯の水を飲み、肌の弾力と柔らかさを保ちましょう。水分をたっぷり摂ると肌の代謝が促されるので、肌の表面層を白く明るく保つことができます。[6]

    水分補給のために、天然果汁やお茶を飲むのも良いでしょう。

  6. 6
    肌の健康的な輝きのために定期的に運動しましょう。運動して汗をかくと血行が良くなるので、肌が生き生きと健康的に見えます。増えた血流によって肌の細胞に酸素が届くので、肌に栄養が行きわたります。また、血流にはフリーラジカル(不安定で反応しやすい原子や分子)や細胞の破壊片などを運び去る働きもあります。[7]

    汗をかいて心拍数を上げるために、クロストレーナーを使ったランニングやフィットネスバイクを試しましょう。

    広告

方法 2 の 3:
美白製品や施術を試す

  1. 1
    市販の美白クリームを試してみましょう。コウジ酸、グリコール酸、アルファヒドロキシ酸、ビタミンC、アルブチンなどを含むフェイスクリームには、日焼け、そばかす、シミの原因となる色素であるメラニンを減らす効果があります。好みの美白クリームを選び、製品の使用方法に従って塗りましょう。[8]
    • 肌に炎症が生じた場合はクリームの使用を止め、皮膚科医の診察を受けましょう。
    専門家情報
    Laura Martin

    Laura Martin

    認定美容師
    ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
    Laura Martin
    Laura Martin
    認定美容師

    認定美容師、ローラ・マーティンさんは、こうアドバイスしています。日焼け止めを塗り、肌を覆う衣類や帽子を着用することで、日焼けや肌の変色を防ぎ、自然な肌の色を維持できます。肌を白くする唯一の方法は肌の漂白です」

  2. 2
    トレチノインクリーム(レチノイン酸)を使います。レチノイン酸は日本国内では未認可なので、医師の処方を受けた場合にのみ使うことができます。レチノイン酸は肌細胞のターンオーバー(生まれ変わり)を促進し、肌表面の角質を剥離する作用があるので、肌が明るく生き生きとして若返ります。[9]
    • トレチノインクリームを塗ると肌が日光に敏感になるので、効果の高い日焼け止めを毎日塗って肌を守る必要があります。
  3. 3
    皮膚科や美容クリニックでケミカルピーリングを受けましょう。ケミカルピーリングは、明るく若々しい白い肌を表に出すために、皮膚の表面層を剥離する施術です。ケミカルピーリングに使われる薬剤は刺激が非常に強いので、施術後数日間は肌が赤くなることを覚悟しておきましょう。施術後は日差しを避け、日焼け止めをたっぷり塗って肌を守りましょう。[10]

    注意事項:一般的に、望み通りの効果を得るためには、ケミカルピーリングを複数回受ける必要があります。1回のケミカルピーリングでも効き目はありますが、何回も施術を受けると効果がはっきりと表れ、その状態が長続きます。

  4. 4
    美容皮膚科でマイクロダーマブレーションを受けてみましょう。マイクロダーマブレーションは肌の角質を極度に取り除く方法なので、資格を持った専門家の施術を受けるほうが安心です。マイクロダーマブレーションでは肌表面を磨き、傷ついて黒ずんだ細胞を取り除くので、その下の明るくきれいな肌が表面に出てきます。[11]
    • はっきりした効果が表れるまでに6~12回の施術が必要になるでしょう。幸い、1回の施術にかかる時間は15分ほどです。
    • 施術後は、肌がとても敏感になるので日差しを避けて過ごしましょう。
    広告

方法 3 の 3:
天然の美白剤を使う

  1. 1
    トマトとレモン汁で美白しましょう。大きなトマトを4つに切ってブレンダーに入れます。そこに搾りたてのレモン汁大さじ1、2杯(15~30ml)を加え、ブレンダーで混ぜてペーストを作りましょう。このペーストを顔全体に塗り、20~30分間そのままにします。その後、冷水で洗い流しましょう。[12]
    • トマトには肌を日光から守るリコピンという天然の有機化合物が含まれています。トマトの濃い赤色はこのリコピンによるものです。レモンには天然の美白成分が含まれており、抗菌作用もあります。
    • これを週に1回、数か月間続けてみましょう。肌の色が白くなっていくのに気づくでしょう。
  2. 2
    水で薄めたレモン汁をスプレーして肌を美白しましょう。小さな化粧水用のスプレーボトルを用意して、搾りたてのレモン果汁と水を1対4の割合で混ぜましょう。洗顔後、これを薄く均等に顔にスプレーします。レモンに含まれる酸の働きで、肌の色素が自然に白くなります。[13]
    • 肌の変化がわかるようになるまで4週間以上かかるかもしれません。
    • 自分でレモンを搾りたい場合はレモン搾り器を使いましょう。レモンを半分に切り、搾り器にあてます。レモンを左右に少しずつ回しながら果汁を搾りましょう。
  3. 3
    パパイヤのフェイスマスクで肌に栄養分を与え角質を取り除きましょう。良く切れる包丁でパパイヤの皮を剥き、スプーンで種を取り除いてから実を小さな角切りにします。これをブレンダーに入れて、滑らかになるまで混ぜましょう。滑らかになったパパイヤのペーストをスプーンですくって、顔全体に薄く均等に塗ります。そのまま20分間おき、温水で洗い流しましょう。[14]
    • パパイヤに含まれている高濃度のビタミンCが肌に栄養を与え、徐々に肌を美白します。
    広告

ポイント

  • 美肌製品を別のものに変える前に、同じ製品をまずは1〜3か月続けて使ってみましょう。肌が特定の製品に慣れるまでには時間がかかります。
  • 肌を健康に保つためにビタミンAとビタミンCを多く含む食品を摂りましょう。ビタミンAとビタミンCには肌の弾力を増し、肌を柔らかくする効果があります。ビタミンンCの摂取量を増やすには、オレンジ、グレープフルーツ、ブロッコリー、カリフラワーを、ビタミンAの摂取量を増やすには、卵、マンゴー、パパイヤ、ほうれん草を食べましょう。[15]
  • 毎晩寝る前にローズウォーターをつけましょう。

広告

このwikiHow記事について

認定美容師
この記事はLaura Martinが共著しています。 ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
カテゴリ: 個人衛生 | メイク
このページは 629 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告