大音量で音楽を聴くと内耳の極微な末端神経を痛めて耳鳴りがよく起きます。また神経や循環系に何らかの問題があるときにも耳鳴りが起きる場合があります。[1] もちろん予防が一番ですが、ダメージを受けた後でも耳鳴りに対処することは可能です。こちらの記事で役に立つヒントを学びましょう。

方法 1 の 3:
一時的な耳鳴りの対処法

  1. 1
    頭たたき コンサートの後に耳鳴りが止まらなくなったことがありませんか?それは、内耳の蝸牛にある小さな毛がダメージを受け、神経が炎症を起こして刺激されたためです。脳はこの炎症を何かがずっと鳴っていると勘違いするわけですが、頭たたきでこの耳障りな音を止めることができます。
    • 指を後ろ向きにして後頭部を覆うようにし、手のひらで両耳をふさぎます。その時それぞれの中指の先が頭の真後ろで互いに触れるようにします。
    • 人差し指を中指の上に置きます。
    • その位置から人差し指で中指をはじき、その人差し指で後頭部をたたきます。ドラムをたたくような音、それもかなり大きな音が聞こえますが、これは普通のことですので驚かないでください。
    • 人差し指ではじきながら後頭部をたたく動作を40回から50回行って、耳鳴りが収まるかどうか試してみましょう。
  2. 2
    待つ 大きな音のする場所にしばらくいたことで起きる耳鳴りは、通常は数時間後には自然に消えます。症状を悪化させる可能性のあるものから離れて、しばらく休んでみましょう。24時間たっても耳鳴りが止まないようであれば、医師の診察を受けましょう。
    広告

方法 2 の 3:
慢性的な耳鳴りの対処法

  1. 1
    医師の診断を受けて耳鳴りの原因を突き止める たいていの耳鳴りは治療が可能です。原因を突き止めてそれを治療すれば、耳鳴りをいくらか鎮めたり、完全に止めることができます。
    • 医師に耳あかを取ってもらいましょう。安全に行うことができるなら自分でしてみてもよいでしょう。耳あかを取るだけで症状が改善されることがあります。
    • 血管の状態も診てもらいましょう。血液循環に問題があると耳鳴りがひどくなることがあります。
    • 複数の薬を飲んでいる場合は、薬の相互作用による副作用が原因で耳鳴りが生じていないかどうかを医師に相談してみましょう。
  2. 2
    ノイズ抑圧法 耳鳴りを相殺するために、医師の指導で行うノイズ抑圧法という方法があります。そのいくつかをご紹介します。
    • ホワイトノイズを出す機器を使う 雨の音や風の通り抜ける音などのホワイトノイズを「バックグラウンド」に流し、耳鳴りから注意をそらします。
      • 扇風機、加湿器、除湿器、エアコンなどもホワイトノイズ機器として効果的です。
    • マスキングデバイスを使う ホワイトノイズを継続的に出すマスキングデバイスを耳に装着して、慢性的な耳鳴りを相殺します。
    • 補聴器を使う 耳鳴りに加えて難聴もある場合は、補聴器の使用が効果的です。
  3. 3
    耳鳴りの症状を緩和するために薬物治療を行う 薬で耳鳴りが完全に止まることはないかもしれませんが、それほど気にならない程度まで抑えることができるかもしれません。
    • 三環系抗うつ薬について医師に相談してみましょう。三環系抗うつ薬は深刻な耳鳴りに効果を発揮する場合がありますが、口の中が乾いたり、目がかすんだり、便秘や心臓障害といった望ましくない副作用が出ることもあります。[2]
    • アルプラゾラムについて医師に相談してみましょう。ザナックスとしてよく知られているアルプラゾラムは耳鳴りを効果的に抑えますが、依存性があり、望ましくない副作用もあります。
  4. 4
    銀杏葉エキスを試す 1日3回(摂食時に)銀杏葉エキスを摂取すると、首や頭への血流が改善され、血圧が原因で起こる耳鳴りの症状が緩和されます。[3]
    広告

方法 3 の 3:
耳鳴りの予防

  1. 1
    内耳の蝸牛へダメージを与えて耳鳴りを引き起こす状況を避ける 耳鳴りは治療が難しい症状であるため、問題を引き起こしたり症状を悪化させる以下のような状況をはじめから避けるのが最善です。[4]
    • 大きな音  コンサートは耳鳴りの元凶になることが多々ありますが、建設現場、車の往来、飛行機、銃声、花火などの大音量も危険です。
    • 水泳 泳いでいる時に水や塩素が内耳に入り込んで、耳鳴りを引き起こしたり悪化させる場合があります。泳ぐときには耳栓をしましょう。
  2. 2
    ストレスを解消する方法を見つける 耳鳴りを常時感じている場合は、 ストレスによる症状の悪化を抑えましょう。運動を行なう、沈思黙考する時間を取る、マッサージを受けるなどして緊張をほぐし、ストレス解消に努めましょう。[5]
  3. 3
    アルコール、カフェイン、ニコチンの摂取を控える これらの物質は血管を拡げ、血管に与えるストレスを増やします。特に内耳でこれがよく起きます。アルコール飲料やコーヒー、またカフェインの入ったお茶類、たばこの摂取を控えて、耳鳴りの症状を抑えましょう。
  4. 4
    塩分を控える 塩分は血液の循環を滞らせ、高血圧を引き起こして耳鳴りを悪化させる可能性を高めます。
    広告

ポイント

  • 耳鳴りを止めるために免疫機能を高めましょう。耳障りな音のレベルを上げてしまいかねない病原菌や病気から身体を守ることができます。また健康の増進に努めることで耳鳴りの症状が改善される場合もあります。したがって、健康的な食事、適切で定期的な運動、夜の十分な睡眠など、健康的な生活習慣を維持するように努めましょう。

広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

一日で体重を2キロ減らす

How to

低体重の人が体重を増やす

How to

食欲を増やす

How to

抜けにくいタンポンを取り出す

How to

消化を早める

How to

1週間で5kg痩せる

How to

10日で体重を減らす

How to

自分で抜糸する

How to

一晩で体重を落とす

How to

早く結膜炎を治す

How to

バレないように家の中でタバコを吸う

How to

目の腫れを治す
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む29人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は6,270回アクセスされました。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 6,270 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告