聞く技術を身につけたいですか?人の話を聞いているとぼーっとしてしまう、人から相談に乗られることがあまりない、ということに心当たりがあるならば、聞く技術を身につける時機かもしれません。聞くことを意識して実践することで、人間関係が変わるだけでなく、人生もより豊かになるでしょう。この記事では、相手の話に集中して聞き、相手が話しやすい受け答えの仕方を紹介します。

パート 1 の 3:
相手の話に集中する

  1. 1
    気を散らせるものは排除する 誰かが話しかけてきた時は、まず相手の話から気をそらす原因となりうるものを全て排除しましょう(テレビを消す、ラップトップパソコンを閉じる、本を置くなど)。他の音や行動で注意散漫になっている状態で、相手の言うことを聞いて理解することは至難の業です。
  2. 2
    集中する 相手が話している時には、どんなアドバイスをしようかと考えながら聞いたりせず、相手の話に集中しましょう。相手の顔の表情や目線、仕草などをよく観察してみてください。そうすると、相手が本当は何を言いたいのかわかってきます。
    • 集中して話を聞く行為には、相手の沈黙や仕草に隠された意味を読み取ることも含まれます。ノンバーバル・コミュニケーション(言葉以外のコミュニケーション)は、言葉と同等、またはそれ以上に重要な要素と言えるでしょう。
  3. 3
    自意識を捨てる 相手が話をしているのに、相手から自分がどう見られているかということのほうが気になって、話の内容に集中するのが難しいという人がいます。しかし、よく考えてみれば、相手が心の内を打ち明けながら、同時に聞き手のあなたをジャッジするということはあまりありません。逆に、話を聞いてくれるあなたに対し、感謝の気持ちを持っているでしょう。良い聞き手とは、会話中に相手から自分がどう見られているか、などと考えてしまう自意識を捨て、親身になって相手の話だけを丁寧に聞くことができる人です。
  4. 4
    親身になる 良い聞き手は、自分を相手の立場に置き、気持ちに共感して話を聴くことができます。誰かに悩みを打ち明けられたら、まず相手の立場に立ってみましょう。本当の対話というものは、お互いを理解し合えた時に生まれるものです。相手の話は決して自分の物差しで判断せず、話し手の心に寄り添って話を聴いてみましょう。
  5. 5
    良い聞き手になる 「聞く」という漢字は、一般的に「聞く」行為全般に使用されますが、厳密に言えば「聞く」と「聴く」には意味に違いがあります。「聞く」は、音や声が自然と耳に入ってくること、つまり耳が音を感じることで「感覚」になります。一方で、「聴く」は、耳に入ってくるものの内容や、それを発する相手を理解する「能力」になります。しかし、話し手の声のトーンで、その人が喜んでいるのか、落ち込んでいるのか、あるいは、怒っているのか、怖がっているのかがわかるように、耳に入ってくる言葉のニュアンスを「感じ取る」ことは、聞き手の「理解を深める」助けになります。結局のところ、より良い「聴き」手になるということは、「聞く」感覚を研ぎ澄ますこととも言えるでしょう。
    広告

パート 2 の 3:
オープンな身体言語を取り入れる

  1. 1
    やや前傾姿勢になる この一見単純に見える身体言語は、話し手に「あなたの話をもっと聞きたい」というメッセージを送ります。[1] 話を聞く時には、体全体を話し手の方に向け、上半身を話し手の方に少し傾けましょう。大げさに身を乗り出す必要はありません。
  2. 2
    自然に視線を合わせる 対話中に視線が合うと、話し手は聞き手が自分の話をきちんと聞いていると実感し安心できます。このように、目を合わせることは円滑なコミュニケーションを図る上で大変重要な要素になりますが、不自然に凝視するなどして、話し手に気まずい思いをさせないように気をつけましょう。
    • 1対1の会話で目が合ってからそらすまでの時間は、平均7~10秒という研究結果が出ています。[2]
  3. 3
    受け入れる、または理解している態度で頷く 聞き手が頷くことで、話し手は自分の話を聞いてもらっているという安心感を得られます。同意する意味での頷きでも、話を促す意味での頷きでも良いでしょう。しかし、ただ頷いていればいいというわけではなく、頷くタイミングも大切です。不愉快な内容に頷いてしまっては、話し手も話を本当に聞いてくれているのか疑問に思うでしょう。
  4. 4
    落ち着きがなくそわそわしたり、だらしなく前のめりになって座らない 退屈であるというメッセージではなく、関心があるというメッセージを送る身体言語を意識しましょう。聞きながら爪をいじる、貧乏ゆすりをする、腕組みをする、だらしなく頬杖をつくという態度をとると、話し手も自分の話で退屈させたくないと思い、すぐに話を切り上げる人がほとんどでしょう。話を聞く時には姿勢を正して座り、話を聞いていることを態度で示しましょう。
    • 障害などの事情で何かをしていないと落ち着いて聞く事ができない場合、テーブルの下の見えないところで足を動かしたり、ストレスボールを握ったりして、隠れてできる方法を見つけてみましょう。あからさまでなければ、話し手の気を害することもないでしょう。相手が気づいた場合には、落ち着いて聞くためにしていることだと説明し、話を続けるよう促しましょう。
  5. 5
    適切な表情で聞く 話を聞く行為は、受動的なものではなく能動的なものです。聞き手からの反応がなければ、話し手にとっては日記を書いていることと大して違いはありません。話を聞く時には、微笑む、笑う、しかめっ面をする、頭を左右に振るなど、内容に適切な表情や態度をとりましょう。
    広告

パート 3 の 3:
判断しようとせずに反応する

  1. 1
    言葉を遮らない 誰かが話している時に途中で口を挟むのは失礼なだけでなく、実際は話し手が話している間も自分の意見を考えていて、相手の話をきちんと聞いていないということを暗に示してしまいます。話の途中で相手の言葉を遮る傾向がある場合、その癖を治さなくてはいけません。まず、相手が話し終わるのを待ってから話す、ということを意識して行いましょう。
    • 相手の言葉を遮ってしまった場合(誰にでも起こりうることです)、すぐに謝り、話を続けるように促しましょう。
  2. 2
    質問をする 話の内容に関連した質問をし、関心がある姿勢を見せましょう。「それでどうなったの?」のように、続きを引き出すような単純な質問から、話の内容に関した特定の質問でも良いでしょう。「そのとおりだよね」や「私も」というような相槌を入れることで、会話もよりスムーズに進みます。
  3. 3
    批評をしない 相手の考えが例え自分と違うものだとしても、まずは相手の意見を理解し受け入れる姿勢を持ちましょう。相手が言ったことは不適切である、または馬鹿げている、というように自分の価値観を持って批判をすれば、その人はもう二度とあなたに悩みを打ち明けたりはしないでしょう。良い聞き手は、できるだけ中立的な立場をとり、個人的判断を避けるようにします。どうしても反対意見を述べたい場合には、相手が意見を言い終わるのを待ってから言うようにしましょう。
  4. 4
    正直な意見を述べる 自分の意見を求められたら、オープンで正直な意見を失礼のないように言いましょう。適切であれば、アドバイスをしてもいいでしょう。信頼している相手になら、自分の意見や気持ちを伝えることで、信頼関係をより深めることができるかもしれません。また、このように必要に応じて聞き手が意見を述べることで、会話をより有意義なものへ導くでしょう。
    広告

ポイント

  • オーディオブック、お笑い芸人の番組の録音、またはラジオなど、面白い内容や有益な内容を教材にして、聴く練習をしましょう。
  • 人の話だけを聴くのではなく、時々背景の音や街の騒音に耳を傾けてみましょう。森や田舎に行き、自然の音に耳を傾ける機会があれば一層理想的です。
  • 相手の声のトーン、特徴、話し方、訛り、癖を観察しましょう。自分は黙って、相手に話してもらいます。会話中は、きちんと話を聞いていることを示す質問、動作、言葉を選びましょう。常に相手の立場に立って物事を見るようにし、相手の気持ちに寄り添い共感するようにしましょう。
  • 相手があなたの母国語以外の言葉で、その上早口で話している時には、相手が言う言葉一つ一つを捉え理解しようとするのではなく、相手が自分に伝えようとしている会話の主旨を理解し、それを元に想像力を働かせてみましょう。

広告

注意事項

  • 過剰音への露出は聴力低下の原因になるなど、耳にダメージを与えます。必要に応じ、聴覚保護具を付けたり耳を覆うなどして、騒音から耳を守りましょう。
広告

関連記事

How to

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く

How to

自分で身長を測定する

How to

風船ガムを膨らませる

How to

プラスチックに塗装する

How to

革を染める

How to

六角形を描く

How to

貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す

How to

勝手に沈むオフィスチェアを修理する

How to

息を長く止める

How to

リボンのほつれを防ぐ

How to

自分のエロティックな写真を撮る

How to

硬貨を洗う

How to

タッチペンを手作りする

How to

バルーンアーチを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む67人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,284回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
他言語版
このページは 1,284 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告