PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

皮膚が通常の成長率を超えて伸びると、肉割れや妊娠線ができてしまいます。皮膚中間の層がところどころで壊れ、下の層が透けて見えるようになります。「活動中の」肉割れは赤や紫色であることが多く、地肌の色によって違いはありますが、時間をかけて銀色がかった白に落ち着いていきます。[1] また、妊娠期間中に妊娠線ができる女性は90%にのぼります。思春期に急激な成長を遂げたり、非常に短期間で筋肉が発達したりする場合にも、肉割れができることがあります。肉割れには時間が最適な「治療法」になると考える医療専門家も多くいます。大抵、肉割れはだんだんと薄くなり、目立たなくなっていくものです。活動中の肉割れであればさまざまな治療法で効果を感じられることがありますが、治療の効果には限りがあることを心に留めておきましょう。[2]

方法 1 の 3:
家でできる治療法

  1. 1
    十分な水分補給をしましょう。水は、肉割れを最も速く効果的に目立たなくすることができます。水分が行きわたると、肌は柔らかくしなやかになるため引き締まって見え、肉割れによる肌の凹凸を減らします。 また、水分補給をすると新たな肉割れ発生の防止にもなるでしょう。[3] [4]
    • 肌の水分を保ち肉割れを最小限まで目立たなくするためには、細かい指示が異なるものは諸説ありますが、1日あたりコップ10杯の水を飲むように心がけましょう。
  2. 2
    アロエベラを塗りましょう。アロエベラは、家でできる治療法の中で最も効果的かもしれません。この植物には鎮静効果と治癒に有効な成分があることで知られ、日焼けの手当にもよく使われます。アロエベラの植物から葉を1本取り、切った断面を肌に直接塗りましょう。数分経ったらぬるいお湯で洗い流しましょう。あるいは、アロエベラのジェルて作る調剤薬を使いましょう。
    • アロエベラのジェル1/4カップ(60ml)と、ビタミンEカプセル10粒分のオイル、ビタミンAカプセルの5粒分のオイルを混ぜ合わせましょう。
    • この混合物を1日1回使い、肌に吸収されるまで塗り込みましょう。[5]
  3. 3
    卵の白身を塗りましょう。卵の白身に含まれるアミノ酸とタンパク質が、傷んだ肌の修復を助けます。たったの数週間で結果が出るでしょう。
    • 卵2個分の白身を、柔らかい角が立つまで優しく泡立てます。
    • 化粧用ブラシかスポンジを使って泡立てた白身を肉割れ部分に厚く乗せ、完全に乾かします。
    • 冷たい水で洗い流しましょう。
    • 肌から白身を洗い流したら、乾燥を防ぐためにオリーブオイルを薄く塗りましょう。[6]
  4. 4
    砂糖を使って角質除去をしましょう。砂糖は天然のスクラブ剤で、古い皮膚細胞をはがして肌を若返らせます。肉割れにもよく効く民間療法として知られています。グラニュー糖でスクラブ剤を作りましょう。
    • グラニュー糖大さじ1杯に、アーモンドオイルとレモン果汁を数滴ずつ加えてよく混ぜます。
    • 肉割れのある部分に直接塗り、8~10分間肌の上でマッサージします。
    • シャワーで洗い流します。
    • 最大の結果を出すには、1か月間シャワーを浴びるたびに毎回これを実行しましょう。[7]
  5. 5
    ジャガイモの汁を塗りましょう。一般的に、ジャガイモは「汁が多い」という印象はありませんが、生のジャガイモを切るときに出る汁には、貴重なビタミンとミネラルが含まれています。 この栄養物が、皮膚細胞の再生と成長を促進します。
    • 中くらいのジャガイモを厚めにスライスします。
    • スライスしたジャガイモを使って、数分間肉割れの上を優しくマッサージしましょう。ジャガイモから出る「汁」が、肉割れを十分にコーティングするでしょう。
    • ジャガイモの汁を自然乾燥させましょう。
    • ぬるいお湯で洗い流しましょう。[8]
  6. 6
    レモン果汁を吸収させましょう。レモン果汁の酸が肌の傷跡を薄くします。レモンを半分に切り、断面を肉割れにこすり付けましょう。水で洗い流す前に、10分間は肌をそのままにしましょう。[9]
  7. 7
    オリーブオイルでコーティングしましょう。オリーブオイルには効能のある栄養物や老化防止剤が含まれ、使用後に洗い流す必要もありません。ただオイルを使って肉割れの部分をマッサージするだけです。肌の血行を良くするために、オイルを少し温めるとよいでしょう。[10]
  8. 8
    カカオバターで保湿をしましょう。カカオバターはしわや傷跡のある肌をなめらかにする働きがあります。最大の結果を出すには、1日に2回肉割れの部分をカカオバターでマッサージしましょう。[11]
    広告

方法 2 の 3:
薬を使う手当て

  1. 1
    スキンカモフラージュを使いましょう。多くの薬局で、妊娠線や肉割れのある肌を部分的にカモフラージュするための既製品が販売されています。ウォータープルーフのものや、2~3日間持つものもあります。[12]
  2. 2
    トレチノインクリームを使いましょう。トレチノインクリームはよく「レチノイド」クリームとも呼ばれ、肌のコラーゲン再生を助けます。トレチノインを含む製品が肉割れを完全には消せないかもしれませんが、見た目を改善することを示す科学的根拠があります。[13]
    • これらの製品は敏感肌を刺激する可能性があることに注意しましょう。
    • 妊娠中または授乳中の場合、上記の物質を含むクリームの使用は医師に相談してから決めましょう。[14]
  3. 3
    ビタミンE、ビタミンC、プロリン、銅ペプチド、ATPを含むクリームを使いましょう。これらの成分にはトレチノインと似た働きがあり、肌のコラーゲン生成を促進して調子を整えます。肉割れを完全に消すことは期待できませんが、ゆっくりと薄くするでしょう。[15]
    • トレチノインを使った処置をしても、ピンクか紫色の肉割れにしか効果はありません。銀または白色のものは、残念ながらこの処置には反応しないでしょう。[16]
  4. 4
    グリコール酸を含む製品を購入しましょう。α−ヒドロキシ酸はサトウキビから抽出され、身体のコラーゲン生成を改善します。グリコール酸を含む化粧水、洗顔料、保湿剤などは店頭でも見つけられますが、必要であれば皮膚科専門医から高い含有量のものを処方してもらえるでしょう。[17] トレチノインと同様に、少量でもグリコール酸が肉割れのある肌を改善できることが科学的に証明されています。[18]
    • グリコール酸を基とする製品とトレチノインクリームの併用を考えましょう。併用することでより高い効果が出るという研究結果があります。[19]
    • ケミカルピーリングを試すのもよいでしょう。2~3回の施術で結果が見られます。
    広告

方法 3 の 3:
外科的な処置方法を知る

  1. 1
    レーザー治療について医師に相談しましょう。レーザー治療では強い光の波長を使い、コラーゲン、エラスチン、メラニンなどの生産を促進します。肉割れができた時期や形状、地肌の色などに応じて、医師から異なる種類の治療法を勧められる場合もあるでしょう。[20]
    • パルス波色素レーザー治療は、新しい「活動中の」肉割れに使える痛みのない治療法です。レーザーの力で気になる部分の下の血管を収縮させることで、赤または紫の肉割れを完全に消すか白色に変えます。[21]
  2. 2
    マイクロクリスタルピーリングを検討しましょう。施術者は、手に持てる大きさの装置から小さなクリスタルを肌に吹きかけます。これらのクリスタルが肌の表面をすり減らして「磨き」をかけます。その後吸引機でクリスタルとはがされた古い皮膚細胞の両方を取り除きます。肌の表面の層を取り除くことで、新しく柔軟な肌が育つように促進します。
  3. 3
    最後の手段として、美容整形について医師に相談しましょう。肉割れによる皮膚のたるみを、腹部整形またはタミータックという腹部のたるみ取りで除去できるかもしれません。しかし、美容整形は費用が高く危険を伴う可能性もあることを覚えておきましょう。肉割れの悩みのために出血を伴う方法をとる価値が本当にあるのか、よく考えてみましょう。[23] 大抵の医師はマイクロクリスタルピーリングやレーザー治療よりも、美容的観点で優れた結果を出せるタミータックを勧めるでしょう。
    広告

関連記事

家庭での陣痛促進家庭での陣痛促進
子宮内の赤ちゃんの体勢を見分ける子宮内の赤ちゃんの体勢を見分ける
子宮口の開き具合を確認する子宮口の開き具合を確認する
着床出血かどうか判断する着床出血かどうか判断する
破水させる破水させる
乳首を刺激して陣痛を促す乳首を刺激して陣痛を促す
hCG値を上げるhCG値を上げる
逆子を治す逆子を治す
胎児の心音を聞く胎児の心音を聞く
授乳期に減量する授乳期に減量する
他人の妊娠を見分ける他人の妊娠を見分ける
赤ちゃんの分娩を介助する赤ちゃんの分娩を介助する
肉割れを薄くする肉割れを薄くする
妊娠中に性行為をする妊娠中に性行為をする
広告

このwikiHow記事について

Adarsh Vijay Mudgil, MD
共著者 ::
認定皮膚科医・皮膚病理学医
この記事の共著者 : Adarsh Vijay Mudgil, MD. アダーシュ・ヴィジェイ・ムドギル医師はニューヨーク州ニューヨーク市にて最先端の皮膚科治療を提供しているクリニック「Mudgil Dermatology」の経営者です。 同地区において皮膚科医と皮膚病理学医の両認定資格を保有する数少ない医師の1人でもあり、医療、外科、美容皮膚科治療と全ての分野のエキスパートとして活躍。エモリー大学にてオナーズ付学士号(ファイ・ベータ・カッパに所属)、ストーニーブルック大学医学科にてオナーズ付医学博士号(アルファ・オメガ・アルファに所属)を取得。 同医学科在学時には、全国でもごく少数の学生しか手にすることのできないハワード・ヒューズ医学施設フェローシップおよび奨学金を獲得。 マンハッタンにあるマウントサイナイ病院にて皮膚科の臨床研修を修了し、研修時にはチーフレジデントを務めました。さらに皮膚病理学研究で有名なアッカーマン皮膚病理学研究所にてフェロー課程を修了。米国皮膚病学会、米国皮膚形成手術学会、米国皮膚病理学学会の上級会員、マウントサイナイ病院の教授陣の一員でもあります。 この記事は17,435回アクセスされました。
カテゴリ: 妊娠期
このページは 17,435 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告