PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ワックスを使って脱毛をすると、ワックスが少し肌に残ることがあります。それを指で剥がそうとすると痛みが生じ、ましてや効果もありません。ここで、より簡単にワックスを取り除く方法を紹介します。それは、オイルを使ってワックスを取り除く方法です。この方法は、脱毛用ワックスやこぼれたキャンドルのロウなど、どんなワックスにも効果があります。

パート 1
パート 1 の 2:
オイルを使用してワックスを取り除く

  1. 1
    使用するオイルを選びましょう。どんなオイルを使用してもワックスを肌から取り除くことができます。オイルがワックスの縁から染み込み、肌をツルツルにすることでワックスがすぐに落ちるようになるのです。多くの場合、ワックスのキットには余分なワックスを取り除くための栄養成分が豊富なミネラルオイルが含まれています。また、ワックスを取り除くことのできる成分を含むワックス落としを購入することもできますが、以下のオイルでも十分に効果があります。
    • ベビーオイル
    • マッサージオイル
    • オリーブオイル
    • キャノーラ油
    • 溶かしたココナッツオイル
    • オイルベースのローション
  2. 2
    綿球にオイルを含ませましょう。綿球がひたひたになるまでオイルを染み込ませます。この際、コットンパッドや折りたたんだティッシュ、清潔な布を使用することもできます。厳密には肌に直接オイルを垂らすだけで構いませんが、綿球を使ってオイルを塗ると肌が汚れるのを防ぐことができます。
  3. 3
    ワックスがついている部分に綿球を30秒間押し当てましょう。この時、オイルがワックスと肌の境目に当たるようにします。このようにすると、ワックスと肌の間にオイルが入り込み、ワックスが柔らかくなります。綿球を軽く押してオイルがより染み出すようにし、ワックスに完全に浸透させましょう。
    • 広範囲のワックスを取り除く場合は、ペーパータオルをオイルに浸してワックスの上に乗せましょう。そして、上から押してオイルを染み出させることで、ワックスが落ちやすくなります。
    • 複数箇所にワックスがついている場合は、一度に処理できるよう複数の綿球を使いましょう。
  4. 4
    ワックスを拭き取りましょう。綿球を使うとワックスを簡単に落とすことができます。ワックスがなかなか剥がれない場合は、オイルを追加で塗りましょう。ワックスが綺麗に落ちるまで、繰り返しオイルを塗り、拭き取ります。
    • ワックスがなかなか剥がれない時は、より多くのオイルが必要です。根気よくオイルを塗って、ワックスに完全に染み込ませましょう。
    • タオル地のふきんでこすって肌に残ったワックスを取り除きましょう。
  5. 5
    ワックスを取り除いた後には肌を洗いましょう。石鹸と水を使って余分なオイルを洗い流します。そして、タオルで水分を拭き取りましょう。前の手順で塗ったオイルがトリートメントの役割をするため、肌が柔らかく、またみずみずしくなったのを感じるでしょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
ワックスがくっつくのを防止する

  1. 1
    肌を保湿しましょう。ワックスを塗る時に肌が乾燥していると、肌がワックスの水分を吸収しようとします。これにより、ワックスが肌にめり込んでくっついてしまい、剥がれにくくなります。ワックスを塗る日の朝に、保湿クリームを塗ってしっかりと肌を潤わせましょう。
    • ワックスを塗る前には、保湿クリームが完全に肌に浸透していることを確認しましょう。保湿クリームを塗る際には、油っぽくならない程度に肌に潤いを与えます。そうしないと、ワックスの脱毛効果が低下します。
    • オイルベースの保湿クリームは使用しないようにしましょう。油分は肌に浸透するのに時間がかかり、またワックスの効果がなくなる可能性があります。
  2. 2
    毛を処理しやすい長さに整えましょう。最もワックス脱毛をしやすい毛の長さは0.6cm〜1.2cmです。これより長い毛はワックスに絡まり、綺麗に抜くのがかなり難しくなります。また、その結果として、つくべきではない場所にワックスがついてしまいます。[1]
    • ワックス脱毛をする1週間ほど前に剃毛しましょう。こうすると毛が適切な長さになります。
    • また、ビキニラインなど、ワックスを塗るには長すぎる毛を整えましょう。
  3. 3
    ワックスは十分に温めましょう。温かいワックスは薄くなるため塗りやすい一方、冷たいワックスは厚くなるため扱いにくいという性質があります。ワックスを塗る前には、ワックスを完全に溶かしさらさらの状態にしましょう。
    • ワックスを全体に塗る前に肌の狭い範囲でテストをしましょう。ワックスは熱さを感じる程度の温度が適切ですが、火傷しそうなほどの熱さではありません。
    • ワックスを塗る際、ワックスが冷えたら作業を止めて再度温める必要があります(専用ヒーターがある場合)。
  4. 4
    汗をかかないように対策しましょう。ワックスは濡れた肌にくっつきやすいため、ワックスを塗る前に、作業中に肌が乾いている状態を保てるようにする必要があります。以下の方法で肌の乾燥を持続させることができます。
    • ワックスを塗る部分にベビーパウダーを塗ります。こうするとワックスが肌にくっつくのを防ぎながら脱毛をすることができます。
    • 風通しの良い部屋でワックスを塗ります。ワックスを塗る間に暑くならないよう、エアコンや扇風機を付けるか、窓を開けましょう。
    • ワックスを塗る前に運動をしたり、血圧が上がるような行動をしたりするのは止めましょう。ワックスを塗る時に汗をかくことがないよう、リラックスした状態で行います。
  5. 5
    肌をピンと張りましょう。ワックスとストリップシートを剥がす準備ができたら、片手でストリップシートのすぐそばの肌を押さえます。そして、肌をピンと張ったまま、もう片方の手でストリップシートを剥がします。肌がピンと張っているとワックスが簡単に剥がれます。逆に、しわが寄っている場合にはワックスが皮膚の隙間に入り込み、肌にくっつく原因となります。
  6. 6
    ストリップシートを素早く剥がしましょう。ゆっくりと剥がすとワックスが冷えて肌にくっつきます。絆創膏を剥がすように、素早く剥がしましょう。こうすると、きれいに毛が抜けるだけではなく、肌も綺麗な状態を保つことができます。
    広告

ポイント

  • 手の届きにくい部分に生えている長い毛をワックスで脱毛するのは避けましょう。脱毛が困難な部分がある場合は、専門家に相談しましょう。
  • ストリップシートを綺麗に剥がす練習ができるように、肌の狭い範囲でテストをしましょう。
  • 熱いワックスを塗った場合は、ワックスが残っている部分に温めるタイプのワックスの小さな固まりを転がしましょう。ワックスの残りがその固まりにくっついて剥がれます。
広告

注意事項

  • 熱くなりすぎたワックスで火傷しないように注意しましょう。体の広範囲に塗る前に、狭い範囲でテストをしましょう。
広告

関連記事

タトゥーシールをはがす
靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
ワンピースのウエストを詰める
眼鏡のレンズについた傷を消す
防犯タグを外す防犯タグを外す
革に付いた油染みを落とす
ジーンズについた血液のシミを落とす
自家製シュガーワックスを作る
声を変える声を変える
皮膚に付いた食品着色料を落とす
縮んだ服を伸ばす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
おへそのお手入れおへそのお手入れ
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,906回アクセスされました。
このページは 1,906 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告