節約してセルフヘアカラーを施し、希望通りの赤いシェードカラーに染まった髪を手に入れたものの、手や髪の生え際が赤いヘアカラーで汚れてしまった、ということもあります。落ち込まなくても大丈夫。これから紹介する厄介なヘアカラーを落とす方法を試しましょう。次にセルフカラーを施す際、ヘアカラーが肌につくのを防ぐ方法も併せて紹介します。

方法 1 の 3:
家庭にあるものを利用して落とす

  1. 1
    できるだけ早くヘアカラーを落とします。髪を染め終わったらすぐ、手や髪の生え際についたヘアカラーを落としましょう。ヘアカラーが肌に染み込む前に取り除くのが重要です。肌に吸収されたヘアカラーを落とすのは難しく、何度もこする必要があります。[1]
  2. 2
    重曹や重曹入りの歯磨き粉を使います。重曹は研磨力が穏やかで、ヘアカラーの有効成分を分解する効果があります。天然のスクラブ剤として手や髪の生え際に作用します。[2]
    • ただし、敏感肌には重曹少量を水と混ぜて使い、強くこすらないように気を付けます。肌がヒリヒリ痛んだり赤くなったりした場合は、別の方法を試しましょう。
    • 重曹と水にレモン汁を加えて使うと、天然成分で効果的にシミを落とすことができます。
  3. 3
    オリーブオイル、ベビーオイル、オイル系保湿クリームなどを使います。市販のヘアカラーの多くはオイル系製品で分解することができます。オイル系製品の働きでヘアカラーが肌から分離します。ヘアカラーを落とすには、オリーブオイル、ベビーオイル、オイル系保湿クリームなどが効果的で、敏感肌にも安心して使える方法です。[3]
    • コットンパッドにオイルをつけ、ヘアカラーがついた部分を数分間こすります。
    • 温水で洗い流し、ヘアカラーが落ちたか確認します。残っていたら、オイル系製品を再度塗り、肌に浸み込むようにそのまま少し長くおきましょう。その後洗い流します。
    • 肌についたヘアカラーを分解するために、オリーブオイルやベビーオイルを塗って1晩おくこともできます。その場合はヘアカラーが枕カバーに付かないように、枕をタオルで覆いましょう。翌朝、温水でオイルとヘアカラーを洗い流します。[4]
  4. 4
    洗濯洗剤と食器用洗剤を組み合わせて使います。洗濯洗剤に含まれる成分が、ヘアカラーを素早く取り除きます。ただし、顔など肌のデリケートな部分に使うには刺激が強すぎるかもしれません。敏感肌でなければ、無香料の食器用洗剤を顔に使っても構いません。[5]
    • 洗濯洗剤少量を濡らしたタオルなどにつけて、ヘアカラーがついた肌をこすります。洗濯洗剤は刺激が強すぎて心配な場合は、食器用洗剤少量を濡らしたタオルにつけ、ヘアカラーがついた肌をこすりましょう。
    • 肌が赤くなったりヒリヒリ痛んだりした場合は、直ちに洗剤の使用をやめましょう。
  5. 5
    ヘアスプレーや酢を使います。どちらも肌についたヘアカラーを落とす効果があると実証されています。ヘアスプレーや酢が剥離剤のように作用します。古い皮膚の角質やヘアカラーを効果的に取り除くので、新しくきれいな肌が現れます。[6]
    • コットンパッドにヘアスプレーや酢を少量つけて、ヘアカラーがついた部分をこすります。小さく円を描くようにこすってヘアカラーを落としましょう。
    • 必要に応じて繰り返します。
    • 肌が赤くなったりヒリヒリ痛んだりした場合は直ちに使用をやめて、刺激の少ない方法を試しましょう。
  6. 6
    除光液のような刺激の強い製品を使うのはやめましょう。除光液には刺激の強い成分が含まれているので、肌に使うには適しません。特に顔などデリケートな部分に使うのはやめましょう。敏感肌にはオイル系溶剤など穏やかな製品を使います。[7][8]
    広告

方法 2 の 3:
ヘアカラー専用の製品を使って落とす

  1. 1
    ヘアカラーリムーバーを使います。肌についたヘアカラーが落ちにくい場合は、ヘアカラーリムーバーを使いましょう。ドラッグストアなどで取り扱うヘアカラーリムーバーを使うと、髪の余分なヘアカラー、肌や衣類についたヘアカラーを落とせます。
  2. 2
    シートタイプのヘアカラーリムーバーを使います。シートタイプのリムーバーは使いやすく便利です。ドラッグストアなどで探してみましょう。シートタイプのリムーバーで肌についたヘアカラーを分解して落とします。シートタイプのヘアカラーリムーバーの中には低刺激な製品もあります。
  3. 3
    行きつけの美容室にヘアカラーリムーバーについて問い合わせます。肌質や使用するヘアカラーに適したリムーバーを紹介してもらいましょう。ただし、ヘアカラーは美容室で施したほうが良いと叱られるかもしれません。
    広告

方法 3 の 3:
ヘアカラーが肌につくのを防ぐ

  1. 1
    髪を染める際は手袋を着用します。肌にヘアカラーがつくのを防ぐためには、セルフカラーを施す前の準備が重要です。ラテックス製やビニール製の手袋を着用して手を保護しましょう。さらに、周囲をビニールシートや新聞紙で覆い、シミがついても構わない古い衣類を身につけます。[9]
    • 髪を染めた後はシャワーキャップで髪を覆い、肌や衣類にヘアカラーがつくのを防ぎます。
  2. 2
    髪を染める前に髪の生え際にオイル系製品を塗り、ヘアカラーの付着を防ぎます。オイル系製品を髪の生え際に塗って保護すると、ヘアカラーが皮膚に染み込みません。[10]
    • ワセリン、オイル系のローション、リップクリームなどを利用します。これらの製品を髪の生え際、耳の裏、首の後ろに指で塗り、ヘアカラーの付着を防ぎましょう。
  3. 3
    天然の成分で髪を染めることを検討します。ヘナなど天然成分のヘアカラーは、市販のヘアカラーに比べ簡単に落とせます。ヘナのシミのほとんどは48時間以内に分解されます。また、肌に浸み込む恐れがある有毒成分が含まれていないので安心です。[11]
    広告

関連記事

How to

口周りの黒ずみを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

ペニスを洗う

How to

女性が立ち小便をする

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

歯磨き粉でニキビを治す

How to

手に付着したシリコンコーキング剤を落とす

How to

肌に付いた塗料を落とす

How to

生理中にナプキンを付けて泳ぐ

How to

埋没毛を処理する

How to

タンポンを使用する

How to

脂性肌を治す

How to

手指消毒剤を作る

How to

女性が屋外で小用を足す
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告