自分の肌トーンを知っていますか?肌トーン、またはアンダートーンとは、色白や色黒といった肌の色の濃淡のことではありません。日焼けによって季節ごとに肌の色が変化しても、アンダートーンは変化するものではありません。アンダートーンは、クール、ウォーム、2つの中間であるニュートラルの、3つのタイプに分けられます。 日本ではブルーベース、イエローベースという2つの分類が一般的です。青みのアンダートーンであるブルーベースがクール、黄みのアンダートーンであるイエローベースがウォーム、また、グリーンベースと呼ばれるのがニュートラルにあたります。
本記事では多様な人種や個性からなる幅広い肌の色を、色白、ベージュ、オリーブ、褐色、ダークブラウン、さらに濃い色の肌、と大きく分けています。日本にいる人の多くはベージュ色の肌ですが、色白やオリーブに当てはまる人も、もっと濃い色の肌の人もいます。アンダートーンはそのような肌の色とは別ものです。[1][2]肌トーンを知ることで、自分に似合うリップカラーやヘアカラー、身に着けるものの色選びに役立ちます。自分の魅力を引き出す色選びをしましょう。

方法 1 の 6:
自分のアンダートーンを知る

  1. 1
    顔を洗って、15分待ちましょう。メイクはもちろん、化粧水などのスキンケア用品も付けない素の状態にします。洗顔のため肌が擦れた刺激から肌に赤みがあると、正しく肌トーンを見ることができません。肌色が落ち着くまで15分程待ちます。
  2. 2
    自然光で肌を見ましょう。照明の色味によっては黄みがかって見えたり、緑がかって見えたりと、肌の色の見え方は変わってしまいます。アンダートーンを正しく判断するため、自然光で肌を見ます。
    • 明るい窓際が適しています。
    • 屋外でも構いません。
  3. 3
    手首の内側の血管の色を見ます。手首の血管が見えれば、手っ取り早くアンダートーンを判定できます。腕を自然光にかざして、血管が主に何色か見ましょう。[3]
    • 血管が緑色か青色か判別が難しい場合、肌トーンのタイプはニュートラルかもしれません。肌の色がオリーブ系の人はおそらくこのタイプにあてはまるでしょう。[4]
    • 血管が緑色なら、肌トーンのタイプはウォームと判断します。[5]
    • 血管の色が青や紫なら、肌トーンはクールでしょう。[6]
  4. 4
    日光を浴びるとどんな症状があるでしょうか。日焼けして色が残りやすい肌でしょうか。それとも、赤くヤケドになったり、そばかすができたりしやすい肌でしょうか。日焼けの症状を左右する肌のメラニンの量によって、肌トーンのタイプを分けることもできます。[7]
    • 日焼けすると肌の色が濃く残りやすいなら、肌のメラニン色素が多く、アンダートーンはウォームかニュートラルといえます。[8]
    • 日光を浴びて赤くヤケドになったり痛みが出たりする肌は、メラニン色素が少なく、アンダートーンはクールでしょう。[9]
    • 色がとても濃い肌の場合、日光を浴びてヤケドになることはなかなかないため、日焼けの症状でアンダートーンを判断することはできません。他の方法を試しましょう。[10]
  5. 5
    白い紙を顔の近くに当ててみます。白い紙と並べた肌の印象を鏡で見ると、黄みがかっていたり、青みのピンクに見えたり、あるいは灰色に見えたりします。
    • 白い紙を当てた肌が黄みがかっていたり、くすんで見えるなら、肌トーンはウォームでしょう。
    • 肌がピンクやローズ系、青みがかって見えるなら、肌トーンはクールといえます。
    • 紙を当てた肌が灰色に見えるなら、オリーブ系の肌色で肌トーンはニュートラルというタイプでしょう。緑みの肌色とアンダートーンに含まれる黄みが合わさって、このように見えることがあります。[11] このタイプはニュートラルとウォームの間にあたるので、自分はどちら寄りなのか、両タイプの色を様々に試してみましょう。[12]
    • イエローともピンクとも、オリーブとも判別が難しい場合、ニュートラルと判断します。ニュートラルタイプはクールとウォームの要素を併せ持ち、ファンデーションや身に着ける色は両方の系統のものが似合います。[13]
  6. 6
    ゴールドとシルバー、2種類のホイル紙かアクセサリーで肌トーンを見極めます。まず金色のホイル紙、次に銀色のホイル紙を顔の近くに当て、それぞれの反射光との相性を見ます。肌はくすんだり、褪せて見えるでしょうか。より健康的に美しく見えるでしょうか。
    • 金色のホイル紙の方が肌の印象が良いなら、アンダートーンはウォームでしょう。
    • 銀色のホイル紙の方が肌の色つやが映えるなら、アンダートーンはクールでしょう。
    • どちらでも印象が変わらない、どちらも良く似合うという場合、ニュートラルと判定できます。[14]
    • ホイル紙が手元になくても、ゴールドとシルバーそれぞれの色のアクセサリーを手首に当て、どちらの方が肌の印象が良いか見ることができます。[15]
  7. 7
    耳の後ろの肌を見て判断します。顔に酒さ(しゅさ)の赤みやニキビがあると、本来の肌トーンが分かりにくいことがあります。耳のすぐ後ろの肌を誰かに見てもらいましょう。顔にある症状の影響がでにくい箇所です。
    • 耳とそのすぐ後ろの肌の、境の辺りを見てもらいましょう。
    • 黄みの肌であれば、ウォームタイプと判ります。
    • ピンクやローズ系なら、クールタイプといえます。
    • 分かりにくい場合は、白い紙を近くに当ててみると判断しやすくなるでしょう。
  8. 8
    瞳の色をみます。瞳の中の色からもアンダートーンを推測できます。薄い茶色、青や青みの色ならクールタイプ、瞳の中の模様にゴールド系の色があればウォームタイプと考えられます。
    • 例えばアイスブルーの瞳はクール、ハニーブラウンのような黄みの茶色ならウォームの肌トーンといえます。
    広告

方法 2 の 6:
似合う色のリップを選ぶ

  1. 1
    アンダートーンがクールなら、青や紫がかった色の口紅を選びましょう。青みの赤、マゼンタピンク、パープル寄りのブラウンなどが当てはまります。オレンジや、あまり淡い色は、ぼやけた印象になりやすいため避けましょう。[16]
    • 色白肌や明るいベージュ肌には、ラズベリー、モカブラウン、肌になじむヌード系などが特に似合うでしょう。[17]
    • オリーブ色や褐色の肌には、ワイン系、クランベリーなどの色のリップが特に合います。
    • ダークブラウンや、より濃い肌色に特に合う色には、メタリックな質感のルビーレッドや深いワイン色があります。[18]
  2. 2
    ウォームタイプなら赤やオレンジ系のリップカラーを選びましょう。コーラルやピーチ、明るい赤などがとてもよく映えます。[19]
    • 色白肌や明るいベージュ肌の人には、歯を白く見せる効果のある青みの赤や、コーラル、淡いピンクやピーチ系のヌードといった色がよく似合います。[20]
    • 暗めのベージュや褐色の肌には、チェリーレッド、ローズ、薄い青みの紫、コーラル、ベリーといったリップカラーがよく合うでしょう。濃いオレンジ色や朱色、コッパーやブロンズ系の深い赤みの光沢色も似合います。[21]
    • ダークブラウンや、より濃い色の肌なら、明るいブラウン系、コッパーやブロンズ、紫、キャラメル、プラム、ワインなどの色のリップカラーがよく映えます。[22]
  3. 3
    ニュートラルタイプの人はほとんどのリップカラーが似合います。たくさんの色から様々に試してみましょう。
    • 色白肌なら深く鮮やかな色、オリーブや褐色の肌ならコーラル系の色、濃い色の肌ならベリー系の色が、肌の色を引き立てて美しく映えます。[23]
    広告

方法 3 の 6:
似合う色のチークを選ぶ

  1. 1
    クールトーンならピンクを選びましょう。ピンク系のチークが肌のピンクや赤、青みの色の要素と合い、引き立たせてくれます。
    • 明るいベージュ肌、色白肌には淡いピンクが使いやすいでしょう。[24]
    • 暗めのベージュや褐色の肌なら鮮やかなピンクが似合います。[25]
    • ダークブラウンや、濃い色の肌ならベリー系のチークを選んでみましょう。[26] ピンクがかった濃いオレンジ色もよく似合います。[27]
  2. 2
    ウォームトーンにはオレンジ系のチークカラーを選びます。秋の季節に合うような、深みのある暖色を使うと肌のツヤが引き立ちます。
    • 明るいベージュ肌、色白肌なら淡いピーチが使いやすいでしょう。[28] ブロンズ系も似合います。[29]
    • 暗いベージュや褐色の肌にはアプリコットやオレンジみのピーチ、淡い紫、ブロンズやベリー系の色が似合うでしょう。[30]
    • ダークブラウンの肌、より濃い色の肌なら、レンガ色、レーズンや濃いオレンジのチークを選びましょう。[31] フューシャもとてもよく似合います。[32]
  3. 3
    ニュートラルトーンはどんなチークカラーも似合います。たくさんの選択肢の中から特に好みの色を探してみましょう。
    • 色白肌に使いやすいのはピンク系のカラーです。
    • 褐色肌なら、まずはピーチ系を試してみましょう。[33]
    • 濃い色の肌には深く、こっくりした色を選びます。[34]
    広告

方法 4 の 6:
似合う色のアイシャドウを選ぶ

  1. 1
    アンダートーンがクールなら、肌の暖かみを補う色が良いでしょう。冷たい色味ではぼやけた印象になることがあります。あまり肌とのコントラストをつけず、暖かみを与えるような色を選びます。
    • 色白肌には淡いグレージュやピンク、グリーンが似合うでしょう。[35]
    • オリーブ系や褐色の肌ならピンクやピーチのアイカラーが使いやすいでしょう。[36]
    • ダークブラウン肌、より濃い色の肌には、鮮やかで強さのあるジュエルカラーがよく映えます。[37]
  2. 2
    深みのある色を選ぶと、ウォームアンダートーンが活きるアイメイクになります。[38]
    • 色白肌ならアースカラーやブロンズ系を選びましょう。[39]
    • 暗いベージュや褐色の肌にはブロンズ、濃いピンクやピーチ系が映えます。
    • ダークブラウンや、より濃い色の肌なら、深い紫や鮮やかなブルー、エメラルドグリーン、バーガンディなどが良いでしょう。[40]
  3. 3
    どんな色もよく似合うニュートラルなら、いろいろな色で冒険してみましょう。
    • 色白肌なら、ジュエルカラーやアースカラー、メタリックな質感のアイカラーを試してみましょう。[41]
    • 暗めのベージュや褐色の肌なら、ブロンズ系やアースカラー、ピンクやピーチ系が特に似合います。[42]
    • ダークブラウンや、より濃い色の肌は、深いジュエルカラーがよく映えます。[43]
    広告

方法 5 の 6:
似合う色の服を選ぶ

  1. 1
    ウォームアンダートーンの人は、アースカラーや深みのある色が得意です。ベージュ、クリーム、オレンジみのコーラル、マスタードイエロー、オフホワイト、イエロー、オレンジ、ブラウン、黄味の赤、黄味の緑などの色が挙げられます。[44]
    • アクセサリーなど、光沢色を身に着けるならゴールドやブロンズを選びましょう。
  2. 2
    クールアンダートーンの人に良く似合うのはブルー系や、淡めの色です。青みの赤や青みの緑、青、紫、ピンク、緑、プラム、紺、マゼンタなどが得意な色の例です。[45]
    • 身に着けるべき光沢色はシルバーで、アクセサリーもシルバーを選びます。
  3. 3
    ニュートラルタイプはどんな色も着こなせるでしょう。黄みの色、青みの色、どちらもよく似合います。
    • アクセサリーやメタリックなアイテムも、色味を問わず肌との相性が良いでしょう。
    広告

方法 6 の 6:
似合う髪色を選ぶ

  1. 1
    アンダートーンによって、似合うブロンドの色味は異なります。金髪は、特に似合うのは色白肌の人ですが、色味に注意すれば肌の色に関わらず楽しめる髪色です。
    • クールタイプの肌なら、プラチナブロンド、シャンパンブロンドが似合います。
    • ウォームタイプなら、はちみつ色やキャラメル色の黄みのブロンドを選びましょう。
    • ニュートラルタイプはどの色味も楽しめます。[46]
  2. 2
    選択肢が幅が広い髪色はブラウンです。どんな肌色でも、似合う色味を見つけやすいでしょう。
    • クールタイプの肌に合う茶髪は、寒色系のカラー、アッシュカラーで、特にハイライトを入れたスタイルがよく似合います。チェスナットブラウンが一例です。
    • ウォームタイプには深みのあるブラウンがよく似合います。チョコレートブラウン、モカブラウンなどを選びましょう。
    • ダークブラウンの肌、より濃い色の肌なら、肌の色に近いヘアカラーは選ばず、肌より明るい色か暗い色が良いでしょう。クールタイプなら黒や暗いこげ茶色、ウォームならキャラメルやメープルブラウンがよく映えます。
    • ニュートラルタイプはどんな色味のブラウンも楽しめます。[47]
  3. 3
    おしゃれに目立つヘアカラーなら、赤系がぴったりです。赤毛は明るい色の肌に特に似合いますが、他の肌色でもそれぞれ似合いやすい色味があります。
    • ストロベリーブロンドなどのきわめて明るい赤毛は、色白肌で、アンダートーンがクールかニュートラルの人にとてもよく似合います。
    • 色白肌で赤みのアンダートーンなら、暗いとび色や、真っ赤なヘアカラーが似合うでしょう。
    • アンダートーンがウォームであれば肌の色の明るさに関わらず、暗いとび色の髪は似合います。
    • オリーブ系のアンダートーンの人は赤髪は避けるべきでしょう。肌が緑っぽく見えてしまいます。[48]
    広告

関連記事

How to

目の形を判断する

How to

キスマークを偽造する

How to

眉毛にスリットを入れる

How to

片方の眉を上げる

How to

自然な赤みのある唇にする

How to

眼鏡を調整する

How to

血管を浮き上がらせる

How to

ビューラーを使わずにまつ毛をカールさせる

How to

アイラインをきれいに落とす

How to

ローズウォーターを作る

How to

目の色を自然に変える

How to

鼻を細く見せる

How to

フォアダイスを除去する

How to

顔の赤みを取る
広告
  1. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2671032/
  2. http://www.paulaschoice.com/expert-advice/makeup-tips/_/makeup-tips-tricks-skin-tone-categories
  3. http://www.paulaschoice.com/expert-advice/makeup-tips/_/makeup-tips-tricks-skin-tone-categories
  4. http://www.paulaschoice.com/expert-advice/makeup-tips/_/makeup-tips-tricks-skin-tone-categories
  5. http://www.ebay.com/gds/Determining-Skin-Tones-Complexions-/10000000006319819/g.html
  6. http://www.prima.co.uk/fashion-and-beauty/make-up/a21653/lipstick-col
  7. http://www.byrdie.com/best-lipstick-for-skin-tone/slide3
  8. http://alldaychic.com/find-the-perfect-lip-color-for-your-skin-tone/
  9. http://alldaychic.com/find-the-perfect-lip-color-for-your-skin-tone/
  10. http://www.byrdie.com/best-lipstick-for-skin-tone/slide3
  11. http://alldaychic.com/find-the-perfect-lip-color-for-your-skin-tone/
  12. http://alldaychic.com/find-the-perfect-lip-color-for-your-skin-tone/
  13. http://www.instyle.com/beauty/go-right-red-find-your-perfect-red-lip#408139
  14. http://www.byrdie.com/best-lipstick-for-skin-tone/slide3
  15. https://www.allure.com/gallery/best-blush-for-your-skin-tone
  16. https://makeuptutorials.com/how-to-choose-the-right-blush/
  17. http://www.instyle.com/beauty/best-blush-for-every-skin-tone#917386
  18. https://www.makeup.com/makeup-for-dark-skin-tones
  19. https://www.allure.com/gallery/best-blush-for-your-skin-tone
  20. http://www.instyle.com/beauty/best-blush-for-every-skin-tone#917366
  21. https://www.allure.com/gallery/best-blush-for-your-skin-tone
  22. https://www.allure.com/gallery/best-blush-for-your-skin-tone
  23. https://www.makeup.com/makeup-for-dark-skin-tones
  24. https://www.allure.com/gallery/best-blush-for-your-skin-tone
  25. https://www.makeup.com/makeup-for-dark-skin-tones
  26. http://thebeautybean.com/makeup-2/how-to-pick-the-right-eye-shadow-for-your-skintone
  27. https://www.getthegloss.com/article/beauty-tips-how-to-choose-the-right-makeup-colours-for-your-skin-tone
  28. http://thebeautybean.com/makeup-2/how-to-pick-the-right-eye-shadow-for-your-skintone
  29. https://www.getthegloss.com/article/beauty-tips-how-to-choose-the-right-makeup-colours-for-your-skin-tone
  30. https://www.makeup.com/makeup-for-fair-skin-tones
  31. https://www.makeup.com/makeup-for-dark-skin-tones
  32. https://www.makeup.com/makeup-for-fair-skin-tones
  33. https://www.getthegloss.com/article/beauty-tips-how-to-choose-the-right-makeup-colours-for-your-skin-tone
  34. https://www.makeup.com/makeup-for-dark-skin-tones
  35. http://stylecaster.com/cool-warm-skin-undertones/
  36. http://stylecaster.com/cool-warm-skin-undertones/
  37. http://www.instyle.com/hair/find-best-hair-color-your-skin-tone#286126
  38. http://www.instyle.com/hair/find-best-hair-color-your-skin-tone#286102
  39. http://www.byrdie.com/best-hair-color-for-skin-tone/slide2

このwikiHow記事について

Paul Friedman, MD
共著者 by
認定皮膚科医
この記事の共著者 by Paul Friedman, MD. ポール・フリードマン医師はレーザー手術、皮膚形成手術、美容皮膚治療を専門とする認定皮膚科医です。テキサス州にあるヒューストン皮膚科・レーザー手術センターの最高責任者を務めるかたわら、ニューヨーク・レーザー&皮膚形成手術センターにて施術を行っています。ニューヨーク大学医科大学院にて皮膚形成手術学の臨床研修を修了。研修期間中にはチーフレジデントを務めており、その間に行った皮膚手術に関する研究業績が認められ名誉賞Husik Prizeを2度受賞。ニューヨーク・レーザー&皮膚形成手術センターにてフェロー課程を修了。米国皮膚形成手術学会からはYoung Investigator's Writing Competition Awardを授与されました。皮膚形成外科分野における第一人者として認められており、レーザーシステムや治療技術の開発に携わっています。テキサス大学医学部皮膚科学科とウェイルコーネル医科大学付属ヒューストンメソジスト病院の臨床准教授でもあります。 この記事は22,507回アクセスされました。
カテゴリ: メイク
このページは 22,507 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告