PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

新しい服、結婚式用といった特別な場で着るワンピースなどを購入する前に、自分の肌のトーンに合う色を把握しておいた方が良いでしょう。合わない色を選ぶと肌や髪の色がくすんで見えてしまいます。正しい色を選ぶことができれば肌も髪も生き生きとした印象を与えるでしょう。この記事で紹介するポイントを参考にしながら自分の肌のトーンを把握し、それをもとに服やアクセサリー、メイク、そしてヘアカラーを上手に選べるようになりましょう。

パート 1 の 2:
自分の肌のトーンを知る

  1. 1
    肌のトーンとは何か理解する 人の肌の色はそれぞれ異なるものの、大きく「ウォーム」と「クール」に分類することができます。[1] ウォームの色味に当てはまる人の肌はアンダートーンがイエロー、そしてクールの色味に当てはまる人の肌のアンダートーンはピンクです。日焼け(意図的な日焼けでも、時期的な紫外線によるものでも)によって肌の色が普段より黒くなっても、アンダートーンは変わりません。
  2. 2
    血管を観察する 手首、肘、こめかみの部分は皮膚が薄いので血管がよく見えます。肌の色に十分な明るさがあれば目視できるでしょう。
    専門家情報
    Yuka Arora

    Yuka Arora

    メイクアップアーティスト
    抽象的なアイメイクの専門家、ユカ・アロラは独学でメイクアップを学びました。5年以上メイクアップアート(芸術的なメイク)を研究しており、Instagramでは5か月で5万6千人以上のフォロワーを獲得しています。その色鮮やかで抽象的なメイクスタイルはジェフリースターコスメティックス、キャットヴォンディービューティー、セフォラコレクションなど、数々のメイクアップブランドから注目されています。
    Yuka Arora
    Yuka Arora
    メイクアップアーティスト

    血管の見方が分からず困っていませんか? メイクアップアーティストのユカ・アロラさんからのアドバイスです。「最も簡単な部位が手の甲、手首の内側、つまり手の平との境目です。血管が青く見える場合、肌のトーンはクールです。血管が緑に見える場合、肌のトーンはウォームとなります。どちらかはっきりと分からない場合は、ニュートラルの可能性が高いでしょう。ただし、付け加えてピーチやオリーブといったアンダートーンである可能性もあります。ファンデーションを購入する際はこうした点も考慮しましょう」

  3. 3
    「ホワイトペーパーテスト」を行う[2]  顔の肌が赤みがかった色味をしていると、クールトーンだと考えがちですが、女性や紫外線を浴びた直後の肌の赤味はホルモンによるものかもしれません。つまり、顔ではなく首元や胸元の色味を参考にした方が良いでしょう。
    • 白い無地の紙を首、あるいは胸元に当てましょう。
    • 紙の白に対して、どのような色が肌に見えるか観察してみましょう。
    • 青やピンク系の色が見える場合は、肌のトーンがクールであることを意味しています。
    • 緑やゴールド系の色が見える場合は、肌のトーンがウォームであることを意味しています。
    • ニュートラルの場合、色味を見ている時期や紫外線の量によって変わるかもしれません。
  4. 4
    「ジュエリーテスト」を行う 前のステップでも述べたように顔の色味で判断するのは賢明ではないので、イヤリングは用いないようにしましょう。代わりに、ネックレスやブレスレットを用いて肌の色を観察しましょう。このテストを行うにはゴールドとシルバーのアクセサリーが必要となります。自然光の下で、それぞれを身につけた時に肌がどのように見えるか試してみましょう。
    • ゴールドとシルバーのアクセサリーのどちらを身につけている時の方が肌が明るく健康的に見えるか比べてみます。
    • ゴールドであれば、肌のトーンはウォームです。
    • シルバーであればクールということになります。
  5. 5
    紫外線に対する肌の反応を考慮する クールトーンの人が日焼けをしやすく、紫外線を浴びると赤くなります。その一方で、ウォームトーンは赤くならずに小麦肌になります。
    • ただし、肌のトーンを確認するためだけに、わざと紫外線を浴びないようにしましょう。
    • その代わりに、過去の経験を思い出してみましょう。肌が真っ赤になり、痛みも酷かったという記憶があれば、恐らくクールトーンでしょう。あっという間に黒くなった人は、ウォームトーンである可能性が高いでしょう。
    • どちらも当てはまらない、あるいは赤くなってもすぐに落ち着いて小麦肌になる、という人はニュートラルだと考えましょう。
  6. 6
    季節も考慮する ここまでのステップですでに自分はクールとウォームのどちらに当てはまるのかが分かったでしょう。この2種類をそれぞれ2通りに、さらに細分化することができます。クールトーンは夏タイプと冬タイプで、ウォームトーンは春タイプと秋タイプに区分することができます。
    • 夏タイプ:ホワイトペーパーテストを行うと肌のアンダートーンがブルー、レッド、あるいはピンクであることが分かります。また、肌の色と髪や瞳の色の対比も冬タイプよりも優しく柔らかく見えるでしょう。
    • 冬タイプ:ホワイトペーパーテストを行うと肌のアンダートーンがブルー、レッド、あるいはピンクであることが分かります。また、肌の色と髪や瞳の色の対比が強いという特徴があります(色白の肌と黒髪など)。
    • 春タイプ:ホワイトペーパーテストを行うと、肌のアンダートーンがゴールド、クリーム、あるいはピーチであることが分かります。ストロー色(くすんだ黄色)やストロベリーレッドの髪、そばかす、赤みがかった頬、さらに青か緑の瞳という特徴がある人が多いでしょう。
    • 秋タイプ:ホワイトペーパーテストを行うと、肌のアンダートーンがゴールド、暖色、あるいはイエローであることがわかります。
    広告

パート 2 の 2:
肌のトーンに合った色を選ぶ

  1. 1
    どのトーンにも合う色を知っておく 色の中には誰にでも合うものもあります。例えば、色のトーンに限らず、ブライトレッド、ペールピンク、ティール、さらに濃い紫は相性が良いでしょう。
  2. 2
    肌のトーンに合う服を着る[3]  もちろん、自分の着る服全てを肌のトーンに合わせる必要はありません。全部合わせようとすると、同じ色ばかり繰り返し着ることになります。そこで、自分の肌の色味と相性の良い色をいくつか用意してローテーションさせ、他の色は差し色や気分転換を目的として取り入れると、マンネリ化を防ぐことができます。
    • 夏タイプ:アンダートーンがピンク系の人はライラックやペールブルー、パステルカラー、さらに柔らかな中間色の服を選びましょう。鮮やかな色よりも柔らかい色が適しています。
    • 冬タイプ:ブルーやピンクのアンダートーンの人は、白、黒、ネイビーといった鋭い色を選びましょう。
    • 春タイプ:アンダートーンがイエローやオレンジ(ピーチ、オークル、コーラルなど)の服を選びましょう。
    • 秋タイプ:深みのある暖色が合います。コーヒー、キャラメル、ベージュ、トマトレッド、緑などを選びましょう。
  3. 3
    肌のトーン似合うアクセサリーをつける[4]  ジュエリーテストの結果を思い出しましょう。ゴールドとシルバーのどちらが自分の肌をより健康的に明るく見せるかが分かっているので、この結果を取り入れてアクセサリーを選びましょう。
    • クールトーン:夏タイプの人はシルバーやホワイトゴールドを、冬タイプの人はシルバーやプラチナを選びましょう。
    • ウォームトーン:春タイプの人はゴールド、秋タイプの人はゴールドに加え、銅(コッパーやブロンズ)も相性が良いでしょう。
  4. 4
    肌のトーンに合ったメイクをする[5] [6]  ファンデーションとコンシーラーは自分の肌のトーンにできる限り近い色味のものを使うようにしましょう。目元のコンシーラーには、実際の肌のトーンより1段階明るいものを選び、目の下のクマを明るく見せましょう。肌のトーンは紫外線を浴びる量の違いから、夏と冬とでは異なることもあるという点を忘れないようにしましょう。つまり1年を通してメイクを調整することが大切です。
    • 明るい肌:かなり色白で明るい肌(「陶器肌」とも呼ばれるような肌)には柔らかなピンク、タウニー(黄色がかった褐色)、ベージュといった色味が合います。その一方で、オレンジがかった赤の色味は避けましょう。ヌードやピーチといった色味が毎日使う口紅に最適です。特別な場では鮮やかな赤が大胆さを演出します。[7] 灰色がかったペール系の色、「フロスティ」系のアイシャドウなどは映えないので避けるようにしましょう。
    • 明るめ~標準肌:アンダートーンに黄色や真珠光沢が含まれている色のメイク、さらにゴールドのラメが似合います。
    • 自然~健康肌:明るい色、大胆な色からパステルや控えめな色まで幅広い色味のメイクを取り入れることができます。様々な色を試して自分の好みのものを見つけましょう。
    • 健康的~小麦肌:コッパーやブロンズといった濃厚なメタリックカラーが肌の色味を引き立てます。明るいベリー系の色をチークと口紅に選ぶと美しく映えるでしょう。その一方で、白っぽいペール系の色は避けましょう。
  5. 5
    肌のトーンに合うヘアカラーを見つける[8]  ヘアカラーは洋服やアクセサリー、メイクと比べると一度変更するとその効果が長く持続するので、染める前によく考えましょう。適した色でカラーリングをすると肌が明るく、若々しく見えるので、かなり印象が変わるでしょう。
    • アンダートーンがイエローやゴールドのウォームトーンの肌には、深みのある茶(チェスナッツやマホガニー)が合います。赤褐色系のハイライトも良いでしょう。
    • アンダートーンがブルーやレッドのクールトーンの肌には、強いコントラストが映えるので、茶、赤、ブロンドといった鮮やかな色を選びましょう。
    • 赤みがかった色味の肌にはベージュ、ハニー、ゴールド系のカラーリングを用いると肌の色に負けず引き立つでしょう。
    広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
生理を早める生理を早める
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
縮んだ服を伸ばす
髪に付いたガムを取る
防犯タグを外す防犯タグを外す
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
そばかすを消すそばかすを消す
ジーンズについた血液のシミを落とす
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
革に付いた油染みを落とす
タトゥーシールをはがす
お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
広告

このwikiHow記事について

Yuka Arora
共著者 ::
メイクアップアーティスト
この記事の共著者 : Yuka Arora. 抽象的なアイメイクの専門家、ユカ・アロラは独学でメイクアップを学びました。5年以上メイクアップアート(芸術的なメイク)を研究しており、Instagramでは5か月で5万6千人以上のフォロワーを獲得しています。その色鮮やかで抽象的なメイクスタイルはジェフリースターコスメティックス、キャットヴォンディービューティー、セフォラコレクションなど、数々のメイクアップブランドから注目されています。
このページは 353 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告