肌の色を明るくする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:習慣の改善自然素材を使った美白ケアパックで角質ケア出典

肌のトーンアップをかなえる、自然の素材を使ったトリートメントを試してみませんか?市販のクリームなどスキンケア商品は効果が無かったり、実は体にとって有害であることもあります。一方、自然素材を使ったスキンケアは安全で、トーンアップにもとても効果があります。手軽に手に入る材料の中でも、レモン果汁は特に美白効果が望めます。また、日光を避け、自然素材で作るパックでケアすることで肌の色を明るく保つことができます。手作りのナチュラルスキンケアで色白肌を目指す方法を見ていきましょう。

1
習慣の改善

  1. 1
    日光から身を守りましょう肌が自然と濃い色に変色するのは、太陽の紫外線(UV)を浴びたことによる場合がほとんどです。色白肌になることを最優先するなら、なるべく室内にいるようにしましょう。日を浴びないことで可能な限りの明るい肌色になります。やむを得ず外に出るときは最低でもSPF30の日焼け止めを塗って肌を守りましょう。
    • SPF15程度では紫外線A波や紫外線B波を防ぎきることができず、紫外線対策として十分でないというのが現在多くの皮膚科医の見解です。太陽光線の98%以上をブロックできると理想的でしょう。
    • 光から顔を守るために外では帽子をかぶります。特に夏は着用すべきでしょう。売られている帽子にもおしゃれなものがたくさんありますから、紫外線対策をしながらトレンド発信もできるかもしれませんよ。
  2. 2
    肌の角質ケアを週に数回行いましょう。古い角質を取り除き肌のトーンを上げるため、手で行う角質ケアはとても有効です。ただし、まだ日光を浴びていない新しい肌を表面に浮かび上がらせるために角質除去を行うので、古い角質と新しくあらわになる肌に色の差がある場合のみトーンアップの効果があります。
    • ボディスクラブや、角質除去のための粒子が入った洗顔料を使いましょう。普段の洗顔料に細かく挽いたアーモンドやオートミールを混ぜて手作りすることもできます。
    • 全身の角質ケアには、角質除去用のスクラブブラシやドライブラシを使うとよいでしょう。顔の肌は繊細で傷つきやすいため、専用の毛の柔らかいブラシを使いましょう。
    • 角質表面をしっかり除去し、徹底的な角質ケアができる美顔器などの美容家電もあります。知られている商品にはクラリソニックなどがあります。
  3. 3
    効果に期待しすぎないようにしましょう。特に自然素材を使った方法では、元々色の濃い肌が何トーンも明るくなるとは考えにくいでしょう。なるべく明るいトーンをキープするには、日光を避けて肌を健康に保ち、角質ケアと自然素材を使ったトリートメントを定期的に行うことが最善策でしょう。トーンアップのためのフェイシャルケアは週に数回行いましょう。効果を得るには継続が大切です。

2
自然素材を使った美白ケア

レモン果汁液

  1. 1
    レモン果汁液を作ります。レモンの果汁に含まれるアルファヒドロキシ酸(AHA)には角質層表面の古い角質を取り除いて肌のターンオーバーを促す作用があり、天然のピーリング材としてとても効果があります。また、クエン酸にも弱い脱色作用があります。髪にレモン果汁を付けても、脱色が見られるでしょう。手作りのレモン果汁液を塗って少しずつ美白を目指しましょう。[1]
    • レモン半分を絞り、果汁を同量の水と混ぜます。レモン果汁そのままでは肌に刺激が強すぎ、べたつきもあるため、2倍に薄めて使います。
    • 液に綿球を浸し、顔、首、胸、腕など、肌の色を明るくしたい箇所に塗りましょう。
    • 塗ったらそのまま20分置き、その後お湯で流します。レモン果汁液を塗った肌は日光に敏感になっているため、直後の外出は避けましょう。
    • レモン果汁の働きで肌が乾燥することがあります。液を流した後はクリームなどで保湿します。
    • 周に3回使用すると効果が現れやすいでしょう。肌トラブルをまねく恐れがあるため、あまり頻繁には行わないようにします。

じゃがいもを使ったケア

  1. 1
    生のじゃがいもを肌に滑らせましょう。じゃがいもはビタミンCを豊富に含むことから、美白効果があると考えられてます。[要出典] トマトやきゅうりといった野菜もビタミンCを多く含むので、じゃがいもがない場合はこれらで代用しても良いでしょう。多くの市販の美白クリームにもビタミンCが使われていますが、じゃがいもを直接肌に当てる方が効果があります。週に数回、以下の方法で美白を目指しましょう。
    • じゃがいもを厚めのスライスに切ります。
    • 肌の色を明るくしたい箇所をじゃがいもの断面で撫でるようにします。
    • 肌についた水分が乾いたらお湯で洗い流しましょう。

ターメリックペースト

  1. 1
    ターメリックのペーストを作りましょう。ターメリックはウコンの名でも知られるインド由来のスパイスですが、何世紀にも渡って肌の色を明るくするために使われてきました。肌の色を濃くする成分であるメラニンの生成を抑える働きがあると考えられています。この働きは証明されてはいないものの、多くの人がトーンアップを実感しています。ターメリックペーストは以下のように使いましょう。
    • ターメリック粉に適当な量のオリーブオイルを混ぜてペーストを作ります。
    • 肌色を明るくしたい箇所にペーストを薄く塗り拡げます。
    • 20分置き、その後お湯で流しましょう。
    注:ターメリックによって一時的に肌が黄色く染まるように見えますが、色はすぐに洗い流されます。

アロエベラローション

  1. 1
    純粋なアロエベラを使用しましょう。アロエは火傷などに効いて肌の回復を促す抗炎症作用で知られますが、美白にも活用されます。アントラキノンという成分が肌のターンオーバーを促し、ゆるやかに肌の色を明るくする作用があるのです。市販のクリームやローションにもアロエが使われているものは多くありますが、生のアロエベラや100%のアロエベラジュースの使用がより効果的でしょう。
    • アロエを肌にたっぷり塗ります。
    • 20分置いて肌に浸透させ、水分が乾くのを待ちましょう。
    • 洗い流しても肌に塗ったままでもよいでしょう。アロエには肌に良い効果がいくつもあるので、洗い流してはもったいないかもしれません。

グリーンココナッツウォーター

  1. 1
    グリーンココナッツとは若く水分量の多いココナッツのことで、これを肌に使います。多くの天然素材についてそうであるように、ココナッツウォーターに肌のトーンアップ効果があると証明されてはいません。ただ、ココナッツウォーターによって肌色が明るく、さらには肌がやわらかくなめらかになると実感する人は多くいます。[2]
    • 100%のココナッツウォーターを買い求めるか、若いココナッツの実を割いて抽出することもできます。
    • コットンに浸して、肌色を明るくしたい箇所にココナッツウォーターを塗りましょう。
    • 20分置き、お湯で流します。

3
パックで角質ケア

はちみつレモンパック

  1. 1
    はちみつレモンパックを作りましょう。美白作用のある材料とピーリング作用のある材料を混ぜることで、古い角質を除去しながらその下の新しい肌の色を明るくする効果のあるパックができます。レモン果汁に、はちみつと、細かく挽いたオートミールを加えましょう。はちみつは天然の保湿剤で、レモン果汁による乾燥を補うことができます。顔や、好きな箇所に塗り、20分置いて洗い流します。
    • パックを洗い流すときには指の先でやさしく円を描くようにしましょう。挽いたオートミールの粒子がスクラブとして働き、古い角質を取り去って新しい肌があらわにします。
    • 乾燥肌に使う場合はレモンをきゅうりに代えましょう。きゅうりの汁と同量のはちみつを混ぜたものを顔や全身に塗り、15分置いて洗い流します。

オートミールとターメリックのパック

  1. 1
    オートミールとターメリックのパックを作りましょう。美白と同時に肌を洗浄する作用があるため、脂性肌には特に向いている方法です。小さじ2杯のオートミール粉に、ターメリック粉をひとつまみとレモン果汁数滴を混ぜて濃いペーストにします。肌に塗り、乾くまで置きましょう。指を円を描くように動かしてピーリングを促しながら水でペーストを流しましょう。

パパイヤパック

  1. 1
    パパイヤでパックを作りましょう。パパイヤの若い果実から抽出されるパパインという酵素に肌のターンオーバーを促す作用があります。また、ビタミンCも豊富に含まれます。パパインは未成熟の果実に多く含まれるので、緑色の若いパパイヤを選び、以下の方法でパックを作りましょう。
    • パパイヤの皮を剥き、スライスに切ります。
    • パパイヤをブレンダーやミキサーに入れてなめらかなペーストにします。
    • 肌の色を明るくしたい箇所に塗りましょう。
    • そのまま20分置きます。
    • お湯で洗い流します。

ヨーグルトパック・ミルクパック

  1. 1
    プレーンのヨーグルトか成分無調整の牛乳を用意しましょう。どちらも角質除去に効果のあるアルファヒドロキシ酸を含んでいます。プレーンで無加糖のヨーグルトか、成分無調整牛乳を適当な量の挽きオートミールと混ぜ、このペーストを肌に塗りましょう。20分置いた後、やさしく円を描くようにしてお湯で流します。
    • 脂肪分の調整されていないヨーグルトや牛乳を選びましょう。無脂肪乳には必要な酵素が含まれません。
    • スクラブ効果のためにオートミールを混ぜますが、ヨーグルトや牛乳だけをコットンに浸して肌に塗ってもよいでしょう。

ローズウォーターパック

  1. 1
    ローズウォーターのパックを作りましょう。ローズウォーターはシミや、部分的な色素沈着の改善に有効な成分を含んでいます。[3] 牛乳大さじ2杯、レモン果汁大さじ1杯、ベサン粉大さじ1杯、そしてローズウォーター大さじ2杯を混ぜ合わせて肌に塗りましょう。20分置き、流します。

ベサン粉パック

  1. 1
    ベサン粉とは、ひよこ豆を挽いた粉末のことです。ベサン粉のパックは肌を引っ張ったり傷つけたりすることなく、肌にやさしい角質ケアができます。大さじ2杯のベサン粉もしくは小麦粉に、適当な量の水を混ぜてペーストにします。肌を持ち上げるように上方向に塗りましょう。完全に乾くのを待ってお湯で流します。さらに古い角質が落ちやすいように、タオルを肌にぽんぽんと当ててやさしく水分を吸い取りましょう。
    • レモン果汁を大さじ1杯か、ターメリック粉を大さじ2分の1杯を加えるとより効果的です。
    • 乾燥肌に使う場合は生クリームを大さじ4分の1杯加えましょう。

ハルディパック

  1. 1
    ターメリック、ベサン粉、ローズウォーターを混ぜて使います。肌の修復と美白が同時に期待できるパックです。
    • ターメリック粉大さじ1杯とベサン粉小さじ2杯を、ローズウォーターか水と混ぜましょう。
    • 10~15分肌に置き、流しましょう。
    • このパックの使用中はせっけんを使わないようにします。

ポイント

  • レモン果汁液の使用後の肌はクリームなどで保湿しましょう。レモン果汁は肌の乾燥を招くため、敏感肌の場合は特に薄めて使う必要があります。ビタミンCは必ずしもすべての肌と相性が良い訳ではありません。
  • 濃い色のリップカラーやアイカラーのメイクは、色のコントラストの効果で色白肌に見せる効果があります。ただし濃すぎるメイクでピエロのようになってしまわないよう、メイクで強調するパーツは目か唇か、どちらかひとつに絞りましょう。
  • 酸化チタンや酸化亜鉛といったミネラルベースの日焼け止めを選びましょう。これらの紫外線散乱剤は白浮きしてしまうという難点がありますが、色白に見せたい場合にはその難点がむしろうってつけです。白くなりすぎると感じる場合は手持ちのファンデーションと混ぜて色を調整しましょう。
  • 自然の素材を使った方法では美白効果の現れ方が遅いと感じるなら、ハイドロキノン配合の美白クリームを使いましょう。皮膚科医に相談して自分に合ったものを選びます。
  • 細かくした乾燥ココナッツ、米粉、重曹をそれぞれ大さじ1杯と温めた牛乳を混ぜたペーストも、肌の色を明るくする効果があります。顔や体に塗って乾燥させ、水で流しましょう。月に2回行うと良いでしょう。
  • ターメリックに親しみがない場合は刺激的に感じられるかもしれません。
  • ターメリックを使った後は、少なくとも3日間日光から肌を守りましょう。逆に色素沈着につながる恐れがあります。
  • きゅうりにも、いきいきしたツヤ肌に導く効果があります。毎日5~10分間、生のきゅうりの断面を肌に当てて撫でるようにしましょう。徐々に肌色が明るくなってきます。
  • 毎日ローションなどで保湿して、なめらかな美肌を保ちましょう。
  • 毎日たっぷり水を飲みましょう。
  • ローズウォーターは夜のスキンケアに使いましょう。肌にツヤを与え、美白にも役立ちます。
  • 身近な材料でスキンケアパックを手作りしましょう。

注意事項

  • 生まれつきの肌がある程度明るい色である場合のみ、効果があります。今は日に焼けているが元々は色白という人は、十分なケアを続けることで本来の肌色を取り戻すことができるでしょう。生まれつき濃い色の肌では、美白クリームやトリートメントによって明らかに肌色が明るくなることはありません。持って生まれた肌の色は皆それぞれに魅力的です。
  • 漂白剤やヘアブリーチ剤を肌に使ってはいけません。メラニンの漂白には効果がありませんし、大変危険です。
  • ハイドロキノン含有率2%以上の製品を医師の指示なしに使用することは控えましょう。美白効果がある以上に肌にダメージを負うリスクが高いでしょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Get Fair Skin Naturally, Español: tener piel clara, Deutsch: Natürlich helle Haut bekommen, Português: Deixar sua Pele Clara de Maneira Natural, Italiano: Ottenere una Pelle Chiara Naturalmente, Français: avoir une peau plus claire de façon naturelle, 中文: 拥有自然白皙好皮肤, Русский: природными способами осветлить кожу, Čeština: Jak získat světlejší pleť, Nederlands: Op natuurlijke wijze een lichte huid krijgen, Bahasa Indonesia: Mencerahkan Kulit Secara Alami, हिन्दी: गोरी त्वचा पायें (Kaise Kare, Gora Rang), العربية: تفتيح البشرة بطرق طبيعية, Tiếng Việt: Có Làn da Trắng Tự nhiên, 한국어: 밝은 피부를 만드는 방법, Türkçe: Cilt Rengi Doğal Yollarla Nasıl Açılır

このページは 758 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?