肌は年齢を重ねるごとに薄くなる傾向があります。つまり、適切な手入れを続け、しなやかさや厚みを維持することが大切です。コラーゲンが減少し、肌の弾力が失われれると肌は薄くなります。コラーゲンは肌に含まれているたんぱく質で、栄養を与え健康を維持するうえで重要な働きをします。また、長期的なステロイド軟膏の使用も肌が薄くなる原因として考えられます。ステロイド軟膏を塗っていると、肌が傷つきやすく、もろくなり、そして透けていきます。幸いにも、肌の厚みを回復し、より強く、安定させる方法がいくつも存在します。

方法 1 の 3:
スキンケア用品を用いる

  1. 1
    毎日保湿剤を塗る[1]  ビタミンC、A、E、さらにベータカロチンが成分として配合されているものを選ぶと、より効果が高まります。[2] レチンA(ビタミンAの酸性形態)が含まれているものを用いると、肌細胞が増加します。[3] レチンAが配合された製品には、美容液、軟膏、クリームなどがあります。
  2. 2
    ビタミンEを局所的に用いる[4]  ビタミンEが配合されている経口用カプセルを開け、中身を手に取り出し肌に塗りましょう。ビタミンEは特に局所的に用いると肌を厚くする効果があります。[5]
  3. 3
    常に日焼け止めを塗る[6]  日常的に日焼け止めを塗りましょう。夏に気温が高くなる地域では特に大切です。最低でもSPFが15(色白の肌、敏感肌であればそれ以上)の製品を用いましょう。曇っている日でも紫外線は届いているので、忘れずに塗りましょう。
  4. 4
    ステロイド軟膏を控える ステロイド軟膏は肌を薄くしてしまうので可能であれば使用を控えましょう。[7] 湿疹といった症状の治療のためにステロイド剤を処方された際は医師に相談しましょう。皮膚科医であれば、ステロイドを用いない代替的な局所的治療法を考え、必要な薬を処方してくれるでしょう。
  5. 5
    ビタミンCが配合された製品を用いる ビタミンCが配合されている美容液、クリーム、ローションを塗ってみましょう。ビタミンCは肌をふっくらとさせ、コラーゲンの生成を促します。定期的に塗っていると、肌が厚みを増す後押しをします。[8]
  6. 6
    椿油の軟膏を塗る 椿の花の種を絞ると椿油が抽出されます。肌を厚くしたい時は、この椿油も効果的でしょう。
    • 椿油2~3滴、ビタミンEオイル小さじ4分の1、さらにラベンダーオイル3滴、プリムローズオイル小さじ1を混ぜ合わせます。使用直前によく振りましょう。数滴を手に取り、肌にしっかりとすり込みます。
    • 出来上がった軟膏は冷蔵庫で保存します。
  7. 7
    抗酸化物質を局所的に用いる 抗酸化物質は、肌のダメージを防ぎ、ダメージを受けた肌を修復することを目的として局所的に用いることができます。下記の成分が含まれている局所使用の製品を探してみましょう。[9]
    • 緑茶抽出液、ビタミンA、ビタミンE、トコトリエノール、窒化ホウ素、α-リノレン酸、DMAE、ペンタペプチド、植物油(蓮、カレンジュラ、朝鮮人参など)
    広告

方法 2 の 3:
食生活を改善する

  1. 1
    ビタミンCとビタミンEが豊富に含まれた食品を摂取する これらのビタミンは擦り切れてしまった細胞を修復し、加齢の速度を抑える働きをします。ビタミンCが豊富な食品はコラーゲンの生成を増やすので、徐々に肌も厚くなっていきます。[10]
  2. 2
    最低でもコップ8杯分の水を毎日飲む[17]  水は老廃物や毒素を体から流し出す働きをします。結果的に肌の若返りにつながります。また、肌の弾力も改善され、自然な治癒力が高まるでしょう。
    • 水の他にもハーブティーを飲んだり、水分の多い野菜や果物(スイカ、トマト、ビーツ、セロリなど)を食べるなどして水分を摂取しましょう。
    • 水を飲むことで、肌にどれほどの効果が期待できるのかという点については専門家の意見が割れています。主に、肌の前に他の臓器に水が到達するからです。水を飲んでも肌の状態は改善されないと考える専門家もいる一方で、改善されると主張する専門家も存在します。また、仮に効果がないとしても水を飲んで害になるということはありません。[18]
  3. 3
    ボリジオイル、魚油のサプリメントを摂取する ボリジオイル、あるいは魚油のサプリメントを摂取することで食事を補いましょう。[19] 肌の下のコラーゲンを助け、水分を維持するために必要な成分です。
    • こうしたオイルはビタミンB3(肌の健康に重要な栄養素)[20] も豊富に含まれています。 ビタミンB3の一種ナイアシンアミドは、シワが軽減され、肌の弾力も改善する働きも期待できます。
    • 魚油の推奨摂取量は1,0000ミリグラムです。[21] その一方で、ボラジオイルは、年齢、性別、製造メーカーによって230~720ミリグラムといったように開きがあります。[22] 摂取量が大きく異なることもあるので、製品のラベルに記載されている情報をよく確認しましょう。
  4. 4
    ボーンブロスを飲む ボーンブロスとは肉や魚の骨を煮だして出汁をとったスープです。免疫力を高める効果があることで知られています。[23] 鉱物やゼラチンもたっぷりと摂取することができます。ボーンブロスにはコラーゲンも多く含まれているので、関節、髪、そして肌の健康を維持する食べ物としても適しています。セルライトを消し、結合組織の動きを滑らかにします。
    • 草で育てられた牛肉、放牧された鶏肉、天然の魚などの良質な骨が必要となります。こうした骨1キロを4リットル弱の水に加え、煮立たせます。火を弱め、肉であれば24時間、魚であれば8時間煮込みます。
    • 骨を柔らかくし、こし器をつかって簡単にゼラチン状の液体を取り出せるようにする必要があるため、このように長時間をかけてじっくりと煮込みます。出来上がったブロスはそのまま飲んでも、他の料理に加えても良いでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
生活習慣を変える

  1. 1
    毎日体を動かす 40分の散歩や30分のジョギングを毎日行いましょう。体内の循環が改善され、栄養素が体全体に行き渡るようになります。その結果、肌にも若返りと健康維持のために必要な栄養素が届くようになります。[24]
  2. 2
    禁煙する 喫煙は体内のニコチン値を高め、血液循環を低下させます。その結果、肌に吸収されるはずの栄養素が減り、毒素も体外に洗い流されにくくなります。つまり、肌の再生と成長の妨げとなります。[25]
    • 喫煙によって肌から水分が奪われ、必要なビタミン類も枯渇します。[26] ビタミンA、ビタミンB複合体、ビタミンCとE、さらにカリウム、カルシウム、亜鉛といった鉱物も影響を受けます。
  3. 3
    アルコール摂取を減らす アルコール摂取量を減らすか、可能であれば完全に断ちましょう。アルコールを摂取すると体内の毒素が増えます。その結果、肌に悪影響を及ぼし、肌の加齢が加速し薄くなります。[27]
  4. 4
    肌をマッサージして血行を良くする[28]  マッサージをすると血行が良くなり、大切な栄養素の循環を促します。その結果、肌にも栄養が届き、厚くなります。
    • オイルを使い、1か所につき最低90秒間マッサージを行いましょう。1日2回行うと、より効果的です。
  5. 5
    長袖の服を着て肌を守る 肌は太陽光にさらされると薄くなります。従って、長袖、長ズボン、さらにつばの広い帽子を着用することで、紫外線から守りましょう。[29]
    • 紫外線は肌のコラーゲンを破壊し、肌の弾力が失われます。結果的に薄くなり、傷つきやすくなります。
    広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

手術なしで二重を手に入れる

How to

自然に体重を落とす

How to

1日のスケジュールに従って行動する

How to

メジャーなしでウエストを測る

How to

胸を小さくする

How to

アニメ中毒を克服する

How to

自傷跡を隠す

How to

白い肌を手に入れる

How to

静電気を取り除く

How to

自傷行為による傷跡を消す

How to

1ヶ月で痩せる

How to

顔の角質を除去する
広告
  1. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5579659/
  2. https://medlineplus.gov/ency/article/002404.htm
  3. https://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/nutrition-and-healthy-eating/expert-answers/vitamin-c/faq-20058030
  4. https://www.hsph.harvard.edu/nutritionsource/vitamins/vitamin-e/
  5. https://www.mayoclinic.org/drugs-supplements-vitamin-e/art-20364144
  6. https://www.medicalnewstoday.com/articles/324493.php
  7. https://www.mayoclinic.org/drugs-supplements-vitamin-a/art-20365945
  8. https://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/nutrition-and-healthy-eating/in-depth/water/art-20044256
  9. https://www.uwhealth.org/madison-plastic-surgery/the-benefits-of-drinking-water-for-your-skin/26334
  10. https://www.huffpost.com/entry/fish-oil-benefits-skin-hair_n_6639850
  11. https://www.medicalnewstoday.com/articles/219593.php
  12. https://www.healthline.com/nutriontion/fish-oil-dosage#dosages
  13. https://www.healthline.com/health/borage-oil
  14. https://beatcancer.org/blog-posts/5-ways-bone-broth-boosts-your-immune-system-and-fights-cancer
  15. https://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/fitness/in-depth/exercise/art-20048389
  16. https://www.dermnetnz.org/topics/smoking-and-its-effects-on-the-skin/
  17. https://www.webmd.com/smoking-cessation/ss/slideshow-ways-smoking-affects-looks
  18. https://www.insider.com/stop-drinking-what-happens-to-your-skin-2018-8
  19. https://www.sciencedaily.com/releases/2014/04/140416125434.htm
  20. https://www.cancer.org/cancer/skin-cancer/prevention-and-early-detection/uv-protection.html
  21. Kahl, L. E. (2012). The Washington manual rheumatology subspecialty consult. Philadelphia: Wolters Kluwer Health/Lippincott Williams & Wilkins.
  22. Mushlin, S. B., & Greene, H. L. (2009). Decision making in medicine. Edinburgh: Mosby.
  23. Becker, D. G., & Park, S. S. (2008). Revision rhinoplasty. New York: Thieme.

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む10人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,325回アクセスされました。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 2,325 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告