肌を美白する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:自然療法美白用製品や処置を用いる肌によい習慣6 出典

ここでは肌を美白する簡単で効果的な方法をご紹介します。その中には天然素材を用いた自然療法や薬品を使った方法などがあります。また、一般的な肌のお手入れについてもアドバイスします。ここで紹介する方法は肌を美白するだけではなく、そばかすや日焼けによるシミなどを消すことにも役立ちます。

1
自然療法

  1. 1
    レモン汁を使う レモンを半分に切り、半分だけを使い、もう半分は取っておきます。使わない分は必ず冷蔵庫などの冷えた場所に保管してください。ボウルにレモン汁を絞ります。レモンにナイフで深く穴を開けると、レモンが絞りやすくなります。
    • コットンにレモン汁を含ませ、美白したい肌の部分に付けます。場所は美白したい所なら顔でも首でもかまいません。レモン汁が目に入らないように注意しましょう。
    • 15分-20分そのままにした後に洗い流します。ぬるま湯で洗い流しましょう。レモン汁をつけた後は必ず保湿剤をつけてください。
    • これを週に2-3回行います。1日に1回以上レモン汁を肌につけるのはお勧めできません。
    • レモン汁は肌への刺激が強すぎると思ったら、肌につける前に水で半分に薄めてください。
  2. 2
    レモンの顔パックを作る このパックはレモンの酸性成分をゆっくりと毛穴にしみ込ませて、徐々に肌色を変えていきます。
    • 美白パックを作るには、レモン汁大さじ1、トマトジュース大さじ1、キュウリの絞り汁大さじ1、サンダルウッド(ビャクダン)のペースト大さじ1を混ぜ合わせます。それを顔に塗り、15分-20分そのままにします。その後、ぬるま湯で洗い流し、保湿剤を顔につけます。
    • 乾燥肌用の美白パックは粉ミルク大さじ1、ハチミツ大さじ1、レモン汁大さじ1、エッセンシャルオイル2滴を混ぜて作ります。顔に塗って20分-25分そのまま置きます。その後、ぬるま湯で洗い流し、保湿剤をつけます。
    • パック、角質除去剤、表皮剥離剤は週に1度か2度、控えめに使いましょう。肌を乾燥させる物質に肌が長く触れていると、過剰な乾燥や炎症の原因になります。
  3. 3
    レモンの角質除去剤を使う この角質除去剤は天然の美白成分であるクエン酸を使って肌を白くすると共に、肌表面の古くなった皮膚細胞を剥がします。
    • レモンの角質除去剤を作るには、黒砂糖大さじ2、卵白1個分、レモン汁小さじ1を混ぜ合わせます。
    • 角質除去剤を肌にのせ、円を描くようにマッサージします。軽くこするか、10分-15分そのままにして、その後ぬるま湯で洗い流し、保湿します。
  4. 4
    ココナッツ・ウォーターを試してみる ココナッツ・ウォーターには美白効果があると言われています。その他に肌を柔らかくしなやかに保つ効果もあります。コットンにココナッツ・ウォーターをしみ込ませ、顔または美白したい部分に塗ります。洗い流す必要はありません。
    • ココナッツ・ウォーターを飲むと体内から肌に潤いを与えることができます。ココナッツ・ウォーターには必須ミネラルが多く含まれていて、低カロリー飲料です。
  5. 5
    アロエを使う アロエの樹液は緩和作用のある天然物質で、火傷や皮膚の傷などを治癒する効果があります。保湿効果もあり、皮膚の再生を促します。皮膚が再生することでシミをなくし、肌を白くします。
    • アロエの株(苗木専門店などで手に入ります)から葉を切り取り、肌を白くしたい部分にジェル状の葉肉を塗り付けます。
    • アロエは肌に優しいので、副作用を気にせずに好きなだけ使うことができます。[1]
  6. 6
    生のジャガイモを使う 生のジャガイモから出る汁には軽い漂白作用があり、ビタミンC含有量が多いため、自然の力で美白ができます(ビタミンCは多くの美白用製品に含まれています)。
    • この方法は生のジャガイモを半分に切って、白くしたい肌に切り口をこすりつけるだけです。効果が表れるまでにはこれを何度か繰り返す必要があります。
    • 同様の効果が得られる野菜や果物には、ビタミンCを多く含むキュウリやトマトなどがあります。[2]
  7. 7
    ターメリック(うこん)を使う ターメリックはインド料理によく使われるスパイスです。ターメリックにはメラニン(肌を黒くする色素)の生成を妨げ、日焼けした肌を元に戻す効果があることが解かっています。
    • ターメリック小さじ1/2、レモン汁小さじ2、キュウリの絞り汁小さじ2を混ぜ合わせてパックを作り、美白したい部分に塗ります。
    • 15分ほどそのままにして、洗い流します。ターメリックは肌を多少黄色く変色させるかもしれませんが、すぐに消えるので心配はありません。[3]
    • ターメリックは料理に使って体の内側から摂取することもできます。インド風カレーを作ってみましょう。

2
美白用製品や処置を用いる

  1. 1
    美白クリームを使う 市販の美白クリームを使ってみましょう。美白クリームに含まれるコウジ酸、グリコール酸、αハイドロキシ酸、ビタミンC、アルブチン(クワコケモモ抽出液)などには美白効果があります。
    • 別の方法として、皮膚科医にレチノイド(ビタミンAの酸化物)またはハイドロキノンの入った強力な美白クリームを処方してもらうこともできます。
    • こうした美白用製品にはメラニンを減らす作用があります。メラニンはメラノサイトという特別な細胞によって生成される色素のことです。[4]
  2. 2
    美白クリームにはリスクの大きいものがあることを覚えておいてください。リスクの伴わない美白クリームはありません。肌につけるものはなんでも血管に吸収されます。アジア製の美白クリームの中には水銀を含むものがあります。これは水銀中毒の原因になります。[4]

    さらに、
    • 美白用製品を長く使うと、UVA/UVB(紫外線A/紫外線B)に敏感になり、肌の早期老化を促進させます。
    • 美白用製品の使用は上記と同じ理由から皮膚がんの原因になる可能性があります。
    • 美白用製品に含まれるステロイドは皮膚の炎症やニキビを引き起こすことがあります。
    • ハイドロキノンは永久的な皮膚の変色を引き起こすことがあり、経口薬として服用すると発がんの可能性があります。
    • 漂白作用のある天然物質はアレルギーや炎症の原因になるものがあります。
  3. 3
    ケミカルピール(化学薬品による表皮剥離)またはマイクロダーマブレージョンを試してみる ケミカルピールやマイクロダーマブレージョンなどの処置は、皮膚科医が美白を目的として勧めることがあります。このどちらの処置も表皮の黒ずんだ皮膚を取り除き、その下にある新しく白い皮膚を表に出すします。こうした処置はニキビの痕やシミ、その他の色素の問題にも効果があります。
    • ケミカルピールではαハイドロキシ酸のような濃縮酸性溶液を皮膚科医が肌に使用します。表面の黒ずんだ皮膚を酸が溶かし、その下の白い皮膚を外に出します。
    • マイクロダーマブレージョンからも同様の結果が得られますが、その方法は異なります。マイクロダーマブレージョンでは回転するブラシが黒ずんだ皮膚の表面を削り取ります。
    • この二つの方法には多少の痛みが伴い、施術後数日間は皮膚が腫れたり炎症を起こしたりするかもしれません。しかしこれらの処置はとても効果的です。こうした処置が必要かどうか皮膚科医に相談してみてください。[5]
  4. 4
    まずは健康と安全について考える 美白用製品には幾つかの心配な点があります。次に挙げる安全使用のガイドを注意深く読んでください。[4]:
    • 美白を始める前に必ず医師に相談してください。皮膚科医は美白の工程やどのような危険があるかについて詳しく説明してくれるでしょう。
    • 水銀が原材料に使われている製品は絶対に避けましょう。特にアジア製の製品に注意してください。水銀は原材料の欄に「甘汞」「第一水銀」「第二水銀」「マーキュロ」などと表記されている場合があります。

3
肌によい習慣

  1. 1
    禁煙 喫煙は顔色を悪くします(同時にシワも増えます)。肌によいことをしようと思うのなら、まずは禁煙をしましょう。
  2. 2
    日常的に日焼け止めを塗る 太陽は肌に様々な悪影響を与え、日焼けによるシミや炎症、皮膚がんなどを引き起こします。肌を保護し健康な肌を保つためには、毎日日焼け止めを塗ることがとても大切です。曇りの日でも太陽の紫外線は地上に届きます。そのため、冬でも日焼け止めは必要です。
  3. 3
    水をたくさん飲む 肌の水分補給をしましょう。水分補給で肌が白くなることはありませんが、肌を健康に保ちます。健康な肌は古い皮膚を取り除き、肌の再生を促します。これにより古い黒ずんだ皮膚が剥がれてその下の新しい皮膚が現れます。最大の効果を得るためには一日にグラスに6-8杯の水を飲みましょう。
  4. 4
    肌を清潔に保つ 肌のお手入れには注意深いスキンケアの方法で最高の肌コンディションを保つことが大切です。
    • 泡洗顔料または石鹸を用いて一日二回、洗顔をしましょう。その後は保湿をお忘れなく。週一回は角質除去剤を使って古い皮膚細胞を取り除きましょう。
    • 必ず肌に合ったやさしいスキンケア製品を使用してください。肌に合わないスキンケア製品を使うと肌が赤くただれることがあります。絶対にいやですよね。
    • 就寝前に必ず化粧を落としましょう。そうしないと皮脂が毛穴を詰まらせて、顔色が悪くなり、ニキビの原因にもなります。
    • 体の皮膚については、有機パパイヤ石鹸に美白効果があります。ただ乾燥しやすいので、使用後は保湿をしっかりしてください。[6]
  5. 5
    ヘルシーな食事を摂る ビタミンや他の栄養素が豊富な食事は皮膚の健康を保ち、肌の外見をよくします。新鮮な野菜や果物をたくさん食べましょう。とくにビタミンA、ビタミンC,ビタミンEを含んだ食品は肌に潤いを与えます。

ポイント

  • なるべく日光に当たらないようにしましょう。
  • 白い肌を保つには日焼け止めが欠かせません。太陽が出ていなくても毎日、日焼け止めを使いましょう。紫外線は曇っていても地上に届きます。
  • 誰が何と言っても、自分を誇らしく思いましょう。
  • 美白用製品を使ってみましょう。

注意事項

  • レモン汁は極めて酸性度が高いので肌を敏感にさせるかもしれません。レモン汁で皮膚がヒリヒリしたら、肌につけるのは毎日ではなく二日に一度にしてください。それでもまだ刺激を感じたら、使用をやめましょう。
  • 肌につける前に全ての製品の原材料を確認しましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Make Your Skin Lighter, Français: éclaircir sa peau, Español: hacer la piel más clara, Deutsch: Hellere Haut bekommen, Português: Deixar sua Pele mais Clara, Nederlands: Je huid lichter maken, Italiano: Rendere la tua Pelle più Chiara, Русский: сделать кожу светлее, Čeština: Jak si zesvětlit pokožku, Bahasa Indonesia: Mencerahkan Kulit, 中文: 美白, 한국어: 밝은 피부를 만드는 법, हिन्दी: अपनी त्वचा को गोरा बनायें, العربية: تفتيح بشرتك, Tiếng Việt: Làm Sáng Da, Türkçe: Cilt Rengi Nasıl Açılır

このページは 20,760 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?