肌を若々しくする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 52 出典

この記事には:良いスキンケアを取り入れる生活習慣を見直し、肌を改善する自宅でケアする治療でたるみを改善する

人を認識するとき、または人と話すときに一番目が行きやすいのは顔です。しかし、年齢を重ねると肌が変化し、昔ほど顔に自信が持てなくなるかもしれません。若々しい顔と光沢感のある肌は、健康と生命力の象徴でもあり、そういった肌を手に入れることで周りの人からの反応にも影響しかねません。[1]良質なスキンケアを取り入れること、生活習慣を変えること、そして美容治療を受けることで、顔が若々しく蘇り輝く肌を手に入れることができます。

パート 1
良いスキンケアを取り入れる

  1. 1
    定期的にやさしく洗顔する 特に年齢を重ねるにつれて、過剰に汚れた肌やにきびは肌を老けて見せます。 肌を清潔に保つと、汚れやにきびがしわに定着しなくなり、吹き出物を防ぐことができます。[2]
    • pH値が中性で刺激の少ない洗顔料を使いましょう。[3]人間の肌は本来pH5ほどで、このpH値を保つことができる洗顔料を使うと良いでしょう。商品説明に、詳細なpH値や 「弱酸性」「中性」などと表示されている洗顔料もあるので参考にしましょう。[4]
    • 脂性肌の人は、オイルフリーの洗顔料を使いましょう。乾燥肌には、グリセリンが配合されている、またはクリームベースの洗顔料が最適です。[5]
    • 洗顔中は、やさしく泡を押すようにして洗顔料を肌に摺り込みましょう。肌を手荒く扱うと、炎症や老化につながりかねません。
    • すすぎはぬるま湯で行いましょう。熱すぎるお湯は肌に必要な油分を奪い炎症を引き起こすだけでなく、肌を老化させます。[6]
  2. 2
    洗いすぎに注意する 定期的な洗顔は大切ですが、洗いすぎには注意しましょう。肌を水にさらしすぎる行為や洗顔料自体が、顔の油分を奪うことがあります。また、洗顔のしすぎは炎症を引き起こし、顔の光沢感や若々しさを損なうこともあるので注意が必要です。[7]
    • とりわけ活動的な日を除き、洗顔は1日に2回までに抑えましょう。[8]活動量や運動量が多い人は、汗をかいたとき、汚れたとき、またはシャワーを浴びるときなどに低刺激の洗顔料で洗顔しましょう。
  3. 3
    毎日保湿剤を塗る 毎日、コラーゲンとエラスチンの生成を促進させる保湿剤を塗りましょう。肌を適切に保湿すると、張りが生まれてしわを防ぐので、若々しく見えます。[9]
    • 脂性肌の人も、保湿剤は毎日使いましょう。オイルフリーの保湿剤を選ぶと良いでしょう。
    • 保湿剤はコラーゲンとエラスチンの生成を促す効果があるものに限らず、シリコーンやヒアルロン酸なども含まれたものを使うと、肌に張りが生まれて若々しく見えます。商品ラベルを読んで、成分を確認しましょう。しかし、大げさな効果を謳い消費者を過剰に期待させる商品が多いのもまた事実です。アットコスメなど、オンラインの消費者口コミサイトを参考にして商品を選びましょう。
    • 日焼け止め効果のある保湿剤を使うと、しわの予防にもなります。
    • 夜は加湿器を使い部屋の湿度を上げて、肌の保湿力を高めても良いでしょう。[10]
  4. 4
    角質を取り除く 角質や汚れが毛穴やしわに入り込むと、肌が老けて見えます。低刺激の角質除去剤を使って汚れを落とすと、吹き出物の予防にもなります。
    • 角質除去剤は、肌表面の汚れを落とすものであり、しわを薄くする効果はありません。
    • 合成または天然成分で出来た粒子が含まれた角質除去剤を使うと、炎症を最低限に抑えられます。
    • 柔らかい素材の洗顔タオルをやさしく肌に滑らせ、角質を除去しても良いでしょう。

パート 2
生活習慣を見直し、肌を改善する

  1. 1
    顔の筋肉を動かす 顔の筋肉を伸ばしたり動かしたりすると、血液循環が促されてしわが深くなるのを防ぐことができます。以下の運動を1日1~2回行い、顔に張りと若々しさを取り戻しましょう。
    • 額に手のひらを当て、そのまま額を手のひらに押し付けるようにして、10秒間固定します。
    • 姿勢を正して座り、頭を後ろに傾けて顎が天井に向くようにしましょう。この時、口は閉じます。そのまま口を咀嚼するように動かし、顔の筋肉が動いていることを感じましょう。この運動を20回繰り返します。
    • 頭を後ろに傾けて、唇を20秒間突き出しましょう。この運動を2回繰り返します。
  2. 2
    顔の表情を豊かにする 顔の筋肉を使っているときは、皮膚の下で窪みが形成されます。年齢を重ねると共に肌は老化し弾力性を失うので、この窪みを埋めることができずしわができます。表情を豊かにすると、皮膚の弾力をより長く継続することができます。[11]
    • 定期的な運動を習慣づけましょう。血液循環が促進され健康が持続できるだけではなく、肌を若返らせる効果も期待できるでしょう。
  3. 3
    肌に良い食事を摂る 栄養バランスのとれた食事は肌を保護するだけではなく、弾力を失うなどの老化現象を遅らせることができるということが研究で証明されています。[12] フルーツや野菜などの肌に良い食事を摂ると、肌を若々しく保つことができるでしょう。[13]
    • 脂肪や糖分が多い食べ物は、細胞のターンオーバー(表皮の新陳代謝)を遅らせ肌の老化を進行させるので避けましょう。[14]
    • ビタミンAやベータカロチンを多く含むフルーツや野菜は、細胞のターンオーバーを活性化し、肌を健康にします。黄色やオレンジ色のフルーツや野菜は、ビタミンAやベータカロチンを多く含みます。
    • かんきつ類などのフルーツはビタミンCを多く含み、若々しい肌をつくるのに効果的であるということを証明した研究があります。[15]
    • くるみやオリーブオイルなどは、必須脂肪酸を多く含んでおり、肌細胞の潤いを保つ役割を果たします。[16]
    • 脂肪分は体に有害で、肌の老化を進行させるので避けましょう。[17]
    • 不健康な食べ物の代わりに、健康的な肌をつくる栄養価の高い食べ物を摂るようにしましょう。
  4. 4
    水分を多く摂る 内側と外側、両方から潤っている肌は、たいていふっくらとして張りがあります。水やその他の水分を毎日十分に摂取すると、健康的で若々しい肌を保つことができます。[18]
    • 女性が1日に必要な水分量はコップ9杯で、男性は13杯です。[19]
    • 水分は肌に良いものを選びましょう。カフェインの入っていないお茶や、ソーダ、ジュースなどが良いでしょう。
    • 水分は飲み物からだけではなく、フルーツや野菜からも摂取できることを覚えておきましょう。
    • 時々であればコーヒーやカフェイン入りのお茶、ソフトドリンクを飲んでも良いですが、こういった飲料は体から水分を奪うということを覚えておきましょう。
  5. 5
    日光を避ける、または制限する 太陽の光に含まれる紫外線は、肌の張りを保つ役割をするコラーゲンとエラスチンの線維を壊し、老化現象を加速させます。 つまり、肌は長時間日光にさらされると老化が進行するので、日光を避けるか日に当たる時間を制限しましょう。[20]
    • 毎日、SPFの高い日焼け止めを広範囲に塗りましょう。
    • つばの広い帽子をかぶり、肌が日に当たらないようにしましょう。
    • ビーチやプール、ゴルフコースなどでは日傘やパラソルを使いましょう。
  6. 6
    禁煙する 紫外線と同じように、喫煙も肌の老化現象を加速させます。[21] より長く張りのある若々しい肌を保つために、禁煙しましょう。[22]
    • 喫煙者の肌、特に口の周りを観察してみましょう。喫煙することで肌が乾燥するだけではなく、しわの形成にもつながります。[23]
    • 禁煙は医者に相談して、効果的な治療計画を立ててもらいましょう。
  7. 7
    ストレス管理をする ストレスはきちんと管理しないと、肌が敏感になり加齢などの肌トラブルにつながりやすくなります。[24] 毎日の生活においてストレスを最小限に抑えると、若々しい肌が保てるでしょう。[25]
    • 仕事量などに制限を設けたり「やることリスト」を縮小したりして、1日の計画を立てましょう。また、 1日の中でリラックスできる時間を設け、不要なストレスは避けましょう。[26]
    • 出来るだけストレスの多い状況を避けましょう。
    • 毎日決まった時間に携帯電話、パソコン、またはその他の電子機器から離れ、世間から自分を切り離しましょう。温かいお風呂に入ると、リラックス効果を得られストレス解消になるでしょう。
    • 短い散歩に出掛けたり軽い運動をしたりすると、緊張を和らげストレスを軽減することができます。筋肉を緊張させすぎないよう、運動はヨガなど軽いものを選びましょう。
    • 瞑想を取り入れても良いでしょう。血圧や心拍を下げ、不安や気分の落ち込み、ストレスを和らげる効果があります。また、リラックス効果もあるので、体全体の健康につながります。
  8. 8
    老化を美しいものとして受け入れる 年齢を重ねると、自分を把握できている、自信があるなど良い面もあります。丸みを帯びた体やたるんだ輪郭も、経験と知恵の勲章として受け入れましょう。
    • 内面の美しさは表情からにじみ出て、それが若々しく見える秘訣にもつながります。健康な肌と輝く笑顔は、女性の見た目に驚くべき効果をもたらします。[27]

パート 3
自宅でケアする

  1. 1
    外用レチノイドを塗る レチノイドはビタミンAの一種で、肌の弾力性、しわ、シミに効果的にはたらき肌も滑らかになるので、使用すると肌が若々しくなります。[28]
    • 肌の老化を抑えるために皮膚科医やかかりつけの医師に相談し、レチノイドの一種であるトレチノインなどを処方してもらいましょう。
    • 美容目的に使用されるレチノイドは、保険が適用されないので注意しましょう。
    • レチノイドの配合が少ない市販のクリームを使っても良いでしょう。処方される外用レチノイドほど強力な効果があるわけではなく、長期に渡り使用しても肌に変化が見られない場合もあります。
    • レチノイドを使用すると、肌に赤み、乾燥、痛みなどを伴うことがあります。[29] 肌を保湿して日光を避けると、赤みを抑えることができるでしょう。[30]
  2. 2
    アイクリームを塗る 昔から目は心の窓だと考えられています。アイクリームを毎日朝晩使うと、しわやたるみ、むくみやクマを抑えることができ、見た目も若々しくなるでしょう。
    • アプリケーターがローラー状になっているアイクリームを使うと、むくみが改善されてより生き生きとした表情を作ることができます。
    • 日中用のアイクリームは、目元をふっくらとさせる皮膚柔軟剤や、クマを明るくするマイカが配合されているものを選びましょう。
    • 日中または夜用のアイクリームとして、ビタミンA、ビタミンC、コラーゲン、ペプチドなどが配合されたものを使うと、目元全体の印象が良くなります。商品ラベルの成分表示を読んで商品を選びましょう。また、他のスキンケア商品と同様に皮膚科医に相談するか、口コミなどを読んでから商品を購入するのも手です。
    • アイクリームは薬指で塗りましょう。目元の皮膚は繊細で薄いので、やさしくクリームを塗らないとたるみの原因にもなります。薬指を使うと、力を入れすぎることなくアイクリームを塗ることができます。
  3. 3
    自宅でマイクロクリスタル・ピーリングをする 以前、マイクロクリスタル・ピーリングは病院での治療時だけに取り扱われていましたが、現在ではスキンケア会社が、病院で受けるものほど強力ではないものの、同様のピーリングが自宅でできる商品を販売しています。医療に頼りすぎたくない人は、こういった商品を使っても良いでしょう。
    • マイクロクリスタル・ピーリングができる商品は、主にインターネットで販売しています。
    • マイクロクリスタル・ピーリングを自宅で使用する場合は、事前に医師に相談しましょう。肌の状態が悪い、またはアレルギーがある場合は、使用を止められることがあるでしょう。
    • 購入した商品の説明書に沿って使用しましょう。適切な方法で使用しないと、結果的に肌を傷付けることがあります。
    • 自宅で使えるマイクロクリスタル・ピーリングは、医師が使用するものよりも極めて効果の低い成分配合であることを念頭に置いておきましょう。そのため、使用しても病院で同様のピーリング治療を受けた後と同じだけの効果は期待できないでしょう。
  4. 4
    メイクをする 化粧品の技術は大きく進化しています。新しい処方によって、肌の老化を隠すだけでなく、加齢を抑えるのに有効な商品もあります。戦略的に商品を選んで使うと、肌全体が明るく生き生きとするでしょう。[31]
    • メイクを厚塗りするのは避けましょう。アイシャドウやファンデーションを厚塗りすると、きれいに仕上がらず老けて見えます。
    • プライマー(下地)を使って、色むらや色素沈着を隠しましょう。プライマーには光を反射する効果があり、肌を若々しく見せることができます。
    • リキッドファンデーションや色付きの保湿剤を使い、肌色を均一にして後に塗るチークが乗りやすい土台を作りましょう。クリームファンデーションは法令線やしわにたまるので避けましょう。プライマーとファンデーションを塗った後は、お好みで無色のパウダーをはたいてセットしても良いでしょう。
    • クリームチークを使って肌を仕上げると、肌に健康的で若々しい艶が加わります。チークは頬の一番高い位置に乗せて、若々しく丸みのある頬を再現しましょう。
    • 目元のたるみを軽減し、目が大きく若々しく見えるアイメイクをしましょう。ベージュや薄いブラウンなど、肌色に近い明るい色を目の際から眉下まで乗せましょう。グレー、ブラウン、ブラックなど、締め色のアイシャドウで目の際を埋めて、目元を強調しつつ柔らかい印象に仕上げましょう。仕上げにマスカラを一度塗りします。

パート 4
治療でたるみを改善する

  1. 1
    ライトソース、レーザー、高周波セラピーを受ける この3つの治療方法は、肌のコラーゲン生成を促進する効果があります。[32] 新たに生成されたコラーゲンは、張りのある若々しい肌をつくります。治療を受ける前に以下の点に注意しましょう。
    • ライトソースやレーザーは表皮を削り取り、真皮に熱を加えることによってコラーゲンの生成を促します。この治療によって傷つけられた皮膚は、回復する過程で滑らかになり引き締まります。[33]
    • ライトソースやレーザーによりリサーフェシング(古い皮膚を取り除き、新しい皮膚を作り出すこと)が行われます。これにより、ダウンタイム(皮膚の修復までにかかる時間)に数ヶ月かかる、傷が残る、皮膚が明るくなるまたは暗くなることがあるので、念頭に置いておきましょう。[34]
    • 肌を削り取らないレーザー治療もあります。たるみやしわが少ない人は、このタイプのレーザーが良いでしょう。[35]
    • また、高周波を使った治療も肌を削り取らずに治療を受けることができます。効果は軽度から中程度といったところで、ライトソースやレーザーよりも効果が弱いでしょう。[36]
    • この様な美容を目的としたレーザー治療などは、保険が適用されないので注意しましょう。
  2. 2
    ピーリングをする レーザーやライトソースなどの治療に不安を覚える人は、侵襲性が低い治療を検討しましょう。そういった治療の中には、表皮を取り除いて肌に張りと若々しさをもたらすケミカルピーリング、皮膚切除術、または前述したマイクロクリスタル・ピーリングが含まれます。[37] この様な治療を受けることを検討している人は、以下の事実も把握しておきましょう。
    • ケミカルピーリングは、皮膚に酸性の薬剤を塗る治療方法で、この薬剤がしわやシミを焼き取る役目を果たします。[38] ケミカルピーリングのダウンタイムは数週間で、結果が出るまでに何度か治療が必要でしょう。[39]
    • 皮膚切除術は、表皮を削り取り[40]、新しく若い肌を生成する治療方法です。[41] ダウンタイムは2~3ヶ月です。[42]
    • マイクロクリスタル・ピーリングは皮膚切除術と似ていますが、削る皮膚の表面がより薄いのが特徴です。結果が出るまでに数回の治療が必要ですが、皮膚切除術よりもダウンタイムが短くて済みます。[43] この治療は、必ずしも劇的な効果が期待できるわけではありません。[44]
    • この様な美容ピーリングは、保険が適用されないので注意しましょう。
  3. 3
    ボトックス注射をする ボトックスはA型ボツリヌス毒素を成分とした注射です。肌を滑らかにし、しわを軽減する効果があります。[45] 皮膚を削るなど侵襲性を伴う治療を避けたい人は、ボトックスを打つという手もあります。[46]ボトックスを打つ前に以下の点に注意しましょう。
    • ボトックスの効果は3~4ヶ月持続します。効果を持続したい場合は、ボトックスを繰り返し打つ必要があります。[47]
    • ボトックスは筋肉の収縮を抑え、顔の筋肉を動かしにくくします。このため、顔の表情が作りにくくなることがあります。
    • 美容を目的としたボトックス注射は、保険が適用されないので注意しましょう。
  4. 4
    軟組織フィラー注射をする 美容を目的とした注射には、ボトックス以外にもフィラーがあります。脂肪、コラーゲン、ヒアルロン酸といった軟組織を使い、皮膚をふっくらとさせて張りを持たせます。[48] フィラー注射を打つ前に、以下の点に注意しましょう。
    • 腫れ、赤み、あざなどを引き起こすことがあります。[49]
    • フィラーの効果は2~3ヶ月持続します。ボトックスと同様、効果を持続したい場合は繰り返しフィラーを打つ必要があります。[50]
    • 美容を目的としたフィラー注射は、保険が適用されないので注意しましょう。
  5. 5
    フェイスリフトの手術を受ける 若々しい肌を手に入れたいという強い希望があれば、フェイスリフトを受けるという手もあります。しかし、フェイスリフトは若返りの治療としては最も大掛かりな方法なので、よく考えて医師と相談をした後にのみ行う必要があります。フェイスリフトの手術を受ける前に、以下の点に注意しましょう。
    • フェイスリフトには、深刻な医学的危険性を伴うことがあります。
    • フェイスリフトは、余分な皮膚や脂肪を除去し、顔の筋肉と結合組織を引き締める手術です。
    • ダウンタイムは長期間に渡り、術後はあざやむくみが何週間も消えないでしょう。[51]
    • フェイスリフトの効果は5~10年継続します。[52]
    • 美容を目的としたフェイスリフトは、保険が適用されないので注意しましょう。

出典

  1. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2811283/
  2. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/symptoms/con-20020580
  3. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/adult-health/in-depth/skin-care/art-20048237?pg=2
  4. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18489300
  5. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  6. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/adult-health/in-depth/skin-care/art-20048237?pg=2
  7. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/adult-health/in-depth/skin-care/art-20048237?pg=2
  8. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  9. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/wrinkles/basics/prevention/con-20029887
続きを 表示する… (43)

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Make Your Face Look Younger, Español: hacer que tu cara luzca más joven, Português: Deixar seu Rosto Mais Jovem, Italiano: Avere un Viso dall'Aspetto più Giovane, Русский: сделать лицо моложе, Deutsch: Das Gesicht jünger aussehen lassen, Français: faire paraitre son visage plus jeune, Bahasa Indonesia: Membuat Wajah Tampak Lebih Muda, العربية: جعل وجهك يبدو أصغر, Tiếng Việt: Làm cho gương mặt trông trẻ hơn, ไทย: ทำให้ใบหน้าดูอ่อนเยาว์ยิ่งขึ้น, Nederlands: Je gezicht jonger laten lijken, हिन्दी: अपने चेहरे को जवां दिखाएँ, 中文: 让脸看起来更年轻, 한국어: 동안 만드는 방법, Türkçe: Yüzün Genç Görünmesi Nasıl Sağlanır

このページは 1,171 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?