肌を焼きたいと考えていますか?肌に小麦色に光っていると見栄えよくなると感じている人は多く、肌の色を濃くするための様々な方法があります。しかし、中にはリスクをはらんでいるものがあることに注意しなければなりません。肌にダメージが起こらないように、必ず気をつける必要があります。それでも肌を焼きたいという場合のために、その方法をご紹介します。

方法 1 の 3:
肌を焼く準備をする

  1. 1
    肌に水分補給をし、保湿しましょうこれらを行うと日焼けの色が長持ちし、またよく焼けるようにもなります。日焼けローションを塗った後、4時間入浴を控えると、色が落ちにくくなります。
    • 日焼けの前に運動をすることでも、肌が早く焼けるようになります。これは、運動をすると血液の循環が促進され、それにより焼けやすくなるためです。
    • 水分補給を行うには、一日を通してたくさんの水を飲むようにしましょう。ローションで肌を保湿すれば、日焼けした後に色が落ちるのも防ぎます。
  2. 2
    日焼けの前に肌の角質を取りましょうこれは、皮膚の外側にある古い肌細胞を取り除き、日焼けしやすくすることを言います。[1]
    • 角質を取ると、肌の荒れた部分も取り除け、肌全体の見た目も改善します。角質取りは、へちま、垢すりミトン、スクラブを使って行えます。[2]
    • 肌に少量のスクラブをつけて円を描くようにこすると、古くなった細胞が剥がれて肌の表面が滑らかになります。また、肌がムラなく焼けるようになり、色が長持ちする効果があります。
  3. 3
    ひどい日焼けを防ぎましょう。日焼けの方法を間違うと、健康的な小麦色に焼けるのではなく、ひどいやけどになってしまいます。そのため、日焼けは正しく行い、肌を守りましょう。[3]
    • すでに日焼けをしている、あるいは長時間日に当たっている場合は、肌がやけどをしにくくなっています。[4][5]太陽の下で過ごす時間を気にするようにしましょう。長時間日光を浴びすぎると肌に悪く、日焼けではなくひどいやけどが起こることがあります。ローションやスプレーを使用せずに日焼けをする場合は少しずつ焼くようにし、日焼け止めも使いましょう。
    • 日焼けをする際にベビーオイルを使わないようにしましょう。ひどいやけどになる場合があります。SPF値が15以上の日焼け止めローションやスプレーを使いましょう。世間の考えとは違い、これらを使うと日焼けしないわけではありません。単に、肌の乾燥、早期の老化、さらには皮膚がんなどの紫外線が原因となるダメージから肌を守る効果があるだけです。
    広告

方法 2 の 3:
太陽に頼らず肌に色をつける

  1. 1
    リスクが最も低い日焼け方法であるセルフタンニングを試しましょう。最近では、たいていの市販のセルフタンニング剤を使っても肌がオレンジ色になることがなく、天然の日焼けと同様の色がつけられます。
    • セルフタンニングの利点は、日焼けマシンや太陽の光で焼く場合のような肌ダメージがないことです。また、スプレータンニングを行う時のように、化学物質を吸い込む危険性もありません。ボトルに入ったセルフタンニング剤を選びましょう。[6]
    • セルフタンニング剤には、様々な人に合うように作られた、いろいろな形式の異なる製品があります。まずは少量を肌に塗って試し、自分に合うものを探しましょう。
    • タンニングクリームを使いましょう。タンニングクリームは一時的に肌を茶色くするものですが、限りなく自然に近い色を短時間つけられます。ブロンズローションも、肌を自然な小麦色にするのに効果的です。セルフタンニング剤が含まれているため、日光で日焼けをする際に、肌に人工的に色をつけておくことができます。[7]
  2. 2
    サンオイルを塗りましょう。日光や日焼けマシンで焼いたような小麦色になるのを促進する日焼け用製品がたくさん販売されています。肌が濃い色になることを約束しているものや、サンオイル、サンタンローションなどと名前がついているものを探しましょう。
    • これらの製品を使うと、金色がかった小麦色の肌が実現します。
    • ローション状のものは肌を潤す効果があり、そのため肌が紫外線を吸収しやすくなります。サンタンローションの中には、化粧用のブロンザーが入っているものもあります。[8]
  3. 3
    スプレータンニングを選びましょう。スプレータンニングはサロンで行え、価格は各サロンによって異なります。肌にダメージを与えずに、肌を小麦色にできます。
    • サロンでは、たいていスタッフが実際にあなたの体に色を吹き付けて施術します。スプレータンニングに関して、特にスプレーを吸い込んだり口から体内に入ったりした場合の安全性を懸念している研究者もいることを留意しておきましょう。[9][10]
    • スプレータンニングは3~7日間色が持続します。色の濃さを選ぶこともできます。濃い色をつけたいなら、1番濃い色相の使用を依頼しましょう。実際にスプレーする際には、適切な保護剤や保護具で目、唇、口、その他必要な部分を保護することが極めて重要です。[11]
  4. 4
    早く日焼けするには日焼けマシンを利用しましょう。肌を早く焼きたい場合は、日光の下で座っているよりも日焼けマシンを使う方が早く小麦色になります。[12]というのも、日焼けマシンで5分焼くのは、日光で2時間焼くのと同様の効果があるためです。[13]
    • 毎日日焼けマシンで数分間焼けば、すぐに小麦色になります。小麦色になるための重要なポイントは体内でメラニンを生成させることで、人間の肌がメラニンにより色が黒くなるには、通常5~7日かかります。
    • 毎日日焼けマシンを利用すれば、肌の色が黒くなる速度が上がります(しかし、他の日焼け方法と同様に、肌ダメージや皮膚がんが発生することがあります)。基本となる色がついたら、日光浴または日焼けマシンで数日ごとに短時間焼き、肌の色を濃くしていくとよいでしょう。長時間焼きすぎたり、すぐに真っ黒に焼こうとしたりすると、肌が乾燥して皮がむけ、見た目が悪くなります。
    • 日焼けマシンで焼くと、皮膚がんや早期の老化のリスクが非常に高まることがあるため、危険です。日焼けマシンを利用すると決めたら、その業界の専門家の指示の下で行いましょう。やけどを起こす可能性があるため、専門家から指示された回数を超えて焼かないようにします。日焼けマシンを使う場合は、徐々に焼くのが最適です。
    広告

方法 3 の 3:
日光で焼く

  1. 1
    濃い色に焼くには海水を利用しましょう。海水に含まれる塩が日光を引き込むため、日焼けを促進する効果があるという人もいます。そのため、ビーチにいる時にはその効果を利用しましょう。
    • 海の中に入り海水に体を浸けたら、日光浴に戻ります。これを何度か行えば、色が濃くなっているのが分かります。オリーブオイルを使用してみてもよいでしょう。[14]
    • 他の日焼け方法と同様に、やけどを起こさないように気をつけましょう。肌に当たる日光の量が多いほど、ダメージが起こりやすくなります。
    • 反射板を使って、日光をより多く取り込んでもよいでしょう。
  2. 2
    アフターケアローションを使用して肌の潤いを保ちましょう。日焼け後は、必ずアフターケアローションを塗りましょう。肌を冷やし、鎮静する効果があります。
    • アフターケアローションはヒリヒリする痛みや赤みを取り除き、また日焼けした肌を保湿して色を長持ちさせます。ベビーオイルで日焼け後の肌を柔らかくすることもできます(日焼けの最中に使うとやけどになることがあるため注意しましょう)。
  3. 3
    屋外で過ごす時間を増やしましょう。外で運動しましょう。車での移動をやめ、歩くか自転車に乗りましょう(日焼け止めを塗るのを忘れずに)。
    • 肌に痛みを感じ始めたら、日光浴をやめましょう。やけどをしても肌の色は黒くなりません。代わりに、すでについている色が落ちていき、まばらな状態になります。
    • 真っ赤な日焼けではなく金色の美しい小麦色になりたいなら、いつもの通りSPF値のある日焼け止めの使用を忘れないようにしましょう。
    広告

ポイント

  • 肌の潤いを保ちましょう。
  • 外にいる時は、水をたくさん飲みましょう。脱水状態にならないようにします。
  • SPF値が15以上の日焼け止めローションやスプレーを使いましょう。
  • それぞれの日焼け方法の危険性について、よく知っておくようにしましょう。成分を確認し、どんなものなのか調べましょう。
  • 日焼けマシンを利用する際は、使用時間について必ず指示に従いましょう。マシンが異なれば、出力の強さも変わってきます。そのため、中には短時間の使用に限るものもあります。

広告

必要なもの

  • 角質除去スクラブ、または垢すりミトン
  • 保湿剤
  • SPF15以上の日焼け止め
  • サンタンローション(任意で)

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

1日のスケジュールに従って行動する

How to

手術なしで二重を手に入れる

How to

アニメ中毒を克服する

How to

顔の角質を除去する

How to

白い肌を手に入れる

How to

自傷跡を隠す

How to

自傷行為による傷跡を消す

How to

ミントの葉からオイルを抽出する

How to

銀のネックレスをきれいにする

How to

胸を小さくする

How to

体毛を減らす

How to

1ヶ月で痩せる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む22人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 注目記事 | 生活習慣
このページは 849 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告