肝臓は人体のなかで二番目に大きな臓器で、血液中の毒素を濾過する重要な役目を担っています。肝臓から毒素を排出する医療プログラムもありますが、このページでは天然療法や正しい生活習慣を用いて肝臓をデトックスする方法をご紹介します。

パート 1 の 4:
適切な飲み物

  1. 1
    アルコールやカフェインの摂取を控える
    • この二つは肝臓の健康と正常な働きを阻害する最大の原因となります。アルコールやカフェインの摂取を抑えると、肝臓内部の浄化を促します。肝臓の健康を考慮してノンアルコール飲料に切り代え、肝臓の機能を正常に保つように心がけましょう。では、どのような飲み物が肝臓に良いのかを見ていきましょう。
  2. 2
    たくさん水を飲む
    • 一日におよそ2リットル程度の水を飲むと、肝臓から毒素を排出することができます。水をたくさん飲んで水分補給をすると、それだけで細胞の再生を促すことにつながります。また、肝臓から毒素や残留物を排出して、肝機能を高めると共に活力を取り戻します。
  3. 3
    食生活にレモンを取り入れる
    • 一日に一度、水や紅茶にレモン汁を加えて飲むようにしましょう。レモン果汁には体内から毒素を排出する作用があり、肝臓の胆汁分泌を促す効果もあります。また、胆石症を予防し、消化機能と肝機能を向上させます。
  4. 4
    緑茶を飲む[1]
    • 緑茶に豊富に含まれているカテキンは植物性の抗酸化成分で、肝機能を向上させると共に肝臓の脂肪蓄積を防ぎます。
  5. 5
    新鮮な果物から作るフルーツスムージーを飲む[2]
    • 苺、ブラックベリー、ブルーベリー、ラズベリーなどの果物はどれも肝機能を向上させます。ベリー類に含まれる有機酸には血糖値を下げる効果や脂肪燃焼効果があり、脂肪肝になるリスクを減らします。
  6. 6
    断食を行う
    • ここでご紹介する断食は果物と野菜のみを食べる、または果物や野菜のジュースだけを飲むことを一定期間行います。この断食には様々な方法がありますが、各自に適した方法を選びましょう。
    • 断食を行う前に、医師や栄養士に相談してみましょう。
    広告

パート 2 の 4:
健康的な食事

  1. 1
    肝臓に負担をかける食品を避ける[3]
    • 加工食品、防腐剤入り食品、脂肪とコレステロールを豊富に含んだ食品などは肝臓に大きな負担をかけ、肝臓で処理しきれずに肝脂肪として蓄積してしまう場合があります。肝細胞の再生を促し、なるべく健康的な肝臓を保つためにも、肝臓に大きな負担をかける食品の摂取は控えましょう。
    • ファーストフードを控えましょう。肝臓の健康を気にしている人は揚げ物や加工肉(ソーセージやベーコン)などの摂取に注意しましょう。
    • 体によくない脂肪の摂取を控えましょう。脂肪の多い赤身肉、揚げ物、飽和脂肪の多い食品などは肝臓を詰まらせてしまいます。飽和脂肪の多い食品とはマーガリンやショートニング、大豆油やココナッツ油などの硬化油と称されるもののことです。
    • 人工甘味料、着色料、保存料を避けましょう。肝臓の健康を気にしているのなら、自然食品に切り替えましょう。
  2. 2
    野菜を食べる
    • ベータカロテンなどを多く含む野菜を食べると、肝細胞を刺激して肝臓を毒素から守ってくれます。ホウレン草のような色の濃い葉物野菜は肝細胞の増殖を促し、肝臓を活性化します。ビーツには毒素で傷つけられやすい胆管を守る効果があります。一日に5回分の野菜を摂取するように心がければ、肝臓を健康に保つために必要な栄養素を補うことができます。
    • 肝機能を健康に保つ緑黄色野菜を摂取しましょう。ホウレン草、ゴーヤ、ルッコラ、チコリ、カラシナなどがお勧めです。
  3. 3
    ニンニクをたくさん食べる[4]
    • ニンニクには、体内の毒素を排出する作用のある肝酵素を活性化させる硫黄含有化合物が含まれています。その他にもアリシンやセレンなどの栄養素には解毒を助ける作用があります。
    • ニンニクが苦手だという人(あるいは吸血鬼を職業としている人)には、近所のドラッグストアでニンニクのサプリメントを購入することをおすすめします。
  4. 4
    グレープフルーツを食べる
    • グレープフルーツはビタミンCと抗酸化成分を豊富に含む果物で、この二つの要素は解毒効果を促進させ、肝臓の健康を保つ作用を持ちます。グレープフルーツは解毒酵素を強化させ、グレープフルーツに含まれるナリンゲニンというフロノイド化合物は肝臓が脂肪を燃焼しようとする働きを助けます。
  5. 5
    週に2回はアボカドを食べる
    • アボカドにはグルタチオンという成分が含まれていて、日々蓄積されていく肝臓への多大なダメージを防ぎます。美味しいアボカドをたくさん食べるだけで肝臓の健康が保たれるのなら、無理なく肝臓デトックスができますね。
  6. 6
    クルミを食べる[5]
    • クルミにはアミノ酸の一種で栄養値の高いL-アルギニン、グルタチオン、オメガ3脂肪酸が含まれています。肝臓を健康に保つ薬品にはクルミの殻から抽出された物質が使われているものがあります。
    広告

パート 3 の 4:
ハーブの力で健康になる

  1. 1
    ハーブのサプリメントを摂取する
    • ゴボウやタンポポの根のような天然のハーブは、肝細胞を保護して肝機能を向上させ、解毒作用をサポートするといわれています。サプリメント錠剤はハーブを使っているものが多く、タンポポの根はハーブティーの材料によく用いられます。日々の食事にサプリメントを加えると肝臓を健康に保つ機能が正常に働くでしょう。
  2. 2
    大豆レシチンを摂取する
    • 大豆レシチンの顆粒には肝臓を守る働きのあるリン脂質が含まれています。[6] 大豆レシチン顆粒はたいていの健康食品販売店で購入できます。
  3. 3
    マグネシウムを摂取する[7]
    • マグネシウムは肝臓の解毒を促進する胆汁の生成を促します。サプリメントでマグネシウムを摂取しましょう。
    • サプリメント以外でマグネシウムを摂るには、エプソム塩(硫酸マグネシウム)を摂取する方法があります。エプソム塩大さじ1杯をぬるま湯に溶かしたものを月に1、2度飲みましょう。
  4. 4
    食生活にウコンを加える[8]
    • ウコンには胆汁を生成して傷ついた肝細胞を再生させる作用のあることがわかっています。
  5. 5
    マリアアザミのサプリメントを飲む[9]
    • マリアアザミ、英名ミルクシスルには肝細胞の成長を促し、肝臓を健康的に保つ作用があります。抗酸化物質のシリビニンが酸化を防ぎ、傷ついた細胞の修復を行うと共に肝臓内部でタンパク質の合成を強化します。
    広告

パート 4 の 4:
デトックス生活

  1. 1
    まずはストレスの少ない生活を。
    • 日常的にストレスを抱えていると血中にエンドルフィンやホルモンが流れ出て、肝臓に毒素を残し、肝機能を鈍らせます。そのため、なるべくストレスを溜めないようにすることが健康につながります。
    • ヨガや瞑想など、ストレスを発散する行動を行いましょう。
  2. 2
    化学物質の使われていない洗剤を使う[10]
    • 化学物質に触れていると、肝臓は健康を保とうと必死に働きます。天然成分から作られた洗剤を使い、なるべく化学物質を吸収しないようにしましょう。また、歯磨き粉やボディソープなど肌に触れるものも有機製品に替えてみましょう。
  3. 3
    空気清浄機の購入を検討する
    • 空気中にも毒素が漂っているので、こうした物質をできるだけ肝臓に取り込まないようにしましょう。大都市や高速道路の近くに住んでいる人は、車の排気ガスなどの悪影響を受けやすいので、空気清浄機の購入はよい投資と言えるでしょう。
  4. 4
    運動する
    • 運動すると健康的な体重を維持することができると共に脂肪肝のリスクも軽減できます。また肝酵素が活性化するというメリットもあります。
    広告

関連記事

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

爪が割れたときの対処

How to

自分で身長を測定する

How to

吐き気を止める

How to

お腹まわりの脂肪を取る

How to

勃起を抑える

How to

マスターベーション依存症の克服

How to

新型コロナウイルスを予防する

How to

割れた足の爪を処置する

How to

キスマークを偽造する

How to

一週間でお腹を平らにする

How to

早く酔う

How to

嘔吐を誘発する

How to

声を低くする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む22人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は50,477回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 50,477 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告