股下丈は体にフィットするパンツを選ぶ上で重要です。幸い、股下のサイズは簡単に測定できます。手持ちのパンツの中で一番体に合うものの股下を自分で、もしくは誰かに測ってもらいましょう。

方法 1 の 2:
自分で測る

  1. 1
    自分が買いたいものとよく似た、体に一番合うパンツを探す たとえば、スラックスを買いに行くならスラックス、ジーンズならジーンズというように、手持ちのパンツの中から体に最もフィットするものを選びます。正確な股下丈を測定するには、似たパンツを使うのが一番です。[1]
  2. 2
    商品タグの股下丈を確認する パンツの商品タグに股下丈が記載されていることがよくあります。手持ちのパンツに記載があれば、そのサイズを参考にして似たようなパンツを購入しましょう。記載がない場合は自分で測れば済むことなので問題ありません。[2]
  3. 3
    パンツを平面に置き、縦半分に折りたたむ 完璧に平らに置ける場所であれば、机でも床の上でも構いません。折りたたむと、パンツの両脚はぴったり重なるはずです。[3]
    • パンツに大きなひだやシワがあると正確に測定できません。シワがあれば手できれいに伸ばしましょう。
  4. 4
    股あての縫い目から裾までを測る 股あての縫い目とは、股間近くの縫い目と内ももの縫い目が交差する部分で、裾はパンツの下端のことです。この長さが股下丈となります。[4]
    • サイズを測る際はメジャーを使いましょう。
  5. 5
    股下丈を書き留める メモしたサイズを参考に、似たようなパンツを購入しましょう。完璧に合うパンツがほしいのなら、大まかなサイズでなく正確な数値を使いましょう。[5]
    • ハイヒールを履く場合は測定した股下丈に1.5~2.5cmを足すと、程よい長さになります。
    • 縮むタイプのパンツを買うなら、股下丈の端数を1cmに切り上げます。
    広告

方法 2 の 2:
誰かに測ってもらう

  1. 1
    ぴったりとフィットするパンツを身に着ける 人に測ってもらう場合は、ぴたりとしたパンツを身に着けた方が正確に測定しやすくなります。運動用のレギンスやタイトジーンズが最適です。
  2. 2
    靴を脱ぐ 靴を履くと正確な股下丈を測定できません。人に測ってもらう際は裸足になりましょう。[6]
  3. 3
    壁に背をつけ、真っ直ぐに立つ 股下丈を人に測ってもらう際は、真っ直ぐに立つことが大切です。壁に背をつけると良い姿勢を維持しやすくなります。前かがみになると正確に測定できません。[7]
  4. 4
    股あての縫い目から床までを測ってもらう 股あての縫い目とは、股間近くの縫い目と内ももの縫い目が交差する部分です。この点から床までの長さが股下丈となります。[8]
    • メジャーで股下丈を測ってもらいましょう。
  5. 5
    測定した股下丈を参考にパンツを購入する パンツを購入する際は、股下丈の正確な数値をメモして持参しましょう。ハイヒールと合わせる場合は、測定値に1.5~2.5cmを足す必要があるかもしれません。
    • よく縮む素材のパンツを買うなら、股下丈の端数を1cmに切り上げます。[9]
    広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

全身をマッサージする

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

爪を噛むのをやめる

How to

えくぼを自然に作る

How to

お酒の臭いを消す

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

革に付いた油染みを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 845 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告