砂時計体型、逆三角形体型、肩幅が広い体型をはじめ、どんな体型にもそれなりの美しさがあります。毎日の服選びには正しい方法も間違った方法もありませんが、広い肩幅が気になる場合は、その部分をカバーする服を選ぶうえでのコツやヒントがいくつかあります。時間をかけなくても、体型をうまくカバーする服を選べるでしょう。

方法 1
方法 1 の 3:
トップスとジャケット

  1. 1
    袖に余裕があるシャツや服を選ぶ 肩幅が広いと、肩や腕が目立ちやすくなります。[1] この点に注意して、腕周りに少し余裕がある適切な種類のシャツを選びましょう。ショートスリーブシャツを着る場合は、肩の周りに余裕があるものが適しています。[2]
    • たとえば、肩と腕周りがゆったりしている肩にスリットが入ったブラウスを選びましょう。
    • 肩の周りに余裕があるポロシャツやワンピースを選んでも良いでしょう。
  2. 2
    肩幅があまり目立たないように、キャップスリーブのトップスを選ぶ キャップスリーブは、他のショートスリーブよりも目立たない袖ですが、肩幅が広い人に最適です。キャップスリーブは肩から少しだけはみ出しており、肩をさりげなくカバーできます。[3]
    • たとえば、キャップスリーブのかっちりしたシャツを着ましょう。
    • バランスが悪く見える可能性があるので、オフショルダーの服は避けましょう。[4]
  3. 3
    スクープネックでバランス良く見せる 横ではなく縦のラインを強調する服を選びましょう。襟ぐりがなだらかな半円形のスクープネックで胸元に曲線を描き、縦のラインを強調します。こうすると、肩がある体の左右ではなく体の上下に視線が集まるでしょう。[5]
    • 幅が広いVネックの服は肩を目立たせるので避けましょう。[6]
  4. 4
    体型のバランスを取るために、ドロップショルダースリーブの服を着る 着物のように肩が落ちた服は、袖周りがゆったりとして着心地が良く、肩をしっかりとカバーして目立たせません。ドロップショルダースリーブのシャツやワンピースを選びましょう。通常、ドロップショルダースリーブの服は襟ぐりが少しだけV字に開いているので、合わせる服とのバランスも良く見えます。[7]
    • たとえば、着物風のワンピースや、ゆったりとしたフリルの袖のブラウスを選びましょう。
    • 広い肩幅をカバーする服として、ラグランスリーブの服も適しています。[8]
  5. 5
    長めのジャケットやブレザーを着て全体のバランスを取る 全体のバランスを取るために、ウエストの少し下までの丈を選びましょう。全体がすっきり見えるヒップ丈のブレザーやジャケットが理想的です。[9]
    • たとえば、職場向けのコーディネートとして、長めのブレザーやジャケットにワイドパンツを合わせましょう。
  6. 6
    首や肩に視線を引き付けるトップスを避ける 肩パッド付きの服やハイネックの服は素敵ですが、このような服を着ると全体のバランスが少し悪く見えるかもしれません。肩幅が目立ちにくい袖がテロンとしたシャツやジャケット、または袖にスリットが入ったシャツやブラウスを選びましょう。[10]
    • 肩に視線を引き付ける服を着てもかまいませんが、あまりにも肩が目立つと全体のバランスが崩れる可能性があります。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
ボトムスとパンツ

  1. 1
    肩とのバランスを取るために、ワイドパンツを選ぶ [11] 肩幅が広い人に似合う服を選ぶ際は、バランスが重要です。広い肩幅を気にしすぎる必要はありませんが、全体のバランスが良く見えるコーディネートを心がけましょう。ボトムスには、肩幅とのバランスが取れるワイドパンツが適しています。[12]
  2. 2
    ゆったりとしたシルエットのロングスカートで体型をカバーする 膝から足首にかけて広がっているロングスカートを選びましょう。このようなスカートを穿くと肩幅が目立ちにくく、全体のバランスが非常に良く見えます。[14]
  3. 3
    肩から視線を逸らすために、柄のパンツを穿く ストライプやチェックなどの上品な柄のパンツを探しましょう。柄のパンツを穿くと下半身が目立ち、全体のバランスが良く見えます。[15]
    • たとえば、夜の外出には、キャップスリーブの無地のトップスに柄のパンツを合わせましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
ワンピース

  1. 1
    エンパイアラインのワンピースでウエストを目立たせる エンパイアラインのワンピースは胸のすぐ下がキュッと締まっているので、ウエストの位置が高く見えます。このようなワンピースを着て、全体のバランスを良く見せましょう。[16]
    • エンパイアラインのトップスを着ても良いでしょう。
    • エンパイアラインのワンピースでも、袖がパフスリーブのものを着るとバランスが悪く見えるので注意しましょう。[17]
  2. 2
    肩が目立たないように、フィットアンドフレアのワンピースを着る 肩幅が広い場合は、スカートに視線を引き付けましょう。フィットアンドフレアのワンピースは肩とウエストが体に程よくフィットしており、スカート部分が膝にかけて広がっています。シンプルなワンピースを探している場合は、フィットアンドフレアのワンピースを着てみましょう。[18]
    • フィットアンドフレアのワンピースには、ミニ丈や膝丈のものがあります。
  3. 3
    繊細で上品なAラインのワンピースを着る [19] Aラインのワンピースやウエストで結ぶデザインの長袖のワンピースを選びましょう。このようなワンピースは、裾が膝にかけて自然に広がっています。バランスが非常に良く、体型をカバーしながらもおしゃれに見えるでしょう。[20]
  4. 4
    夜の外出には、ラップワンピースを選ぶ ラップワンピースにはVネックのトップスと同じ効果があり、ウエストがはっきりしています。肩を締め付けないデザインなので着心地が良く、体型をうまくカバーできるでしょう。[21]
    • ラップワンピースはウエストで結ぶデザインなので、ウエストがはっきりして体のラインがきれいに見えます。
    • ラップワンピースは、ほとんどの体型に似合う服です。
    広告

ポイント

  • 長いスカーフやネックレスをつけると全体のバランスが良く見えます。[22]
  • デザインが凝りすぎているトップスは、避けたほうが良いでしょう。[23]
広告

注意事項

  • キャミソールのように肩紐が細い服を選ばないようにしましょう。このような服には、広い肩幅をカバーする効果はありません。[24]
広告

関連記事

ラルフローレンの偽物を見分けるラルフローレンの偽物を見分ける
防犯タグを外す防犯タグを外す
スライダーが完全に外れたファスナーを修理するスライダーが完全に外れたファスナーを修理する
噛んだファスナーを直す
縮んだ服を伸ばす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ジーンズの股にあいた穴を補修する
ジーンズを伸ばすジーンズを伸ばす
革に付いた油染みを落とす
ジーンズについた血液のシミを落とす
リーバイスの偽物を見抜くリーバイスの偽物を見抜く
色あせた服を復活させる色あせた服を復活させる
皮膚に付いた食品着色料を落とす
スウェットシャツを縮ませるスウェットシャツを縮ませる
広告

このwikiHow記事について

Elle Monus
共著者 ::
イメージコンサルタント
この記事の共著者 : Elle Monus. イメージコンサルタントのエル・モナスは、「True Image Group」の共同設立者です。ブランディング、サイズにとらわれないイメージコンサルティング、パーソナルスタイリングなどへの総合的アプローチを得意とし、ファッション業界での経験は11年以上。ニューヨーク・ファッション・ウィークのショーを担当し、「Racked」などの複数のメディアに登場しています。
カテゴリ: 衣服
このページは 102 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告