潰瘍とは皮膚や体の粘膜にできる病気です。胃や小腸にできる腫瘍は胃腫瘍と呼ばれ、消化器官にできる潰瘍は消化性腫瘍と呼ばれます。腫瘍は普段の食生活やストレス、そして胃液過多によって生じることもありますが、大半はヘリコバクター・ピロリ(Hピロリ菌)と呼ばれるピロリ菌が原因で発症します。痛みの程度にもかなりの個人差があり、人によっては何の症状もない場合もあります。

パート 1 の 2:
セルフチェック方法

  1. 1
    胸骨とおへその中間部分のお腹の痛みをチェックする 痛みの強さはには個人差があり、時間も数分の時もあれば何時間も続くことがあります。通常痛みが発生するのは胃袋の食べ物が消化されて減っていく食事と食事の合い間で、痛みの種類には燃えるような痛みやナイフで突き刺されるような痛み、そしてうづくような痛みがあります。
    • 食事をしたり処方箋の制酸薬を服用すると胃酸が和らぎ、腫瘍の痛みが一時的に緩和する場合が頻繁にあります。
    • 腫瘍による胃炎の場合、夜間や空腹時に急激な痛みに襲われることがあります。
  2. 2
    過去に腫瘍を患った人の症状をチェックする 下記の全ての症状に該当しなくても、いくつかの項目が当てはまれば潰瘍の可能性があります。
    • おならやげっぷの回数が増えた
    • 満腹感があり、液体を大量に摂取することができない
    • 食後2、3時間後に空腹感に襲われる
    • 朝起きて活動を始めると、軽い吐き気に襲われる
    • 倦怠感や気分が優れない状態が一日中続く
    • 食欲がない
    • 体重が減少した
  3. 3
    重度の腫瘍を示す症状があるかチェックする 腫瘍を放っておくと内出血などがおこり、緊急を要する事態につながることがあります。
    • 嘔吐の症状がある場合は重度の腫瘍を発症している可能性があります。血の混じった嘔吐は特に要注意です。
    • 黒っぽく、ねっとりした大便も重度の腫瘍のサインです。
    • 血便
  4. 4
    腫瘍の症状がみられる場合は医師に相談する 腫瘍は専門医の治療を必要とする深刻な病気です。市販の薬で痛みを一時的に緩和することはできますが、潰瘍を治すことはできません。
  5. 5
    胃腫瘍にかかりやすい体質かどうかを知る 胃腫瘍ができる理由は数多くありますが、主に下記のような人が最も発症しやすいと言われています。
    • Hピロリ菌に感染した人
    • イブプロフェンやアスピリン、そしてナプロキセンなどの非ステロイド性抗炎症薬を日常的に服用している人
    • 腫瘍を発症したことのある家族がいる人
    • 日常的に酒を飲む人
    • 肝臓や腎臓、または肺に関わる病気にかかったことがある人
    • 50歳以上の人
    広告

パート 2 の 2:
腫瘍を患った方々からのアドバイス

  1. 1
    医師に相談する 大半の腫瘍は自然に治りますが、重い腫瘍には内視鏡と呼ばれる医療機器が必要です。ライトがついた小さな筒状の内視鏡を食道に通して腫瘍の診断や治療をするのですが、これは医師でないとできません。もしすぐに医師に相談できない場合は、下記の自己改善方法を試してみてください。
  2. 2
    制酸薬を飲む 制酸薬で腫瘍の症状が緩和されるかを確認するために、医師が制酸薬を勧めることがありますが、その理由は胃と十二指腸の消化液のバランスが崩れることにより腫瘍ができるからです。
  3. 3
    生活習慣を改善する 喫煙や飲酒、そして抗炎症薬の服用をやめましょう。喫煙や飲酒、そして多量の抗炎症薬の服用は、消化液のバランスを崩す原因となります。診察予約日までにこれらの習慣を絶ちましょう。
  4. 4
    牛乳を飲まない 牛乳は胃壁を一時的にコーティングしてくれますが、それと同時に胃酸の分泌を促してしまい、腫瘍をさらに進行させてしまいます。つまり、一時的に症状は緩和されるものの、結果的には症状を悪化させてしまうのです。
    広告

ポイント

  • 胃腫瘍はストレスや食生活ではなく、Hピロリ菌によって発症する場合がほとんどです。ウィルスではなくバクテリアに分類されるHピロリ菌は、オーストラリアの科学者であるバリー・マーシャル氏とロビン・ワーレン氏によって発見されました。彼らはこの功績を認められ、ノーベル賞を受賞しました。
  • 胃腫瘍とHピロリ菌の因果関係が不明だった時代は、食生活や生活習慣を改善することで腫瘍を抑えるように医師が患者にアドバイスしていました。現在ではバクテリアが大半の腫瘍の原因だとわかっていますが、不健康な生活習慣や食生活は症状に悪影響を与えることがあります。低脂肪で刺激が少なく健康的な食生活を心がけるとともに、運動やヨガそして瞑想などをして、毎日の生活の中でストレスをためないようにすることも腫瘍の発症を抑える大きな手助けとなるのです。
  • 腫瘍のもうひとつの原因は、体内の粘膜が薄くなり破けやすくなることにあります。粘膜が破れてしまった胃壁は、胃酸の刺激に直接さらされてしまいます。薬局や処方箋のアスピリンや非ステロイド性抗炎症薬の常用は胃腸の粘膜を徐々に薄くし、一部の血液の抗凝固薬も同じような副作用をもっています。

広告

注意事項

  • 飲酒、喫煙、アスピリンやイブプロフェン等の非ステロイド性抗炎症薬の服用、高度のストレス、放射線治療は、胃腫瘍の発症リスクを高めます。これらは胃を含む内臓の粘膜を薄くすることが明らかになっています。
  • 腫瘍を放置しておくと胃腸壁が破壊され、内出血や穿孔、そして消化器官系の悪化につながります。
広告

関連記事

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

爪が割れたときの対処

How to

吐き気を止める

How to

自分で身長を測定する

How to

割れた足の爪を処置する

How to

勃起を抑える

How to

お腹まわりの脂肪を取る

How to

新型コロナウイルスを予防する

How to

キスマークを偽造する

How to

マスターベーション依存症の克服

How to

一週間でお腹を平らにする

How to

声を低くする

How to

嘔吐を誘発する

How to

早く酔う
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む19人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は23,047回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 23,047 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告