背を高く見せる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:性別に関係ないアドバイス女性へのアドバイス男性へのアドバイス出典

背が低い男女にとって、背を高く見せたいという望みは、叶わぬ夢のようなものかもしれません。しかし、自分の力で背丈を変えることはできなくても、適切な服とアクセサリーを使用すれば、本来の自分よりも背を高く見せることができます。背を高く見せる服にはたくさんのポイントがあり、縦の線、単色、体にぴったりと合った服などが挙げられます。

1
性別に関係ないアドバイス

  1. 1
    横向きの模様ではなく、縦線を用いた服を着ましょう。ピンストライプ、プリーツ、縦方向のジッパーを検討してみましょう。縦線は視線を上下に集めるため、見る人に横幅よりも高さを意識させます。一方で、横線は左右に視線を集めるため。高さよりも横幅を意識させます。
  2. 2
    色調を合わせるか、モノトーンでまとめましょう。違った色の服を着ると、人体の様々な部分に、見る人の視線が散らばってしまいます。同じ色を着るか、同系色のもので色調を合わせると、見る人に一本の途切れない線を示すことができます。体の様々な部分に視線をあまり分散させず、統一感を持たせて見せることは、背を高く見せるテクニックの一つです。
  3. 3
    大きな柄を避け、単色で小さな柄の服を選びましょう。大きな柄は、着る人を圧倒しがちです。特に、着る人の体格が小さ目の場合は尚更です。単色で小さな柄を着ることで、この問題を回避できます。
  4. 4
    ブカブカの服を避けましょう。ゆとりのある、大きなサイズの服を着ている人は、服の中に「隠れてしまう」ように見えてしまうため、実際より太って背が低く見えてしまいます。
  5. 5
    良い姿勢を保ちましょう。姿勢の悪さと体幹の弱さが原因で、前かがみになっていたり、猫背になっている場合は当然、実際よりも背が低く見えます。姿勢を良くするのに大変効果的なヨガやボート漕ぎのような運動や、その他の姿勢を良くする運動を行いましょう。
  6. 6
    堂々と振舞いましょう。同じ身長でも、堂々としている人の方が、そうでない人よりも「背が高い」印象を与えます。

2
女性へのアドバイス

  1. 1
    短く若々しい髪型を保ちましょう。長い髪は背が低い女性を「溺れさせて」しまいます。髪が長いと、髪に合わせて見る人の視線を下げてしまい、身長が低く見えてしまいます。肩までの長さの髪ならば、その事態を防げます。
  2. 2
    髪をアップにしましょう。長い髪が好き、あるいは髪を長くしておかねばならない場合は、高い位置でポニーテール、お団子、その他のアップスタイルにしてみましょう。頭頂部よりも数センチ高い位置でそうした髪型にすれば、その分身長が高くなります。
  3. 3
    髪にレイヤーかハイライトを入れましょう。レイヤーが入っていない、長いストレートの髪が最も存在感があり、そのせいで身長を低く見せます。レイヤーを入れたり、ハイライトを入れることで、単調なロングヘアに変化を持たせ、身長を低く見せてしまうのを防ぎましょう。
  4. 4
    ハイヒールを履きましょう。1cmヒールの靴を選ぼうと、8cmヒールの靴を選ぼうと、その分身長は高く見えます。太いヒールよりも細いヒールの靴を選びましょう。太いヒールの靴を履くと足元が重たそうに見えてしまうのに対し、細いヒールなら、ほっそりとした縦の線を意識させるのに効果的です。
  5. 5
    つま先が開いている靴か、サンダルにこだわりましょう。足元の肌を多く見せることは、背を高く見せる簡単な方法です。脚元の肌が多く見えるほど、脚が長く見えます。脚が長く見えれば背が高く見えます。
  6. 6
    足首にストラップがある靴はやめましょう。足首にストラップがあると、脚の根元から足先までの縦の線が分断されてしまいます。このことで、脚が短く見えると同時に背も低く見えます。
  7. 7
    Vネックのように、首元のラインが深く縦になっているブラウスを探しましょう。深いVネックは視線を上下に集めます。一方で、クルーネック、スクープネック、その他の横線を強調する首元のラインは、視線を左右に集めます。
  8. 8
    スカート丈を短くしましょう。膝かそれよりも短いスカート丈は、背が低い女性を平均的な身長に見せます。脚を多く見せるほど、脚が長く見え、その結果最大限身長を高く見せることができます。
  9. 9
    脚のバランスが良く見えるようなスカートやズボンにこだわりましょう。Aラインのスカートやブーツカットのジーンズが良いでしょう。膝かそれよりも低い位置で広がるスタイルにすることで、臀部の幅との釣り合いが良くなります。先細りのスタイルでは、上半身が大きく見えてしまい、その結果脚が短く見えてしまいます。脚が短く見えると身長も低く見えてしまいます。
  10. 10
    脚と靴の色を合わせましょう。生足でワンピースを着る場合は、ヌードカラーの靴を履くと良いでしょう。また、濃い色のジーンズや黒のズボンを履く場合は、黒い靴が良いでしょう。脚と靴の色を合わせることで、見る人には脚と靴の境目がわかりにくくなり、結果として脚が長く見えるようになります。
  11. 11
    ウエスト位置が高いボトムスを着用しましょう。見る人は、自然とウエストラインから脚が始まると想定していますから、高い位置にウエストラインがあれば、その分脚が長く見え、背を高く見せることができます。こういう理由で、脚を短く見せてしまうローライズパンツは避けましょう。
  12. 12
    太いベルトではなく、細いベルトにこだわりましょう。細いベルトを元々のウエストの周りに巻けば、くびれを強調することができ、体を細く見せることができます。太いベルトでもその効果はありますが、存在感のある横のラインが、見る人の視線を上下に切断してしまい、背を高く見せるのではなく、低く見せてしまいます。
  13. 13
    長く、垂れ下がるようなアクセサリーを選びましょう。体の全面に垂れ下がる、長いスカーフやネックレスを試してみましょう。こうしたアイテムは視線を上下に集め、身長を高く見せる効果があります。
  14. 14
    大きすぎるバッグを持ってはいけません。大きなショルダーバッグやウェストポーチは、ウエストと腰回りを大きく見せます。見る人の視線を横に集めるということは、上下に誘導できる視線の量が減るということです。代わりに、小さなクラッチバッグや、細い紐がついた小さなショルダーバッグを持つと良いでしょう。

3
男性へのアドバイス

  1. 1
    高さのある髪型にしましょう。側面の髪を綺麗に切り整え、トップに十分な髪を残しましょう。頭頂部にボリュームをだし、側面のボリュームを絞れば、身長を数センチ高く見せることができます。この技は、ジェルで髪をツンツンと尖らせる髪型にすることで、特に効果を発揮します。
  2. 2
    踵が高くなっている靴の中敷を使用してみましょう。踵が高い中敷を靴の中に入れれば、脚が数センチ長くなり、物理的に身長が伸びたように見えます。しかし、公共の場で靴を脱ぐ機会がある場合は、使用を控えた方が良いでしょう。また、すでに踵が高くなっている靴を履く場合も、こうした中敷を使用してはいけません。
  3. 3
    さりげなく踵が高くなっているドレスシューズを試してみましょう。紳士靴の中には1cm程度のヒールがあっても不自然に見えないものもあります。しかし、適切なものを選ぶには注意が必要です。最高の結果を求めるのなら、黒いローファータイプのものか、ブーツにしましょう。単純に踵が高くなっているだけの運動靴や普通のドレスシューズは控えましょう。
  4. 4
    丈が短めのジャケットを着用しましょう。一般的に、ジャケットを着ることで肩の位置をはっきりさせることができ、背丈が高くなったような錯覚を起こすことができます。この効果を最大化するには、裾が手首の位置に来るくらいの、短かめの丈のジャケットを着用しましょう。この位置で止まる丈のジャケットを着れば、脚が見える部分が増え、脚が長く見えます。脚が長く見えれば身長も高く見えます。
  5. 5
    細いネクタイを身につけてみましょう。細いネクタイをすることで、細い縦の線を作ることができ、見る人の視線を上下に集めることができます。大きなネクタイでは横に視線が集まるので、この技の効果は減少します。
  6. 6
    襟の横幅が狭く、手首周りの袖口が小さなスーツを選びましょう。背が高い男性は通常スーツの上着を着たとき、ジャケットの袖からシャツの袖口が1cmほど見えます。しかし、背を高く見せたいならば、スーツを着た時、0.5cm程度しかシャツの袖口を見せないようにしましょう。細い横線は、太い横線よりも腕を長く見せます。また、同様にスーツの上襟や下襟の横幅が狭い方が、縦の線を強調できます。一般的に、横幅が狭く見えるほど、背が高く見えるのです。
  7. 7
    カジュアルシャツは、丈が短かめのものを選びましょう。しかし短か過ぎないように注意が必要です。シャツの丈が短いと、脚が出る部分が多くなり、脚が長く見え、身長も高く見えます。親指の付け根あたりまでの長さの丈のシャツを探しましょう。しかし、短すぎるシャツでは、サイズが小さすぎるものを着ているように見えてしまうため、注意しましょう。
  8. 8
    ズボンは、裾が靴紐にかかるくらいの丈に仕立てましょう。丈が長すぎるズボンは、下半身に視線を集めてしまい、背が低いことを強調してしまいます。ズボンやジーンズは靴紐にかかるくらいの丈が良いでしょう。また、ズボンの裾を折り返してはいけません。こうすると太い横のラインができてしまい、それが脚を短く見せる原因となるからです。
  9. 9
    ズボンは自然なウエストの位置で履きましょう。股上の浅いジーンズは、脚を太く短く見せます。脚を最大限長く見せるためには、元々のウエストの位置でボタンを閉め、ベルトをして履きましょう。
  10. 10
    暗い色のズボンを多用しましょう。暗い色には細く見せる効果があるため、脚が長く細く見えます。黒のドレスズボンや濃い色のジーンズを履きましょう。
  11. 11
    装飾品は高い位置に着用しましょう。スーツに飾りをつけるため、ポケットチーフや、明るい色のネクタイを使用しましょう。また、肩章や高い位置にポケットが付いている服を探しましょう。飾りを上の方に持って来れば、足元よりも頭の方に視線を集めることができるため、背を高く見せることができるのです。
  12. 12
    丈が短いズボンや、袖が短いシャツなどを着用することで、手足に視線を集めてはいけません。背が低い男性は、通常手足が短いことが原因で背が低いのです。手足に視線を集めてしまうシャツやズボンを着用すれば、手足の短さを強調してしまいます。暑い季節になるまでは軽い素材で作られた長い袖丈の服を着ましょう。そうすれば、手足に視線を集めることなく、クールな(格好良い)見た目を保つことができるでしょう。袖丈が短い服は、暑さに耐えられない日のためにとっておきましょう。

ポイント

  • 座っているときでも良い姿勢を保ちましょう。必ず、椅子の背もたれに背中をしっかりと押し付けるようにします。
  • まっすぐ立ちます。姿勢をよくすることで、身長が数センチ高くなりますが、猫背では背が低く太って見えてしまいます。肩を落として、ほんのすこし後ろ重心に立つのが、身長を高く見せる立ち方です。
  • 健康で締まった体を保ちましょう。細身の人は背が高く見えますが、太ってる人は、実際よりも背が低く見えます。人間の立ち姿は縦線のようなものです。細身の体つきだと横幅が狭い分、縦の線が強調されますが、横幅が広いとこの縦の線がわかりにくくなってしまうのです。
  • 特に男性の場合は、髪をツンツンに立ててみましょう。
  • まっすぐに立ちましょう。

必要なもの

  • 体にフィットする服
  • 踵が高い靴
  • つま先が開いた靴
  • Vネックの上着
  • 膝丈かそれよりも短い丈のスカート
  • ウエストの位置が高いボトムス
  • アクセサリー
  • 踵が高い中敷
  • 短い丈のジャケット
  • 細いネクタイ
  • 仕立てのズボン
  • 長袖シャツ

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Look Taller, Italiano: Sembrare Più Alti, Español: verse más alto, Português: Parecer Mais Alto, Deutsch: Größer wirken, Nederlands: Langer lijken, Français: paraitre plus grand(e), Русский: выглядеть более высоким, Bahasa Indonesia: supaya Terlihat Lebih Tinggi, 中文: 看起来更高, Čeština: Jak vypadat vyšší, हिन्दी: लम्बा दिखें, العربية: أن تبدو أطول, 한국어: 키 커 보이는 법, Tiếng Việt: Trông Cao hơn, ไทย: ทำให้ตัวดูสูงขึ้น

このページは 3,847 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?