背中ニキビは見た目に恥ずかしいばかりでなく痛みを伴うこともあります。また、顔にできるニキビより治りにくい場合もありますが、心配は無用です。背中ニキビが一生続くわけではありません。ヒリヒリした痛みを軽減する方法や、背中の毛穴詰まりを解消して肌をきれいにする方法を紹介しましょう。

方法 1 の 3:
生活習慣を変える

  1. 1
    清潔なブラを身に着けます。清潔なブラを身に着けるのはとても大切です。毎日新しいブラに交換し、サイズの合ったものを身につけましょう。緩すぎると、動くたびにニキビがこすれて刺激を与えます。肩紐のないブラを使うと、肩甲骨の赤みを軽減できます。[1]
  2. 2
    通気性が高く清潔で緩めの衣類を身に着けましょう。背中に触れる素材が清潔で、主にコットンのような天然繊維で作られた服を選びます。体を締め付けるような衣類は避けましょう。さらに、定期的に衣類を洗濯するのも重要です。着るたびに洗濯するのが理想的です。[2]
    • 香りの少ないまたは無香料の低刺激性洗濯洗剤を使います。刺激や香料が強すぎる洗剤でニキビができたり悪化したりすることがあります。
    • できれば、白い衣類は漂白します。漂白剤で衣類を殺菌しニキビの悪化を防ぎます。漂白した後はしっかりすすいで、漂白剤を完全に取り除きましょう。漂白剤に含まれる化学物質で肌が荒れることがあります。
  3. 3
    汗をかいたらシャワーを浴びましょう。ジョギングやバスケットボールの練習後はシャワーを浴びます。運動後の汗を洗い流さないと、ニキビの原因になる雑菌が繁殖します。さらに、汗で毛穴が詰まり背中ニキビの発生につながります。[3]
  4. 4
    シャワーを浴びる際は、髪につけたコンディショナーをしっかりすすぎ落すように気をつけましょう。背中ニキビの潜在的な原因の1つは、髪に残ったコンディショナーにあります。コンディショナーは髪にはすばらしいものですが、背中にはそうではありません。ニキビの原因になりかねないコンディショナーが背中につかないようにする方法がいくつかあります。[4]
    • 髪につけたコンディショナーをすすぐ際は、シャワーの温度を下げましょう。温水で毛穴が開きますが、冷水を使うと毛穴が閉じます。髪から流れ落ちたコンディショナーが背中にかかる時に毛穴が開いていると、背中ニキビの原因になります。
    • シャンプーとコンディショナーを終えてから、最後に背中を洗いましょう。
    • シャワーの際はコンディショナーを使わずに、流さないタイプのコンディショナーを入浴後に使いましょう。
  5. 5
    洗濯洗剤を替えてみましょう。敏感肌の場合は、洗濯洗剤が原因で肌が荒れることがあります。洗濯洗剤を替えてみましょう。または、無香料タイプやより敏感肌に適した赤ちゃん用洗濯洗剤を試してみましょう。[5]
  6. 6
    シーツを定期的に洗濯します。シーツには皮膚の老廃物や雑菌がすぐに溜まります。一緒に寝るペットが汚れを持ち込むこともあります。週に1~2回シーツを外して洗濯しましょう。[6]
    • シーツを漂白すると、洗濯で落ちなかったアクネ菌を殺菌できます。漂白剤を完全に洗い流し、化学薬品による肌荒れを予防しましょう。
    • シーツだけでなく、毛布、掛布団カバーなど寝具全般を定期的に洗いましょう。
    広告

方法 2 の 3:
医薬品を使う

  1. 1
    オイルフリーの薬用ボディソープで全身を洗います。有効成分にサリチル酸2%を含むボディソープが適しています。無香料でノンコメドジェニック(毛穴を詰まらせない)のボディーソープを探しましょう。ニュートロジーナ ボディクリアボディウォッシュのような製品が適しています。ニキビができている箇所を念入りに洗い、すすぐ前に1分ほどおいて皮脂を完全に取り除きます。薬用成分が肌に浸透し、効果的に働くのを待ちましょう。[7]
  2. 2
    オイルフリーの薬用ローションで保湿します。肌は体の臓器です。これは比喩ではなく文字通りの意味です。見た目や感覚を最適な状態にするためには、他の臓器と同じように肌にも水分や栄養が必要です。洗った後は毎日背中にもローションを塗りましょう。
    • 薬用ローションでなくても、ノンコメドジェニックのローションを使うことができます。サリチル酸で肌が乾燥するので保湿が重要です。
  3. 3
    ニキビ用薬用クリームでニキビをケアします。既に背中をサリチル酸で洗い保湿したので、次は過酸化ベンゾイル2.5%のような別の薬品を使って、ニキビを集中的にケアしましょう。[8] 肌が非常に敏感な場合は、過酸化ベンゾイル5%や10%など高濃度のものを使うのはやめましょう。痛みの悪化につながる恐れがあります。過酸化ベンゾイルに敏感な場合は、代わりに硫黄10%を含む製品を使っても効果があります。
  4. 4
    レチノールクリームを塗ります。就寝前にレチノールクリームを背中に塗りましょう。角質を除去し、皮膚の硬い部分にニキビができるのを抑える働きがあります。[9]
  5. 5
    アルファヒドロキシ酸(AHAs )やベータヒドロキシ酸(BHAs)を使います。 アルファヒドロキシ酸は本質的には剥離剤で、毛穴に詰まってニキビの原因になりがちな角質を除去する効果があります。ベータヒドロキシ酸は体の内部からニキビと闘います。アルファヒドロキシ酸を含むボディスクラブで週に3回体をこすりましょう。さらに、入浴後保湿してからベータヒドロキシ酸を含む薬用シートで背中を拭きましょう。[10]
  6. 6
    皮膚科で診察を受けます。ニキビの治療薬や軟膏の処方が必要な状態もあり得ます。恐れずに皮膚科で診察を受け、処方薬が必要か確認しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
自然療法で背中にきびを治す

  1. 1
    スポンジやへちまたわしで軽くこすって角質を除去します。強くこすりすぎると痛みが悪化するので気を付けましょう。スポンジでやさしくこすって角質細胞を取り除きます。[11]
  2. 2
    亜鉛を試しましょう。ニキビの民間治療法として有名なものではありませんが、場合によってはニキビに効果があります。亜鉛はニキビ撃退物質として知られています。[12] 亜鉛は金属元素で、人間の生命維持機能に少量必要な物質です。また、免疫力を高める作用があるのでニキビ治療に役立ちます。亜鉛をつかって背中ニキビを治す方法は2通りあります。
    • 肌に直接亜鉛を使います。酢酸亜鉛1.2%とエリスロマイシン4%を含むローションを探してみましょう。1日2回肌に塗ると効果的です。このようなローションが見つからなければ、ジェルタイプの亜鉛サプリに穴をあけてジェルを絞り出し、清潔な指や綿棒で背中に塗りましょう。
    • 亜鉛を含む抗生物質入りの軟膏を、医師に処方してもらいます。[13]
    • 毎日摂取するビタミンサプリに亜鉛も加えましょう。毎日亜鉛ピコリン酸を25~45g摂ります。銅欠乏症になる恐れがあるので1日50gを超えて亜鉛を摂取してはいけません。亜鉛を多く摂取しすぎると銅の吸収が阻害されます。[14]
  3. 3
    天然成分の角質除去スクラブを作ります。毛穴に詰まるとニキビの原因になる角質を除去する効果があります。ボウルにグレープフルーツ1個を絞り、グラニュー糖325g、海塩(粗塩タイプ)110gと混ぜます。ニキビにそっとこすりつけ、水分を落として乾かします。スクラブ剤を使った後は、必ずライトタイプの保湿剤やローションを塗りましょう。
    • このスクラブ剤にスプーン山盛り2杯のはちみつを加えるとさらに効果があります。より効能の高いマヌカハニーだけでなく普通のはちみつにも水分を補給する作用があり、殺菌成分を含むことが認められています。[15]
  4. 4
    肌の水素イオン指数( pH)を変えましょう。水素イオン指数は、別の言い方をすれば肌のアルカリ度を表すものです。科学者によると、肌の水素イオン指数が5を下回ると(理想は4.7 )、肌の細菌バランスを調整する細菌叢や肌全体の健康に良いとされています。[16] シャワーを浴びる際にボディソープを使うと、肌の水素イオン指数が5を超え、皮膚の乾燥、サメ肌、ニキビの発生につながります。
    • シャワーヘッドを交換します。水に含まれる塩素を除去するフィルター付きのシャワーヘッドを購入しましょう。肌に効果があります。きちんとしたフィルター付き浄水シャワーヘッドは、3000円~5000円くらいで購入できて、肌に非常に効果的です。
    • ウィッチヘーゼルと浄水器を通した飲料水を1:1の割合でスプレーボトルに入れます。肌にスプレーして5~10分間おいてから、シャワーで完全に洗い流しましょう。こうすると、自然に肌の水素イオン指数が下がります。[17]
    広告

ポイント

  • ニキビを刺激したり、潰したりしてはいけません。赤くなったり傷が残ったりする恐れがあります。さらに、背中をかきむしるとニキビが拡散するので控えましょう。
  • 1日に少なくともグラス8杯の水を飲みましょう。
  • 病原菌や雑菌が繁殖しやすいので、へちまたわしを使った後はしっかり洗いましょう。
  • ジャンクフードばかり食べるのは控えましょう。ジャンクフードの食べ過ぎが背中にきびの原因の一つかもしれません。
  • 香料も肌荒れの原因になるので、無香料のボディソープや保湿剤を使いましょう。
  • ティーツリーオイルをニキビに塗ると効果があります。[18]
  • シートマスクを背中に使う方法も効果が期待できます。
  • ビタミンDを十分に摂りましょう。1日1000~2000IU摂取すると効果的です。ビタミンDの最適な摂取量については医師や薬剤師に相談しましょう。[19]

広告

注意事項

  • アキュテイン(日本では未承認の難治性ニキビの治療薬)は、医師の処方箋もしくは指示書に基づき必要な手続きを行わない限り、個人輸入することはできません。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

全身をマッサージする

How to

ペニスを洗う

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

爪を噛むのをやめる

How to

えくぼを自然に作る

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

絆創膏の粘着剤を落とす
広告

このwikiHow記事について

Sarah Gehrke, RN, MS
共著者 by
正看護師
この記事の共著者 by Sarah Gehrke, RN, MS. セーラ・ゲールケはテキサス州在住の正看護師、および認定マッサージ療法士です。患者の身体、精神、気持ちのサポートを重視した静脈切開術と点滴療法の指導・実践を10年以上行っています。2008年にアマリロマッサージセラピー協会にてマッサージ療法士の資格を取得後、2013年にフェニックス大学にて看護学の修士号を取得しています。 この記事は5,008回アクセスされました。
このページは 5,008 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告