家族が増えることになりましたか? おめでとうございます。妊娠中の親にとって胎児の性別を予想することは最大の楽しみの1つであり、できるだけ早く知りたいと思うでしょう。できるだけ信憑性の高い情報を得るために、ここでは、数多くの迷信や俗説を徹底的に調査した結果を紹介します。

方法 1
方法 1 の 2:
迷信や俗説

  1. 1
    頭蓋骨の形 男の子と女の子では頭蓋骨の形が異なると考えている人もいます。男の子の頭蓋骨は女の子よりも大きく、角ばっており、女の子の頭蓋骨は丸みを帯びていると言われています。残念ながら、この説を裏付ける科学的な証拠はありませんが、出生前に胎児の性別を予想する楽しい方法かもしれません。[1]
  2. 2
    胎児の心拍数 胎児の心拍数で性別がわかるという俗説もあります。この説によると、心拍数が140未満であれば男の子、140を上回れば女の子だということです。しかし、医学界は、かなり前にこの説が誤りであることを指摘しています。 しかし、胎児の心拍数を書き留めて性別を予想しても害はありません。[2]
    • 子宮内で成長する胎児の心拍数は一定の範囲内にとどまり、性別によって範囲が異なることはありません。
  3. 3
    妊婦のお腹の形 男の子と女の子では妊婦のお腹の形が異なるという迷信も有名です。胎児が男の子であればお腹は高く突き出し、女の子であればお腹が低く横に広がると言われています。しかし、実際には胎児の性別によって妊婦のお腹の見た目が変わることはありません。妊婦のお腹の形は、胎児の体勢によって決まります。[3]
    • お腹の形を見て性別を予想しても害はありませんが、お腹の形や大きさだけで性別を決めつけるのはやめましょう。
  4. 4
    妊娠線の長さ 妊娠線の長さで胎児の性別を予想できると信じている人もいます。ほとんどの場合、妊婦のお腹には妊娠線と呼ばれる縦の線が現れますが、妊娠線がおへそで止まっている場合は女の子、胸のほうまで長く延びている場合は男の子だと言われています。当然、この説を裏づける科学的証拠はありませんが、確認してみると楽しいかもしれません。[4]
  5. 5
    乳首の色 乳首の色が濃いと男の子が生まれるという迷信もあります。ほとんどの女性は、妊娠するとホルモンの変化によって乳首の色が濃くなるので、これは真実ではありません。[5] しかし、楽しみのために確認しても良いでしょう。
    • 乳首の色を濃く変えるホルモンと妊娠線の原因となるホルモンは同じです。さらに、このホルモンによって、ほくろの色も濃くなる傾向があります。
  6. 6
    乳房の大きさ 左の乳房が大きくなると女の子が生まれると言われています。左右の乳房に触れて、どちらが大きいか確認してみましょう。俗説によると、左の乳房が大きいと女の子が生まれ、右の乳房が大きいと男の子が生まれるそうです。当然のことながら、この説が真実であるという証拠はありませんが、楽しみのために確認しても害はありません。[6]
    • 一般的に、妊娠すると乳房が大きくなる傾向がありますが、乳房の大きさと胎児の性別は全く関係ありません。
  7. 7
    顔の肌の状態の変化 一般的な迷信によると、胎児が女の子であれば肌の状態が悪くなり、ニキビができるそうです。[7] 実際には、妊娠中のニキビは胎児の性別によるものではなく、妊娠に伴うホルモンの変化によるものです。[8]
    • この迷信に医学的な裏付けがないことを念頭に置くのであれば、ニキビができたら女の子かもしれないと予想して楽しむのも良いでしょう。
  8. 8
    手の乾燥 手が乾燥すると胎児は男の子で、手がすべすべなら胎児は女の子だと言われていますが、真実ではありません。妊娠中はホルモンが大きく変化するので、肌の乾燥やかゆみが生じやすくなります。[9]
  9. 9
    食の好み 胎児が男の子だと塩分を欲し、女の子だと糖分を欲すると言われています。面白い迷信ですが、真実ではありません。食の好みの変化は妊娠中によくあることですが、通常は体が必要とする栄養に関係しています。アイスクリームよりもポテトチップスが食べたくなるのは、胎児の性別の影響ではありません。[10]
    • この迷信を鵜呑みにするのでなければ、甘いものや塩辛いものを食べる口実にしても良いでしょう。
  10. 10
    気分の浮き沈み 女の子を妊娠していると一層不機嫌になるという人もいますが、[11] 真実ではありません。気分の浮き沈みは妊娠中によくあることであり、胎児の性別との関連性を裏付ける証拠はありません。[12]
    • ほとんどの場合、妊娠中の気分の浮き沈みは親になることへのストレスが原因であり、 胎児の性別とは何の関係ありません。
  11. 11
    古代の暦 古代の中国暦とマヤ暦によって胎児の性別を予想できると言う人もいます。いずれかの暦で受胎した時の年齢と月を照らし合わせると、胎児の性別がわかるというものです。当然のことながら、これらの暦で胎児の性別がわかるという決定的な証拠はありませんが、試してみると楽しいかもしれません。[13]
    • 中国暦とマヤ暦に基づいて胎児の性別を予想する方法は、インターネットで見つかります。
  12. 12
    重曹占い 重曹を使った占いで胎児の性別がわかるという迷信もあります。妊婦の尿をカップに入れ、少量の重曹を加えましょう。泡立てば男の子、泡立たなければ女の子だと言われています。[14] この占いが胎児の性別判定に役立つかどうかは証明されていませんが、(カップに採尿するのが嫌でなければ)試しても害はないでしょう。
  13. 13
    鍵占い 床に置いたカギを拾う方法で胎児の性別がわかるという占いです。鍵の上部のカーブした部分を持ったら女の子、刻み目のある細いほうを持ったら男の子だと言われています。信憑性は全くありませんが、興味があれば試しても害はありません。[15]
    • この占いによれば、鍵の真ん中を持ったら胎児は双子だそうです。
  14. 14
    ニンニク占い 男の子を妊娠していると、ニンニクを食べた後口がニンニク臭くなり、ニンニクを食べても臭いがしなければ胎児は女の子だと言われています。この占いで胎児の性別がわかるという証拠は一切ありませんが、必要に応じて試しても害はないでしょう。[16]
    • ニンニクはにおいがきついので口臭の原因となることもありますが、胎児の性別とは関係ありません。
  15. 15
    指輪占い 妊婦のお腹の上で紐に吊るした指輪を揺らすと胎児の性別がわかるという占いです。妊婦が横になり、誰かにお腹の上で指輪を揺らしてもらいましょう。指輪が線状に揺れたら胎児は男の子、円を描くように揺れたら胎児は女の子だと言われています。この占いで胎児の性別がわかるという証拠は一切ありませんが、面白半分に試すと楽しいかもしれません。[17]
  16. 16
    夫の体重増加 妊娠中に夫の体重が増えると男の子が生まれると言われています。妻の妊娠中に夫の体重が増加することは珍しいことではありませんが、胎児の性別とは関係ありません。[18] 父親になる男性に妊婦と同じような症状が現れることは、正式にはクーヴァード症候群、または同情的妊娠と呼ばれています。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
胎児の性別を確認するための科学的な方法

  1. 1
    妊娠20週の超音波検査 妊婦は、妊娠の状態と胎児の成長を確認するために、定期的に医師の診察を受けることになります。妊娠20週頃になると、医師が超音波検査を行って胎児の性別を確認することができます。[19]
    • 妊娠20週の超音波検査では、医師が胎児の外性器を確認して性別を予測します。[20]
    • これは、胎児の性別を確認する最も確実な方法です。
  2. 2
    胎児DNA検査 DNA検査は、胎児の性別に関する決定的な証拠を得るための非侵襲的検査です。早ければ妊娠9週に受けることができます。母体の血液を少量採取して、Y染色体の有無を確認します。Y染色体が検出されたら、胎児は男の子だと考えて間違いないでしょう。Y染色体が検出されなければ、胎児は女の子である可能性が高くなります。[21]
    • 医療専門家は、この検査が妊婦や胎児にリスクをもたらすことはなく、安全であると考えています。
    • 胎児DNA検査の精度は約98%なので、結果を信用することができます。
  3. 3
    ナブ理論 胎児の体の細かい部分は妊娠14~15週になるまではっきりわかりませんが、胎児の性器になる前段階の突起の角度を分析し、知識に基づいて性別を予測できる医療専門家もいます。「ナブ(突起)理論」によると、突起が平ら、または下向きの場合は女の子、突起が上向きの場合は男の子だそうです。[22]
    • ナブ理論の精度は約87%であることが研究で示唆されており、かなり信憑性のある方法です。
  4. 4
    重いつわり 100%決定的なものではありませんが、女の子を妊娠していると、吐き気や嘔吐などのつわりの症状がひどくなるということがある研究で確認されています。[23] つわりが重いのは、胎児が女の子だからかもしれません。
    • つわりは非常に一般的な症状であり、特に妊娠初期によく見られます。[24] 吐き気と嘔吐の程度は人によって異なり、胎児の性別を確定するものではありません。重いつわりに苦しんで男の子を出産した母親もたくさんいます。
    • 吐き気は不健康な妊娠の兆候であると考える人もいますが、そのようなことはありません。
  5. 5
    物忘れ 物忘れがひどくなったら、胎児は女の子かもしれません。ある研究によれば、様々な妊婦に記憶力を必要とする難しい問題と空間認知テストを受けてもらったところ、男の子を妊娠している人のほうが女の子を妊娠してる人よりも全体的に結果が良かったそうです。[25] 妊娠前より記憶力が低下したと感じたら、胎児は女の子かもしれません。
    • 記憶と胎児の性別に関する研究結果は、必ずしも一貫しているわけではなく、決定的でもありません。また、胎児の性別とは全く関係なく、元から記憶力が良い人もいます。
  6. 6
    過度のストレス 数少ない研究によると、ストレスは女の胎児と関係している可能性があります。ある研究で妊娠中に身体的、または心理的なストレスを抱えている妊婦を調査したところ、男の子よりも女の子を出産した妊婦が多かったという結果になりました。[26] そのため、妊娠中に過度なストレスを感じている場合、胎児は女の子かもしれません。
    • 通常、男の子と女の子が生まれる確率は21対20であり、男の子のほうが少しだけ高くなっています。この研究では、 心理的なストレスを抱えた妊婦から生まれた赤ちゃんは、女の子と男の子が3対2という割合であり、身体的なストレスを抱えた妊婦から生まれた赤ちゃんは女の子と男の子が9対4という割合になりました。
  7. 7
    食欲増進 食欲が増進すると、胎児は男の子かもしれません。ある研究によると、男の子を妊娠している人は女の子を妊娠している人よりも摂取カロリーが10%多かったそうです。[27] 妊娠前より食べる量がかなり増えた場合、胎児は男の子かもしれません。
  8. 8
    食べ物への嫌悪感 ある研究によると、食べ物に嫌悪感を覚える時期の長さは男の胎児と関係している可能性があります。研究では、女の子を妊娠している人は、妊娠初期が過ぎると食物嫌悪が落ち着く傾向がありましたが、男の子を妊娠している人は、妊娠初期と中期に食物嫌悪の症状が見られたそうです。[29] したがって、食べ物に嫌悪感を覚える時期が長く続いた場合、胎児は男の子かもしれません。
    • 食べ物に対する嫌悪感は、妊娠初期によく見られる症状です。[30] 妊娠初期に食べ物に嫌悪感を覚えたからといって、胎児の性別を特定できるわけではありません。
  9. 9
    夫の家系 夫のきょうだいや親戚の性別を確認すると、胎児の性別がわかるかもしれません。研究によると、胎児の父親の遺伝子プールが胎児の性別に影響するそうです。[31] 夫のきょうだいを確認しましょう。妹や姉が多い場合、胎児は女の子かもしれません。反対に、兄や弟が多い場合、胎児は男の子かもしれません。
    • これは、胎児の性別を確認する確実な方法ではありませんが、可能性に光を投げかける興味深い方法になるかもしれません。
  10. 10
    ラムゼー理論 ラムゼー理論は、胎盤の位置によって胎児の性別を予測する方法です。ラムゼー博士によると、胎盤が左に位置すると胎児は女の子であり、右に位置すると男の子であるそうです。この方法では胎児の性別が妊娠6週にわかりますが、裏付けとなる研究はまだ多くありません。[32]
    • 少なくとも妊娠9週までは胎児の性器がきちんと形成されないため、 ラムゼー理論への支持をためらう産婦人科医もいます。
    広告

注意事項

  • 迷信や俗説を参考にして胎児の性別を予想するのも楽しいかもしれませんが、あまりあてにならないということを覚えておきましょう。胎児の性別を確実に知る方法は、超音波検査と胎児DNA検査だけです。
広告

関連記事

お酒の酔いを早く覚ますお酒の酔いを早く覚ます
勃起を抑える勃起を抑える
自分で身長を測定する自分で身長を測定する
体温計を使わずに熱があるか知る体温計を使わずに熱があるか知る
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
声を低くする声を低くする
生理をはやく終わらせる生理をはやく終わらせる
吐き気を止める
爪が割れたときの対処
白血球数を減らす白血球数を減らす
キスマークを偽造するキスマークを偽造する
胸骨をポキッと鳴らす胸骨をポキッと鳴らす
自分が酔っているかどうかを知る自分が酔っているかどうかを知る
頬をふっくらさせる食事頬がこけていませんか?頬をふっくらさせる食品13選
広告
  1. https://www.nct.org.uk/pregnancy/worries-and-discomforts/common-discomforts/gender-positions-and-cravings-pregnancy-truth-or-myth
  2. https://www.todaysparent.com/pregnancy/9-old-wives-tales-for-predicting-gender/
  3. https://americanpregnancy.org/healthy-pregnancy/pregnancy-health-wellness/mood-swings-during-pregnancy/
  4. https://rmccares.org/2020/08/11/pregnant-how-to-guess-if-youre-having-a-boy-or-a-girl/
  5. https://www.unitypoint.org/cedarrapids/infants-article.aspx?id=780967d6-a35a-4a13-9a8b-02bed57aa2db&title=Old+Wives+Tales+Gender+Predictions
  6. https://rmccares.org/2020/08/11/pregnant-how-to-guess-if-youre-having-a-boy-or-a-girl/
  7. https://www.pregnancymagazine.com/pregnancy/pregnancy-lifestyle/4-wacky-ways-to-predict-your-babys-sex
  8. https://rmccares.org/2020/08/11/pregnant-how-to-guess-if-youre-having-a-boy-or-a-girl/
  9. https://eirmc.com/blog/entry/boy-or-girl-wacky-pregnancy-myths-about-gender
  10. https://my.clevelandclinic.org/health/diagnostics/9704-pregnancy-prenatal-ultrasonography
  11. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3530251/
  12. https://services.nhslothian.scot/clinicalgeneticsservice/Information%20Leaflets/Documents/Predicting%20your%20baby%27s%20sex%20by%20testing%20fetal%20DNA%20in%20your%20blood.pdf
  13. https://utswmed.org/medblog/gender-prediction/
  14. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30416162/
  15. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/morning-sickness/symptoms-causes/syc-20375254
  16. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15858424/
  17. https://www.cuimc.columbia.edu/news/stress-during-pregnancy-may-affect-babys-sex-risk-preterm-birth
  18. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC161555/
  19. https://my.clevelandclinic.org/health/articles/9709-pregnancy-am-i-pregnant
  20. https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0031938414005496
  21. https://my.clevelandclinic.org/health/articles/9709-pregnancy-am-i-pregnant
  22. https://utswmed.org/medblog/it-boy-or-girl-fathers-family-might-provide-clue/
  23. https://www.contemporaryobgyn.net/view/relationship-between-placental-location-and-fetal-gender-ramzis-method

このwikiHow記事について

Jennifer Butt, MD
共著者 ::
認定産婦人科医
この記事の共著者 : Jennifer Butt, MD. ジェニファー・バット博士はニューヨーク市にて産婦人科クリニック「Upper East Side OB/GYN」を経営する開業医です。ラトガース大学にて生物学の学士号を取得。ラトガース大学医学部にて医学博士課程を、ロバート・ウッド・ジョンソン大学病院にて産婦人科医としての臨床研修を修了。米国産婦人科学会特別会員で、米国医師会所属。米国産婦人科協会にて認定医師の資格を取得し、レノックスヒル病院と診療提携を結んでいます。
カテゴリ: 健康
このページは 126 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告