胸囲を測る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

体にフィットするスーツやシャツを買おうとするなら、自分の胸囲を知っておかなければなりません。胸囲の測定に必要となるのは、メジャー、そしてサイズをメモするための鉛筆のみです。体にメジャーを巻き付け、胴体で最も幅が広い部分を測りましょう。この記事では、男性と女性向けの胸囲の測り方を紹介します。

パート 1 の 2:
女性の胸囲の測り方

  1. 1
    テープメジャーを用意する テープメジャーは体に巻き付けやすく、体のカーブにも適応します。テープメジャーがない場合は代わりに紐を体に巻き、そのあと紐の長さを測りましょう。[1]
  2. 2
    測定を手伝ってくれる人を探す 自分で胸囲を正確に測るのは少々難しいため、可能であれば手伝ってくれる人を探しましょう。誰も見つからない場合は、背中でメジャーがずり落ちないように細心の注意を払う必要があります。
  3. 3
    シャツを脱ぎ、ブラジャーはつけておく 服を着たまま測定すると、サイズが数センチ大きくなります。ブラジャーは着けたまま測定するため、測定値はブラジャーの布地の厚みを含んだ数値になっています。[2]
  4. 4
    胸部にテープメジャーを巻く 床と平行になるようにして、脇のすぐ下の位置に巻き付けます。背中側に回して胸の前で端と端を合わせるようにし、胸の幅が最も広い部分を測りましょう。[3]
    • 胸を突き出す、あるいは息を吐き出すのはやめましょう。普段通りに立つようにします。
    • メジャーがよじれていないことを確認しましょう。
  5. 5
    鏡を見てサイズを確認する メジャーの端と端が合わさった部分の数値があなたの胸囲です。
    広告

パート 2 の 2:
男性の胸囲の測り方

  1. 1
    テープメジャーを用意する この種のメジャーは、体に巻き付けやすい柔らかい素材でできています。手元にない場合は代わりに紐を胸に巻き、その長さを測ることで胸囲を確認しましょう。
  2. 2
    誰かに測定を手伝ってもらう メジャーを誰かに持ってもらえると、背中側でメジャーを正しい位置に当てることができるため最も正確な測定が行えます。しかし、自分自身で測っても正確なサイズに近い測定値が得られます。
    • 自分自身で測らなければならない場合、鏡の前で行いましょう。そうすれば、メジャーが床と平行になっているかどうかを確認できます。
  3. 3
    シャツを脱ぐ 服を着ていると測定値が少し大きくなってしまうため、胴体には何もつけていないほうがよいでしょう。[4]
  4. 4
    胴体にメジャーを巻く メジャーを体に巻き付け、脇の下の位置までスライドさせましょう。そして、胸部の幅が最も広い部分で巻くようにします。たいていの場合は乳首の位置か、そのすぐ上の位置になります。自分自身で測定を行っている場合、鏡に映して確認することができるようにメジャーの目盛りの数字を表に向けておきましょう。[5]
    • メジャーの両端をそれぞれ手で持って体の前で合わせると、サイズの確認が行えます。
    • 鏡を見てメジャーがよじれていないか確認しましょう。
    • メジャー全体が床と平行になるように巻かれているようにしましょう。
  5. 5
    普段通りに立つ 胸を膨らませたり筋肉を動かしたりしないようにしましょう。こうすると測定値が数センチ大きくなり、正確さが失われます。
  6. 6
    サイズをメモする 胸の前でメジャーの端と端が合わさっている部分を確認しましょう。この数値が胸囲となります。
    • サイズを確認するのに下を向いてメジャーを見ないようにしましょう。メジャーが正しい位置からずれ落ちてしまいます。鏡を見て確認しましょう。
    • ドレスシャツなど、少しゆったりと着たい服は5センチほど大きめのサイズで考えましょう。洋服を購入する際は、サイズは必ず四捨五入するようにします。
    広告

必要なもの

  • テープメジャー
  • 手伝ってくれる人

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: ファッション
このページは 990 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告